« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月27日 (土)

終わったー

巷で話題のチョンボ。Dはドロー促進とノーコストを評価して投入。具体的に、マルチ・理奈・ルミラ・ヌギー。速攻バトルのお供。手の内を明かすよーで癪だが、終わったTCGに情報規制も何もない。

チョンボは、一時的な足止めに過ぎない。相手の展開を遅らせているうちに片を付けるための補助カードだと位置づけている。

総帥・ガディム・耕一にチョンボが入らない理由:臨時収入。デッキスペースが圧迫される。

ガディムで、ガセネタを減らしてチョンボの投入を考えたこともあったが、パニック対策のため、Dにはどーしてもガセを減らすことができなかった。

1積みでの脅し。実践したこともあったが、インプレッションで良い結果は残せなかったよーに思う。

諸角は、コネや待ちあわせにデッキスペースを奪われる。理奈は例外。キャラスペースを削ることができた。

ルミラは、暴行ヴァージョンを応用。暴行コストがなくて泣く泣く夕菜を通したり、噂話のコストがなくてスカウトを通したりしたことのある経験をお持ちの輩なら、総帥相手に先攻を取らされても、1表エンド時のスカウトや、待ちあわせ夕菜からの買い物を止められるのは魅力的に映るだろーて。

暴行と朝鮮嬢を等価と考えるなら、チョンボで朝鮮嬢を引きやすくして、なお1枚のお釣りがくると考えるのは、虫の良過ぎる話。

ばったりで引いても、暴行なら腐るだけだが、チョンボならエンド時の買い物やコネへの抑止力になる。レアケース。

刺さったり刺さらなかったりささらだったりするのは、ゲームの性格上仕方のないこと。相手の転機にチョンボを温存できるのは、Dの目にはよほど精神力の強いお方に映るのだが、さて。

夕菜のよーに、デッキをシャッフルする特殊能力を持っているキャラが場に出ているなら話は別だが、相手が既にスカウトやコネを持っている確率、これから数ターンの内にそれらのカードを引く確率を考えると、Dなら99%転機にチョンボを打つ。Dのデッキが残り1枚しかなかったら100%打たない。

LF現環境下では、ドローかサーチか、あるいはその両方が充実していないと闘えない。ドローだけに頼れるのは、死活マルチかルミラ。兄妹・コネ・スカウト・夕菜など、優秀なサーチが多数存在するカードプールを見れば、チョンボが刺さらないデッキと当たることのほーがレアケースだと割り切ってよさそーだとQED。

54のとこでも、なんかうじゃうじゃ書いてるみたいなんで、Dが馬脚を顕していないか心配ではあるが、まーDの戯言っつーことで。的外れのことを書いて詰られるのは慣れているが、あまり気持ちのよいことでもない。でもそれがいい。

8月21日(日)

ガソリン補給―散髪―ブログ更新―ブランチ-図書館―クリーニング回収。

散髪。面接対策。必要性は感じないが、今年は少しでも後悔を残したくない。

ブログ更新の際、過去のテスト直前の動きを振り返る。うわぁそりゃ落ちるわな。今年は遊びは最低限。断捨離。

携帯を拾うDもいれば、携帯を紛失してスマホに替える方もいらっしゃり。何だかねー。

9月24日(土)雨 → 運動会が翌日に延期のため友人のコンサートへ → 25日(日)のやきば参加できず。

9月24日(土)晴 → 運動会催行のため友人のコンサートに参加できず → 翌25日(日)のやきば参加。26日(月)が代休のため、○谷亭へ流れ込む可能性高し。

10月1日(土)は54が帰ってくるだろーから、○阪で呑みたし。恐らくDはN波に泊まることになる。翌2日(日)の非公式参加。

図書館。いつもは途中で飽き飽きして将棋ビデオ鑑賞という名の惰眠を貪るのだが、今日は試験3日前、ノルマも課していたこともあって5h集中が続いた。珍しい。

筆記・面接用のスーツ回収。外堀も埋める。

エヌアッシュクー杯。対局中に、読み上げの藤田女流のボールペンが机の前に落ちるハプニング。画面はすぐに解説画面に切り替わった。

(1)あややんが自分で拾った。

(2)スタッフが拾った。

(3)記録係のアラーキーが拾った。

(4)まさかまさか対局者のダニー(or北島)が拾った。

次に対局画面が映し出されたときには、もうボールペンは藤田女流の元へ。(2)が濃厚牛乳だろーが、誰が、どのよーに拾ったかを想像するのは楽しい。

隠そうとしても自己主張をやめない、そこそこわがままなボディを持つ藤田プロ。声も可愛い。週刊将棋や将棋世界など、専門誌のおかげで、男性女性を問わず、棋士の顔と名前は大体は一致できる。この女流が読み上げや聞き手を務めてくれるといーのになー、ってのは将棋ファンならある程度の青写真を描けるのではなかろーか。

「残念な」人と「かわいそうな」人の違い。自力で修正可能なのが「残念」の方だとやきばで結論付けられた。

Ex)「かわいそうなぞう」とは言うけれど「ざんねんなぞう」とは言わない。

「残念なG少年」とは言うけれど「かわいそうなG少年」とは言わない。

よかったじゃないか、まだまだ修正可能だってさ。

8月22日(月)

1日出勤。

8月23日(火)

1日出勤。

何とか全科の参考書を舐め切る。まとめのテスト・小論文・自己PRも形だけは終わらせる。

8月24日(水)

2次2日目:筆記。

8:30集合。前日強引に21:30就寝→本日強引に5:30起床。散歩・シャワー等を済ませ7:10出発。

コンビニで、験担ぎに飲んでいるいつもの栄養ドリンクを購入して、会場着が7:50。どーせ8:00開場だろーから、外で待たされるんだろと高を括っていると、あっさり中に入れる体たらく。

顔を清めるなどの儀式的な行動を済ませた後、テストの最終確認。自己PRや論説文、学習指導要領の目標や理科や社会の暗記項目を見直す。

8:30テスト開始。テスト前の注意に「録音・録画機器は持ち込み禁止です」と時節柄な事項。8:35~10:05が国・社・数・理・英。

開始1分で英語のリスニング。一昨年のよーに、英文6つから内容の正しいものを2つ選ぶ形式ではなく、純粋に放送だけを聞いて(選択肢も問題用紙には記載されていない)の4択が3問、ハンバーガー屋の注文を選ぶのが1問。分かるもんは分かるが、分からんもんは分からんのがリスニング。分からんのもあったがsksk飛ばす。

5教科の問題が一気に配られ、それを90分で解くシステム。社会の学習指導要領のヤマが外れ、3問が全く分からない状態。こんなん解けた輩がボーナス問題だと観念して無視。

1ヶ月前にDが購入した参考書から、少なくとも大問で3つは同じ問題が出たよーに思われる。何か裏があるのかと勘繰りたくもなる。Dにとってはラッキーだがね。

比較的時間に余裕を持たせて終了。全員、廊下へ退出するよう命じられて、解答用紙が回収されていく。

10:30小論文。1時間で2題。休憩時間に改めて儀式。

「N県学校教育の指導方針」の具体的目標の中に「正しい判断力と強い意志を養い、規範意識を高め、自律的な生活態度を育てる」「健康的な生活習慣を養うとともに、自発的・自主的な体育的活動をすすめ、たくましい心身を育てる」がある。

あなたは、子どもの心や体の現状をどのようにとらえ、上記2つの具体目標の達成に向けてどのように取り組むかを600~700字で具体的に述べよ」

うわぁ、規範意識と体力向上のWパンチですか。

「『子どもとの絆が生まれるとき・・・』に続けて、あなたが教員として思うことを500~600字で具体的に書きなさい」

これもピンとこない。とりあえず最初のから片付けていく。

最初のを30分で終えようとするも、考えが全然まとまらず、やっと鉛筆が走り出したのが開始10分後。規定の字数に到達するのに40分掛かる。

2問目を推敲している暇はない。方針を決めてsksk鉛筆を走らせる。何とか5分前に終わらせる。

脱字・誤字チェックで見直すも、酷い内容。目的語がない文を、エ消しゴムで大幅に修正しようと試みるが、タイムアップを恐れて修正できず。最悪回避。

11:30用紙回収。休憩なしで自己PRの紙が配られる。11:35~11:55記入。

用紙は回収されたのでウロ覚え。「高校・大学生活で手に入れたものは何か」「それを今の生活でどう生かしているか」の2問だったと思う。所属していたクラブを例示し「チームワークと粘り強さです。現在の職で学級運営に生かしています」的なことを書いた記憶。

