« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

中ドラドラとツンデレデレは似ている

12月4日(土)

財布を忘れて、仕事用カバンから出てきた現金は2.3MG。いつぞやの給付金1.3MGと、覚えのない1MG。

電車専用プリペイドカードや返ってきた交通費(未開封)、商品券に親族の結婚式に参加したときの交通費(未開封)など、現金化できるものは多数見つかれど、そーゆーものにはできるだけ手を出したくない主義。だからFCEもたくさん未開封で残っているんだ。

内容は覚えていないが、ラスは1回引いただけのプラス1.5MG。点5にするって選択肢は、考えたくもなかった。

端数の5kは懐に。1MGは非常用封筒にこっそり足しておいた。

12月5日(日)

アガりたかった~がりたかった~がりたかった~Yes!チートイツー!

今日こそ財布を持って、安心して麻○。

二二二八八(1)(1)(3)(3)(3)中中中

「リーチ」

ハネ確リーチ。いや、問題はそこではない。

二二二34八八(1)(1)(3)(3)中中 ツモ3筒

チートイのシャンテンから、日依らず索子の両面落としをしたのが生きた。

「リーチ」

親から追っかけリーチが入る。1筒が場一。Dの残りアガリ牌は3枚。いーよ、どーせDが先にツモるんだから。そして・・・

「ツモ。8000・16000の・・・7枚」

見事八萬ツモ。裏ドラ二萬で、チップだけで1MG超の収入。裏ドラを見る前に点数計算が終了してるって気―持ちいい。

親の待ちは1筒単騎。負けるわけがなかった。

索子の両面落としをしなかったら、1筒に手を掛けていた恐れがある。するとこの八萬ツモでスッタンテンパイ。3筒暗刻なので喜んで1筒切り → 放銃の憂き目を見た可能性も。紙一重。

オーラス、2着目が満貫差で迫っているトップ目。アガリトップなのでリーチは不要だが・・・

(3)(4)(5)345三四四五東東西

これが配牌。

親でも第一ツモを取らないといけない卓(S龍)なので、第一ツモを取ってみると、これが三萬。

リーチを掛ける? 掛けない?

三色確定。アガリトップなのでリーチは不要。

「リーチ」

なのだが。2行前は左脳の思考結果。麻○は右脳で打つもの。

下家の8筒切りに対面が反応。チーが入ってDの一発はなくなる。

Dのリーチ後の第一ツモ → 五萬。

「ツモ。Wリーツモイーペーサンスケ・・・裏裏(裏ドラ四萬)。8000オールの2枚」

ギャルメンNの証言「Dさんの笑いの止まらない顔が印象的でした」

これで帰ろうとすると、Dのサイコロチャンスまで、あと1局だと言う。双六形式で、半荘5回毎にサイコロが振れるとゆーシステム。サイコロに釣られたワケでもないが、もー1回やって帰ることに。

これがまた文月(不ヅキ)。リーチを掛けてもアガれない、親満テンパってもアガれない、オーラス、マンツモで3着、ハネツモで3着という点差。

よーし、パパ、チップ収入を狙っちゃうぞー。

ところで、カンが入っていなくて、手牌に暗刻のない形での最高チップ枚数は何枚だろーか。

A:18枚。即ツモ赤赤赤裏裏で達成。

「ツモ。・・・4000・8000の6枚」

(4)()四六七八九2267 一発ツモ3筒 裏ドラ2索

メンバーKの証言「893や・・・ここにG道がおる」

トップ浮上、とはならなかったものの、それを補って余りある6枚オール。1MGの増収。

競技麻○だと、これが700・1300で終わっちゃうって? はん、そんなストイックなゲーム、できるワケが戻れるワケがない。

3年役満から遠ざかっていたのに、今年になって役満を3回。アルゴリズムってあるのかないのか。

それでも収支はプラス1MG。トップ4回、ラス3回でそんなに負けている風でもなかったのだが。それでも7枚オール、6枚オールを同時に達成した日とは記憶に残る。

12月6日(月)

