« ジャイキリ最新刊の表紙が白すぎて発売されていたことに気付かなかった件 | トップページ | 栗栖川栗栖 »

2010年11月20日 (土)

智子パロをメタリカ

11月6日(土)

15時間、27半荘、1.6MGの負け。疲れた。

対面が小四喜ツモ。D親っかぶり。

別の対面が三倍満の4枚をツモ。D親っかぶり。

11月7日(日)

町内会(54が聞けば「『町』だって?pgr」となるだろーが)の旅行でN島スパーランドへ。毎年の恒例行事。

まさかまさかまさか、Dの職場のお客様の町内会の旅行と重なって、フルティンで歩いているところをお客様3人に見られるなんて、思いもしなかったんだ・・・。

「せんせー、日記に書いとくわー」

暴行・ハラスメント満載の弾丸ガディムは、結構面白いと思う。

Lの特性上、常にパニックは気にしておかないといけない。だが、ガディムの弱点の1つ、前衛の気力を回復する手段がないことについては、琴音・景清・坂下(どーしてもコイツは下の名前で呼ばれることがないな)など厄介な前衛を排除することによってある程度解消される。

スルー・精神&保護者・AE? 知らない知らない知らなーい。

3・4年の男児って、男性の下半身に興味があって、隙あらばDたちの股間を弄ろうとするのな。そのとき

「みかん狩り!」

って叫ばれるんだが、ぶっちゃけ

「さくらんぼ狩り!」

だったら、矮小な劣等感に苛まれて再起不能に陥ると思うんだ。

「もも狩り!」

とか

「すいか狩り!」

とかまでは必要ないけれど。

来月のS賀の大会。智子パロ多数必至。

とゆーわけで、智子パロに圧倒的な勝率を誇り、その他のデッキにはそこそこの勝率を上げるデッキを第一候補とする。

智子パロや源五郎で出るのは、最悪に近い。当時はDも智子パロを使い、結果も残しているのだが、当時のプレイングをリプレイできるとは思えないし、対戦相手のスキルのほーが圧倒的に高いことが予想される。

Dが2.0環境で結果を残しているデッキは、殴り耕一・殴りルミラ・智子パロ。

根性智子は、使っていた期間は長かったのだが、9勝6敗ばかりの成績を残す大関のことを「クンロク大関」と呼称するなら、Dのは「サンニー智子」。

以前にやきばで行った2.0環境大会では、耕一で参戦。ただし、当時のレシピとは違うもので挑んだ。3-2だったか2-3だったか。いーつのーことーだーかー、おーもーいーだーしーてーみーたいー。

バトルを屋内で統一できる点では、ルミラは優秀。ただし、ルミラが対ゲーしか引いていないときの智子の余裕っぷりを考えると、即採用と言うわけにもいかない。対智子パロは、卓球を2枚引いてからの物語。

となると、ちょっと使ってみたいのは柳川感性GPM。感性防御は全てが智子に突き刺さる上、大雨を腐らせて、相手の顔に大雨を降らせることもできる。

賢さ智子は、バトル枚数が不足気味(当時は5枚がデフォだったか)なのが不安材料。バトル1枚では放棄で凌がれるし、セカンドアタッカーがいないと、2枚目のバトルが流されずに残っていてもニコニコバーン(猫に小判)。

3強相手にある程度まともに闘えるが、器用貧乏の域を超えない柳川。耕一ほど圧倒的な攻撃力を誇るわけでもなく、ルミラほど軽くはないし、そして智子ほど堅くもない。

・・・やはり、全勝を狙うには難しそーだな。

梓? 対ゲー5点の時点で候補から外しますが何か?

捻って、千鶴はどーだろーか。卓球6点の段階で選択肢から外していーかな。卓球・エビルの2枚で天和を許すのは忍び難いな。

昔むかし、あるところに、HロHろとゆーとてもLFの強い少年がいました。ところが、彼はLFを引退してしまいました。彼は、当時使っていたデッキをDとゆー男に預けました。

・・・これでいってみるか。バトル編成だけはちょっとイジりたいがね。

言うまでもなく、「放棄」の天敵は「封印」とフラ真紀。封印を4枚にするか、フラ真紀を3積みするか、あるいはその両方か。

あ、「新幹線

の停まる駅

」ってゆーのは、Mキティからの受け売りなので、Dはできるだけ責任の所在を問いたくありませーん。

・・・で、智子パロばかりメタっていると、54が源五郎かねここで参戦してD、あぼーんとなるワケね。

11月8日(月)