12:50まで休憩。12:45には席に戻るよーにとのこと。腹は減っているが空腹を感じない。無理やりおにぎりを流し込み、本日3回目の儀式。

12:50適性検査。いつものクレペリンとYG。試験官にタオルを机上に置く許可を得る。

クレペリンも3回目。精神的にキツいのは個人面接だが、体力的にはクレペリンが一番キツい。汗drdr、hthtで13:30終了。

続いてYG。今年は▲を多用。最終的に12個もあった。「はい」か「いいえ」を無理やり選択したほーがよかったのか。いやいや、今年の方針は、自分に正直に。

14:15テスト終了。体内の糖分が全て吸い取られたよーな気分で帰宅。

夕方、K育委員会から電話が入る。「明々後日の集合時刻ですが、本日休まれた方がいたので、8:20に変更して下さい」

K育委員会に逆らって誰得。2つ返事で引き受ける。この選択が吉と出るか凶と出るか、はたまた吉なんてないのか。

(1)集合時刻が150分早まり、それに伴い起床時刻が早くなり、予定していた午前中の勉強時間が削減される。

(2)実施される模擬授業のテーマが変更になる。

模擬授業のテーマは当日発表。出たとこ勝負。早まったおかげでDにとって与しやすい科目・学年・単元であることを切に祈る。

8月25日(木)

出勤。

既に面接を終えた知り合いから、面接内容について教えてもらう。

スピーチの追加、自己PRからの追質問、それに圧迫面接、圧迫後の追質問。質問は全部で20個程度。知識についてはあまり問われないが、授業と自己分析は再検討の必要があると感じた。

8月26日(金)

出勤。

20:30まで勉強。参考書を読み上げ、舌が回るようにする。最適のスピード・音量・調子を体に叩き込ませる。

運動会でダンス担当。アークーベーだと音楽は決められている。そー考えると、本日のM捨てを録画し損ねたのは痛かった。

H神の試合を終了まで観戦。チャンネルを切り替えると、みやむー出演の映画がやっているではないかかか。

珍しく見たことのある映画だったのだが、地上波で流れるなら、是非とも録画しておきたかったところ。今日は何もかも中途半端。明日に引きずらないことを願う。

明日は8:20集合。頭を働かせるために3h前に起床。十分な睡眠時間を確保するため、22:00に就寝。

8月27日(土)

当然寝られるワケがない。25:00に目が覚める。寝付けない。寝返りを打ったり腹筋を鍛えたり、夜の散歩に夢遊したりすることで対応。それでも3hは寝られたのか、起床予定時刻の10分前、5:20起床。

2次3日目:模擬授業・個人面接。

散歩・シャワーを済ませ、面接用に参考書を朗読して出掛けようと思ったが、思ったよーに声が出ない。いーさ、何とかなるだろう。

7:10出発、コンビニで栄養ドリンクと茶を調達、7:50到着。儀式を済ませて出番を待つ。

8:20、面接予定者が子牝のよーに1列に並ばされて、待合室から面接控え室へ移動。スピーチと模擬授業のテーマが裏向きに配られる。

8:30、指導案開始。スピーチのテーマは「夢」、模擬授業のテーマは1年国語。教科書のコピーも付随していて、砂場で遊んでいる子らが互いに何といえばよいかを考えさせる授業。

8:42、指導案終了。直ちに面接開場へ移動。

8:45、面接開始。荷物を置いて、受験番号と名前を伝えた後、教壇でスピーチを始めるよう指示される。

スピーチ時間は2分。○チローの話をしていたら、すぐに2分が経って尻切れトンボ。

スピーチ終了後、すぐに模擬授業。あいさつ・持ち物確認・読み・ICTによる場面提示(TVがあるものと仮定)、板書、発問、机間巡視。この辺で持ち時間の10分が来る。

面接官は3人。男・女・男。その前の机に座るよう指示される。左端の男から順に質問。

Q1:今の授業の難しかったところは? → 実際に子どもがいないので、発問に対する子どもの反応を捉えるのが難しかった。

Q2:ICT教材を使っていたが、どんなときに有効か。 → 今回のように、全員が同じものを見て、児童が前に出て説明をするときや、理科の天体などで具体物を提示することが難しいときに有効であると考える。

Q3:どんなところに気をつけたか。 → 学力の追いつかないオ子どももいると思うので、全員が音読をして、今、何の授業をしているのか分からせるように心掛けた。国語の学習指導要領にある「伝え合う力」「思考力」「想像力」を働かせ、話し合う活動ができるよう心掛けた。

Q4:今後の展開は。 → ペア学習やグループ学習をした後、前で児童の考えを発表させたい。

Q5:「ぼく国語きらいや」など、言語活動に意欲の乏しい児童にはどう対応するか。 → 「話す・聞く活動」「読む活動」「書く活動」のどの力が乏しいかを把握し、個に対応する。「書く活動」であれば、漢字ならば何度も補充的な学習を行い、作文であれば「どう思った?」「誰が何をした?」など補助的な発問を行う。「話す・聞く活動」であれば、今回提示したよーにペア学習、グループ学習へと発展させて、発表することへの抵抗をなくしていきたい。

面接官交代。右端の男。

Q6:スピーチはどうだったか。 → 2分が短く、尻切れトンボになってしまった。自分の考えたことを順に話すことはできた。

Q7:スピーチで心掛けた点は。 → ○チローなど児童が知っていそうな人物を例示することで、児童の興味を引くようにした。話す前に手を叩いたり姿勢を正すよう指示したりすることで、聞く姿勢を意識させた。

Q8:児童がピンポンダッシュをしたと地域住民からクレームが来た。児童にどんな指導をするか。 → 地域住民との話は終わったと考えて話していいのか。 → その前提でどうぞ。 → まずは児童から話を聞く。面白半分にやったのか、ピンポンの意味が分からなかったのか、それとも誰かから脅されてやったのか。前者2つなら、ピンポンの意味を教えて、今後そのようなことがないよう厳しく指導する。後者なら、事実関係を把握し、いじめの可能性も考えて、学級運営の在り方を考える。

面接官交代。真ん中の女。

Q9:実際の保護者対応。声を荒げることもあるかもしれないので御了承下さい。あなたは運動会でリレーの選手を決めた。児童の挙手制を採ったが、引っ込み思案の児童が、その場で手を挙げられず、リレーの選手になれなかったと保護者に伝えた。保護者が選手決定のやり直しを求めて学校へ来た。

T:選手決定の方法は、児童と相談して決めました。走力順ではなく、児童の意思を尊重した結果です。

P:でもうちの子は恥ずかしがりやなんです。やり直して下さい。

T:選手決定の方法は、児童と相談して決めましたし、選手決定後も「他にいないか」「この選手でいいか」を児童に確認しました。

P:そんなこと言うなんて、先生失格じゃないんですか。

T:今回の件は、今後の学級運営に活かさせていただきます。ピアノの発表会でピアノ奏者を決めるときなどに、児童に再確認を取るなどしたいと思います。

P:うちの子は走ることに自信があるんです。ピアノは関係ありません。

T:今回は○○さんの失敗体験といえるかもしれません。もし来年同じようなことがあったときに、「ああ、去年は手を挙げられなかったな。今年は頑張って挙げてみよう」と糧にすることが大事なのではないでしょうか。