麻○ブログと評されるのは不本意だが、札より圧倒的に牌を握っている時間の方が長いのだから仕方がない。

「7.0の知識を持って2.0環境に戻るのだから、当時より強くあって然るべきだ」という意見がある。

そーだとも思うし、そーか?とも思う。

まず、2,0当時のデッキが思い出せない。耕一・ルミラは辛うじて思い出せたものの、賢さ智子や智子パロ、関東人式源五郎なんて細部がトンでいる。

朝鮮嬢・封印は4枚必須だろ、と無理矢理デッキに放り込んでみると、キャラ・バトルの枚数で歪みが生じてくる。活やサーチに頼り切っていた分、当時の最小必要枚数の感覚が思い出せない。

デッキを組めば組むほど、これでパロに勝てるのか? とゆー疑心が生まれてくる。パロは4.0までは普通以上に闘えていたデッキ。5.0以降で消滅したとゆーことは、5.0以降でパロと闘ったことがないとゆーことで、パロと闘った経験値がリセットされたにも等しい。パロとの闘い方を忘れているのだ。

そんなの、プレイする側も同条件だろ、と並列脳が主張してくるのだが、当時バトルデッキを主体に使っていた者がバトルデッキ特有のプレイングを磨いたのと同じで、パロの使い手は当時のプレイングが染み付いている。一朝一夕で身につけたものではない故、体から抜けるのも簡単ではない。

強引に麻○の話をしてみる。ピンまで上げてしまったレートの者が、今更点5の世界に戻れるか? 競技麻○とチップ麻○では、全く別のゲームにすら思えてくる。

活・コネ・ちはや・すもも・ガディム・精神保護者に慣れてしまった者が、それらの存在しないカードゲームを同一ゲームと認識できるか? 引退者のほーが、ロジックが変容していない理論。

2.0のデッキを再現できても、7.0の知識を以ってどー弄るかとゆー不安もある。改善になるか改悪になるか、5戦程度の経験では判別できない。

リラク投入で弩安定? デッキの1枚目は確実に引けるとして、君にもー片方を安定して引くことができるのかい?

まー、煽りは程々に留めておくとして、兎に角、2.0環境に自信が持てない。やきば祭で2勝3敗と負け越しているトラウマもある。Kっせると公認戦4戦4分けの終止符が打たれるかどーかくらいに思っておくか。

いや、出場する限りはやはり頂点を目指したいものだな。

12月7日(火)

麻○に左脳は必要ない。いや、意識して左脳を殺す必要がある。

24678

5索引きで3面張に変化するのは、サウザンドも承知。だが、3索を引く確率も、5索を引くそれも同じ。ならば、リーチを掛けてから5索をツモるのと、リーチを掛けずに3索をツモるのと、どちらが痛いか。

視点を変えよう。リーチを掛けてから5索をツモって6-9索を捨てられるのと、リーチを掛けずに3索を捨てられるのでは、どちらが痛いか。

相手全員が全ツで来るなら、その時からツモが4倍に増える。オリてくれるなら有難い。先手棒テン即リーは戦術。

全ツは微妙。赤2枚持ちでも親リーは怖い。好形リャンシャンテンが全ツの限度。放銃は半荘に1回まで。

即赤裏に500Gの祝儀が付く麻○では、リーチの比重がとても高い。赤が1枚あるだけで倍満のテンパイだと思ってよい。倍満なら食っても別によかろーて。ツモ裏の期待が持てるなら、役ナシ愚形テンパイとて希望が持てよーぞ。

自身が親なら、子に5200振っても2000・4000をツモられても大差ない。ツモられるのを辞して待つよりは、1200点のリスクを払って自身でアガリに掛けるのも悪くない。

1段目ダママン放銃は事故。2段目は技術で回避可能。3段目は勇者かアルバトロス。イクならイけ。オリるならオリろ。

あれ、やっぱり麻○の話だ。

35678の形なら微妙だよね。

12月8日(水)

