« 黒ヱ○スが手に入らないので | トップページ | 術を打ちます »

2011年7月23日 (土)

ピンチの後にチャンスあり

ことわざを定義すると、歳時記における季語のよーに数が決まってくる気がする。

昔から使われている言い回しだと仮定すると、ピンチもチャンスも明治以降に入ってきた言葉だろーから、ことわざではないと思うんだよ。

危機の後に好機あり。うん、言わないな。

諺とか故事成語とか、慣用句とか格言とか、ハポン語は定義の難しい言い回しがトゥーマッチ。四字熟語だって、意味の通じる漢字が四つ並んでいればそーじゃねーかと勘繰りたくもなる。三字熟語とか五字熟語だってあるのに、何で四字熟語だけ特別扱いなのか。

知らん。知らんでもよろしい。

数学的に解釈すると「チャンスの前にピンチあり」。逆・裏が必ずしも真でないのも確か。

7月14日(木)

試合観戦と体調管理を天秤に。体調管理優先。理由は2日後。

7月16日(土)

1次試験。

持ち物:受験票・のり付き封筒(住所記入・90円切手貼付)・えんぴつ(HB)・消しゴム・上靴・ビニール袋・英検合格証明書。

一昨年は、封筒と上靴を忘れてエラい目に遭ったので、今年は入念にチェック。のり付き封筒がなかなか売られていなかったり、わざわざ郵便局へ行って90円切手を1枚だけ買ってみたり、いろいろメンドくさい。

必須の持ち物ではないが、お茶やらタオルやらカバンやら飴ちゃんやら、そんなものの用意もメンドくさい。

今年はクールビズでもよいとのお達し。「上着・ネクタイは着用しなくても結構です」の文面に、カッターシャツは長袖の方がいいのか、半袖でも構わないのか、どーでもいーことをウダウダと悩んでいるD。

6:00起床、7:20出発、8:30到着。

9:00開始。試験開始は9:15。試験終了が10:30。一昨年より15分延長された。

問題数は変わらず50問。相変わらず、ウチの県の教職教養は難しい。勉強の成果がさっぱり表れない問題が続く。

分からない問題はsksk飛ばして、後で答えを埋めるのがDスタイル。45分間で解くことを目標にする。

・・・とりあえず全部の問題を舐めたのが10:15。飛ばした問題数:17問。1問1分ありませんが?

必死で答えを埋め終えたのが10:25。よかった、見直しの時間が残っている。問題用紙に残したチェックと、マークシートの番号が合っているか確認。

・・・! 早速見つけた、(5)と(6)のマークが逆になっている。6番の問題を先にやっていたケアレスミス。ふぅ、問題の正誤はともかく、最大6点損するとこだった。

残り1分。もう致命傷はないだろーと眺めていると、手付かずで残っていた問題を発見。解答用紙の確認欄に(1or4)とメモってあったので1回目の確認では見過ごされていた。急いでマーク。

埋め終わると同時くらいに終了の合図。一昨年は見直ししても5分余っていたが。grgrでも全問解き切ったことは評価。

1問だけ、何もかも分からずえんぴつを転がした。

今年から、一般教養(国・社・数・理・英)が2次に回されているので、本日の試験はこれにて終了。寿司食って、一般教養の問題集を買って帰宅。

帰宅途中、○谷からメール。8月7日(日)性少年快感でやきば開催。ブログで見る限り、54は帰阪できないよーだが、異郷からの参加者を求む。

帰って、GW振りにLFを触る。デッキの中身など覚えておらず。「こんなカード入ってたっけな?」レベル。

総帥に4点入るバトカが欲しい。

耕一芸が手っ取り早いのだが、イマイチ結果を残せていない。理奈・諸角あたりがこの条件をクリアしているのだが、条件到達が遅い。神速化して、お化け総帥が完成する前に薙ぎ倒すか、チョンボなどでお化け総帥完成を遅らせるか、フェンスなどのよーにお化け総帥を解体するか。

お化け総帥が完成してしまったら、1ターン4ダメは薬で相殺されてしまう。打点4、封印4、ユズハだけでは対策の十分条件とは言えない。上記のよーなプラスアルファが必要とされる。

おあずけを2枚ドローにしたい。1-0の投手戦より、10-9の乱打戦のほーが面白い。無論、10-0で勝つのが望ましい。他のTCGを触っていないので、術の壊れっぷりがイマイチ想起できない。LFを始めた頃は、LFとはヤケに早く終わるゲームだなと感想したことを覚えている。サンマとヨンマくらいの違い。ま、エラッタは未来永劫期待できないのだがね。

「雨乞い」で引っ張ってくることのできる「大雨」の枚数を、2枚以上にしてほしい。そんなんあったんかレベルのカード。終わっているTCGのレアカード(滅多に遭遇しないとゆー意味で)に言及するほどのヴァリューがあるのかないのか。