P:じゃあ、もう運動会には参加させません。

T:それはお母さんの本意ではないと思います。自分の気に入らなかったことがあったからといって、物事をすぐに投げ出していまうよーな子にはなってほしくありません。今回のことをバネにして、運動会は頑張ってもらいたいと思ってますし、お母さんからもそう声掛けをしてあげてください。

Q10:(自己PRシートを見ながら)サッカー・合唱とクラブ活動に意欲的に取り組まれたそうですが、最大の危機を教えてください。 → 合唱のことについて話します。会場を借りる費用なので、どうしてもお金の掛かるクラブだった。そのことで退部者が続出した。このままではクラブの存続に関わる。そこで同学年で集まって話し合って、お金のことを見直すのは勿論だが、下級生に同じ負担をさせないように運営を見直そうということになった。おかげで最終のコンサートでは、○ェスティバルホールを満員にすることができ、その時の感動は忘れられない。

Q11:そのことが今、どのように生きているか。 → 教職員同士のつながりを深め、話し合いで解決しようとする姿勢をもたらしていると考える。

Q12:現在は講師として勤めているということであるが、職員室ではどのような会話をしているか。 → 趣味の話をすることもあるが、「君のとこのクラスの誰々、こんなことしてたで」「ああ、それについては僕も心配に思っていたんです。御指摘ありがとうございます。私1人ではどう解決したらよいか迷っていたところでしたので、また相談に乗ってください」といった会話をすることもある。

Q13:(履歴書より)社会人を経験しているが、その時の経緯を教えてほしい。 → 大学では民法を専攻。人と人とのかかわりが民間企業に生きると思い、就職。それなりの営業成績を修めたが、帰りが午前様になるなど、一生の仕事にはできないと思い、Q州から帰郷。両親が教師をしていたので、教えるということに漠然と興味があり、K原の塾で勤務。その際、校舎長や受験担当などを務めた。定期テスト40点未満の生徒を80点に引き上げたとき、塾生から「先生が学校の先生やったらよかったのに」という一言が胸に刺さる。選ばれた子しか勉強できない塾よりも、全人教育を果たす学校に魅力を感じた。その時から通信で教員免許を取り、今に至る。

Q14:N県以外の受験状況は。 → N県だけです。

これにて終了。解放時刻9:15。過去3回で最も舌が回ったよーに思う。

Q8なんかは、児童に地域住民のところへ謝りに行かせる指導が必要であると思うし、Q10は高校時代の骨折体験の方が話しやすかったよーに思うが、面接だから、思いついたことをぱぁーっと繋げていかざるを得なりかずき。

実質面接時刻が900秒。スピーチのおかげで短くて済んだ。

スピーチも模擬授業も、与しやすいテーマで助かった。今、こーして記憶の記録に努めているこの時間が、本来の面接時間。当然テーマも変わっている。本来のテーマがどんなものだったのか、それが判明するのは数ヵ月後。少なくとも、Dは今回の変更は吉だったと思っている。

記憶は飽くまで記憶に過ぎぬ。もっと他に質問されたかもしれないし、美化して回答を記入している可能性もある。考えたくはないが、来年への備えとして記録に残す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

大○忍と兄やは似ている

(1)LFを発展的解消したTCGである。

将棋とチェスはよく似ているが、将棋と囲碁はあまり似ていない。もしも将棋が廃れたとしたら、チェスなら今までの経験と知識を保有して参加できるが、囲碁は難しそうだ。

LFの知識と経験は、何らかの形で生きると思う。LFの問題とされた、カードバランスの補正もされているのだろう。

ゲームシステムに著作権はない・・・のかな? 現在のところ、平和的にトラブルもなく発売が認められそうな点も評価。「LFのイーとこ取りをした新TCG」の理想が実現。

(2)オープニングから参加できる。

皆がフラットな状態から始められるのは、理想的環境である。TCGの進化や紆余曲折も肌で感じられるのは心強い。スタッフ側(に近い人間)に、LFで得た知り合いがいるとゆーのもメリット。

(3)資力はそこそこ。時間はまあ何とか。

軽自動車1台分は掛かるんだろーね。土日祝が確実に休める今の職場は有難い。フットサルや将棋と重ならないことを祈る。

(4)盛り上がりつつある・・・?

東で行われた講習会が盛況だったとか。他のTCGの嗜みはあるが、今までLFを触ったことのない新規参入者もいるのだろう。N本橋で定期的に公認大会が開かれるレベルまで育てば御の字。

(5)原作は知らない。

LFの時もそーだったがね。術を発展的解消したカードの使用条件に「同一ゲームの前衛が2体出ていること」とあったよーな気が。カードに出現元が明記はされているだろーが、覚えるまでは難儀しそーだ。

(6)LFとは別個のゲームである。

「LFのカードも使えるよーにしたらいい」という意見もあるよーだが、LFとは別個のゲームだからこそ、新規参入者が期待でき、メーカーも潤い、サポートも充実するものと思われる。LF最盛期の活況を、Gで再現できるのなら、ある程度までの出費は覚悟。

(7)情報収集段階。

オフィシャルと2chくらい。カードリストの入手が最優先。HPやブログで扱う輩も増えるだろう。

スタックルール。よう分からん。大会で「AP優先だから・・・」と呟いて失笑を買うレベル。この前54に聞いたから、とりあえずの仕組みは理解したが、実戦では戸惑うこともあるだろーよ。そんな時は「初心者ですので・・・」で誤魔化そう。実際に初心者なんだし。

(8)略称。

Fァンタかマゴか、PMかズマか走馬燈か。Dの一押しは「ゴリ」。通じるなら、そー呼びたい。

表記上は「PM」なり何なりに落ち着いてもらって構わないのだが、呼称をどーするか。Dは「LF」と書いて「りーふ」と呼んでいる。「えるえふ」とは読まない。

8月14日(日)

午前ブログ更新、午後図書館。

8月15日(月)

出勤。

矢内が木村にテストされていた。

「矢内さんならどーやって詰まします?」

「え・・・私ならこーやって・・・何だか私、テストされているみたいですね」

「まーたまにはね」

ぽっと紅の差した矢内が可愛すぎる。同世代とは思えない。

高校野球の都合で、囲碁講座が録画されていた。万波佳奈も可愛かった。将棋講座の鈴木も可愛い。今週は浴衣でなおえがった。

Y浜vsC辨。地元だし最後まで付き合うかと思って見ていたら、屈指の逆転劇に遭遇できて儲け物、もう獣。

C辨にY濱とゆー名の選手がいて、どんな応援をされるのか気になって注目していたら、普通に「かっとばせー、Y-こはまー」的なチャントだった。

8月16日(火)

健康診断。

昨年の同時期と比較して、体重が2kg落ちていた。どーりで開脚前転がしやすかったワケだ。

検尿。無事採尿して、手を洗って、ルームの外の尿置き場に置こうとすると「チャック開いてますよ」と看護師から指摘。一方的に辱めを受ける。

狙ってチャックを開けっ放しにしていた? そこまで計算高くもない。

絶食だったので、焼肉を食べに行く。

「オープンは16:00から」

すごすご。M屋のステーキ定食で溜飲を下げた後、マルイチへ。

テンイチ。A級維持。天宝玉戦は2勝2敗でLv.1変わらず。

QMA。中ボスで女王蜂が出てきた。倒してお宝ゲット。今日も協力プレイで踏破できず。

「女流棋戦」「大山名人杯」「開催地の名前が付いている」の連想。ヒント見て速攻メガホン。メガホン使わなくても、4thヒントで分かる系だったのが残念。

「次のうち、タイトル戦を全て選べ」の1問多答。123全部選択だったのが残念。

2次試験の日取りが80%発表。肝心の初日の日程が、午前か午後か不明。18日(木)に再発表。

28日(日)の空白が確実になった。LF出て、野球観戦して、マエケンのユニフォーム買って、呑んで、泊まって、唯一の夏休みを愉しむとしよう。

以下は備忘録。9月18日(日)人足、23日(金)講習会、24日(土)運動会、25日(日)やきば、10月1日(土)前夜祭、2日(日)○阪非公式、30日(日)村の祭。

8月17日(水)