デッキを組まなくてはならない。

デッキを組まなくてはならない。

デッキを組まなくてはならない。

寝落ち。

12月9日(木)

デッキを組まなくてはならない。

デッキを組まなくてはならない。

デッキを組まなくてはならない。

寝落ち。

12月10日(金)

結局、手持ちの2.0デッキは2つだけ。なんくるないさー。

年休取って、15:30に家を出発。K鉄でK都へ。

17:30到着。22:00にNかじさんと待ちあわせ。

→麻○するしか!

先手両面リーチが、追っかけ3面張に一発で刺さったり、ダママンダマッパネに刺さったりと不幸も重なって1.5MGのマイナス。うん、久しぶりのマイナスだ。

飯を食ってから合流の予定だったが、あまりの負けっぷりにラス半を追加。その半荘でトップを取れたのが何よりだ。

21:45 K都駅でMキティと合流。追ってNかじさんとも合流。S賀を目指す。

目的地がM原より向こうだと知ったのは、切符を買うとき。料金が1kを超えたので驚いた。

23:00頃 M原到着。N潟行きの電車があることに驚愕。うーん、K畿とは思えん。

まー、N良にもM重行きやらN古屋行きの電車が走ってるんですけどねー。

23:30 世話になるS渡亭に到着。途中のコンビニで調達した飯を食ったり、クラブワールドカップを見たり、LFをしたり、のんべんだらり。

アンヘルルール(御無礼24巻参照)で3麻。3半荘で1回しかアガれず、Mキティに3.5kを献上。身内とやると、どーも牌の絞りが甘くなるとゆーのは言い訳に過ぎぬ。

その後、Mキティに残虐の限りを尽くす。いや、尽くしていない、いや、訴えられたくないレベル。

12月11日(土)

S渡さんの御母堂が朝食をご用意してくれていた。多謝。

車に3m(メートルではないぞ、ミニッツだ)揺られて近くの公民館へ。こここそが今回の会場。

交通手段はピストン輸送の主催者の車のみ。完全予約制といっても過言ではない。

まだ書けていないので、詳細は後日。

12月13日(月)

市内へ出張、アフターザット、マルイチ。

テンイチ。1勝1敗。慣れない角換わりはするもんじゃないな。後手番で△7六歩▲3四歩△2六歩のオープニングなら、▲5四歩の変化の勉強もしておかないといけないな。

QMA。もー単独でしないなんてー、言わなかったか絶対。

過去3回が7-11-10位。本来なら予選落ちで即クラス落ちなのだが。

11-11位。奇跡の首つながり。小数点以下切捨ての平均順位で助かった。

・・・と思ったのも束の間、次のゲームが15位でフェニ落ち。

フェニ初ゲーム、4位と好調だったものの、次ゲームが13位でとほほ。

それでも4―6-6-1位と順調に勝ち星を重ねてドラ復帰。続いてのドラ初ゲームも、何故か半数以上がComとゆーラッキーな組に入れて4位。開始時よりも遥かに好条件で終えることに成功。

単独正解は3回ほど。将棋問題は予習で1回。

連想問題で、サードヒントの「女流タイトル最多保持者」で確信を持って解答。セカンドヒントの「子どもの育成にも力を入れている」でも解答可能だったがね。

12月14日(火)

7・12・3月が好きだとゆー同業者はいるまい。

成績処理はもちろん、会計報告、時数計算など〆を切られる仕事の多いこと多いこと。

3hの残業で仕上げて帰ゆ。

12月15日(水)

所属長に提出。

修正箇所をたくさん示されて返ってきた。

12月16日(木)

修正して、出席日数なんかを慎重にボールペン書き。12月分は当日書き。インフルなんかで学校閉鎖なんてことも考えられないことではないからな。

渡辺が竜王7連覇。羽生の永世七冠は、早くとも来年まで持ち越し。あーあ、獲ってれば将棋界初の国民栄誉賞が現実のものだったのになー。

冬休みがリアル冬休みになるよー予定表を提出。

12月17日(金)