前回の続き。近○で、片チンがGPCなるものを提唱していた。即ち、グッド・プレイヤーズ・クラブ。他人がどーあれ、自分が恥じないプレイを心掛けよう、とかそんな趣旨だったと記憶している。

過去と他人は変えられない、なる有名な言葉がある。どっかの偉いさんが吐いた言葉なのだろう。他人を変えられないなら、自分が変わるか、我慢するしかない。

大会にエントリーしている以上は、優勝を目指していると考えて差し支えなかろー。Dはジャッジでも主催者でもなく、1参加者に過ぎないので、目の前の対戦相手にしか興味がない。対戦相手がノービスだろーがエキスパートだろーが困ったちゃんだろーが、淡々とプレイすることを心掛けるだけ。D自身が困ったちゃんにならないよーに我が振り直す。

対戦相手がつけメンとか知り合いとか、アセトアルデヒドに分解される飲料が入ったとき(もちろん大会後)なんかは、困ったちゃんになっちゃうかもしれないちゃん。

LFの大会で、つけメンでも知り合いでもない輩とマッチメイクされる可能性があるとでも?

7月17日(日)

母校が2回戦に勝った。

今年は優勝最有力候補が暴力行為で出場辞退。もー1つの私学が大本命。対抗はもー1つの私学と公立。

で、母校の2回戦の対戦相手が、公立校の雄。何年か前に準決勝で負かされた相手。雪辱を晴らす。

K子園常連校出身者には分からんだろーが、創立100年で1度もK子園出場経験がない学校出身者にとって、生きているうちにOBとしてK子園のアルプスで応援ってのは、してみたいしてみたいしてみたい。

寄付金とゆー名の入場料は、いくらくらいなんだろーか。

10:00から将棋大会。車で1h。今回は最上位クラスで参加。目標は3勝でもらえる敢闘賞とゆー名の参加賞。

前回の反省から、飲み物を多めに買い込む。会場から100mに大手スーパー。午後ティー1.5Lが158Gなのは、声優クオリティー。

声優クオンティティー?

1回戦:後手番。矢倉のオープニング。Dが飛車先を突かなかったから、相手も左美濃から動かさない。相手が早囲いに動いたので、Dも3筋の交換することに。6四と4六で角の睨み合い。上手く均衡をほどいて角交換に持ち込み、その角を6六に据え、銀と刺し違えて更にその銀を7五に打ち付ける。

手厚く見えた順だが、その銀を目標に攻められ、猛攻を受ける。銀打ちではじっと歩を成っておくほーがよかったよーだ。それでも構わず攻め合っていればまだ難しかったよーだが、中途半端な受けが受けになっておらず堤防が決壊。1敗。

2回戦:先手番。△2六歩▲3四歩△2五歩▲3三角△7六歩のオープニング。相手が角道を止めて、四間飛車の相穴熊。

相手が龍金の田楽刺しをうっかり。気付いた時には時既に遅しなのが将棋(指す直前に気付くが、他の手もない)。Dの持ち駒に金が4枚乗って、必至を掛けて勝ち。1勝1敗。

3回戦:先手番。オープニングは2回戦と同じ。相手は立石流にしてきた。交換した角を先着されると苦しかったよーに思われるが、5六の地点に角を利かせて混戦模様。

香を吊り上げられて8四に桂を打たれたところで、9九に閃きの自陣飛車。これに相手が困惑し、精算順を選ばず香の重ね打ちを選んだのがまずかったよーで、凌いだDが反撃に転じて勝ち。2勝1敗。

4回戦:先手番。初手△2六歩を突いたら、▲9四歩とされた。△2五歩▲3四歩△2四歩▲同歩△同飛▲3二金△3四飛▲4四角△2四飛▲2二銀と機械的に進む。

飛車を引いて角交換して6五へ打つ。相手は4五に桂を跳ねて5五に角を打って変則鬼殺し。Dの攻めが続くかどーかが焦点。

途中、銀を捨てて香を成り込む順が素晴らしく上手く思えて決行。が、直後の飛車寄りをうっかりしていて、Dの角損が確定し指し切り決定。後は駒を動かしただけ。2勝2敗。

5回戦:先手番。2回戦と同じよーに進む。相手が早々に9筋を突き越してきたのでミレニアムに構える。3筋の歩も交換できて固い・攻めてる・切れないの3要素確定。

ところがここから慎重にいきすぎて、押さえ込みを狙うも綻びが生じて飛車成りを許す。飛車交換を極度に恐れすぎていた。1手違いに持ち込むも形作り。2勝3敗。

最終戦:後手番。矢倉模様のオープニングだと思っていたら、5手目に角交換された。相手は腰掛銀、Dは棒銀。あっさり2筋の歩を交換できたものの、銀が1五で立ち往生。2六~2五~3六と態勢を立て直しているうちに、菊水矢倉に組み替えられて難局。

銀桂交換され馬を作られ、面白いところが1つもなかった。それでも相手様のミスをじっと待つ。飛車取りに打った角を放置され、ガンガン攻められていればいくばくもなくDの敗北決定だったが、飛車を逃げてくれたので8四に成り返って上部が開けた。

お荷物の銀もやっと捌けてきて、0-100が10-90くらいになってきたな、と思ったところで、相手がまさかの二歩。前回の最終局も反則勝ちだったな。勝負は魔物。詰まされるまで何が起こるか分からない。3勝3敗。

とりあえず目標達成。脳汁じゅわじゅわ出まくり。疲労も宛ら。最低限の結果を残せたことに満足。

初戦と5回戦からの教訓:迷ったら攻めろ。受けても仕方ない。

負けた3局は、いずれも勝ち味のある将棋だったし、2戦目以外は拾い勝ち。1手の精度をもっと高めないと。

30分切れ負けの緊張感。残り10分を切ったら、個人的に10秒将棋に切り替えている。ま、10秒で指せないんだけどね。

大会後は、QMAはあるけどテンイチはないゲーセンへGo。ひたすら協力プレイ。11Fまで到達するのが限界。メンバーに恵まれないと突破できないのが寂しい哀しい。

アニゲー専門のイベントが開催中だった。何で選りに選ってアニゲー。1回手を出してみたが、13位で惨敗。Gンダム・Wンピースの内容が分からない時点で、QMAにおいてはマイノリティー決定。

はらほろひれはれ、54に入金してもらったマジカが、もう風前の灯。おねがいSミアドン。

RR亭のラーメン食って帰宅。昼間は食う気も起こらないが、優雅対抗(なんで夕方以降が一発でこの変換になるのか)なら許せる熱さ。

7月18日(月)

23:00にビール呑んでる時点で、お前見る気ねーだろ、とツッコまれてもおかしくない28:00頃キックオフの試合。

目覚ましで起きられず、親父に起こしてもらって、のそのそとTVの前へ。ハポンの負けるところを見てやるか。

開始10分、怒涛のラッシュを受ける。あーこりゃ相手にならないな。喰ってるものが違うわ。男性と女性、大人と子どもくらいの差はある。

何とか猛攻を凌いで、前半をスコアレスで折り返して、後半、ひょっとしたらイケるかも、と淡い希望を持ち始めた途端に打ち砕くのが、Sの骨頂。カウンターから先制を許したね。

それでも追いついて延長戦、このままPK戦になればまだ何とか、と淡い希望を持ち始めた途端に打ち砕くのが、Sの骨頂。追加点を入れられたね。

それでも追いついて終了直前、PK戦になれば何とか、と淡い希望を持ち始めた途端に打ち砕くのが、Sの骨頂。ゴール前20mないとこで直接FKを与えたね。

それでも最後の力を振り絞って凌いでPK戦、ここまでくれば何とか、と淡い希望を持ち始めた途端に打ち砕くのが、Sの骨頂。巨身のGKが立ちはだかったね。

相手×、ハポン○、相手×。・・・あれ?

希望持っていーんじゃね?

ハポンの4人目で決着。そのまんま漫画に出てきそーな創ったよーな展開。最大に楽しめたのはSではなくMのほーだろう。

試験勉強のため、保留していた通知票作業のため出勤。昨日までの暑さが嘘のよーな、台風接近に拠る悪天候。まー、涼しいに越したこたーない。

成績作業も佳境。通知票へ転記。個人名や出席番号は記入済。

全ての欄に下書き - 一覧表と再確認 - ゴム印 - 出欠欄記入 - 捺印 - 消しゴム - 折り曲げ。文字にすると結構あるな。

公文書ではないものの、訂正印が許される書類でもない。ミスは厳禁。修正作業に1hは掛かる。

1学期だけの特典で、通知票ごと取り替えるとゆー荒ワザ(2学期以降は保護社員〔保護者印がなぜこーなる〕があるので使えない)も存在するが、こんかいは枚数grgrしかもらっていないので使えない。

