« あけ お○こ とよろ | トップページ | 和食わーショック »

2012年1月21日 (土)

O・G・T

1月6日(金)

遅刻魔Iからメール。

「姫初めに、OGTへ行かなイカ?」

1月7日(土)

夜分のメールの真偽を問う。

「SIM集合とあるが、OGTに行くならKYT集合にしてもらいたい」「OGTとTBTを勘違いしてた」

勘違いにも程がある。そもそも府県が違うじゃなイカ。何事も経験が大事。

今回の目標:変な病気をもらってこない。

出張でもないのに、独りもさもさとマルイチ。

テンイチ。今年の初対局は勝利。vsへヴン1勝2敗1分け。相穴熊は一方的に攻め倒したが、向かい飛車に受けきられたのと、雁木相手にbrbrにされたのと、角交換右玉に地下鉄飛車で対抗するも8三まで銀を繰り替えられてお互いに銀冠に組んで仕掛け切れなかったのと。

QMA。新ダンジョンが15F。長い。どれだけパセリを使わせれば気が済むんだ。

12Fが最高記録。ラスボスも確認できないhtr。

ライスタの討伐戦。1度だけ挑戦。8位。将棋関連出ず。久しぶりに全国トーナメント戦モードで闘った気ががが。

STMが女性初奨励会初段。年齢制限で四段になれなくとも、特例で三段リーグの在籍期間が延びるに10万ジンバブエドル。今の会長なら高確率。

現会長vsBンクラーズ。新春お好み対局を見る限り、人工知能の方が優位だが、さて。

1月8日(日)

Iとの待ち合わせは、SIM16:00。早めに出発してI蘭でラーメン食って、ゲーセンで時間を潰す予定。

H駅を出発。続くA駅で、なななんと、Iが乗ってきた。

待ち合わせ相手が、待ち合わせ時刻よりもはるか前に、同じ電車の、同じ車両の、同じドアから乗り込んでくる奇跡。BルンKステル級。もう笑うしかなかった。

「SIMを待ち合わせ場所に指定してきたから、てっきりA崎にいるものやと思ってた」

「正月で帰ってんねん」

Q:ほな、近場を集合場所にしろや。

A:TBTの詳しい場所が分からへんから、早めに行って予習しときたかったんやと。

I蘭 - ゲーセン のルーティーンワークをこなした後、メインイベントのTBTへ。SIM≒TNJ。現在地NHB。よし、徒歩で行ける。

途中、やたらと出店の準備に出くわす。そーか、明日はえべっさんか。つーか、今日は日曜日なんだから、今日から(むしろ昨日から)集客してたほーがよかったんじゃね? と思いつつ、今なら空き空き拝み放題のえべっさんに願いを。

「えー娘に当たりますよーに」

・・・何も言うな。切実な願いだ。

16:20 SIM到着。ここから流浪の旅が始まる。

Iのスマホだけが頼り。迷いに迷う。お世辞にも活気があるとは言えない商店街を歩いて、ホンマにコンナとこにアンナとこがあるんかいなと疑いつつ左に曲がると、急に見えてきました小料理屋の群々。

雑誌のレポで見たとおりの光景。1Fにオバハンと若いねーちゃんが座っていて、すぐ横に階段があって、2Fに意味ありげな部屋がありそーな店がズラリ。

「写真と違う!」というクレームがあるはずがない。実物を見て、ホンマに選び放題。

目当ての娘がいたら即刻ゲットせよ、とIからの指令。ボヤボヤしていると他の客に奪られちまうんだと。料金体系が分からないのは不安材料だが、ココまで来て帰るとゆー選択肢も存在しない。

10軒ほど見て歩く。玄関だけしかないよーな店の中からオバハンが客引きをしてくる。ねーちゃんも営業スマイルを浮かべてくる。Dも愛想笑いを返しておく。

11軒目、いや正確な数は覚えてへんよ、輝くばかりに可愛い娘と遭遇。一旦通り過ぎて、Iと会議。

「あの娘、むっちゃ可愛いやん」「じゃあ行けよ」「ほな行くわ」

正直にオバハンにTBTは初めてであることを伝えると、全ては上でねーちゃんと交渉しろとのこと。不安と期待が入り混じった、ウィンド初体験の頃の気持ちが蘇ってくる。

書きたい。書きたい。ああ書きたい。しかしDにも数%の倫理観というものが存在する。詳細を知りたい輩はDと対面したときにでも。

顔SスタイルSサービスSの95点。残る5点は時間とGとゆーどーしょーもない部分。総合評価もちろんS。前回の非公式に予習が間に合わなくて、ホントすまなんだ。

30分2.1MG。NKSなら同じGで時間は倍。プレイ内容も多岐に渡る。指名料込みでハズレは自己責任(写真と現物が同じ娘って見たことないよ)と割り切れるのでいーんじゃなかろーか。

癖になりそーな30分を惜しみながら店を出ると、Iと遭遇。

「お前はどーやった」「いや、まだやねん」「! 何しててん」「grgr回ってた」「なんちゅー優柔不断」

Iに付き合って、さらに界隈をgrgr。50くらいの店が軒を連ねていた。

1度指名が入ると、別の娘が玄関に入るパターンと、ずっとあきっぱになるパターン。1周すると品揃えも一変するよーだ。

「イくのかイかないのかはっきりしろ」「うーん・・・あ、今の娘、ちょっと可愛かったかも」

強引にイかせて、近くで待機。喫茶店などが近くになかったのは残念。

女の娘に聞いた話だが、水着なんかで座っている娘もいるらしい。確かに時節柄、着物っぽい服で座っていた娘もいた。

30分後、Iと合流。

「どーやった?」「あまりよくなかった」

grgr何周も回っているのを、店の中からチェックされていて、娘曰くあまりいー気はしていなかったらしい。サービス内容と関連があるかと言われればキレてもいーよーな気もするが、こんなケースもあるとゆーことで。

料金体系はどの店でも同じのよーだ。組合みたいなのが存在してるんだろーね。

帰りも商店街を抜けて、大きな道路を1本渡ると、名前には聞いたことのあるJJ横丁。将棋道場が2つ。外からでも覗ける。1日1k。嗚呼、なんてパラダイスなんだ。将棋してからTBTか、TBTに行ってから将棋か、何て楽しそうな休日。近い将来きっと実現させそうな未来視。

反省会をしよーと思うが、串カツ屋と寿司屋しか見当たらない。ここも2周する優柔不断s。さっき即断即決できたのが嘘のよう。

結局NMBまで戻ろうとゆーことになる。KM市場で美味そうな海鮮屋を見つけるが、カウンターしかない店構え(つまり反省会不能)とGが掛かりそうだとゆーことで断念。

NMBまで戻ったものの、海鮮屋か焼肉かの2択になって、どっちも「うーん」だなと悩んでいると、ちょうど2つの店の間にイタリア料理屋。よし、君に決めた!

迷ったら新規開拓。カルパッチョ・サラダ・ピザ・パスタ・ステーキライス・エスカルゴ風ミノ・デザート。焼きバナナちょぉ美味ぇ。

2人でワインをボトル1本空けて、1人頭6k。うん、すげー美味しかった。

最後にもっかいゲーセン。相変わらずQMAは12F止まり。テンイチは連敗。イントキシエイティッドな頭で勝てるほど甘くない。

Iと別れ、カプホにイン。お休みなさい。

1月9日(月)

S宅に10:00に行く約束をしていた。時刻を遅らせるか、SにNMBまで来てほしい旨を伝えると、後者を選択。AKGKYで食いまくって時間を潰す。

・・・それでも時間は余る。目の前に麻○の誘惑。ダメだ! イッちゃダメだ!

読者の予想通り、釣られるフラグである。

今年初の○荘。麻○はDSでやってるから初めてではないとゆー屁理屈。起家スタート。

二二五五六七八八67(3)(4)() ツモ八萬 ドラ8索

トンパツ7巡目に、タンヤオ赤1のザンクをテンパる。5-8索の両面。ただしドラは8索。下家が4巡目にドラをリリースしている。2枚目をつかんでも出すだろう。

と1巡は我慢してみるが、満ツモの誘惑に勝てず次巡リーチ。2発目に黒5索が鎮座していて、4000オールの1枚、好スタート。

1本場は軽く流されて東3局、親リーが掛かって2巡ほどは安牌に四苦八苦したものの、メドが付いて安心の鉄オリ続行中に下家から追っかけリーチ。

一発は消す気マンマンだったが、上家の牌は鳴けるものではなく、仕方なく共通現物を落とすと、下家が一発ツモ。

ドラ単のチートイツ。ウラウラが余計でバイセンゴ。トンパツの3枚のアドバンテージが一気に消える。

南場でゴッパの1枚をアガって、35000点持ちで迎えた流れ1本場のオーラス。上家の親は12000点持ち、対面と下家は原点をキープしていて、満ツモでマクられる。

中盤で親リーが入る。親マン放銃でラス落ちするので、bikbikしながらオリ。

結局6000オールの1枚をツモられてマクられる。本年度の収支:+400G。何はともあれ、プラスで終われたのは収穫。

このまま今年1年、麻○に手を出さなければ「今年の収支は+で終わった」と堂々と言えるのだが、さて。

Sと合流した後、BGキングの昼飯に付き合って、聖地巡礼(DはSの後にくっついて回るだけ)してゲーセン。

Sは音ゲー大好き。DもDDRは付き合う。学生時代はもっと楽しくDDRで遊べていたよーな気もする。年齢のせいにはしたくないぞ。

相変わらず12Fの壁を突破できない。むしろ通信状態が安定していないのか、途中で3人になるパターンが続く。

K龍でラーメン食って、お土産買って、電車乗って本屋行ってDSのソフト買ってガソリン入れて帰宅。やっと明日から本格出勤。英気は養えたはず。

1月10日(火)

市内へ出張、後テンイチ。初日からかよ。

ペットボトルのコーラを買うと、缶のコーラがもう1本落ちてくるサプライズ。手に取ると「アタリ!ハッピーチャンス」の文字が。中に時計が入っているよーだが、もちろん開缶する気はない。

テンイチ。3勝1分。角交換中飛車を打開して攻め込むも、攻めが細く切らされてしまい、逆に受けに回らされる始末。

手数を見ると170手前後。穴熊でも手待ちでもなかったのにな。あと30手粘らないと引き分けにならない。と思っていたところで、相手様が受けなくていい玉をわざわざ危険地帯へ移動してくださり再々度Dの攻め込む番。とは言え残り10手前後では詰ますところまでは至らず。

QMA。14F到達。もう今月に入って7kは注ぎ込んでいるのに、一向にラスボスに出会えるヴィジョンがない。いい加減QMAからも卒業したいものだが、留年する気マンマンだしな。

K寿司。普段の平日なら有り得ない混み具合。そーいえばこの3連休の「お○しか!」で特集が組まれていたなだからその影響かと勝手に納得。一言も発さずとも注文できるストイックさがうれしい。

1月11日(水)

GKのユニフォーム。

モモンガみたいに、脇の下や股下などを薄い布地でつないで、セーブ面積を大きくするってのはどーだろー。

服装規定はルールブックにあるのかしらん。「非紳士的行為」って便利な言葉だな。

仮にダメと明記されていたとして、どの時点で処分が下されるのだろう。試合開始前なら「着替えろ」で済むかもしれないが、試合開始後なら即退場? 個人レベルで済まず没収試合?

カエルの水かきみたいにバレバレなものならともかく、テグスみたいなものでも十分に力を発揮しそう。あれ? なんで今のシュート止められたの? ちゃんと股の間抜いたのに、的な。

空が落ちてくるかもしれないって妄想するから、杞憂ってゆーんだよ。

1月12日(木)

近麻の付録のDVDに、今更ながらハマっている。

近麻は部屋のドアの横にマグロ状態。過去に2度、崩落事故を起こしている。DVDが付いているヤツだけを選り出す簡単なお仕事。

DVDの最初に流れる会社ロゴ。ローマ字表記なので「Tけショボ」にしか見えない。

マスコットキャラクターが後から出てきてロゴの最後にくっつくのだが、直立不動の姿勢なので「ショボ」が「ショボい」に換わるだけ。

1月13日(金)

休み明けには4連勤でも体がエラい。何て贅沢なお話。

1月14日(土)

ボー殺。

ボーっとして日付が変わるのを待つだけの簡単なお仕事をした日のことを指す。

現会長vsBンクラーズは、順当に科学の勝利となったよーで。○阪たち3人組がYかりちゃんに勝ったよーなもん。

来年のヒューマン代表も決まっている。今度は新進気鋭の若手。Cよちゃん級。コンピュータの進化がどの辺まできているかの試金石になりそう。

今年、Bナンザ相手に初勝利。現在の講座に触発されて中飛車。玉は囲いやすいが、相振りにされると打開がしにくいのが難点。まー、芸域を広げてみるとしますか。

1月15日(日)

フットサル。

ピヴォ・アラ・フィクソ・ゴレイロってポジション名をやっと覚えた。

Dのポジションはゴレイロ。サッカーでいうところのGK。

Q:そんなDが得点を決めたよ。

A:話すと長くなる。

ゴレイロはGKよりも制約が大きい。基本的に味方からのバックパスを受けることはできない。

相手のシュートなどを直接キャッチしても、3秒以内にボールを自分の支配化から解かないといけない。

じゃあ、FKやPKを直接決めたんだろ、強権力を発揮しやがったなこのやろぅ、とゆーのも違う。

フットサルのコートは、縦が30mくらい。Dは相手のシュートを直接キャッチした後、ハーフウェイライン過ぎまでドリブルしてシュート、それが直接ゴールに入ったのだ。

まさか入るとは思っていなかった。味方全員にマンマークが付いていたから、奇策としてやってみた。

フットサルやサッカーでゴールを決めるのは、射○並みに気持ちがいい。セルフコントロールが可か不可かとゆー点では、ゴールを決めるほうが圧倒的に難しい。

とはいえ、今回は「あ。入っちゃった。」感が強かったため、脳汁がうじゃうじゃ出て困ったとゆーことはなく。でも、一生の記憶に残るんだろーね。

2戦やって6-2、6-4。トータル5勝4敗1分。次が最終節。D内では勝ち越しが目標だが、次は上位2チームと当たる。その2チームとは4試合やって1分3敗。最善は2勝、最低でも1分1敗に留めたい。

メンバーで豚しゃぶの食い放題をして帰宅。

1月16日(月)

避難訓練。雨も雪も降らなかったから良し。寒いのは仕方ない。

市内へ出張、マルイチ。

テンイチ。2勝2敗。2敗ともvsへヴンで天宝玉が残り3個まで追い込まれる。

先手中飛車と2手目3二飛を試してみる。中飛車はvs居飛車で主導権を掌握できたが、三間飛車は相振りにされて経験値の差が出た。

角交換も相掛かりも自信がないので、お互いに角道を開けあって飛車先を突きあったときに採る戦法がないのよねぇ。

QMA。ついに最終階を踏破。

「丸山ワクチンの創始者」の下の名前のタイピング。正答率1桁をメガホンで知らせるのは気持ちいぃ。ちなみに将棋じゃない方の丸山ワクチンの創始者は知らん。

「アイマスの初期メンを答えろ」とゆー一問多答リレー。やべー1人も分からない。

先頭打者とゆーのが救い。正解が半分も残っている。D那さんのブログを必死で思い出して、記憶の片隅に引っかかっていたAずさなる名前を選択。

何とか正解していた様子。何が役に立つか分からない。

現会長vsBンクラーズの棋譜を鑑賞。現会長ががっぷり四つを避けて普段では用いない戦術を採っていたのは、負けたときの言い訳になるからという理由もゼロではなかろぅ。

3人組が飛車を振ってくるのが想定内なら、Yかりちゃんには横綱相撲で対抗形のがっちり居飛車で戦ってほしかったとゆーのが本音。

「負けたのは弱かったから」とゆーコメントも、潔いと言えば潔いが、普段指し慣れていない戦法を採ったからじゃないの? と少しは勘繰りたくもなる。

来年のヒューマン代表はFと聞かされていたが、5vs5に変更したのな。次の生贄は誰か。S励会を抜けた四段が負けると洒落にならん。ヒューマンの0-5とかになったらもっと洒落にならん。

いっそのこと、棋戦優勝者が代表になるとゆーのはどーだろう。A日戦、G河戦など早指しには自信のある輩が揃いそうだ。

現実的には、棋士番号の若い順、つまりなりたてほやほやの新四段がスケープゴートにされそーだが、さて。

1月17日(火)

Bナンザに勝利した棋譜は残してある。

数えてみた。・・・15回。多いんだか少ないんだか。

1月18日(水)

赤ヴィーネvs白ヴィーネ。

白の不戦勝が続いていたが、昨年の反省会で持っていきそびれた赤を開けてみると、これが案外イケる。

甘くなく、さりとて苦すぎず酸味がキツいでもなく、飲みやすい。

So whatever?

1月19日(木)

将棋じゃない方の「丸山ワクチン」の創始者の名前を調べたよ。でも、MかFか分からなかった。

1月20日(金)

「彼はマグロのようにいつも動いている」

「彼女はマグロのような女だ」

真逆の意味になるのはなんでだろー。

後者の用法を知らなかったのが、職場に3名。うーんピースフル。前者の用法で比喩おうとして、突っ込まれて発覚。

1月21日(土)

TBTイキたい。TBTイキたい。TBTイキたい。

じゃあ、イッちゃえよ。

麻○には手を出さない。麻○には手を出さない。麻○には手を出さない。

じゃあ、出すなよ。

久しぶりに長く書いた。

結構長い期間放置していても、閲覧者が毎日自然数でカウントできていることに感謝。

|

« あけ お○こ とよろ | トップページ | 和食わーショック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/43822334

この記事へのトラックバック一覧です: O・G・T:

« あけ お○こ とよろ | トップページ | 和食わーショック »