給食なし。半日。年休余っている。

→麻○。

最初こそ3連勝の出だし、今日は麻○に来る日! と思っていたのだが、そこから15半荘トップなし、12h打ってマイナス3MG。へーこーむー。

12月18日(土)

昨日の帰宅は29:00。

本日起床12:00。19:00からU田で呑み会。

マフラーをスパローハウスに忘れてきたことに気付く。Y木で途中下車して回収。

ついでに1局。ラスを引いたが、2枚オールの威力は大きく1.7kのマイナスで済む。

済む?

待ち合わせ時刻は18:50。U田着が18:35で余裕かと思いきや、待ち合わせ場所へ行くのに徒歩で900sは掛かりそうなことが判明して愕然。メールと同時に走り出す。何とか180s程度の遅刻に収める。

いかにもフィミールが好みそうな、S賀直送の野菜が売りの店。

率直な感想:肉を食わせろ!肉を!

21:30散会。特に進展があるワケでもなく流れ解散。ダラダラと次回のアポだけ取ってる感覚。

常宿へ赴く前にI蘭へ。久しぶりの味。

ついでに麻○。2MGのマイナス。もう麻○なんてしないなんて以下イカ娘。

で、常宿のカプホに着くと、人生3度目の「満員御免」の看板が掲げられているワケで。

・・・待て待て、Dも成長した。Dの6h前の行動。

「はい、104のホニャニャラです」

「下のベッドを御希望ですと、11Fになりますがよろしーですか?」

電話予約が可能だった。同じエレベーターで上がってきた野郎を尻目に、とっととチェックインを済ませる。何、この優越感。

クラブ選手権を見る気マンマンだったが、睡魔に投了。お休みなさい。

12月19日(日)

8:00起床。サウナへ直行。

おっさんが集結しているサウナのTVで流される K面ライダー → Pリキュア のコンボは、とってもシュール。

10;00ギリギリまで休息。目の前のBックカメラでUSBを購入。蓋をなくして使う気になれなくなったので、思い切って買い直すことに。

・・・以前購入したのより倍近い値段が提示されていますが何か?

それでも、安いのを求めて他店へ行く気にもなれず、適当なものを購入。なに、音楽が3000曲も入るって。そんなに聞かんって。むしろDは、USBで音楽が聴くことができたんだレベルのヒューマンです。

S宮へ移動して、J番で昼食。この味も久しぶり。機会があれば冷麺も食ってみたい。

12:20 QMAの大会が開かれるとゆーことでゲーセンへ。前みたいな身内の大会かと思いきや、LFで言うなら公式チャンピオンシップの出場権を懸けた予選レベルの大会へと仕上がっているらしい。うわ、何このアウェイ感。

待ち時間にテンイチ。矢倉中飛車にフルボッコにされました。

13:00 大会開始。

Dは最初の組。ホビーを投げるも1つも将棋問題に掠らず、トップとはダブルスコアでの敗退。うーん、受け狙いに徹することもできなかったぉ。

後は優勝者が決まるまで鑑賞。ついでに、後ろでアン×アンやってたカップルの女のローライズからはみ出ているストッキングを鑑賞。想像力が養われた!

16:30 大会終了。後は全国大会やら店内対戦やらでまったり。パセリで黒サンタ服購入。あ、54に借りてるパセリが2.2kになりました。

観戦していた中で将棋問題が1問。サードヒントの「著書『生きてこそ光り輝く』」で確信。セカンドヒント「1999年女流王将獲得」では自信が持てなかった。

19:30 やきば忘年会開始。

H和佐さん、K~が君、L氏、D、K西さん、Jム、Tッチ、Fネルさん、Dんぼさん、○谷、J二、Tか兄ぃ、Jム弟の総勢13人。

4×4のフロアの3区画を占拠。残りの1席に座っていたカップルには申し訳なかった。

申し訳なかった?