仕事ごとごと、見ているうちーにー、働くひとーに、なりたくなーい。

11月9日(火)

マラソン練習開始。いくつになっても、スタート直後が最も早いってもんだ。

11月10日(水)

午前出張、午後は研究授業の見学。

眠気を必死でこらえ、よーやく中休みかと思ったら「時間がないので続けていきたいと思います」の声に、Dのやるせなさをどこへ表層すればいーのか。

11月11日(木)

土曜日にオス2メス2の呑み会を予定していたら、オスからキャンセルの電話。必死で穴埋め。ドタキャンはリアルに困る。

11月12日(金)

羽生が1勝返して1勝2敗。先輩は、渡辺の投了シーンを生放送で見ていたという。ジグゾー、うらやまシス。

王狩。「ジダンと5七銀の感動は同質のものなのに、後者の感動は伝わりにくい」の意見に激しく同意。

11月13日(土)

予定の駐車場が満車で停められなかったというハプニングを乗り越えてN波へ。止めろと言っているのに、おかんがK鉄の株を優待券欲しさに購入するものだから、期限が差し迫ってDに贈られることになる。即ち、S井~N波の電車賃はゼロ。

待ち合わせはU田に17:45、現在15:00。

Q:どーする?

A:考えるまでもない。

当然麻○。フリテンの2-5-8索を追っかけリーチの挙句、一発でツモって3枚オールだったり、何の変哲もない平和リーチが一発ツモ赤5索でしかも裏裏4枚オールだったり、2-5-8索様々で、1-2-1-3の着順、1.4MGのプラス。軍資金ができた。

18:00 ~ 21:00 呑み会。その後2次会。23:30解散。

N波のカプホへ。生涯2度目の「満室御礼」。

幸い? なことに、休憩室は空いていたので、2.6kでリクライニングシートを確保。

1.個室ではない

2.毛布がない

3.電灯が付きっぱなし

4.1h離れると強制撤去

など、400Gの差では追いつかない住環境。バットハウエバーノンザレス、寝床を失った夏休みの時よりは数段マシだと思う他ない。

11月14日(日)

9:00 退出。K龍で朝食を採って麻○。

メンバーが29800点まで増やしてくれていた席にトンツーから座れる。上家と壮絶な叩きあいになったものの、50000点を超えるトップで終えることができる。

白白白二八八南南(3)(3)(8)(8)6

配牌でシャンテン。Wリーチャーンス! 第1ツモはハズレ。

3巡目、対面からリーチ。そこそこの点棒を持っていたので、泣く泣く白のカンツ落としでオリに回る。

15巡目、ゼンツなら8000・16000の4枚をツモっていたことが判明。Dの河の暗刻を返せー!

結果? Dの持っていなかった2索を下家が放銃。何の意味もない。

メロンソーダを注文したらレモンソーダが来た。サ店ならキレているところだ。飲み放題だからビーアラウド。

4kのプラス。1半荘目で辞めておけばもっと多くのGが残せたとか、そもそも麻○を断つことができれば、もっとGとhが以下イカ娘。

U六でシュークリーム買って、本日の夕飯が鍋であることを確認してから牡蠣とカシワを買って帰宅。

愛車が12万kmを突破。

11月15日(月)

あ、カード忘れた。

今日も今日とてN市内まで出張。10日後も出張が決まりましたとさ。

マルイチ。いつも通りテンイチとQMAをやって帰ろうと思ったら、冒頭の事実に直面する。

ま、いっか。ゲストで入ってみる。

腐っても天位のD様だ、ゲストの3級風情に・・・負けた。

2回も。

先方もDと同じ事情だったと思いたい。思いたい。

QMA。カードなしで入ると、強制的にフェアリー組に回される。しかも、優勝を繰り返しても、組が上がることがない。

出される問題は初級問題ばかり。選択できる問題形式は、○×と4択と連想だけ。

コンティニューを繰り返して予習を重ねれば、得意問題を決勝で投げ付けることはできる。人間が少なく、最小は2人で催行したこともあった。

・・・意外とパラダイスだった。

ノンジャンルとライフスタイルの連想を鍛える。目標はただ1つ、「決勝で将棋問題で単独正解を取る」。

コンティニューを打ち切れば、キャラ選択が何回も可能。シャロン様、Dは本日だけ浮気をさせて頂きます!