出勤。

8月18日(木)

午前出勤、午後出張、それからマルイチ。

昼食はステーキ屋。TVに紹介されたとかで、2k程度の定食が割引になっていたので、それを頼む。

・・・まぁ、美味いな。いや、美味い。オニオンソースも美味いし、脂身も美味い。結局、美味い。箸がなかったので、噛み切れなかったスジを処分するのに大変だったくらい。

時期・内容ともに出たくない出張だったのだが、学習指導要領の改訂により、どーしても年間計画を補正しないといけない分野があって、それを解消するために出席。まー、何とか目途が立ちそう。

テンイチ。2勝1敗。天宝玉も1勝1敗。次回A級残留戦。

QMA。協力プレイを2回。2回ともラスボスまで辿り着くも、踏破ならず。

2回目は特に酷くて、全12問、4人で正答できた問題が3問。Dはそのうち2問を答えたぜ。五十歩百歩。

選択肢に「リーフファイト」のあった連想。複数のTCGから正答を選ばせるのだが、「Bロッコリーが販売元」とゆー最終ヒントを見ても、うっかり選んでやろーかとも思ったよ。

20日(水)の日程が明らかになった。Dは午後の1発目。トップバッターだけは勘弁なんだぉ・・・。マット運動とかで、分からない単語・聞き取れなかった単語を補正する時間がない。誰かのを見て「あー、コレね」と反芻できない。まー、賽は投げられた。1が2回連続で出たら、スタート地点に戻らないといけない。

8月19日(金)

出勤。Nでしこしこしこを観賞。

大学時代の友人から、コンサートを開くから来ないかとの連絡。残念、生憎その日は運動会。大雨やったら行くわと返答。本当に行ってやりたいのはマウンテンマウンテン。

8月20日(土)

2次試験初日:実技。

会場まで親父とドライブ。体力温存。高校野球の決勝は、ワイサイドゲームになるのはインプレッションなのだろーか。

今回は着替えて直接体育館に集合。今年で終わらせたいが、来年以降の事も考慮して記録。

12:50集合のところを12:10に到着。更衣室へ行こうとしたら、別室に誘導される。

30人くらい入っている教室の一角に荷物を置いて洗面所へ。帰ってくると部屋に誰もいない。更衣室へ誘導されたよーだ。急いで荷物を持って、更衣室で着替えて、体育館へ入室する順番の最後列に並ぶ。

体育館では、3班が集合。うち1班は水着集合と発表されているのでプールだろう。体操服集合のDは、何が先か分からない。

集合時に受験票を回収。持ち物に受験票は記載されていなかったのに。持ってくるのが当たり前だろヴォケェという態度かい?

「要綱に受験票持参と書いていなかったので、今日は持ってきていません」とゆーマヌケもいるはずもなく。Dも小心者で持ってきていたよ!班毎に2列に座って指示を待つ。

マット運動―体つくり運動(走)-水泳―歌―器楽の順。体育が先か音楽が先かは事前に分かるが、内容や順番は当日発表される。そのまま武道場へと導かれる。

マット運動。昨年までリズム運動が行われていた処。側転―開脚前転―前転―交差による反転―寝室好転の順で連続試技をしろとのお達し。

寝室好転? 練習してないぉ。

熱心な読者ならお気付きだと思うが、一昨年のタイトルに寝室好転はある。正しくは伸膝後転。交差による反転も、過去に練習したことがある。聞き覚えのある単語・練習したことのある内容でよかった。

とは言え1番手。練習を1回させてくれるとは言え、プレッシャーはパない。前の人のプレイを見ての修正ができない。まー、可もなく不可もなく終了。

続いて体つくり運動(走)。体育館。スキップ走―ハードル走―カイチョウ走。

カイチョウ走? 知らん。聞いたこともない。周りの受験生に聞いてみるも「さぁ」。

「ハードルは間を2歩で走ってください。ただし着地の足を除きます。カイチョウ走は自分のペースで走ってください。ただしコーンの間の線はできるだけ踏まないでください」

はぁ? 意味わかんなぃんすけど。トップバッターの弱み。練習は2レーン用意されていたので、隣を見ながらチラチラ。

要は、ハードル間を3歩で行けばいーんだろ、と開き直る。ちなみにハードルは5個。高さ10cm、幅30cmくらい。ハードル間は1mくらい。想定を大きく外れた。

体育館を往復。行きの半分をスキップ、残りの半分をハードル、帰りを自分のペースで戻って来い、と解釈。1番手はツラい。

コーンの間の線を踏むな、だけが理解できずに競技開始。可もなく不可もなく。

→スタート   11111     ←ハードル

● ● ● ● ● ●  ←コーン

1 1 1 1 1    ←コーンの間の線

←ゴール ● ● ● ● ●    ←コーン

以後のプレイを見ていると、コーンの間の線とは上記の線の事なのかと得心。前のプレイを見て修正できる輩が羨ましい。

水泳。今回は校内の更衣室で着替えて、荷物はプール内の更衣室に置いておけとのこと。

雨が降ってきた。当然ながら女子より男子の方が集合が早い。廊下でしばらく待たされて、しとしとの中をプールへ急ぐ。

クロール25m。蹴伸びスタート。1回練習アリ。練習時に疲れを感じたので、ラスト5mは手を抜く。

競技は可もなく不可もなく。バテた。音楽まで肺活量が続くだろうか。

過去2回よりも低温だったが、着替え後の発汗は相変わらず。気温関係ない。Gャッツビーで少しでも涼をとる。

全員揃うのを待って、2Fの控え室へ移動。移動前に受験票の返却。控え室で少しでもリコーダーのエア練習。トップバッターなので気が抜けない。

予想通り、さほどの待ち時間もなく、最初の4人が4Fへ連行。歌と器楽。

歌は曲が指定されており、そのうち1曲を当日宣告される。今回は「SくらSくら」「YやけKやけ」「Mしのこえ」。Dが当たったのは「YやけKやけ」。2小節1ブレスなので息が保つか心配だったが、思ったより回復していたらしく、可もなく不可もなく。

器楽。Dはリコーダーを選択。選曲は自由。一昨年はリコーダーで「E-デルワイス」、昨年はピアノで「Hがきた」。春は来なかったがね。誰が上手いこと言えと言った。

ピアノは、昨年の失敗を踏まえて選択せず。100%の自信がないと選択しちゃぁいけない。

リコーダーも、息が続くか心配。E-デルワイスは、小節が長くブレスが続かないと判断。そこでDの選択は・・・。

○ン○ン○ンのマーチ。

もちろん、学習指導要領や教科書には載っていない。

(1)C-durである。

(2)ドレミファソラシドレミの範囲で演奏できる。

(3)テンポは速いが、ブレスは吸えそう。

(4)1つくらい音程を外してもリカバリーが利く。

(5)有名な曲だ、試験官も知っているだろう。

(6)上手そうに聞こえる。

(7)演奏していて楽しい。

(8)歌詞に自分への激励を込めて。

(9)他の曲も候補に挙がったが、1番演奏しやすかった。

綿密な計算の基、選曲。実際に演奏してみると、(3)が計算外で、相当ブレスがしんどい。当日勝負。

今年は市販されている楽譜を持参。ひょっとしたらこーゆートコもチェックされているのかもしれない。

入室時に試験官に受験票を渡し、譜面台に伏せて置いてある楽譜を捲るよーに指示。ここで自分の歌う曲が分かる。その後で器楽。持参したスコアは、用意された楽譜の上に置いて構わない。

リコーダーも、可もなく不可もなく。全体を通して、大成功もなければ大失敗もなかったとゆーところ。いや、本当はDの気付いていない大失敗を仕出かしていないかどーか、ちょぉ不安。

班全員が終了するまで帰れないと聞かされていた。洗面所へ行った後、筆記の勉強本を持ってきてたらよかったなーと、余裕綽々で扇子で涼をとっていたら、Dより後に終わった輩が、荷物を持って教室を出て行く。

幸いなことに、同じ班に知り合いが3人いた。聞いてみると、帰ってもよいと新たな指示が出されたらしい。またDが洗面所に行っている間にか。今日はそーゆー日なのだろう。

15:30終了。17:00終了予定と聞かされていたが、様々な要因が重なるものだ。最寄駅まで歩いて、親父の待つH原まで電車。

S井で席が空く。座っていると、何やらコトンと物の落ちる音が。

はて、Dが何か落としたのかいなと横下を見ると、見慣れぬ携帯ががががが。着信中。近くの人にジェスチャーで「あなたの?」と振ってみるも「さぁ」。

どーやら、S井で下車した人が携帯を紛失したことに気付いて、何かしらの手段で通話を試みているよーだ。H原で届けようと思っていると、車掌が来たので手渡して一件落着。

H原では、Dの降りると同時に駅員が何かを探しに来た。車掌が駅員に合図をしたのを確認して改札へ向かう。

>54

水ようかんは、おかんが喜んでおりました。タバコをやめた件も報告済みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

オトコ心とヲ○ク心は似ている

好きだったクラシック音楽の題名が「1812年」だと分かって嬉しいDです。「はじめチョロチョロ中パッパ~」で察してくれる54も54です。

8月13日(土)

54との待ち合わせは12:00。ブログ更新をしたいため、11:00にはマンガ喫茶に着きたい。そのためには10:00にはN波に着いて食事を済ませたい。そのためには9:00には家を出発したい。

出発時刻:9:40。送ってくれる人が、親父からおかんに変更になった時点で、大きな予定変更の必要は感じていたんだ。

ガソリンを注入し、2次試験用にパンツをクリーニングに出して、S井から電車に乗り込んだのが11:00前。昨日回収した近麻を眺めながら、ぶらり車内の旅。

11:30N波到着。昼食の選択肢は5つ。(1)I蘭(2)K龍(3)Sタ丼(4)W狭家(5)立ち呑み。

暑いのでラーメンは却下。ベルギービールを愉しむ前に、安酒で味覚を消耗してもノージンジャー。暑いので豚よりは海鮮丼だなと(4)を選択。

無事にブログも更新し(いつもと勝手が違ったのでちゃんと更新されているかは見確認)、待ち合わせ場所の改札へ向かう。

予定時刻より100秒ほど遅れて54と合流。54からお土産をもらう。持ってきていないDは辱め。社会人としての自覚が足りない。店は昼からやっているそーなので、U田へ向かいながら行動を決めることに。

H急メンズ館で指輪を物色。それからゲーセン。QMA。協力プレイ中心。最上階へ辿り着けず。

15:00、いよいよ本命の「Dルフィンズ」へ。数日前の「○はようA日です」でも紹介されていた。

計6杯。サクランボの香りのするやつ・アルトビール・ピンクの象・軽いやつ・アヴェンティヌス・シュレンケルラ。

最初の2杯は、ライクウォーター。いや、結構アルコール度数も高いんですけど。熱の壁が押し寄せる町・○阪。喉の渇きが増していく感覚を愉しんでいた180分間の苦行を解き放つには、あまりにも気持ち良過ぎた樽生。

ピンクの象は、飲みすぎると頭の中にピンクの象がピヨるところから命名されているんだそーな。はい、現実にピヨっていますよ。H動拳を3連続で喰らったGイルのよーに。

お勧めの樽生が5種類あるとのことで、4杯目もそこから選ぶ。最初の2杯のほーが美味かった。単にイントキシエイティッドで味が分からなくなっているだけとゆー説もある。

54から、シュレンケルラとアヴェンティヌスがメニューに載っているとの指摘。何、それは是非飲まねば。

「シュレンケルラが冷えていないので、15分ほどお待ちいただけますか」「じゃあ、アヴェンティヌスを先に持ってきてください」

GGCで必ず頼む定番。いつもはシュレンケルラが先だが、上記の都合で仕方ない。

届いたアヴェンティヌスは、まさにGGCの味と香り。うっとり。シュレンケルラも、極上の鰹節を液体にしたよーな、芳醇で濃厚な味蕾への刺激はそのまま。

17:00頃から意識をなくす。まー、流石に潰れるわな。1hほど寝たんだろーか、クロウドラゴンや水を注入して、何とか意識を取り戻す。

料理もよかったお。とりあえずのオードブル3種(ラスク・ローストポーク・茄子)を始め、サラダ・ぺペロンチーノ・ムール貝・牛頬肉の煮込み・フリテンなどを注文。麻○を嗜む者にとって、フリテンとは験の悪い響きだと構えていたが、要はポテトフライ。

店を出たのが19:30。実に270分の滞在。会計は1人1.1MG。出ました最高額の更新。

帰る段になって、54からもらったお土産を所持していないことをポイントアウトされる。心当たりはゲーセン。来た道をもう1度引き返す。

途中、H急メンズ館にも寄って、昼間に気になっていたリングを購入。酔っていると判断力は鈍るが、決断力は研ぎ澄まされる。

良さげなストリングタイもあった。買っときゃよかったか。でも、職場でも着けないだろーし、結局使わずじまいかいね。

そしてゲーセン。お土産も無事回収。もー1度QMA。やっぱり最上階まで辿り着けず。

後ろのテンイチが気になってしょーがなかった。流石に友人を放っぽっといてまで興じる理性の欠如はない。

21:00散会。次は10月か。

帰宅途中に購入した水・茶の類のペットボトルが5本。店や家で摂った分も含めると、3Lは体内に入れた。おかげでリバースや乗り過ごしもなく最寄駅へ到着。

Fァンタ。○阪でも講習会が予定されているみたいね。参加の意思を表明しておこう。

2日連続で更新って、いつ以来だろーね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

中間報告

まだ1次だからこのくらいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきばX回

○茶スパークリングを飲んでみたい。何度か購入できる機会はあったのに、尽くスルーしてしまった。コンビニで見かけないところから察するに、やっぱ販売中止に追い込まれたか。無念。

術に使用代償100Gを課すルール。ちょっち古いネタから。

活だと300G取られるのかなとか、総帥ガディムLなら500Gとか、500Gも大会トータルか1戦毎か、兄やなら言い出しかねんなとか、いろいろ想像の広がるルール。

おあずけ2枚ルールはいいルールだと思うんだが、ハウスルールは運営が難しいのと、術おあずけ8枚から構築スタートになって抜くカードを考えるのがメンドくさいのと、エトセトラetc.

将棋の駒は40枚。理論上、38枚まで持ち駒にすることが可能。

駒台には、そんなに多くの駒は乗らないよーに思われる。許容量以上の持ち駒を乗せるには、駒を重ねて乗せるしかないのだが、それが礼儀上正しいものであるかどーかは知らない。詰める玉を嬲って「全駒」にするのは礼儀上は良くないよーな気がするのでやらない。

7月30日(土)

ブログを更新した後、シャチハタを受け取りに遠場のショッピングモールへ。以前調べたとき、全国で1700番目くらいに多い苗字だったと記憶している。新しく作るまでもないが、在庫がなくお取り寄せとなった逸品。

無事に受領。懐メロのオムニバスCD(と言っても90年代が中心)を買って、昼食は何がいいと脳内に問いかける。

流石は県内でも随一のショッピングモール。バイキング・寿司・ラーメン・イタリアン・・・と選択肢は豊富。

ハンバーグの美味い店があったな、と回想し、向かってみるも撤退したのか姿がない。代わりのハンバーグ店が進出していたので、灯に誘われる蛾の如く、ふらふらと店内へ。

メインのハンバーグは注文制で、ライスやサラダは別料金でバイキングとゆーシステム。ねぎ塩ハンバーグを注文。

サラダで適当に空腹を満たしつつ、ハンバーグが到着するのを待つ。そして待望の時。普通は200gだが、100G増で300gにできたのでそちらを選択。

でかいのが来た。

ソースを艶福とした裸体に浴びせつつ、優しくナイフで切り取って徐に口腔内へと運び入れる。肉汁とソースと唾液のミクスチュアー。

口の中の上側の皮がべろんべろんに剥ける。不味いはずがない。美味くないわけがない。美味い。

ハンバーグvsステーキ。ハンバーグの圧勝。

お子ちゃまの舌と詰られてもいい。確かに美味いステーキはハンバーグのそれを凌駕するが、遭遇率もレア。店で食べるハンバーグにはハズレが少ない。

天国の後には、地獄が待っている。地獄とまではいかないまでも、図書館で勉強。一応、受験生の身だからな。

7月31日(日)

なのに、Sを誘ってマルイチへと向かうDがいる。

テンイチ。B1降格&天位Lv.1降格。豪華アイテムといっても、勝てば天宝玉がもらえるチケットだったりとかで、そもそも強い輩と対戦する機会が多くなって関係なかった。

QMA。新入した検定をこなして全国大会。とりあえず全部2000点越えでフィニッシュ。凡人・パンピー・ボヘミア~ン。

夕食はSイゼリア。納得のいく外食はスリーコインズから。無論300Gではない。

カプレーゼ・ミネストローネ・ムール貝・ドリア・パスタを注文。Sの頼んだほうれん草ソテーやピザももらって喫飯。

Sが誕生日だという。多めに支払って祝に替える。

S宅で「M田さんは無口」を鑑賞。オープニングが懐曲でほろり。

8月1日(月)

午前プール監視、午後仕事。

8月2日(火)

午前プール監視、午後仕事。

生徒が教師の名前を本名検索したら、フェイスブック経由でブログがバレたとゆー話を聞いて、焦って急いで真似したら、どっかのバンドのドラマーがヒットした。

8月3日(水)

お客様夏休み感謝デー、もといお客様全員集合日。

久しぶりのお客様パワー全開を舐めていた。制御するにはDもフルパワーが必要だということを忘れていた。

怪我も病気もなく、お客様が全員出席したことを感謝。学活・平和学習・プール納め。

午後は会議。半年後の発表の骨子のお披露目。叩き台で出した原稿が、フルボッコになって返ってきた。

明日からほぼ夏休み。出張等はあるものの、ほとんど職場へ赴く必要がない。しなければならない仕事がないとゆーのと同義でないのが残念。

8月4日(木)

昼フットサル、夕方仕事絡みの用事、それからマルイチ。

前職の後輩が、フットサルをするときに呼んでくれる。元教え子たちに交じって、糖分と水分を過剰気味に補給しながらプレイ。疲れたらキーパーでサボタージュ。

テンイチ。4勝1敗。角替わりは難しい。

QMA。月が変わったので新ダンジョン。いきなり最終階まで到達するも、3回のチャレンジで踏破できず。

8月5日(金)

1日出張、それからマルイチ。

出張先の駐車場の領収書を取り忘れて、1.2kのロス。1kを拾うな。

BAKUMAN。14巻ゲット。昨年も同じ時期に同じ出張があって、同じ本屋で同じ本を買った記憶アリ。

テンイチ。3勝1敗でA級復帰。34連勝中の「プロX」なる輩に負けた。北海道出身とな。夢が広がる。

マルイチ。ラスボス撃破。過去最短で攻略。

ヒント・ルーペ・メガホンが効果的に決まった。「共同通信主催の棋戦」のスロット。速攻メガホン。10%とゆー正解率にも満足。

珍しくGンダムのパネル問題で単独正解。「○○の戦闘で用いられたシャア専用モビルスーツ」。聞いたことのあるものを適当に入力したら、マグレ当たり。Gンダム・Wンピース・DQは鬼門奇問。

「720年編纂」の文系連想。ナニヲ今更日本書紀。覚えておいてよかった。メガホン使用。

H島が15年ぶりに8月2位とな。朝のラジオ番組で失礼なことを言った女性アシスタントに、抗議の電話を入れてやろーかと思った。電話番号を知っていたら実行していたね。

帰りに○コイチ。サラダにオリジナルドレッシングが付かなくなった。あれ以上のドレッシングは、なかなかお目にかかれない。仕方なくイタリアンドレッシングで食したが、役者不足は否めなかった。残念。

「役不足」と「役者不足」。正しい熟語は「役不足」なんだが、すると意味が変わっちまう不可思議。

8月6日(土)

親族集結。祖父母の代のが来なくなったから、Dの幼少期の記憶より遥かに小規模。昼飯食って墓参って夕飯食って終了。

8月7日(日)

S井―T橋―N波―S宮。

N波で朝飯のうどんを食おうと思ったら、駅構内でうどん屋が見つからなかった罠。きっと探し方が悪かったのだろう。

仕方なくカレー屋に入る。イカ墨が入って600G。少なくともカレーの色ではない。味は・・・美味いじゃないか。また食べたくなる味。

S宮まで直通の電車が来たので乗車。K子園開催中なので混雑を予想していたが、それほどでもなかった。

10:00の段階で、Dと主催者しかいない。確認すると11:00開始とのこと。

D那さん、Dんぼ教さんが顔を見せる。本当に顔見世に来ただけで、LFを打たずに帰られる。むぃ。

結局、最終参加者が姿を見せたのが11:30。ここはウチナータイムが適用されるのか。

デッキ名:それ、アタマないですよ/それ、フリテンですよ

L:マルチ

C:13 ウヤタ・イヴ・コロネ・犬・岡本・シェラ・須磨FC2・可憐・吾郎・田沢・リーフォン・ソワ・ユズハ×1

B: 8 風呂・芸×4

I: 1 レベルアップ×1

F: 1 エキサイト×1

E:36 術・付け・スラ・噂・封印・嬢×4、活・応援・本当・応修・チョンボ×2、パニック・身代わり×1

彼がマルチに弱いと判断して組んでみた。現在の学習指導要領で求める力:思考力・判断力・表現力。彼の好きではない、殴るしか能のない前衛で堅めたった。

活・本当の自分・応急修理・チョンボは、4積みから構築をスタートして、この枚数に落ち着いた。

キャラ枚数は、9枚からスタート。表裏の応援コスト+1で、前衛に3体並べば十分条件を満たすと見て追加。

根性ノーコストは、全部入れたった。抜けがあったら指摘プリーズ。

雛山・由綺は、出すのがしんどかったので仮回しで抜けた。1コストキャラを出すと、特殊能力応援のコストがなくなるんよ。

1回戦

参加者は9人。目の前にLふと氏。とゆーことは、あのLの可能性が高い。来たれ!チョンボ。

初手:付け×2、スラ、応援、風呂、岡本、ユズハ

2/60は1/30だお。漠然と、枚数×10%が初手に来る確率だったと記憶。5回に4回は初手に来ない計算。

ダイス負けて先攻。Lオープン:大方の予想を裏切らず理奈。

1表:岡本出してエンドしかないお。

1裏はキャラ出しに専念。勝負の2裏、カラオケを引いていないことを祈る祈られ祈られろ!

「ターンエンド」

よっしゃ!ステ勝すら引いてない様子(プロデュースで1点入る)。風呂を引いているDが断トツ有利。

犬・可憐も引いてコストには不自由しなくなる。相手様は高子・英二・澤田・初音を並べる。

応援コンボが利かなくなるので、高子様を嬢で蹂躙。お互い付けスラを2枚吐く。高子様とお風呂♪高子様とお風呂♪

相手様がセンスを貼ってくる。無視して殴り続けることもできたが、理奈を舐めると怖い。赤いカード1枚で戦況がひっくり返る。応援コンボの時に4点違ってくるので、ユズハを展開して1回殴る手を止める。マルチで殴っても誰もダウンしなかったし、活も打てるからいーかとの判断。

そしてついに、相手様がカラオケを引いてくる。犬受け。プロデュースも入れられる。

「では4点で」

「投了シマス」

Dも相手様も1パン1※状態。相手様の理奈は致死圏内。Dのマルチは余裕がある。相手様は殴るコストと受ける前衛を同時に用意しないといけない。Dはまだ付けスラを2枚持っている。そして何より、Dは嬢を持っている。計算ミスはともかく、投了止むなし。1勝。

2回戦

「な、なんだってー! 昼食休憩がないとな!」

「はい、我慢プレイです」

今日はJ番で、焼肉丼と冷麺のダブルコンボの予定だったのに。noni。昼飯は抜いて、夕食の宴に期待。

Kはっきーさん。ルミラあたりか。

初手:風呂・芸・リーフォン・付け×2・噂・チョンボ

ダイス負けて先攻。相手様マリガン。Lオープン:黒ささら。

1表:リーフォン出してエンドしかないお。

1裏:臨時収入-噂―臨時収入―スカウト-チョンボ(応援と本当の自分ゲット)-S屋―黒ささらコスト-応援―S屋コストでセンス-ものまねセット宣言。

あのー、どー足掻いても6点入るんですけどー。ここでDは本当の自分を使って2点に軽減する駄目プレイ。

相手様の手札は1枚。2表の黒ささらを狩りにいくプレイをしなければならなかった。

付け・付け・応援・本当の自分。特殊能力応援込みで、風呂の威力が7点。隠し芸が根性10vs感性6で6点。相手様の付けスラは本当の自分で相殺できる。身代わり以外は封殺できた。

そして今気付いたことだが、ものまねバトル時に、マルチの根性と感性を入れ替えておけば、黒ささらにバックが3点入っている。特殊能力応援感性なら4点だ。対局時は守備のことしか頭になかった。駄目人間炸裂。黒ささらの能力は確認していたのに。

相手様も、Dと同じ程度の知能をお持ちか、それとも策略家か。気付いていないDが100%悪い。隠し芸で打点が2伸びるくらいなら、0-6を4-2にする方が当然良いに決まっている。

実戦での進行:

「どーします? 応援根性しますか2828」

「うーん、じゃあ本当の自分で2点で」

「了承」

ぬるぽ・ぬるぱー・ぬるぴえすと。

2表:御都合ドローで風呂ゲット。風呂2枚並べて、リーフォンでコスト出して、バトル宣言して、応援使って、付け2枚吐いて、相手様投了。2勝。黒ささらとお風呂♪黒ささらとお風呂♪

相手様は、Wマリガンだったよーで。もっとキャラを削らないと!

マルチは、ものまねで殴られたときに本当の自分でのカウンターが最強に生きるとゆーことを学習できたことを良しとしておこう。

3回戦

2回戦で階段のJ元さんが負けたので、3回戦で終了確定。試験が終わったら、またT満に顔を出しまする。

Fぉれすと君。ダイス負け先攻。本日全部コレ。マルチデッキに先攻のメリットなどないに等しい。

初手:風呂×3、付け×2、シェラ、チョンボ。

Lオープン:総帥。知ってた。

1表:シェラ出してエンドしかないお。

エンド時、相手様は財力―スカウト。

「チョンボ」「ガセネタ」

「コストは?」「へ?財力の余りから」

「シェラ出てるで」「誰それ」

結局、相手様は手札から夕菜切り。1裏に収入から夕菜・真紀子・環姉辺りを出されたと記憶。

DもDで可憐やらを並べて、コストに不自由はしなくなった。少なくとも封印を引くまでプラチナリングは稼動できないが、相手様もDの幻の手札を恐れて、重要アイテムはなかなか装備できない様子。いや、そもそも嬢で夕菜を風呂に沈めたんだっけ。

風呂でちびちびダメージを乗せていくも、怪しい薬でなかったことにー。環姉コストで精神強化も貼られる。まあ、マウントは取られていないので大丈夫かー。

と高を括っていたところ、マルメからブツ自慢で殴られる。マルチ受け特殊能力応援感性でも7点ですとー? 活で既に3点もらってますが? まー、そこは応急修理で回復。相手様が抱きしめをシェラに撃っていたので余裕があった。

返す刀で応援コンボ。1撃目を総帥で受けてくれたので、2発目に嬢をブチ込んで勝利。3勝。総帥とお風呂♪総帥と御風呂♪

久方振りの優勝。2積みのイベント群をバランス良く引けたことが勝因。結局ヒキだ。

チョンボ惚れ直した。カウンター+2ドローは激痛。しかもノーコスト。チョンボをカウンターされても、Dが失うものは少ない。

今日は飽きるまでLFを打つつもりだったが、○阪勢はじめ半数が別ゲームに興じていたため、LFに関しては不完全燃焼気味。

○谷とのフリプ。耕一vs岸田。

岸田

犬 テリ フラ 環姉 コリン

リラク

サバイバル

ミコト フラ

耕一

エキサイトに張り替え、ケモって腕相撲と隠し芸を置いて殴りかかる。Dの付けスラ2枚が通って、相手の岸田にもう1発通れば勝ち。テリフラで3点回復までは折込済。

「宣言、嬢をリーダーに」「いただきます」

ゴチを使われるのは、そのフリプで2枚目。使われるなら付けスラにだろーと、高を括っていた。Dの前衛はカツカツ。前衛受けされると、ダウンは取れるが次ターンに再び堅められる。

・・・ふと場況を確認すると、相手様のリラクがある。カウンターがないのでゴチは通さざるを得ないが、犬受けされたところでリラクを選択。再び耕一が起き上がって、宣言嬢岸田アゲイン。

「参りました」「(ゴチは)付けスラにじゃねーか?」「(序盤で嬢を1枚使っているので)嬢2枚は読んでませんでした」

諸角vs諸角。Dが6つデッキを持っていったので、○谷がダイスで決めた。

○谷は2つデッキを持ってきていると分かっている。Dの使用デッキがダイスで決まった瞬間(Dは目印で諸角デッキが選ばれたと判る)「おもんないデッキやで」「いーですよ」

1表:相手様犬とコリン、Dは待ちあわせ千鶴で圧勝。

かと思いきや、2表に待ちあわせ千鶴を合わせられ、嬢でDのちーころが御陀仏。お互いにバトルを置いては破棄し合うヒット&アウェイだったが、Dの前衛が先に力尽きて憤死。

Lふと氏とのフリプ。理奈vs総帥。Dが理奈。

1表:シェラエンド。エンド時のスカウトにチョンボ。

相手様、辛吟の末に夕菜ともう1キャラ切ってハプ。よしよし、3枚吐かせたと思っていたら、収入―スカウトー待ちあわせ夕菜で、あっとゆー間に○チンコ総帥完成。

そもそも、Dは赤いカードを引かなかった。ターンエンドを繰り返し、相手様のフィニッシュを待つのみ。転機おとぎをチョンボに回したから、ドロー速度が落ちたんだよ! と言い訳してみる。

もう少しキャラを絞って、神頼みは入れてもいーのかもしれない。

7人集まって、ちるのい。面白いゲームなので職場でもやってみたいが、絵柄が職場向きではない。構成要素をメモって手作りしてみよーと思っていたが、ゲーム後はこってり忘れていた。

ちるのいで、まさかの5連敗。シャッフルしよーが配り方を変えよーが、お構いなし。オカマいなし。こんなときはオカルトを呪いたくなる。99を超えて負けを認めるときの「99!・・・+3」とかのボケも響かなくなる。

LFのシステムを模したTCGが発売されるとな。LF身内も関わっているとの情報を得る。(1)Gさえ出せば手に入る環境(2)対戦相手が豊富にいる環境が整えば参戦するかもね。

16:30撤収。会場と目と鼻の先にあるG少年の職場(=マルイチ)へ突撃。

○谷が19:00に焼き鳥屋を予約してくれた。鳥○族。遊ぶ時間は120分程度。かわるがわるQMAを○姦。

途中、J二がG少年を連れてきてくれる。全身オレンジつなぎ。Dの知っている、マルイチの店員の服装とちょと違う。何発か靴でキスの洗礼を浴びせる。本人もにこにこ顔だったので、問題はないことを祈る。

予定より300秒ほど遅れて打ち上げ会場到着。待たせて不安を感じさせたTぼさんゴメン。

8人で打ち上げ開始。D・○谷・Lふと・J二・Fぉれすと・Jム・J弟・Tぼ(敬称略)。

Q:どーしてDはおとなしくしていられたのか?

A: ○ ○ ○   通  ○壁

   机机机机机     机壁

   ○ ○ 長椅子 ●壁←D

さすがはつけメン、ぼうぎょはバッチリだ!

ちなみに、Dの対面はJ弟。あまり面識がなくておとなしい輩には迂闊に手を出さないDの弱点を見事に突いている!

最初にDが、マシンガンの如くダダダダダダーンと注文。片っ端から4人前(8本分)を頼みまくる。

「後で頼もうと思ってたら、Dさんの注文したものばかりでした」

他人に同じ事をされて、不機嫌に思ったことを追憶。でもね、やめられないのよ。末っ子マンセー。

全品280G。食べ放題呑み放題2800Gのコースもあったが、要予約とのこと。無念。

ドリンク4杯、串10本、〆1杯で2800Gになる計算。最終的に1人分が2600G。やった!勝ったよ!何に?誰かが上記ノルマをこなせなかったんだろーな。

○谷亭で1泊。LFを打つ気力は残っていなかった。お休め。

8月8日(月)

○谷は職場へ。Dはもー少しのほほんとできる権利を得た!

「T之島の土産を持って帰ってください」「・・・○縄?」「いーえ、K児島です」

Hンター×HンターやTH2アンソロなどを読み漁って、だらけプレイ。12:00前に○谷亭を出発。あ、お土産の黒砂糖は、母が大変に喜んでおりました。焼酎は、試験が終わったら頂きマッスル予定でございマッスル。

I宿―A崎―N波。試合の狭間だったのか、ラッシュに遇わずに済む。駅で近オリを回収。

最近、領収書を取り忘れたりと、細かいけれど不必要な出費が続く。

A:もっとデカいGの+―があれば紛れるんじゃね?

I蘭で食事。暑い・平日・食事時を少し外れているとゆーことで、並ばずに食すことができる。でも、やっぱり暑かった。食後は店内で汗を引かせてから麻○へ。

麻○は、ウマいとツヨいが別物であることを知らしめてくれる。追っかけリーチを掛けたら、親のインパチ牌を掴まされたり、リーチの現物待ちをダマ押ししていたら満貫に振ったり。何だ、オリ切れなかった負け犬のオーボエか。

(7)(8)225567899中

これが配牌。第一ツモが9索。ロクヨン確定リーチか、それとも清一色へ一気寄せか。

「リーチ」

東2局、満貫ツモられて原点切っていたので、確実なテンパイを取る。中は上家に鳴かれたが、直後のツモが9筒で決着。

「ニセン・ヨンセンの1枚」「いえ、セン・ニセンですよ」「・・・? そーか、セン・ニセンの1枚」

その時は、何で満ツモと勘違いしたのかなーで済ませたが、よく考えるとWリーがあった。指摘したヤツがメンバーだからなおムカツく。気付いたときにチックリと橘。

Wリー掛けてなかったら、ナナトーサンの1枚で妥協するか、清一色のリャンシャンに戻すかの葛藤。その選択を迫られなかっただけ由とせねばならぬ。

ポン222 チー(3)(4)(5) 三四五八八36 ドラ2索

Dの親。下家が盲牌した瞬間、Dの捨て牌を上家がポン。苦い顔で渡ってきたツモ牌は、スジマンの2索。やった、対子った。

数巡後、下家が恐る恐る2索を放ってくる。タンヤオにはちと遠い牌勢だったが、強引にポン。悪手だとゆー自覚を持たせないとな。

10巡目くらいだったかね、上記の牌姿になったのは。ここで上家が6索を切ってリーチ。

直後のツモが4索。有難く現物の6索切り。

2索は後1枚。2-5索どちらでも点数は変わらない。ある場合を除いて・・・。

山は残り5枚、上家が嫌そうに河に置いたのは、赤色が付いた5索。ロン! なんと下家も牌を倒す。

唯一インパチになるアガリ牌。タン・三色・赤・ドラ3。下家はん残りの赤牌を全部握っての満貫。

これで上家がトび、Dのトップ確定。

でも、最終収支はー1.6MG。些細な支出は、麻○の負けと同時にカウント。今年の収支:-10MG以上。忘れた。典型的な負け組。

8月9日(火)

午前出張、午後マルイチ。今度はちゃんと駐車場の領収書をもらったよ!

昼食時に食欲がない。暑さのせいか、はたまた明日の合否発表か。飲み物1本でマルイチへ。

テンイチ。A級維持ではあるが、天宝玉を1つ獲られた。A級2位相手とか無理。

プレイ終了後、見知らぬ人に声を掛けられる。将棋プレイヤーは珍しく、見かけると声を掛けたくなるのも道理。まー、挨拶程度に終わったが。そーいえば声を掛けられるのは2回目。

QMA。全国トーナメントを2戦。11位と7位。もう1回順位が悪いとフェニ落ちしそーなので、54と一緒に頑張ることにする。

1度クリアしているのに、全国協力プレイ。クリアできず。マジカ喰い虫ではあるが、やっぱ協力モードの方が楽しめるんだよなー。

帰って渡辺―豊島戦を鑑賞。2回戦で当たるのはもったいなさすぎる。角替わりの後手の本気を見た。角替わりは先手になることが多いD、右玉でも研究してみようかしら。

8月10日(水)

合格発表。なかなかPCにアップされずやきもき。何とか結果を確認できてホッ。

食欲がないのは緊張のせいだと思っていたが、そーではなかったらしい。結果確認後も食欲は戻らず、軽めの昼食。2次には実技試験も含まれるので、節酒して万全の体調で挑みたい。

必死でブログを書いていたら、おかんから「ニッカン戦やってるでー」と神アドバイス。夕飯食いながら鑑賞。まー、おもろい試合やった。完勝ではないが、結果は大差。パスが面白いよーにつながって、Nでしこを意識してたんだろーな。相手さんがシュートを外しまくって助かった。結果が逆のスコアでもおかしくはなかった。

番組中のCMで、○茶スパークリングが扱われていた。まだ売られているのな。見かけたら購入。

はじめて、ボナンザに勝った。マジうれしい。速攻ファイル。将棋やっててよかった。

もっかい、やってみた。また勝てた。チョーうれしい。テンイチのおかげで、香1枚は強くなれたよーだ。

1度も勝ったことのない相手から、2連勝だぜ? 通算成績は1割にも満たないけど。下手すると1分もないけど。

8月11日(木)

午前勉強会、午後出勤。

郵送で合格通知が届いてた。ピアノかリコーダーか鍵盤ハーモニカか、16日必着で返送しないといけない。確実なのはリコーダーだが、ピアノの方が見栄えがいーよな。迷。

8月12日(金)

午前出勤、午後勉強会。

楽器は、葛藤の末にリコーダーを選択。演奏できれば無問題。

2次で課せられる試験は12種類。楽器・歌唱・体つくり運動・ハードル・マット運動・水泳・小論文・小学校全科・自己アピール・適性検査・模擬授業・個人面接。1つに拘ってらんない。

勉強会へ行く途中、いつもと違うコンビニなら売っとるかもしれんと思いついて、セプトオンゾーへ。そして、ついに○茶スパークリングを発見。

セット販売で。

2本セット・○ケモンのグッズが付いて260G。セットになっているもう1本がジャスミンティー。Dの知らないポケモン。

何十本とあるセットの中で、○茶スパークリングはその1本だけ。単品販売はされていなかった。

(1)単品販売を交渉する。

(2)無理なら、ジャスミンティーを他のドリンクに換えてもらえるかどーか交渉する。

(3)無理なら、Dの知っている○ケモン(○カチュウしか知らん)に換えてもらえるかどーか交渉する。

「あのー、これ単品では買えませんか」

「棚にありませんでしたか?ちょっと見てきますねー」

Dは単品の○茶スパークリングを手に入れた!

昼飯の時に飲んでみた。○○ムシの味がした。

8月13日(土)

今から54と呑み。2次試験1週間前だと騒ぎ立てる並列脳は無理矢理黙らせる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »