« 教採を振り返って | トップページ | 減量を振り返って »

2012年10月21日 (日)

麻○を振り返って

3ヶ月は絶ったか。しかし試験最終日からプレッシャーに負けて再開。

地和チャンスが2回。1回目は配牌カン三萬でテンパイ。第一ツモの感触は萬子。来たか、これは!

萬でしたー。

Wリー打って数巡後に下家が六萬を放銃。

2回目は奇しくも三萬単騎。第一ツモの感触は萬子。来たか、これは!

一萬でしたー。

一萬単騎でWリー打って、数巡後に下家が放銃。

現在の全自動卓の主流は、アルティマと昇竜。配牌も全自動のこれらの卓は、D命名の「ごほうび配牌」の頻度も高いよーな気がする。

22七七八(7)(7)(7)(8)(8)(9)(9)(9) ツモ六萬

四暗刻のシャンテンに、あまり嬉しくない六萬をツモってテンパイ。まー、リーチを打つのだけれど。

7筒か9筒が来たらカンだなーと思っていたら、レアケースでカンができない事に気が付く。

アガリ牌は変わらないのに、アガリ形が変わるパターン。

5筒が後ヒッカケになって、対面から8筒で出アガリ。裏ドラ六萬。

2600と点数申告した後で、実は一盃口が付くことに気が付いて5200に訂正。

7筒や9筒を持ってきて、何食わぬ顔で暗カンをしていても、なかなかに気が付かれるのは難しかったと思われるが。

發發四五五六六六六七八八(

發か八萬を叩ければホンイツのテンパイ。で、ここに持ってきたのが四萬。

赤5筒を打つと、レアな二盃口の完成。ただし、七萬はポンされていて純カラ。

でも、とりあえずテンパイとっときますよねー。で赤5筒打ったら満貫放銃。あぁ。

4688六七八(1)(2)(3)(4)(5)(6) ツモ5索

平和かタンヤオ待ちのヤミにしていたら、ひょこっとツモったアガリ牌。うーん。

まだ捨牌は1段目。1筒は場に2枚トンでいるけどリーチリーチ!

・・・数巡後に4筒ツモ。これだけでも嬉しいのに、裏ドラが4筒やなんて、山岡はん、何て牌をツモらせてくれたんや。

300・500が3000・6000の2枚に化ける。40倍の増収。

東 ポン南南南 ポン北北北 ポン(8)(8)(8) ポン西西西

南と北を晒しているのに、上家が更に西を鳴かせてくれた! しかもリーチが入らない!

裸単騎だが役満テンパイ。むふふ。

「リーチ」

西を鳴かせた上家からリーチが入る。さては、東を暗刻にされたか?

「一発ツモ」

開かれた手牌に東はなし。4000点と2枚を払わされる。16000オールの夢、露と消える。

流し満貫を完成させた。捨て牌と手牌を合わせたら、清老頭をテンパってた。

ところが、せっかく流し満貫を完成させたのに、直後に下家にハイテイで満貫をツモられた。あぁ。

リーチを打たなかったばっかりに、5kを逃した。

4-7索待ちで平和赤ドラ5800をテンパイ。Dは親で2着目。トップまで11000点差。下家の持ち点は600。

リーチを打って流れて、下家のノーテン罰符トビ終了は避けたかった。確実に5800をアガりたい。ツモって1枚オールなら御の字。

・・・とか思っていたら、テンパイ直後の盲牌で、縦に流れた嫌な感触。いや、アガリ牌だから嫌なはずはないのだが、瞬時に状況を悟る。

4索ツモ。2600オールでは僅かにトップをマクれず。

即リー打って一発ツモなら、6000オールの2枚から。 素点10000点 + 一発チップ15000点 + オカ30000点 = 5.5k。

裏ドラは確認していないから、もしも裏ドラが1枚乗っていたら更にプラス15000点。ぬぅ。

きっとリーチを打っていたら、一発を消されてアガリ牌をツモれず流局だったさ、と自らを慰めるよりない。

そんな親ッパネを逃したイメージのある次局のオーラス。トップまで20000点、2着まで12000点差の3着の親。

688 ポン東東東 ポン北北北 ポン(9)(9)(9)

現状、3900は5400をテンパイ。ここに8索が出た。鳴くか?

通常、鳴くのは悪手とされている。アガれない親満よりアガれるザンク。

しかし、Dは鳴いた。根拠は3つ。

1.鳴いてトイトイを付けると、デバサイでトップ。

2.8索切って6索切りは自然に見える。

3.メンバー2入り。5688から8索を鳴くのは悪手だとゆーのは前提条件。むしろ5索を釣り出せるかも?

トップ目のメンバーが悩みながら「これやったらアガリやもんな・・・」と呟きながら7索を放ってくる。確かに。6788から8索が出たら、「ロン」じゃなくて「ポン」と発声するのは難しい。

「これも勝負」的な感じで次巡に5索が出てくる。やった! デバサイだよ!

「ロン」

「ロン」

ロン ?

なななんと、2着目の対面も手牌を広げている。まさかのWロン。向こうはザンクのゴーヨン。5000点差の2着で、オーラスの親続行。

次局、あっさり横移動で決着。まぁ、しゃーない。

222234567(5)(5)八九

役ナシのテンパイ。オーラスのトップ目ということさえ考えなければ、即リーでもおかしくない。

リー棒を出せば2着転落。上家の親が5000点差で八萬と六萬をポンしている。七萬は狙い目だったか?

と、ここで上家が4索を放ってくる。鳴けばシャンテン数を減らすが、好形のシャンテン。しかし、上家に萬子を2丁落とすのはツラい。

ひょっこり七萬をツモることだってあるしな。結局見送ってツモったら、これまた危険牌の三萬。

なぁに、親はまだテンパってないさ、張ってたって只のタンヤオさ、とツモ切ると、御無礼、ロンの発声。

一二三四五五 ポン六六六 ポン八八八 ロン三萬

嗚呼無情、レ・ミゼラボー。18000は19500の放銃。19500 + チップ5000 + 順位50000 = 約7.5kの損失。だから鳴いとけって。

六七(2)(2)(2)(5)(6)(8)(8)(8)(9)(9)(9) ドラ七萬

親。対面からリーチ掛けられ中。

両面が埋まったら9筒切ってリーチだな、とか思っていると、ツモったのは望外のドラ。幸いドラ表は対面の現物。

「リーチ」

発声した瞬間に気が付いた。役があるダマ満じゃないか! しかも御丁寧に、対面の河に7筒が現物。

それでもツモれば親ッパネさ、先に4-7筒をツモればいーんだろ、とか嘯いていると、一発ツモが、これだけはこの筋だけはツモりたくなかった5筒。

「ロン」

1300で済んだが、精神的ダメージは大きい。ツモスーのテンパイを逃している。

赤5筒でなかったのが救い。ダマにしていてツモスーを張ったとしても、対面がラス赤5筒をツモらないとは限らない。

|

« 教採を振り返って | トップページ | 減量を振り返って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/47534993

この記事へのトラックバック一覧です: 麻○を振り返って:

« 教採を振り返って | トップページ | 減量を振り返って »