まずはロリっ娘を選択、うわ、中の人がこのみ@TH2だ。改名したって言ってたな。ゆりしーはゆりしーのままらしーが。

人間が少ない&経験値があるとゆーことで、結論から言うと毎回優勝か2位。意外とパラダイスだった理由がこれ。

100G2クレなので、Gを気にせずサクサク遊べる。イケるところまでイッちゃえー、と思ってたら、突然「GAME OVER」の表示。どーやら、一定のゲーム数を経ると強制的にゲームオーバーにさせられる仕組みらしい。

似非看護師を1回だけプレイして、黒髪ロングのツンデレさんでプレイ。

気になった問題をおさらい。

連想:「君望のヒロイン」のファーストヒントで、迷わず「あゆあゆ」を押しそうになるも、ぐっと我慢。「水泳部」のヒントで「茜」を選んだのは仕方ないと思う。

答えてから気付いた。水泳部出身のヒロインがもう1人いたことに。そして、そっちが正解なマーフィーの法則。

あともう1人の選択肢? 君望ファンなら多分類推可能。てゆーか、ソイツがメインヒロインではなかったか? トゥルーエンド以外はいっつも主人公に裏切られ続けるんだが。ま、それがエロゲーメインヒロインのディスティニー。

将棋:「女流棋戦」「賞金が最高額」で即答。3つ目、4つ目のヒントも見たかった。「初代女王は矢内」「マイナビが主催」くらいが続くんだろーか。正答率8%は恐らく過去最低。

いや、森下システムは7%だったか。

「2002年名人戦で初タイトル」、「2006年女流名人位獲得」、「2007年王位獲得」、いずれもセカンドヒントで解答。惜しむらくは、すべてが予習で出題されたこと。

そして、本日最大に記憶に残る問題。

初級問題ばかりが出題、とゆーことは、連続正答記録もそれなりに続くとゆーこと。

予選から決勝まで全問正解すると、30問連続正解になる。コンティニューを経て、Dは連続正解記録を80にまで伸ばした!

さて、決勝だ。苦渋の選択だったが、ライフスタイル連想星5つを放棄して、ライフスタイル4択星1つに絞り、連続正解数を優先させることに。

Q:物理的に考えて最も重いのは?

A:小学生 B:中学校 C:高校生 D:大学生

ん? ん? ん?

迷いながらDを選択。数秒後、Dは悶絶することになる。まさか、まさか! こんな問題でDの80ウン連勝が水泡に帰すとははは! ミリオネアの1問目みたいな問題じゃなイカ!

この後も20問連続正解を続ける。初級問題ばかりとは言え、100問連続正解はやってみたかった。

いや、本番ではきっと20問連続正解もいってないんだろーけど。

相撲でも連勝記録が途切れたことを携帯配信のニュースで知る。あまりにも落差が激しーがね。

「DのプレイするQMAで、シャロンが出てこなかったことがない」の正答が「×」に変わりました。

11月16日(火)

マラソンの予行演習。ほぼ本番と同じ。

結構足の速かったD(高校時代50m5秒9)にとって、リレーやマラソンでビリッケツになって、拍手で迎えられながらゴールするとゆーのは、とんと記憶がない。稀に、リレーのアンカーに選出されると、本人の能力に関係なくその宿命に突き落とされることもあるのだが。

ドベの選手に付き添って、「Dせんせー頑張れー!」の声援を受けながらゴール。意外と気持ちいーものなんだな。

11月17日(水)

将棋の日。

N市K育I員会にとっては、忌まわしき事件の起こった日。

もう、6年にもなるんだなぁ。

11月18日(木)

ストーブを引っ張り出す。灯油を買わなきゃだな。

灯油と石油の違いが未だに説明できない。

11月19日(金)

保険の勧誘を断りづらい。いい方法を教えてくれ。

大阪非公式のとき、忘年会やら新年会やらQMA大会やらいろんな勧誘を受けた気もするが、日時が決まり次第、何らかの方法で伝達よろ。

|

« ジャイキリ最新刊の表紙が白すぎて発売されていたことに気付かなかった件 | トップページ | 栗栖川栗栖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/37751968

この記事へのトラックバック一覧です: 智子パロをメタリカ:

« ジャイキリ最新刊の表紙が白すぎて発売されていたことに気付かなかった件 | トップページ | 栗栖川栗栖 »