普段なら、修正のプロとも言える先輩が側にいるので、平身低頭してお願いすれば何とかなるのだが、休日出勤だとそーもいかない。ミスフラグ立ちまくり。

慎重に慎重を期して、舐めるよーに作業を進めて、休憩を挟みながら2hで終了。ゴム印を押し忘れていたところもあったが、大勢に影響なし。捺し直せばよかっただけ。

夜、エヌアッシュクー杯を見終えて自室に戻ると、Mキティからの着信に気付く。

「今日、○○と知り合いになってん」

「! ホンマかよ! お前の彼女がアークーベーだったシチュより興奮した!」

流石に個人名を出さない程度の知性は持ち合わせている。でも、羨ましいなぁ。

○○と知り合いで嬉しい、とゆーパンピーもいないだろーがね。○○は男性だとゆーことを蛇足。

7月19日(火)

台風接近のため、明日が休校になる公算が高く、通知票も本日渡せとのお達し。本来は本日は、所属長に提出する期日だったはず。急いで出席日数の欄を修正する。

本来、明日にするはずだった夏休み中のくらしの注意点を、駆け足で説明する。飼っている動物の整理や菜園の野菜の処理など、ぱぱぱっと済ませる。

7月20日(水)

なのに警報出ていないよー!

3時間目がどフリーになったので、学級遊びに興じらせる。体力は発散させて、おとなしくさせるのが一番。

明日からお客様は夏休み。水泳教室やら登校日やらで、事実上来月の4日まで休みないけどね。

7月22日(金)

1次試験2日目。集団面接。

12:20集合。家で勉強しておく予定だったが、思ったよりもはかどらなかったので、現地で勉強しようと早めに出発。

受験票よーし。上ぐつよーし。筆記用具よーし。今日も忘れ物に抜かりはない。

ブランチをはさんでも、集合90分前に到着。駅前で駐車場探しにもたついたくらい。栄養ドリンクも飲んだ。控え室やWCで、○ャッツビーで顔を拭いたりお茶を飲んだりして備える。

一昨年は60分1本勝負だったが、今年は40分×2で行われるとのこと。ぎゃーす。聞いてないよ。

7人1組。M5:F2の構成。一緒に集まった他の3組は、M4:F3。受験番号を組み替えて、比率を調整しているよーだ。

最初は個人面接。面接官3人。面接官の質問に、準備の整った者から答える形式。

「どのような教師を目指すか。自分の特技を交えて述べよ」

「家庭での教育をどう考えるか」

「教育実習・講師経験で最も感動したこと、力不足を感じたことを述べよ」

「意欲に欠ける児童生徒にどのように接するか」

「スキルアップのためにどのようなことをしているか」

7人×1分×5問=35分。面接官の説明も含めて40分。無難に答えることはできたよーに思う。

10分間で教室移動。今度は集団討論。話しやすいテーマだといーが。

「子どもの偏食をなくすにはどーしたらよいか」

無理やり喰わす、では回答ではあっても解答にはならない。各教科との関連や、過程や地域との連携を随所に盛り込んで討論に参加する。

12:40~13:20、13:30~14:10の集団面接終了。言いたいことは言えた。これで落ちてたらまた来年。

ささくれ立った頭をクールダウンするため、マルイチ。

アミュパスがないことに気付く。さすがに忘れ物チェックの網から抜け落ちていた。テンイチをゲストでプレイすることに。

先手なら△2六歩から対抗形か角交換、後手なら▲8四歩で矢倉とゆーのが最近のパターン。結果:8勝2敗。

脳汁じゅわじゅわ。脳ミソ沈没。負けた2局は完敗。どちらも角替わり。あっさり負けた将棋は、実力差があったと割り切れるので、後には残らない。持ち時間を残して投了すれば、1コインでコンティニューできるので、序盤に悪くなったほーがお得とゆーのも何だかな。

QMA。初代ロリでゲストプレイ。

30問連続正解。準決勝・決勝はコンマ差の勝負。準決勝2位、決勝優勝。同じよーにアミュパスを忘れた輩がいたのだろう。

オールスター。珍しいヤツ(ホームランを打つイメージがないとゆー意味で)の一発でセが同点に追いついたところまでは見ていた。後は自室で酒盛り。ささくれ立った脳を酩酊状態にして癒す。

次にTVを付けたら、意外な大差に。オールスター新記録も生まれたそーじゃないか。ちょっとだけ悔しい。

合格発表は、来月10日。その3日前がやきば。2次の勉強しながらがんばる。

誰々がかわいいとか、○学生の出てくるアニメ最高とか、ジャングルジムとか、傾向と対策。

|

« 黒ヱ○スが手に入らないので | トップページ | 術を打ちます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/40924169

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチの後にチャンスあり:

» 収納・片付け・お部屋のリニューアル・おしゃれな家具のご紹介 [Perfect Housewife]
ハイセンスな輸入家具といえばIKEA(イケア)ですね。お客さまにぴったりのリフレッシュプランをご案内いたします。 [続きを読む]

受信: 2011年7月23日 (土) 23時17分

« 黒ヱ○スが手に入らないので | トップページ | 術を打ちます »