新婚のFネルさんいじり。如意棒は嫁専用ですか。分かりません。「オレの1筒はお前だけのものだ!」と同義ですね。

全てが面識のある人物なので、Dの奇行もある程度スルーされる。何、このホーム感。

終電が近いため、21:00に先に出させて頂く。アマで降りるところを寝過ごしてU田まで突貫してしまったのは御愛嬌。JR → K鉄 でリカバリー可能だったのは幸い。

23:20 S井到着。おかんに迎えに来てもらって帰宅。

帰って「YべっちFC」鑑賞。T内アナ河合優。

12月20日(月)

来年1月9日(日)にやきばがあるらしい。8日(土)54と呑んで特攻するラインが濃厚牛乳。54は参加できませんね。友人の血痕死期をずらしてもらってください。

12月21日(火)

近麻での1コマ。

「国士暗カンロンありのルールで、当方が国士をテンパイ。相手が当方のアガリ牌を暗カンしたのを見逃した上で、相手がリンシャン牌で持ってきたヤオチュー牌を続けて暗カンしようとしたときに和了を宣言することは、フリテンにならないか」とゆー命題を考えてみた。

不毛な議論だと気付くのに10sも掛かった。何が不毛か分からない方のオツムも不毛。

12月22日(水)

今日で今年の仕事は全て終了。仕事後の忘年会を残すのみ。

降りたことのない地下鉄の駅から10sのところが集合場所。19:00~21:00本会、23:30までカラオケの2次会、25:00まで3次会。

12月23日(木)

9:00チェックアウト。喫茶店のモーニングをみんなで食べて解散。

N波で麻○。2半荘アガリなしで1MGのマイナス。

地元に帰って麻○。女子プロが来てた。「麻○の打てるかわいいねーちゃん」としか認識できない。

2kのマイナス。12月は本当に勝てていない。

12月24日(金)

消えちまえ バレンタインと クリスマス

的な川柳をどっかで見たよーな気もする。Dの人生の中では、どちらともカレンダーから消え去ってくれても全く支障がない。

県庁に用事があったのだが、drdrと過ごしてキャンセル。職場で飼ってる熱帯魚を回収に行くに留める。

恐らくこれが、今年最後の更新。また来年。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

麻○を打ちたいのに

財布を忘れて放心しながら更新しているなぅ。

仕事用のカバンの中や車内などに、げっ歯類の如く埋蔵金を確保はしてあるが。埋蔵金だけに、掘り起こすことに抵抗があるのよねー。

11月28日(日)

麻○。6kのプラス。

一発の神様は降臨せず。いや、正確には選択ミスとボーンヘッドで顕現できず。

2223346(4)(5)(6)四四六 ツモ5索

三色確定の最高のツモでテンパった! 四萬切り以外の選択肢があるのかい?

って思うだろ。

下家からリーチ掛けられ中。六萬は現物。一萬と七萬も捨てられている。

そんな中、対面が3索を勝負してきた。これは対子落としに違いない。四萬も筋だから拾える。

とも思うだろ。

チキンなDの選択は、六萬切ってダマ。そして次順、五萬ツモって悶絶。

オリに徹したのだが、四萬が通ったという事実が更にDを苦しめる。裏も乗っていたから、タイトル通りのバイセンゴだったのに。のに。

別の局。代走頼んで戻ってきたら6順目。何気なくツモって、不要牌を切る。

テンパってるじゃん!

何が何でも次にリーチ! と思っていたら、あっさりツモってくれるワケだよ。中途半端な強運め。

一二三四五七八九456東東 ツモ六萬

ドラ1で満ツモなワケだが、即リーだとハネセン。うーん、サトル。

12月3日(金)

NN市へ出張へ行った後、MN市で食事会ってのは酷だと思うんだ。

来年2月の件。前向きに考えとく。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »