« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

今年で最後にしたいもんだ

8月21日(土)

N県教採2次初日。

13:00N高校集合。余裕をもって11:00出発。

N高校の最寄駅から徒歩で20分。本日は実技の試験なので、体力温存のためタクシーを使いたい。N高校の最寄駅の駐車場情報がない。急行

も止まるK駅

に停めておくのが無難だろう。

カレーを食べると、声がよく出るよーな気がする。CCイチでいつものヤツを注文。CCイチを出たのが12:15。

あれ? 残り45分って結構ギリギリじゃないですか?

相当な焦りを感じつつ、K駅に車を停めてタクシーに辿り着いたのが12:45。

「13:00までに着きますかね」「多分ね」

到着は12:58。校門周りに誰もいなかったから、もう始まっているのかと思ったよ。そんなギリギリに来る間抜けはD1人だけだったとゆーことだ。

あ、集合場所の図書室に入ったら、点呼の時にもう1人遅れて入ってきてたな。

昨年と同じ試験会場。昨年は1Fの理科準備室が待合室。今年はクーラーが入っていて快適。

1回戦 歌唱およびピアノ

昨年は先頭グループで呼ばれた。今年は受験番号が後のほうなので油断していたら、やっぱり先頭グループで呼ばれた。

Dは3番目。「失礼しまーす」で入ったら、試験官が高校時代の恩師だった。

歌は「子守唄」のフラット無しヴァージョン。まあまあ上手く歌えたと思う。ピアノは「春が来た」。3回間違えた。春は来なかった。

2回戦 クロール

15:00まで待機。勉強して過ごすつもりが、他の受験生と歓談。これはこれで緊張がほぐれる。

15:00、体育館集合。他のグループと同じように整列して、この後の順番を発表。 プール - 器械運動 - リズム運動 の順。去年と同じ。

S市中学生大会で平泳ぎ200m2位の実力を誇るD。その種目の参加者が3人だったことは公然の秘密。ま、クロール25mくらいならワケない。

足が攣っている人、途中で立ってしまう人もいた。Dも音楽でトチっているので、採点に響いていないことを願う。

3回戦 器械体操

側転 - 前転 - 後転 - 開脚後転 でフィニッシュ。歓談で親しくなった人から「上手くできててビックリしました」とのコメント。ピアノの後遺症を引きずっている。

最終戦 リズム体操

格技場で6回の試技。40秒程度のダンス音楽に合わせてエアロビ。8拍1セット×2の運動を5つ用意したら、それで時間がピッタリだった。

周りを見渡すと、8拍1セットで踊っていた人が多かったよーに思う。採点にどう影響されるか知らん。

講師塾でお世話になった先生2人に出会う。無視が基本らしーが、礼をすると向こうも返してくれた。何とかしてくんないかなー。

17:00 初日終了。あと2日。

待合室で一緒だった受験生に適当に声を掛けて、最寄駅までタクシー。そこからK駅まで2駅。待ち時間無しだったのは幸運だった。

Dが下りたのはK鉄K駅。御一緒した方がJR

K駅

まで歩くとのことだったので、そこまで送ることに。次は25日。

栄養ドリンク2本の効果で、激しい運動をしたにも関わらず種火が残っている感じがする。激しく抵抗する左脳を制して麻○。

日付が変わるまで粘って、3.6MGの勝ち。先日の負けは取り返した。13半荘でラス引かず。

8月22日(日)

図書館で勉強。したふり。

8月23日(月)

本来は21日が登校日だったため、本日は振り替え休業。よって職場が開いていない。だから図書館で勉強・・・するつもりだった。

飯食ってブログ更新したら13:30。このまま図書館へ行っても3hしか勉強できないのか・・・麻○。

23467二三四(2)(3)(5)(6)(6) ツモ4筒

初心者用の「何切る?」。誰がどう考えても5筒切りしかない。なぜここまで5筒を引っ張ったんだとゆー糾弾まである。タンピン三色で満貫確定。リーチを掛けてツモればハネマン。しかし、ここでDは5筒を切らずに2筒を切ってリーチと行った。なぜか?

5筒が赤かったからである。

オーラスで満貫が必要なときなら、赤5筒を切ってダマに構えただろう。ツモッパネが必要なら赤5筒を切ってリーチ。

だがしかし、現在は点棒の移動も少ない東場。そのような悠長な戦術を採る必要はない。

A:ツモアガリの場合

5筒切り:裏ナシで3000・6000の0枚、裏1で3000・6000の1枚、裏2で4000・8000の2枚。

2筒切り:裏ナシで2000・4000の1枚、裏1で3000・6000の2枚、裏2で3000・6000の3枚。

B:ロンアガリの場合

5筒切り:裏ナシで8000の0枚、裏1で12000の1枚、裏2で12000の2枚。

2筒切り:裏ナシで8000の1枚、裏1で 8000の2枚、裏2で12000の3枚。

ダマに構えるという選択肢もなくはない。それでも2筒切りロンアガリ(ザンクの1枚)の方が、5筒切りツモアガリ(2000・4000の0枚)の収入を上回る。

確定三色を放棄する選択肢が、Dの導き出した正解。麻○団体は賭博麻○を否定しているので、表立って祝儀のことを論ずることができない。

麻○はトップを目指すゲーム。祝儀に目が眩んで点棒で配下に臥すなんて間抜けな事態も起こりうるが、東場なら強欲にチップ狙いでいーんじゃない?

結果は8索ツモ。裏1でハネセン。5筒切りだとハネゴ止まりなので、最良の選択をしたことになる。

8半荘中、トップ6回3着2回の大進撃。2.5MGのプラス。

2日で6MGの収入があるのなら、労働意欲が失せてしまうね。逆にそれくらい負けることもあるのが麻○の怖いところでもある。

最近の傾向として、オリる回数が減ったよーに感じられる。

特に、先制リーチを掛けられたときの対処法。シャンテン良形高打点はGo。自分がテンパっているときの相手のリーチは、Dのアガリ牌をツモ切ってくれる儀式としか思えなくなってきた。

点5の8000・16000とピンの500・1000の1枚が同義であることは何度となく説いている。自分が赤を1枚持っているなら、相手が持っている赤の最大枚数は2枚だ。赤があるなら役満張ったと思って突っ張る。

赤1に振り込んでも役満級である。当方は一切責任を負わない。

リーツモ一通ドラドラとか、リー即タンドラドラドラとか、印象的なアガリはいくつかあった。最終的なGの多寡を競うゲームであることは1万年と2千年前から承知だが、それでも美学に拘りたいブルースメル。

Dがダマで張っているとき、他家に先制リーチを掛けられて、ツモ切りリーチで「ずっと張ってんのじゃあ!」とゆーことがあったが、冷静に考えると、Dの安全牌は数巡前から続いてますよー、と告白したも同然。

>マルチメ

渡した中に入っていなかったか? 遠い昔の物語。

>パニック!

やーいやーいやーい。

そのハウスルールでパニックをデッキに投入している相手様に多謝。>「外敵がガディム使う宣言」にも被るが、エネミーと認識されるのな。54がかK西がかは知らん。主催者コメントは、上手すぎて何も言う気が起こらねぇ。

>油断してユズハ抜いた

ルミラと当たったときが怖くて、FC瑞穂を抜くことができないDがここにいる。

4回戦は、芹香嬢を引けていたらどーなったか分からんね。コッドフィッシュ・レバー禁止。Dが相対弱運となる相手は、割と存在する。逆もまた然り。

>Dの両親はよく平然としてられた

おかん曰く「お肉冷蔵庫に入れてくれたり、余った桃を食べてくれたり、ほんまによぅ気がつく子。タバコ吸うのだけはあかん」

2人ともDと同職なので、様々な輩を見慣れていると推察。でも、あの帽子とタイツはちょっと引いた。

54のお土産も、Dが購入したシュークリームも、Dの口には一切入っていない罠。甘いものは元来苦手ですのでー。

敷地面積が230坪。田舎なので無駄に土地は広い。

>落ちた

一応ホストとゆー立場上、失礼な態度を取ってはいけないと肝に銘じていたのだが、前日の睡眠時間が0では仕方ないと思うんだー。そんないいわけしていいわけ? 1回はフリーをしとかんとなーという義務感で行ったG&G。ほぼ覚えておらず。

>バニサンガディム

あら本当。接待ガディムからマイナーチェンジで組めちゃうわ。

「根性前衛が出てきたらバニサンを疑え」は大阪勢と闘うときの鉄則(和樹の前衛に『いとっぷ!』が出るときすらあるんだぜ?)。フィニッシュは文月とバトル。ドタキャンが対パニックに撃てないのは痛いが、かすり傷程度の痛さだな。

>1.0のやつに思いいれあったりする

それどころか、絵柄が違うとDはカードを認識できないことが多いので、封印と朝鮮嬢は努めて1.0を投入するよーにしている。

>FC3恵

基本はβで4枚揃えるので、FCはフルコンプが精一杯。7.0は公式で噂話を使用するため仕方なく製品版を買い揃えた。つーか噂話の引きはよかった。

大概はカラーコピーで調達するのだが、わざわざコンビニまでカードを持って走る気力が湧かない。

>ごくつぶし

Dの場合、5.0のキャラ「ディー」以外は使うことができないという解釈もできる。

た行オールOKとか、「でいっ!!」の「!」は実は階乗を表すもので、最終的には全ての文字を網羅している『でいっ!×(でいっ!―1)×(でいっ!―2)×・・・・・あ×い×う×・・・・・×3×2×1』と駄々を捏ねるとか、屁理屈なら任せとけ。

「でいっ!!」のちっちゃい「っ」は、読んでいる人と読んでいない人に2分される。エクスクラメーションマークは、読んでいない人に1分される。

ハンドルのエクスクラメーションマークが1つだったか2つだったか、迷っているDがいる。 IDカード? 10年前に落とした財布の中に入っていましたが?

「単騎不可」とあるが、エタ+コスト用1枚キャラ積みなら理論上OK。著しく制限を掛けられた通常デッキと、60枚のうち1枚だけ不純物を入れられたエタと、どっちがつぉい?

「新しくハンドルネームを付け直しました! 新ネームは『あいうえおかきくけこ・・・ん』です」とかしてくれる愉快な猛者はおらんかいねー。

>この人ミントレムナントに来てない

奇遇だな、Dもそのよーな異国の伏魔殿へ足を運んだ記憶はない。

「この物語はフィクションであり、実在の人物とは一切関係ありません」というテロップを流しても流しても「あのキャラは私をモデルに作ったでしょ」とゆークレームが後を絶たないと聞くが、さて。

一般論を述べただけであって、特定できる誰かを名指ししたワケではない。やきばでお会いしたどなたかのことだったと思うが、どこの誰かとゆーことも覚えていない。よって、異国の方や、Dと親交のある方々はセーフ。

以前勤めていた会社の社長がコンサル大好き人間で、社員に回せばいいGを給料ではなくコンサル代に浪費していたのを思い出す。ヤツもコンサルのゆーことを聞くのではなく、自分の武勇伝を聞いてもらいたい側の人間だった。

普段は見ることがないブログに自身のコメントが載っていると、おっという気になる。5月からずっと更新されていないブログでも、今日は動いてるかな、と毎回チェックしているDがいる。

裏切られ続けてもーすぐ4ヶ月。試験が終わったら「うみねこ7」4649。

そーか! まだ「うみねこ7」をプレイしていないDのために、ネタバレ記事を出さないよう配慮してくれていたんだな! 海よりも深い慈悲に気付くことができなかったDを責めないでくださいませ。

将棋を多少でも齧ったことのある輩なら「相手の手を殺すのがプロ」と教えられたものだが、例えばLFでもその原則が適用されるのか、さて。

>FC太田香奈子

ガディムに2枚投入して、長蛇・うんちく2枚・景清を落とせばとりあえず負けはないのかと考えるDの思考回路はどーかしている。

環姉を落とせないよ! 問題はそこではない。

うんちくを落とす枚数を1枚にして環姉を落とせばいいのか! 問題はそこでもない。

8月24日(火)

こども園見学。今年4月に完成した建物。

園児がプールに入る際、先生が園児の水着を脱がせて、ホースで直接陰部を洗うシーンに遭遇。衛生面最優先。男女はいくつまで同席できるのだろーか。

昼は職場で明日に向けての最終調整。自信はないが振り絞らないといけないな。

8月25日(水)

N県教採2次2日目。

初日とは違うN高校。正直、間違えて行かないかどーか不安だった。

今年の1次は、小学校と中学校とで最寄駅が同じの違う高校で行われたため、列に付いていけば間違いなかろう、と違う校種の列に交じり、悲劇を生んだ輩が多発したらしい。くわばらくわばら。

8:30集合。起床後3hから頭は目覚めるとゆー俗説を信じて5:30起床。うそ。6:10まで転寝。

散歩・朝食と余裕を咬ましていたら、出発予定時刻を10分程度過ぎる。最近こんなんばっかりだな。

今日は運転手(親父)付きなので安心。集合20分前に会場入り。

教室に入って、Dの番号を探す。

・・・。

ありませんよ?

門前払いを喰らったか、と思うも、教室でDが困った様子を見せていたら、近くの受験生が事情を教えてくれた。どーやら、今年の1次免除者は教室が別になるらしい。

1次通過者と1次免除者とでは、試験問題も違う。どーやって同じ教室で分別するのか、不思議に思ってたんよ。

8:45 1時間目開始。1次通過者は国・社・算・理の通常試験、1次免除者は教科に関する小論文。

事前の掲示では90分と書かれていたのに、小論文は60分で書けというお達し。

A:小5算数の割合。Aチームはサッカーでシュートを10本中5本を、Bチームは8本中5本を、Cチームは10本中6本を成功させた。

太郎さん:Cチームが成功数が一番多いからCチームが最もよくシュートを成功させた。

花子さん:成功数と失敗数の差を考えると、Aチームは0でB・Cチームは2。だからB・Cチームが最もよくシュートを成功させた。

あなたならどう指導するか。

B:小2生活の季節の変化。子どもに秋を感じさせる授業をあなたはどう展開するか。

解答用紙は、A3だかB4だかの紙に、升目も行もなく書かされる形式。大学の試験を思い出させる。

Bの方が難しそうだったので、そっちから片付けることにする。てか、昨年の模擬授業で出された問題とほぼ同じだ。推敲できるのはラクだな。

25分掛けて終了。Aに取り掛かる。5分残して終了。オスでも「さん」付けするのは最近の人権の流行。是非論あり。誤字・脱字のチェックをしてタイムアップ。

1次通過者はあと30分試験が続くらしい。1次免除者はその間、教室で待機。問題文も回収されたので、上記は要点だけを掻い摘んである。

10:35 2時間目開始。

C:今回の学習指導要領改訂のポイントの一つに「学習意欲の向上や学習習慣の確立」があります。このうち、子どもたちの学習習慣を確立させるために、あなたはどのように取り組むかを、600字以上、700字以内で論述しなさい。

D:すべての子どもたちが生き生きと活動できる学級をつくるために、あなたはどのように取り組むかを、その理由も含めて400字以上、500字以内で論述しなさい。

こっちは問題文を回収されなかったので、原文のまま。てか、1hは厳しい?

小論文が2題出された場合、文字数の少ないほうから取り組むのが鉄則。20分くらいで書き上げる。

Cは、今こうして考え直してみると、学習意欲の向上をピックアップして論述した感がある。ま、しゃーない。15分残して書き上げる。

きちんと升目が整備されているので、行を超える書き直しは不可。まとめ方に苦労しながら60分を終える。

昼食を挟んで、12:30 3時間目開始。

おかんに弁当を用意してもらったのだが、半分も食べられなかった。栄養ドリンクと飴ちゃんで、脳にブドウ糖を補給。

昨年も行ったクレペリン。昨年は眼鏡に汗が流れ落ちるは、長袖が汗を吸ってべちゃべちゃになるはで、試験どころではなかった。今年はコンタクトに半袖。これがどー出るか。

結果:コンタクトは正解。半袖もまあ正解。額から滝のよーに汗が流れ落ちて、解答用紙を浸す。答えが書き込めないくらい。来年も受ける必要があるなら、テニスで使うような汗止めを着用する必要がある。

次にYGテスト。昨年は「どちらでもない」を6個くらい選択したので、今年は「どちらでもない」を選択しないことだけを自分に課す。多少の選択肢の矛盾は気にしない方向で。

13:50 試験終了。校門前まで迎えに来てくれた親父と連絡を取り、家路に着く。

途中、普段は通り過ぎている滝に立ち寄る。ちょっとだけパワースポットを意識。涼しげで良。

家に帰って10分くらいしたら、激しい雷雨ががが。夕立ってレベルじゃないな。ゲリラ豪雨ってヤツだ。

窓を閉めることができ、室内の安静は保たれる。些細なところで運の良さを感じる。

実技・小論文で点差が付かないことは承知している。全ては明後日の面接。

1h後に雨が上がる。風が心地よい。

54にロブされた(返却した?)ルミラ・3本ガディムデッキの修復。隠し芸も足りへん。明後日が大事なのではなかったのか。目の前にあったからしょーがなかったんだ。

殺っちゃんは、FCはFCでも2の方で代用。「冷静」なんて特殊能力、普通は知る必要がない。都合のいーときだけ「殺っちゃんに朝鮮嬢? じゃー1コスト払ってドローします」なんて芸当が・・・許されるよな?

8月26日(木)

朝起きて金魚に餌をやりにいこうとしたら、鯉が2匹死んでた。昨年も大雨の後で大量のお魚さんがお亡くなりになられた。(1)水温か(2)酸素か(3)雨に有害物質が混じっているのか。ヤリキレナイ川。

明日さえ乗り切れば、よーやく夏休みを謳歌できる。2日間だけだけどな。

大衆食堂でブランチを済ませ、模擬授業と個人面接の練習。能力値が+2されることを祈る。

帰り際、携帯が見つからないことに気付く。最終手段で大衆食堂に電話すると、しばらく待たされた後「念のため特徴を教えて下さい」とのこと。ビンゴ。なかったら「そのよーな届出はございません」だもんな。

無事回収したところで大雨。窓を閉めてきてよかった。

帰ってみると、地面が全く濡れていない。ピンポイント豪雨だったらしい。1コスト払って屋外イベントが中止になるよ!

8月27日(金)

N県教採2次3日目。ついにこの日が来た。

12:45 集合。なのに2次2日目の最後で試験官が「開始25分前に来てください」なんてほざくものだから、12:20集合を目指す破目に。

12:10 会場前到着。会場は2次2日目と同じN高校。校門前のコンビニで、昨日模擬授業の練習をしたSSの先生と遭遇。「こんな問題出ましたよー」と一方的に情報を享受。

SS=スクール・サポーター。公認ボランティアみたいなもの。ショート・ストーリーではない。

12:20 会場入り。同一校の講師の先生と時間帯が同じ。歓談や勉強をして過ごす。

12:45 説明。別室へ移動して模擬授業の指導案を考えた後、更に別室へ移動して模擬授業と個人面接を受ける。

13:00 模擬授業の題材提示。

「5年生の理科の授業で『種子と発芽と成長』の学習をしています。『種子が発芽するためには、どのような条件が必要なのだろうか』の課題について、児童のこれまでの経験を大切にしながら、発芽するために必要な条件を話し合う授業を展開してください」。

13:07 退室。 13:10 模擬授業開始。

面接官は3人。女性1名男性2名。去年の面接官は2人だったよーな記憶が。

「模擬授業は10分を越えてはいけません」と説明を受けていたが、時間を過ぎれば面接官が止めてくれるだろ、との楽観的観測の下、模擬授業を続ける。案の定、適当に時間を切られた。

Q1:今の模擬授業はどーでしたか

Q2:指導要領の目標を意識されたと仰いましたが、理科の目標は何ですか

Q3:この後の展開を教えてください

Q4:授業で気をつけた点は

Q5:板書で心掛けた点は

面接官交代

Q6:学級担任を持つ上で、どのよーな学級にしたいですか

Q7:最近の子どもの問題点は

Q8:自分の得意なところをどのよーに教育に活かしますか

面接官交代

Q9:ソーラーカーのキットを購入したら、単元終了後に保護者から「1から子どもたちに作らせたほうがいーのでは」との相談を受けた。どー切り返すか

Q10:お金を出したのは私ですよと言われたら

Q11:教師を目指す転機となった出来事は

Q12:他府県の受験状況は

こんなもんだったか。あまり覚えていない。

終了時刻が13:45。昨年より早く終わってるのな。実力程度のことは出せたので、これでダメだったらしゃーねーなーという印象。去年は明らかに落第点だった。

終了後は、おかんに連絡をすれば迎えに来てくれることになっている。

「後何分くらいで着く?」「あともう少しやなー!」

具体答が欲しいのに抽象答で返すメスの思考回路は解析不能。

8分経っても10分経っても お・か・あ・さ・ん・が・こ・ら・れー・ないーよー!

「ごめん、1本違う道に入ってもーたわー」

会場で茶を忘れたことに気付き、脳に水分が回らないまま面接に臨むかそれとも・・・と1秒で導き出した回答に従い、水道水に手を付けたのがいけなかったのか、Dのお腹は魔方陣ぐるぐる状態に。コンビニで音入れを借りている間におかん到着。

もらったラクダの歯を覗くな・・・を実践するつもりが、おかんのどーでもえー問い掛けにイラッときてシニカルに返答。

14:45 自宅到着。果報を待つのみ。明日・明後日は麻○漬け。やっと味わえる名実ともの夏休み。「採用試験が終わったら」と積み残している仕事も数多くイグジスト。考えたくないなー。

追記)とりあえず、Fネルさん、マリアージュおめでとーござーます。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年8月23日 (月)

Sンタン バリバリ チョコバリ~

K西限定CMか? 安上がりでインパクトがあるなという印象。

AKBの新曲およびCM。「I need you」のところでマイクに跨るパフォーマンスがたまらなく好きだ。

8月17日(火)

午前は職場で実技試験の練習。ピアノ。歌唱。マット運動。リズム体操。水泳は流石に何とかなるだろう。

午後は散髪。回転寿司。ブログ更新。麻○。4-3-3-3-3で-3.3MG。LFで勝てたから麻○で負けても悔しくないなんて、口が裂けても言っちゃったよ。

西西北北22335588中 ドラ西

4索単騎でハッていたのを、中単騎に切り替えてダマ。直後に4索をツモってカチン。1枚切れなのでリーチと洒落込む。

対面が勝負してきてロン。裏が乗ってバイセン。一発かツモならトリプル。たられば禁止。

コネ・待ちあわせ2枚ずつは流石にやり過ぎた。中盤でその2枚が余るってことは、場で圧倒的に支配しているとゆーワケで、実に幸せなことだと思うべきなんだろう。

○谷との対戦で、嫌がらせ2枚のおかげで勝てたインプレッションが強く残りすぎている。中終盤の硬直状態でコネや待ち合わせを引いたとき、これが嫌がらせだったらなーと思うのも事実。逆も然り。デッキに嫌がらせがあるぞと思わせておくだけでも抑止効果になるか。

N古屋での決勝戦、模写それぞれの正義で1ターン6ドロー(すもも・ゴースト喰い)が実現してから少しラクになった。耕一&千鶴の8点パンチは、ガディムと言えども錚々受け流せるものではないからな。

模写召還で受け流すには、前衛が足りなかった(芹香嬢・ちはや・メイ)。ハントが維持されても、前衛5キャラを守備に回して(召還 → 模写召還)、琴音で1点ずつ与えられた? 初音を焼けたからほざける戯言。

梓をファーストアタッカーに選択されると、白ささらの6点アタックをガディムで受ける必要が発生するため、単純にガディムに3点ずつ乗っかる計算。4キルで前衛受けが不可のため、 長蛇 - インファイト回収 が間に合うかギリギリの展開が予想された。

初音を焼けていたから、実際は打点がもう少し下がるのな。初音を焼き切る前の状態が維持されていたら? それは畏怖の世界。

8月18日(水)

職場で実技試験の練習。ピアノ。歌唱。マット運動。リズム体操。水泳は流石に何とかなるだろう。

器楽はリコーダー・ピアノ・鍵盤ハーモニカからの選択なのだが、ピアノが最も高得点であるという根拠レスな噂を拭いさることができなかった。

ピアノの選曲は自由。共通教材「Spring has come」を選択。

音楽の学習指導要領には共通教材なる楽曲が指定されており、各学年4曲、全国画一で指導しなければいけない(高学年では4曲中3つを選択)ものがある。「Spring has come」は2年生の共通教材。

そんなの聞いたことがないって? とりあえず直訳しる。

歌唱は「ひらいたひらいた」「うさぎ」「子守唄A」「子守唄B」の中から当日1曲を指定される。

子守唄A・Bは、歌詞は同じだが洋装と和装の違いがあり、EがEsに、AがAsになる編曲。紛らわしい。

マット運動は、何が出るか分からない。昨年度は前転―開脚前転―後転だったと記憶している。それらプラス開脚後転、側方倒立回転の練習もしている。

リズム体操は、昨年度は40秒間の音楽に合わせての自由演技。とりあえず「YOUNG MAN」のリズムに合わせて練習。

水泳はクロール25m。昨年度はそれプラス平泳ぎ25mだったのだが、風の便りによると、ダウン者が多発してしまったらしい。

8月19日(木)

教育大へ研修。低学年の算数・生活・マット運動・フラッグフット・特別支援の実践。

駐車場の確保が難しいと判断したため、母に送迎を頼む。よってRウンドファイヴはなし。

兄やから電話。Dに中元を贈ろうと試みるも、Dの下の名前が分からず断念、直接聞きにきたとのこと。

「G少年に聞けばよかったんじゃない?」「多分『アキラ』やと思う、って答えよってんけど、何か違うと思って」

K松S一郎―――! 小さな慎みもないヤツだ。

苗字が分かっていたなら「~様方 D」でも届いたはずだが、要らぬ知恵は付けないでおく。昨年10月の紀行文参照。

8月20日(金)

呑むんと酒乱酒乱・・・・・。LッテのFィッツ。

ラララ手淫くん、てネタもあったな。

試験のため、1週間の断酒継続中。このまま禁酒するのもアリかもしんない。

追記)いろいろ面白そうなネタが転がっているよーだが、コメントは次回。自戒?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010年8月17日 (火)

浅間町と朝マッチョは似ている

8月13日(水)

54との3日間のデスロード初日。

11:00にN本橋で待ち合わせ。時刻は律儀に守る2人。近代麻○を回収。1週間前発売の近オリは回収できず。その足でPセリの使えるゲーセン、Aテナへ向かう。

何はなくともQMA。54のメガネキャラにミドルポップを装備させるところから始まる。

予め54がDのカードに入金しておいてくれたので、Dも自力で地下初探索。15Fで力尽きる。

Pセリのお陰で、装備品に大散財。白ビキニと青グラサンを購入。6で買ってたオレンジグラサンが装備できたことに気付いたのは、マイルームに入ってから。義務+制服はお蔵入り。マジカでネコヒゲとネコ尻尾も購入。愛い愛い。

2人協力プレイだと全国モードも容易い。程なく2人ともドラゴン昇格。フェニとは言え、念願の7初優勝も果たした。

54は協力プレイを嫌うのか、Dが地下探索中に隣で新たにコインを投入したりする。見解の相違。

気が付けば16:00。付け麺で遅い昼食を摂る。

以前は中盛で撃沈したお店。中盛のくせに1kgもあるらしい。並盛でちょーどよかった。

そのまま雀荘へ行くすがら、J・クドウに立ち寄る。先日、買おうかどーかものすごい迷った里見香奈のフォトエッセイ集を購入。マスコミ受けする素材だと思う。近い将来、TVや雑誌での露出が必ず激しくなる。

54と点5で同卓。赤最優先の戦略が抜け切れず、3-3-4-4の燦燦たる結果。6kの損失。54に無断でピンに移ることを宣言。

西(9)8(4) リーチ ドラ2索

西家で迎えたピンでの東パツ、Dの配牌は悪くなかった。3巡目でシャンテン、ピンに移って正解と浮かれていたところに、親からの先制リーチで打ち砕かれる。

Dも3索を切ってシャンテンを維持したかったのだが、左脳が働いて9筒―7筒を落とすことに。これがド裏目。リーチチートイ赤表表のインパッチンに放銃。テンションミニマム。

それでも1本場、タンドラ赤赤の2500-4500をツモ。2枚オールをアガれるとゆーことは、悪いどころか良い傾向。東パツの交通事故は忘れることにする。

二三五六七(4)(4)455667 ドラ4筒

2367二三四五六七(8)(8) ドラ5索

南場の親番、いずれのリーチも安めで出アガり、12000、13500のアガリ。気がつけばDが断トツトップ、対面(東パツのインパチ和了者)はラスを争う3着。結局、この半荘を1着で終える。

次の半荘は2着。MキティとU田で21:30に待ちあわせ。現在の時刻は20:00。54との協議の結果。次をラス半とすることに。

全員が23000~27000点の東3局。海底でテンパる。

微差の状況では、ノーテン罰符も惜しい。無理してテンパイを取ったら、親にハイテイタンヤオ赤三色の満貫を打ち込む破目に。安めでハイテイでなければニックで済んだのに。またまた大きなビハインドを背負うことになる。

それでも南場の親、下家の先攻リーチを受け、下家の現物待ち役アリテンパイが入る。

もちろんダマ、と1巡回したのだが、次のツモで何故か気が変わってリーチと行くオカルト。そして1発でツモって、リー即ツモ平和赤ドラ裏のハネセンゴに仕上げるスーパーオカルト。

結局この半荘もトップでまとめ、総計で8kのプラス。5とピンでは、レートが3倍は違うね。

U田まで地下鉄で移動。途中、Mキティから連絡が入り、地震のためJRが95分遅れているとのこと。キオスクで近オリを回収後、ゲーセンで暇を潰すことに。

QMAを数回、そしてT下一S棋会に手を出す。勝ち出すと1hコース。この状況でなんてマイペース。

四間飛車vsイビアナ模様。イビアナに囲う途中で仕掛けられたので、穴熊に囲わない力戦模様になる。

相手様の銀のタダ捨てを見落としていて、龍を作られ非勢を意識する。銀桂と金の交換なので、負けではないと自分に言い聞かせて相手様の次の一手を待つ。

難しい局面で、相手様が指した手が疑問だったらしく、形勢がDに傾く。最後は銀のタダ捨てから相手玉を即詰みに討ち取って勝利。

このゲーム、初回は200G取られるが、勝った後は100Gでコンティニューができる。

54「Mキティが来たで」

D「ごめん、あと1回やらせて」

54「Mキティが来たで」

D「ごめん、あと1回やらせて」

54「Mキティが来たで」

D「・・・・・」

54の本気を見た。逆らいません。

Mキティはミックミクにご執心。ポップンなんかに比べると簡単そうに思えるのだが、ビューワーはプレイヤーに意見するものではない。

ゲーセンの目の前の居酒屋チェーンに入る。仕事の話、LFの話、ギャザの話、ペットの話などをざっくばらんに。

「Dさん、いーものありますよ」 渡されたのは近代麻○の最新刊。持ってるよ、と言うか否か迷っていたところで、54の助け舟が出た。

会計は9kほどだったか。意外と安く収まった。

Mキティが徹夜上等ヤル気マンマン振りを発揮。U田のMチャオへ向かう。

久しぶりのサンマ。Mキティが店員と交渉して、1hのゲーム代が1.1kで収まることに。ルールが2転3転する不思議なサンマの始まり。

D「サンマはその日最も流れのある者が勝つ」

Mキティ「サンマは最も強い者が勝つ」

両者の意見が真っ向から対立。眠気を紛らわせるため、どーしても口を動かす機会が多くなる。

Mキティが「牌賊!オカルティ」を読んでいないことが発覚。オカルトシステムを読まずして、デジタル・オカルトを語ることなかれ。

レートが変動したり、ナシナシがアリアリに変わったり、割れ目が導入されたりと麻○や大貧民でありがちなルールの不整合が続出。7並べでAかKまで到達した列は、K→Q→JやA→2→3のよーに逆出しになるとゆールールを突如知らされ、泣きじゃくった保育所時代を思い出す。

途中、Dが何度も腹痛に襲われ、その度に卓が中断。Dの不在中はギャザの話で盛り上がってくれたとは言え、申し訳ないことをした。

すっかり朝型の生活に戻ったD、3人の中でダウンするのも一番早かった。始発が動いているとゆーことで、27:00にお開き。

ゲーム代を差し引いて、Dが500G勝ったらしい。精算時は卓に突っ伏して意識がトンでいたので、2人が花を持たせてくれたのだろう。

「打ち足りないので、もーしばらくピンで打っていく」とゆーMキティと別れ、N波のカプホへ向かうことにする。頑張れ、ベッドに寝転んでさえしまえば、15:00まで2kで一時の安楽を買うことができる。

「本日満室のため、新たな宿泊はご遠慮願います」

8月14日(土)

無情にも、フロントに掲げられた看板にはこう書いてあった。サウナだけの利用は出来るが、休憩所までは確保できないとのこと。

A:マンガ喫茶 B:カラオケ C:それでもカプホ D:いっそD宅へ直行

風呂に入りたいのでAは却下(マンガ喫茶のシャワーは余計に汗をかくとゆーことで意見が一致)。足を伸ばせないのでBも却下。始発は動いているが、不眠の状態で車の事故を起こさないとも限らない。地べたでも構わない。汗を流せて足も伸ばせるCを選択。

Dは風呂場のイスで眠りにつく。首に相当の負担が掛かる。イス - 風呂 - 水風呂 の往復。

54はロビーの椅子で、煙草を吸った後で意識を失ったらしい。Dは30分ほど、休憩所のソファーで足を伸ばせるスペースを確保。ホイミ程度には回復する。

10:00チェックメイト。否チェックアウト。朝食を摂り、再びQMA。地下19Fまで到達。惜しかった。

14:00終了、いよいよD宅へ向かう。N本橋 - S井 までK鉄を利用した後、買い物を済ませてドライブ。

既に兄夫婦が帰省。18:00頃からBBQ。疲れがアルコールの侵食をいとも簡単に許し、ソファーに倒れこんで、風呂に入ってよーやくLFが打てる状況になったのは23:30。

54の接待ガディムと対戦。パニックでDが勝ったらしーが、対戦したことしか覚えていない。54がプロキシを入れ替えているのを尻目にアイマスクを装着して就寝。

8月15日(日)

誰かが階段を上ってくる足音で目が覚める。Dが起きている意思表示として手を挙げたら、そいつはTシャツとパンツで寝ているDの下半身の装備具を剥がしにきやがった。

「寝てるヤツがいたらパンツ脱がしたくなんねん」

6:00起床。N張7:30の特急を予約済。D宅からN張まで車で40分。6:30出発予定。

「D―、朝ごはん食べていきー」

いつの世も、息子を案じてくれるおかんは存在するものである。息子の時間的都合も考えずに。

それでも改めて指摘されると、空腹を誤魔化すことはできず、出発時刻が10ミニッツ延びることに。後は時間との戦い。

頗る予定通りに事が運び、7:20N張到着。打ち止め600Gの駐車場も確保。ただし22:00までの利用制限。数年前のN古屋公式と同じ市営駐車場だが、大幅値下げを断行した様子。

N古屋行きの特急は2種類存在する。即ち、乗り換えを必要とするか否か。今回は、往復とも直行の便が取れた。1.5h、快適な車内空間。貪り切れなかった睡眠分を補充。

N古屋で地下鉄に乗り換える。「浅間町」とゆー駅名を発見して、タイトルに回帰。LFの大会があるときは、大概は大会名をタイトルにしているのだが、正式名称を忘れた。

「せんげんちょう」と読むらしい。

9:30会場入り。入場前に、出発前にこっそり忍ばせていた小道具を思い出す。前回のJ元大会で使用した覆面マスクを装着してルームイン。それなりの反応はあった。

11:00開始とのこと。54とフリー。54のLFのカードはアールモーストD宅にあるので、プロキシは付箋で代用してある。それらを入れ替えるため、Dのルミラ・3本ガディムが解体されることに。

デッキA L:ルミラ

C:21 ちはや・すもも×4、岡本・コリン・FC3恵・エビ×2、楓・テリ・ユズハ・FC雛山・可憐×

B: 7 芸×4、マラソン×2、対ゲー×

E:29 術・付け・スラ・封印・嬢・噂×4、応援×2、身代わり・パニック・濡れ衣×

I: 1 ウォプタル×

F: 1 アビス×

デッキB L:ガディム

C:20 芹香嬢・ちはや・すもも×4、琴音×2、黒きよみ・FC瑞穂・ユズファー・文月・メイ・ドリグラ×

E:37 術・収入・応援・噂・ガセ・スカウト×4、コネ・封印・待ちあわせ・嫌がらせ×2、長蛇・ハプ・パニ・淫靡・身代わり×

F: 2 クリアー・インファイト×

デッキC Tみんの3本ガディム。

デッキD Tみんのフェンス諸角。

デッキE L:耕一

C:18 ミコト×4、フランク・変酋長・コリン×2、月兄・テリ・楓・マルチ・可憐・7.0千鶴・犬・ユズハ×

B: 6 芸×4、腕×

E:34 術・収入・付け・スラ・嬢・噂・封印×4、活・神頼み・応援×

F: 1 エキサイト×

デッキF L:理奈

C:14 緒方兄・由綺・コリン×2、月瑠璃・犬・シルファ・フランク・変酋長・テリ・可憐・ユズハ×

B: 8 カラオケ・ステ勝×

E:37 術・収入・付け・スラ・嬢・噂・封印・禊・応援×4、スカウト×

デッキG L:ヌギー

C:15 HM―12×4、橘・マナ・犬・可憐・岡本・美和子&由紀・シェラ・醍醐・スヒ・ドリグラ・ユズハ×

B: 8 3本・再試合×

E:36 術・転機・おとぎ・神頼み・封印・噂・不意打ち・不思議な踊り×4、朝鮮嬢×2、魚肉ソーセージ×

I: 1 味オンチ×

以上、7つが用意してあったデッキ。

A:54に譲渡した結果、FC3恵の数が足りない。Tみんに相談すれば何とかなるのだろーか。

B:嫌がらせ・ハプニングの効果や如何に。

C:芹香嬢は1枚でもいーよーな気が。最大優先事項はヌギー。実戦経験値を積まないと、ヌギーより芹香嬢を優先させる機会を捉えられないのかもしれないな。APで手札にバトルがないとき、すももをNAPで喰って、3本が揃うのを待つ我慢ができるかどーか。

D:PHSツヨス。臨時収入でいーじゃんと思ってたオレ、どっか行け。54の接待ガディムとの対戦で、理想的な前衛でフェンスを貼った時に負けたインプレッションが強い。54が殴り芸のため、諸角が耐え切れなかった側面あり。

E:キャラ・バトルを見直して神頼みを採用。序盤の2~3ターンは神頼みの方が優位。安定した(?)フリーを愉しむならコレ。

F:おとぎ・転機を減らしてキャラ増量。速攻性は減ったが安定性は増した。キャラを削って神頼みで代用したいチューンアップが必要。

G:適当に組んだヌギー。当初はエクス・野外かくれんぼが入っていたのだが、再試合の存在を思い出して今日に至る。エクス要因で入れた美和子&由紀をそのままにしてしまったせいで、ルミラに3本で5点当たるたまを入れ損ねる。まあ、大勢に影響はない。

コストが安定すれば、総帥以外には不思議な踊りが効いてくるのだが、総帥のことを考えると宿酔いの方が優秀。魚肉ソーセージは2枚入ってると思ったら、1枚しか投入していなかった。おとぎ・転機の有用性との比較考量。8枚をキャラ×3、宿酔い×4、魚肉×1くらいでどーか。

やはり応援は必要なのか?なのか? 通常バトルは2枚引けば、どのタイミングで応援を引いてもよいのだが、特殊バトルは未使用の状態で2枚引いておかないと、応援の特性が損なわれてしまう。そこまでヌギーを突き詰める気もヘアーヘッドない。

1回戦 Bイザーさん

1回戦のマッチメイクが発表される。参加者は総勢11名。6名呼ばれてDと54の名前が出てこない。すわ身内対決か、と覚悟したところでDの名前が発表される。

54は不戦勝でした。

ダイスに勝って後攻。Lオープン:理奈。

相手様の展開が遅く、1表コリン、2表月兄、3表兄妹のオープニング。その間にDもすもも・芹香嬢・黒きよみと前衛を整える。

相手様にカラオケを出されて、イルファも出てきて2パンチの準備が万端。破壊神を試みたいが、Dの手札はカウンターレス。ちはやがいないので、手札を溜めることもできない。破壊神ナシでは耐え切れないとみて、意を決して破壊神。

通った。

ちはや・おかわりすももも揃って迎撃体制が整う。身代わり・カウンター×2を常備して多い日も安心。琴音・ドリグラでバーンが確保でき、緒方兄・フランク・月兄・コリンの順で料理。月瑠璃はジェラシーし続ける。

嫌がらせは、1枚は緒方兄の除去に使用。もう1枚は手札調整の露と消える。ハプニングは、決めのターンに臨時収入からカウンターとして使用。

コリンで5キルと相成ったワケだが、もう1体倒したはずのキャラ名が出てこない。とにかく勝利。1勝。

終了後、相手様が主催者に「ガディムは禁止カードにすべきだ」とのたまっていたが、それをDの前で言われても困るのよねー。Dはルール内でゲームをしている。まるでガディムを使っていることが悪であるかのよーなアドモスフィア。

ガディムが必勝だと信じるならガディムを使えばよい。もしくはガディムをメタったデッキを組めばよい。石合戦総帥と違って、対処の仕様はいくらでもあるはずだ。

昼休み

前から目を付けていた台湾ラーメンの店へ。

チャーハンの美味しい店は、ハズレがないと相場が決まっている。今宵のチャーハンは・・・うまし! 卵がふんわり、こんな煎り卵を食したのは初めてかもしれない。久しぶりに美味しいと思ったラーメンに出会った。発汗作用も激しく、外の方が涼しいと感じたほど。

2回戦 Tゥクスさん

「変なギミックを積み込んでいます。主催者には了解を得ています」とのこと。0101、こっちのガディムは遅攻なんだぜ?

ダイス勝って後攻。Lオープン:ガディム。

初手:すもも・芹香嬢・ドリグラ・応援×2・噂・ハプ

1表:相手様術使用。噂でカウンター。コネからちはや・すももを展開してエンド。

1裏:パニック引かないかなー、と思っていたら本当にパニックを引いた。カウンター1枚あるから大丈夫だろ。すももを出して破壊神 → ちはやとガセをゲット。ちはや出してエンド。

2表:「破壊神対象すもも」「パニックで対象をガディムに変更」「何もなかった」。2勝。

1裏の破壊神は微妙。相手様にパニックとカウンターがあれば負けなのだが、こちらのカウンターがハプのため、相手様のカウンターが噂話だとキャラが2枚必要になる。ガセでもキャラ1枚が必要。

親が初巡で白・發をポンしたとき、続けて中もポンされる確率は1%を切るって近代麻○に書いてあった。レアケースは捨てる思考回路も必要。

相手様のギミック:Aスイール、Bメイ、C二重人格、Dプイル&アロウン、Eアルエル。

Eの能力を模写したBに、CでAを被せる。その後B(A)に破壊神。Dの効果で相手に1点ダメージ、更にB(A)のダウン処理をEに代行させることによって、ダウン処理が延々と続き、Dの効果で相手Lをダウンさせることができる・・・んだそーな。

二重人格の効果が、前キャラの要素を引き継いでいるかが最大のグレーゾーン。特殊能力・能力値は雄に及ばず、キャラ名・キャラタイプまで言及していくと、特殊能力は消されるのにキャラタイプが残るのはおかしいとかロジックエラーが生じると思われるのだが、決して自身では判断しないDの性格。

3回戦 Lナさん

この時点で全勝が3人。54の接待ガディムと白ささら鬼矢倉。

54との潰し合いは避けたいが、鬼矢倉相手に優位に進める自身もない。注目のマッチングは、Lナさんとの理奈。所謂階段。

ダイス負けて先攻。Lオープン:英二。なワケないだろ。

降霊術やすももドローが炸裂し、手札13枚中6枚がイベントカウンターという非常事態に。ハプとパニックが手札調整としてヴィクティム。

試合? 緒方兄を2回焼いて、妹に魔の手が忍び寄って勝利。3勝。

「2回連続で初手が英二単だった」とは相手様の談。ご愁傷様。

決勝戦 Lニアさん

54は準決勝敗退。Dが決勝で得意のホビーをぶつけてやるぜ!

・・・将棋以外は墓穴を掘るけどな。

ダイス負けて後攻。Lオープン:白ささら。

相手様、2裏でタッグ化。Dもすもも・芹香嬢で凌ぐ。手札のスカウトを早くインファイトへ変換したいところ。

相手様が2枚目の鬼矢倉を出し、Dもメイを出したところで、相手様がフルタップ。今なら通ると思って撃ったスカウトが、時間稼ぎで致命的なタイムスロウ。

相手様の前衛は、4姉妹+エディフェル。トランスとエディフェルの効果で、白ささらも6点の火力を持つ。

封印×2、パニック(エディフェルの効果をガディムに変更)などで時間を稼ぎ、すももを3体食って迎えた勝負ターン、場にはハントのフィールドが貼られている。

3点乗っているガディムに、耕一&千鶴の8点攻撃が飛んでくる。淫靡でかわそうとするも、カウンターを喰らう。

それならと仕方なく身代わりちはや。これが通ってDは4キル。ただしガディムに小康状態が戻り、コストも安定し、スカウトでインファイトを引っ張ってきて、カウンターも豊富なところ。

次順、インファイトに張り替えてとりあえず一安心。途中、ハントに張り替えられそうになるも、ハプで迎撃。ハプコストは常に残しながらのプレイ。3枚目のハントを警戒し、全力で 長蛇 → スカウト でハプを回収するプレイング。

相手様の少考にも、泥誤で応戦。初音―楓の順で焼いて、最後は琴音・メイ・文月のトリプルアローで勝利。4勝。相変わらず外弁慶ぶりは健在。

Q1:なぜFC柳川を出さなかったのか?

Q2:なぜハントを先貼りしたのか?

Q3:なぜハントなのか?

Dが4キルなので、3枚目のハントや朝鮮嬢を待つプレイングは責められない。ガディムのvs鬼矢倉の経験上、FC柳川が強すぎるため、迂闊にすももをパクパクできない。白ささらの攻撃力が上がるとは言え、両積みしてもいーのではなかろーか。

初めてハプニングが強いと思った。総帥の福袋は、ハプニングしても長蛇で回収されるからそこまで効果的とは思わない。相手様が序盤の引きが悪くて困っているときの福袋に対してのハプニングは効果的なんだろーか。まだまだ見極めが足りないな。

優勝賞品として、レイとアスカのフィギュア、それにスリーヴとFCパックを数個もらう。基本的に賞品でもらったパックは未開封で保存。マータイさんの前で正座。

嵩張るので賞品は辞退する予定だったのだが、アスカの造形に魅かれた。カモフラージュのため、お菓子の紙袋を貰う。しかし、それでも上から丸見え。さらにタオルを掛けて難を逃れる。

「これで何とかなるか」「じゃあ、紙袋は差し上げない方向で(2828)」「勘弁仕る」

16:00まで54とフリプ。耕一・ヌギー・諸角・理奈で応戦。

16:30N古屋勢と散会。お疲れ様でした。その足で○須へ向かう。スリーヴを探すも、お目当てのものは売っていなかった。

サパァと洒落込むには、時間帯がまだ早すぎる。N古屋公式の開かれた会場でフリプ。

18:00、54の調べておいてくれたイタリアンに到着。予約ナシではリストランテには入れないが、軽食なら隣のトラットリアに持ち込んでよいとのこと。ピザセットを注文。非常にうまし。ユーロも使えるお店。海外旅行のユーロの処分にもいーんじゃないか?

54もハウスルール否定派。ハウスルールは排他的存在となって機能障害を起こす。54のよーに、カードがなくてデッキを用意できないとゆーのは少数派だろーか。

既存カードのテキストを変更するよりは、堂々と禁止カードにしてくれたほーが面倒は少ない。どのカードを禁止(もしくは制限)にするかは主催者の恣意的判断に委ねられるため、特定のデッキが有利になる可能性は否定できない。

「変更はアップしておいたので、参加者が各自で見ておいてくれ」では、鉄道や保険の約款と同じ。前に大きく掲示するか、大会前に条項を全て読み上げるかくらいの対応が必要。「聞いてない」「見とけよ」「覚えきれるか」ではお互いに不幸。

当日、使用しよーと思っていたデッキが使えないことを知っても、主催者が「今日はこのデッキを使ってください」と、例えば制限に掛からない諸角なんかを差し出してくれるのも一興。全員がこのシステムを悪用するのは知らん。

19:30移動、20:00N古屋到着。年内はこっちに帰ってくる予定がないとのこと。また来年。

指定席しかない列車で、Gを払う意思のある客が乗ってきたとき、車掌はどー対処するのだろーか。それ専用のシートが用意されているのだろーか。

それならシステムを悪用して、指定券のない客が100人くらい乗ってきたとき、車掌はどのよーに対処するのだろーか。以前はK鉄も、入り口のドアのところで指定席のチェックをしていたよーに思われるのだが、最近は客のモラルに委ねているんだろーかね。

そんなことを考えながら、22:00N張到着。22:40帰宅。来週のテストが怖い怖い怖い怖い怖い怖い。

8月16日(月)

健康診断のため、昼食抜き。昼からなので、朝食は摂ってもよかった。

恐らく○学生以来の検○に挑戦。キットと説明書が同封されていて、洋式の水の上にも浮かぶトレール紙のお陰で、別室で採取する必要はない。

「トレール」が専門用語なのか、はたまた「取れる」を文字っただけなのかボザー。

14:00受付開始。身長・体重・血圧・採血・レントゲン・心電図・眼底・聴力の順で推移。採血は相変わらず苦労された。だから献血に行く気が起こらない。

○タクのブラッドはピュアらしーぞ。ツケメンは行ってみれ。

15:00終了。思ったより早く終わった。近くのうどん屋で遅い昼食。

今日も懲りずにRウンドフォー。

T下一S棋会。何百連勝としている輩は、プロ棋士か奨励会員のどちらかにマストビー。相撲と将棋はプロが絶対勝つ競技。

1戦目:相矢倉から、相手が7筋の歩を交換してきたので、6筋の歩を突き越して対抗。直後に相手が桂を跳ねた手が疑問で、程なく桂得を果たす。後は相手の無茶攻めを往なして勝利。

2戦目:肩書き付きの強そうな相手。アマチュアの最強戦法は右四間と言われる。プロ間では全く通用しないのだが、アマチュアには変化を覚えきれないのと、激しい闘いになるため指し慣れている方が有利とゆーのが定説。

「右四間模様には四間飛車で対抗しよう」と本に書いてあったので、その通りの展開を目指す。相手の速攻は受け止めたが、こちらからも攻めることもできない展開。

お互い穴熊に固めたが、端を攻めた手を逆用されてノーチャンスで敗北。慣れない戦法は、よほどの実力差がないと指しこなせない。

お次はQMA。ドラゴン組で 10位 - 6位 の平凡成績。特筆すべき問題も出てこなかったな。予習でノンジャンルパネルのレベルが、星4つから5つへなかなか移行できない。6問中4問は鬼門。

テストまであと1週間。アルコールを断って頑張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユズハが足りなくなりました

8月8日(日)

対面「リーチ」

D「追っかけリーチ」

対面「げ!一発で赤五萬掴んだ!」

 D「ロン。リー即赤赤オモ裏。インパチの4枚

対面「トビで」

その次の半荘。

対面「リーチ」

 D「追っかけリーチ」 

対面「げ!一発で赤五萬掴んだ!」

 D「ロン。リー即タン赤赤赤。インパチの4枚」

対面「トビで」

その次の半荘。

D「リーチ」 

対面「追っかけリーチ」

 D「げ!一発で赤五萬掴んだ!」 

対面「通し」

 脇「そこは『当たり!』ってやり返すとこやろっ!」

(6)(7)4456一二三五六七八九 ドラ4索

対面のリーチを受けてこの形。5索をツモってきたところ。

現物は七萬だけ。オリても次の安牌に窮するなら、勝負するしかない。

A:4索 B:八・九萬 C:5・6索 D:6・7筒

テンパイチャンスだけを見るならA。ただし、四-七萬が先に埋まると単騎待ちになるリスク有り。

ちょっと日和るならB。七萬のツーチャンス。打っても赤に響かない(赤の絡んだ両面に振るのは悔しい)。ただし一通の受けが消える。

C・Dは同じように見えるが、Cだとドラ受けが、Dだと赤5筒の受けが消える。

Dの選択:目を瞑って7筒切り。通った。

次ツモがMax4索。6筒をぶった切ってリーチ。通った。

結果だけを見るならBでも同じだった訳だが、高め一通が残っているのは心強い。

とは言え、7筒を切った後のツモが赤5筒だった可能性もあるワケで、この辺が正着のない結果論クソゲーの難しいところ。

最終結果:対面が5筒ツモ。

黒D「七萬が現物なんだから、ダマでよかったんじゃない?」

天使「気合いよ気合い! 筒子強打でテンパイがバレてるわ」

悪魔「ギャラリーのギャルメンに格好いいとこ見せたかった」

ギャラリーと言えば、ダマ満あるとこをリーチに行って、3500・6500の3枚をツモったのがあった。

4789()(7)(8)(9)三四七八九 ドラ4索

4筒・6筒を切っているテンコシャンコ。4筒は上家にポン、6筒は下家にチーされている。

点数だけならドラ単の方が高いが、実入りは赤単の方が大きい。赤1枚で5000点相当なので、子の場合は 満貫 → ハネマン の4000点クラスアップよりも100G高い。

ただし、麻○はトップを目指すゲーム。 2着 → 1着 で30000点変わるので、点数狙いが王道なのは言うまでもない。

で、試しに4索を切ってダマに構えてみる。これを上家にポンされて、上家が4cm。平和になる待ちになっても、赤5筒は切れなくなった。じゃあリーチと行ってみよう。

で、めでたく5筒をツモって、裏も乗せてハネセンゴとなった次第。4筒が3枚、6筒が2枚見えているので、4筒・6筒が全見えしたら5筒は出てくるかもと左脳も少しは働いている。左脳が機能した場合、負けフラグが立つインプレッションが強いのはどーしてだろーか。

ドラ暗刻での和了が3回。タンドラ3とか發ドラ3とか。

○谷亭では、G少年があまりにもクイタンのみばかりでアガるので、クイタンルールが採用されなくなったという逸話がある。

ティアー・アイ先生も、早い・高い・良形のうち2つが揃ったらGo!と仰っている。1段目、愚形1鳴きで両面1000点のテンパイになるなら、Dは喜んで啼くね。

愚形の定義も微妙。役牌ポン、カンチャンチー、2度受けなんかもこの場合は愚形に分類される。高い手をツモられる前に安い手で流してしまおーぜ。

一発の神様、一発の神様と連呼していたら、Dの綽名が「ソクガミさま」になった。

D「リーチ、ダイソール」

メンバー「へいへい」

帰ってくると 

メ「Dさん、おめでとうございます。1000・2000の1枚をツモりました」

D「赤? 裏?」

メ「リー・即・ツモです」

ちなみに待ちはカン五萬。即・裏・赤に対応。

黒D「アガれただけでも僥倖」

天使「アガれるのがディスティニー」

悪魔「アガれなかったら間抜け」

111222(1)(2)(9)(9)(9)西西

チートイ・チャンタが本線かな、と思った配牌から1索・2索が重なって、6巡目にテンパイ。

リーチを掛ければ満貫(3ハン60符)の手。が、流石にこの手にフタはMOTTAINAI。

西・3筒は生牌、1・2筒は場1。1本場だから3筒はロンしておくか・・・西が出たら鳴いて単騎待ちか、それともぐっと我慢汁か・・・考えることの多い手牌は困る。

すぐに3筒が出て3900は5400のアガリ。アガった手牌が一番偉い。

一一三123(1)(2)(7)(7)(9)中中 ドラ7筒

下家の赤2枚の仕掛けが目立つ全体図。対面から7筒を叩いて打9筒。程なく3筒をツモってこの形。

一一三123(1)(2)(3)中中 ポン(7)(7)(7)

A:一萬 B:三萬

下家の仕掛けは、明らかにクイタン。役牌バックも考えにくい。一萬も中も、下家の河に1枚ずつ。Dの仕掛けもクイタンに見えるので、一萬・中は出やすいはず。

確定3色に受けるなら一萬切り。二萬は生牌。押さえられると出ない牌。

で、三萬を切ったら、直後に下家が中を掴んで決着。

ギャラリーの「おお~」という声でハッと気付く。一萬でチャンタだと思っていたら、一萬だと役がないではないか。ここは一萬切り1択だった。

もし下家が出したのが中ではなくて一萬だったら・・・ギャラリーに恥ずかしいところを見られて「D、おうちかえる~!」になっていただろう。肌障りな汗がダラリ。

10半荘を数えたので、キリのいいところで終了。10半荘のうち5半荘がトップで、2.6MGのプラス。最近2回の負けを取り戻したと考えれば、決して大きいプラスではない。

開局でリー即裏裏に放銃したときは、ちょっとヘコんだけどな。麻○に流れなどノットイグジクト。その半荘もトップを喰らい契ったが。

見るとはなしに、メンバーの麻○を覗く。

34一一二三六八九九(3)(5)(6)(7)

5筒をツモって来たところ。 A:一萬 B:3筒

5面子は確定している。あっさり七萬をツモって両面リーチといくのが理想。

となると、不要牌は一萬か3筒なのだが、3筒を残しておくと、2筒か4筒を引いたときに両面(3面張)への渡りが打てる。よって正解は一萬・・・なのだが、下家に仕掛けが入っている。

一萬の方が安全に思えるし、一盃口になればダマに構えられるメリットもある(一盃口も平和も同じ1ハンなら、どちらを優先するかは言わずもがな)ので、より危険な3筒を先に処理しておくべきか悩むところ。

結果だけ言えば、この後メンバーは2筒、5索、4筒とツモっており、鳴きが入らなければ、リーチで最低でも700・1300の和了。

現実は、対面のリーチに1筒(7筒が通っていた)を勝負して放銃。派手なアガリより、こういった1牌の後先を見られる雀力があることに感謝。

2334578(5)(6)二三四八八

特殊な状況でない限り、こっから3索を打つよーなヤツには負けたくないな。

二三四五六七八(3)(4)(5)23345

こっからギャルメンが八萬を打って、メロンソーダを吹きそうになったこともある。ダマで4索ツモって700・1300のアガリ。ワンガリ・マータイさんの前で正座。

お、お、お・・・。

5本まで積んだメンバーの親。中張牌ばかりの開山で、あわや天和かと思われる配牌。

メ「リーチ」 三-六萬待ちのWリー平和赤のマン確リーチ。一発ツモは二萬。惜しい、隣だ。しかし、和了は遠くないな。

メンバーにコメントを求められて「あわや天和かと思ったよ」と応えておいたが、アガリ形が分かりやすい → 七対子ではないだろう と推理されても困ったので、無言を貫くのが正解。

5巡目、ドラの8索を暗刻にした北家が追っかけリーチ。メンバーの次ツモは、吸い込まれるかのよーにペン3索に放銃・・・。

12000(は13500、点5)確定が、逆に12000を放銃。麻○に流れなど存在しない。

赤もドラも役も見えない手牌から、対面の赤5索をポンして、後々付けで残しておいた東・白のうち白の方が重なって、ポンしてテンパイまでこぎつけた強引な局もあった(D)。先手・高め・良形の高めには、赤1枚だけの手牌も含まれるとゆーのがDの流儀。

8月9日(月)

9:00からN市街へ出張。起きたら8:00だったので、朝飯抜きで遁走すると、開始が9:30だったオチ。

炎天下でのフィールドワークをこなし、終了後に回転寿司。食い終えると何日ぶりかの雨。駐車場まで歩いて3分。何もこんなときに狙い撃ちしてくれなくても。

市役所へ寄った後、コンビニへ。

レジを済ますと、誰かに声を掛けられる。1セカンド、誰か分からなかった。認識すると、そこには親父の姿が。

「朝からK都へゴルフに行ってきてな。GSでもらった茶のタダ券を使おうと思って」

同じコンビ二に、同じ時間帯に立ち寄る確率が如何ほどのものか。とても近所とは言い難いコンビ二に。

だからどーってこともないんですけどねー。

8月10日(火)

9:00からN市街へ出張。なまじ市町村合併なんかしたもんだから、出張地が遠くて困る。

コースターを作ったり、楽器を作ったり、算数の授業報告を聞いたり、そんな1日。

2人の恋はRウンドツー。折角N市街まで来たんだ、アフター5はきっちり昇華するぜ。

久しぶりにT下一S棋会を触る。

前記した通り、現在Dは極位。10連勝で天位に昇格。

初戦:イビアナvs三間飛車。Dが優勢に進めるも、終盤に一瞬だけW龍取りの変化が出てきて焦る。時間がないって大変だよね。最後は詰ませて勝ち。

2戦目:イビアナvs四間飛車。相手のポカで金得を果たすも、Dにも疑問手が出て形勢は接近。しかしこう指されたらイヤという手を相手が逃したので、結局大差で勝ち。

3戦目:相矢倉。突き違いからDが歩得を果たす。最後は尻金で勝ち。お尻から責められるのってどんな感じ?

4戦目:相矢倉。2戦目と同じよーな進行。途中、Dにミスが出て明らかな敗勢に至る。千日手含みで粘るも、こー指されたら投了って手を相手様がずっと見逃してくれて勝負形に。相手様が飛車で王手銀取りを掛けたが、その銀には角で紐が付いているのだよ。相手様が銀を取ってくれたときは、こんなヤツに苦戦していたのかって呆れたよ。入玉模様になるも、最後は相手様が投了してくれた。千日手は指し直しにならないことを学習した。

5戦目:イビアナvs四間飛車。銀が5四に出てくれるのは有難い。松尾流に組み上げて、細かい攻めをつないで、大駒を成り込んだところまでは勝ちパターン。が、相手様の角筋を通す手を軽視していて、徐々に形勢を詰められる。終盤に馬で角を素抜いて勝ち!と思ったら、相手様が生意気な王手ラッシュ。こんなの詰みっこねぇと思ってたら、急に画面が引き分けの文字に。どーやら、手数が200手を超えると、自動的に引き分けとなるらしい。今までの4連勝もパー。悔しいナリー!

ついでにQMA。フェニックスで 8位 - 6位。 フェニックスだと20マジカしか貰えないのな。ツン子ポップまであと何マジカ?

各デッキにメタカードを1枚挿すとすれば、それはいったい何なんだろーか。

総帥:ユズハ ガディム:パニック エタ:シェラ(って関東の偉い人が言ってた) ヌギー:インファイト ルミラや耕一などリーダー殴り系:マホサ 岸田:一文無し

スカウトを4積みして、それぞれの対策カードを1積みしたデッキが最強だと主張する輩がいたら、残念ながら後方で笑い声が聞こえないかどーか耳鼻科へ行って確認したほーがいい。

当然、相手も対策カード対策をしているワケで、こちらも対策カード対策カード対策が必要になってくるワケで、とてもデッキが60枚では足りないな。

持ち時間が2時間あるなら、デッキアウトに照準を合わせて勝ち手段0のデッキを組んでもルール上問題はないと思われるのだが、45分で決着を付けたい一般人は、どこまでメタを張ってよい(対策カードを投入してよい)のか悩む。

身内でフリーをするときは「こっちガディムを使うから、そっちもパニック1枚挿して」とか頼めるのだが。

5ターン以内で勝負を決めるデッキにメタは必要ない、が持論であるが、最近はDのどのデッキにもユズハが入っている弱気。

8月11日(水)

2人の恋はRウンドスリー。

T下一S棋会。連勝はするものの、3か4で止まってしまう。

8連勝中の極位を撃破していー気になっていたところで、続けて9連勝中の極位と対戦。燃えるぜ。

相矢倉から駒得を果たすも、自陣の修復をたった1手怠ったばかりに、一気に敗勢に陥る。為す総べなく投了。ギザクヤシス。

勝率は75%前後で安定。3勝1敗ペース。10連勝なんて気が遠くなる。

QMA。フェニックスでスタート。準決勝敗退が続いた後、入賞2回で昇格のチャンス。ところが、その後続けて予選落ちで今度は降格のピンチ。

それを気合いで脱して、再び入賞2回で昇格のチャンス。ところが、その後続けて予選落ちでまたまた降格のピンチ。

直後の回が9位で、平均順位が10位を下回り、あろーことかミノに叩き落される。

ミノなんて3回で復帰してやんよ、と強気に出ていたら、9位 → 11位でまたまた降格のピンチ。

これも気合いで脱して、9位 - 3位 - 2位 でフェニックスへと復帰。初回を10位で纏めて終了。

13日に54とのフュージョンが控えている。経験ではDに1日の長がある(=見たことのある問題が多い)。

ただ、2人とも苦手ジャンル(アニゲー・芸能)が被る。54の理系問題に期待。友人Sならアニゲーを補完してくれるので助かることこの上ない。

54がいれば、並べ替え問題の「バナザード」は答えられただろう。野球は54に任せて、Dはサッカーに専念。

ライスタ「ホビー」をMAXまでレベルアップ。将棋問題が待ち遠しくて仕方ない。

本戦でも「初代女流名人」や「初の竜王3連覇」などの連想問題が出てきて、ファーストヒントで即答できる瞬間が堪えられない。もうそんなにヒントを出さなくていーじゃん、「女流初の奨励会員」とか、「ガジガジ流」「四間飛車の作戦システムに名を残す」とか、ヒントあげすぎだろ、と悶えてみたり。

惜しむらくは、セレクト問題なので山勘でも答えられてしまうこと。こーゆー問題はパネル形式で出題すべきだね。

プリキュア問題は答えられない。「ウルド・スクルド・ベルダンディー、森里螢一宅に来た順に並べろ」で正答者が少数だったのには世代を感じたね。

単独正解できたのは「デビルウィング・デビルアロー・デビルイヤー・デビルビーム、OP曲で登場する順に並べろ」。「デビルアローは超音波・・・」と歌いながら解答。これまた世代を感じさせる。

結局、オレだけが知ってるとゆー快感に浸れるのがこのゲーム最大の特徴。逆に単独誤答の時の腹立たしさといったらないな。こちらは十指に余るくらい経験している。

折角決勝で将棋が出てきても「角行の裏に書いてある文字は」とか「歩兵の読み仮名を答えよ」とか「負けを認めるときに発する言葉は」とかフニャティンな問題だと萎えて萎えて萎びてくる。Dが求めるのは、Dだけが確実に答えられる問題なのだ。

ここ4ヶ月、散髪に行っていない。近年のDの新記録。

8月12日(木)

大雨。屋外バトルはゴミ箱送りになります。

最近の天候は両極端。サバナ気候?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2010年8月 8日 (日)

野球饅

すまん、「すももドローが先」と書きたかったのに、何故か原稿では「ヨツクロサーチが先」となってた。メスト並みのGo!Shock!関係諸氏に多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

>チーム・バティストゥータ

母が赤将軍を見ていたので、付き合いで見ていた。見る気はなかったが、ついつい曳き込まれた感じ。54は長編小説を読むのが得意なよーだが、Dはエッセイ系の5分程度で完結するショート・ショートが好きなんだと最近分かってきた。

>RC那須

ラジオ・コントロール以外に思いつかん。ヌギーの別名と違って、これは素で分からん。調べる気にもならん。

>ガディムで簡単なお仕事する練習

現在のDの引き篭もりガディムがこれ。

芹香嬢・ちはや・すもも・術・収入・応援・噂・ガセ・スカウト×4

琴音・コネ・封印・待ちあわせ・嫌がらせ×2

黒きよみ・FC瑞穂・ユズファー・文月・メイ・ドリグラ・クリアー・インファイト・長蛇・ハプ・パニ・淫靡・身代わり×1

将棋の考え方に「序盤・中盤・終盤」で「駒得・駒の働き・玉の堅さ・手番」を見極めるとゆーものがある。谷川浩司大先生の教え。

終盤で腐るコネ・待ちあわせを減量し、中・終盤で汎用性のある嫌がらせを採用。Lの気力が減るのは難点だが、それ以上に除去すべき前衛の排除が優先されると判断。

ガセを減量してもみたのだが、ガディムには通してはいけないイベントが多すぎる。パニックとか朝鮮嬢とか封印とか。イベントさえ封殺すれば場況勝ちが見込まれるので、カウンターの減量は考えない。

コネ・待ち合わせを減量した分、序盤の展開に難を抱える。最悪の場合、ちはやや瑞穂、黒きよみなんかを生贄に捧げて、3キルまでは我慢して芹香嬢が君臨するのを待つ。

やきば78回・82回・95回のデッキと見比べると、やや瞑想迷走しているよーにも感じられる。勝ったデッキが完成形。

>お前のやりたいことやらせてやるからこっちの邪魔もすんなよ

のレスにも被るのだが、関西環境では、2.0時代からガセ以外にも時間稼ぎ・ゴチの投入率が高かった。

「ワレ、なに勝手なこと晒しとんじゃ。スジ通してもらわんとあきまへんなぁ」くらいな感じかね。

引き篭もりガディムに終盤の感覚はない。囲碁の中押し勝ちのイメージに近い。

将棋からLFに入った身としては、耕一やルミラにおける詰めLFのスリルが堪らない。きちんと読みを据えて、相手の手札を読みきり、起草通りに事が運んでいく様は堪えられない。

このとき、重要な役割を担うカードが時間稼ぎ。1枚で相手の手札1枚を封殺できるのだから計算がとても楽になる。

今では噂話にすっかり役目を取って代わられて、エタなどで僅かに残存させるのみ。隔世の感がある。

>文月

やきばで同じ事を話した記憶がある。何かのファンディスクで出てくるんだったか。ワード変換でどっちでも出てくるので、あまり深くは追求しないが、Dは「ふづき」と呼称している。

>クローゼは俺の嫁

そーですか、そんなにドイツ代表が好きですか。

>あと2ヶ月ちょっとで琴音さんも30

東鳩のメインヒロインズと同世代のD&54。同窓会があったら是が非でも参加する。

54は学年が1つ下の方がよかったか? Dは学年が1つ上の方がよかった。

>もう少しマシなのを考え中

 もう少しで製作に取り掛かるところだったぜ。

>諸角vsガディム

期せずして、彼と同じ思考回路に至っていた様子。ガディムの方が勝率がよくなった仮想戦は意外。

ガディムに1点ないしは2点が乗り続ける展開とゆーのは、何も策を講じなければ6ターンでガディムが倒されるとゆー消耗戦。

ネトゲと徹マンの併用、1stアタッカーと2ndアタッカーの殴る順序、付けスラ応援朝鮮嬢などのイベント群を考えると、フェンスが完成した状況なら諸角に利があると思われる。

穴熊に囲う前に攻め倒されるのも、イビアナの負けパターンの1つ。フェンスを引けないなら使うな。

>まあ卑猥

仏語でソワサン・ヌフと言う。今もLFの初期手札を数えるときは仏語。1~11と69、あとは25くらいしか覚えとらんがね。

>プラチナリング

お恥ずかしい限り。既にハートが折れていたと言い訳。

>三回戦 543さん

「543」が既に敬称込みなので、「54さん」が正しいはずなのだが、本人が「我輩が543だだだっ!」と主張してきたときはその限りでない。

7月31日(土)

本屋で「Cheers!」8巻を発見。見たことがあるよーなないよーな。家に帰って調べると、やはり購入済み。

購読中のマンガは、何巻まで所持しているか携帯メモにでも入力しておかんといかんな。

3巡目までに三元牌が全て対子になったのが20半荘で3局。うち1回は中を鳴けただけに留まる。

1つは、發を叩いた後、下家のリーチを受けてこんな形。

中中中白白(3)(4)二七 ポン發發發

萬子の残り方が歪なのは、下家のリーチを受けた結果。白を叩いて打七萬。赤5索を重ねて2-5筒待ちが理想。

筒子が安く、何でも通りそう。2-5筒もリーチの現物。とっとと上家が2-5筒を出してくれないかなー、そしたら鳴いて5索単騎に受けるのになー、とか思っていたら、Dのツモが二萬。何だ、赤5索が出ていってしまうじゃないか。

目を瞑って赤5索勝負。「ロン」。やっぱり駄目だった。8000の2枚を放銃。

上家は2-5筒の発射カウントダウンに入っていたらしい。入り目が5索だったらなぁ。たらればタラレバ。

最悪の展開は、大三元テンパイからビビってオリた牌で放銃。赤5索発射はノー・ジンジャー。

リーチ者が、Dが白を叩いた後で中を持ってきて、相当ビビっていたが、その時既に中はDの手の中で暗刻。有り得ない大明カンをしていたら、状況は変わっていたのだろーか。

もうこんなチャンスはないだろうと思っていたら、またまた配牌で發・中対子に白1枚。2巡目で白を重ねて準備万端。

中を叩き、白も鳴けて手牌はこんな形。

發發()(6)二三三 ポン白白白 ポン中中中

赤5筒に釣られて、五萬・六萬を切り飛ばして混一色への迷いを切り捨てている。一・四萬を先に引けば小三元にシフト。それから發を引いても単騎に受けられるしな。

で、持ってきたのは中。今回は誰にもリーチが掛かっていない。出会いは多い方がいーよねとゆーことで加カン。リンシャンから掘り出してきたのは4筒。

こーなれば、誰が両面に受けるとゆーんだい? オーラストップ目でも役満チャンスを見逃すのかい? 当然の打二萬。2巡後、盲牌で喜び震え、視認の後、静かに牌を卓に叩きつける。發ツモ。1本場で8500-16500の5枚。

なななんと、実戦では3年半ぶりの役満。ツモ和了なので祝儀も大きい。ちなみにDの最高は8枚オール。

なのに、最終収支が-1.1MG。成績表を見返してもそんなに負けた感覚はないんだがなぁ。「ツモ。2枚オール」とか祝儀をツモられたのがやたら多かった気がする。20半荘もやれば、ゲーム代だけで1MGを超える。となると、-1MGは順当な数字か。

役満和了後の下家との会話。

「リンシャンで掘り出してきたのが4筒なんですよー」

「強運ですねー、7筒はこっちにカンツですよ」

東東(3)(4)二三三四四五567 ドラ8筒

親リーにもメゲず、上図でリーチ。一発で5筒ロン。東場なので平和は付かず、裏1で満貫の4枚。

やっちゃいけないと分かってはいたものの、Dの1発ツモをめくると、そこには2筒ががががが。

更に、Dの河には無情にもツモ切った8筒が2枚。

(3)(4)(8)(8)二三三四四五567 ドラ8筒

この形で1発ツモなら、三倍満まで1本足らずのバイフォーだった。チップ8枚損したなーとか思うのは業突く張り。

5ハンの満貫とか、7ハンの跳満とか、10ハンの倍満とか、余ったハンを貯蓄しとけないかなーと思ったことのないヤツ、手を挙げろ。

中を叩いてカン五萬待ちの4cm。2件リーチが入っていて、持ってきたのは4枚目の中。

ドラも赤もないDの手、願ってもない共通安牌。一瞬だけ加カンを考えるも、左脳が全力で拒否。

結局横移動でその局は決着するも、好奇心がリンシャン牌を見せろと要求して止まない。

誘惑に負けたDの右手がリンシャン牌に掛かる。当然、そこに眠っていたのは黒五萬。でないと記事にならんからな。

眠っているのは希望か、それともレ・ミレーヌか。アクションを興した者のみに知る権利が与えられる。

八朔(日)

とうまいり。とおまいり。どっちかは知らん。

親族が集まって墓参りをする日。盆とどー違うのか分からん。

子どもの頃の記憶と摺り合わせてみても、参加者が相当減った。原因は言わずもがな。100年後には、今の人類の大半は存在しないんだぜ?

ビールのCMに物申す。

ビールには若い男性が、酎ハイには若い女性が多くCMに起用されているよーに思われる。

DがビールのCMに求めるものは、自己投影ではなく熱いリビドーを満たす征服欲求。

仏語には男性名詞と女性名詞がある。国と船は女性名詞。男性が操縦するからだそーな。

CMだけなら、酎ハイが呑みたくなる。居酒屋のポスターのよーに、水着姿の女性のCMはなぜ作成されないのか。黄色いビキニのボインちゃんが、胸元にジョッキを抱えて「はい、どーぞ!」それを手に取る男性、横に4名くらいの黄色いビキニのボインちゃんと一緒にゴクゴク、プハー。最後に女性群が「一緒にゴクゴク、プハーしよ?」そんなCMがなぜ、ビールでは作られない?

「MATCH」のCMでも、Aッキーナ編とN尾彬編があったよーに思うが、後者のCMで購買意欲が沸き起こるか?人類の半分はメスだからか?

購買層と起用タレントに捩れが起こっていると断言できるのである。クオド・エラト・デモンストランダム。

家庭用ビールを買うのが主婦層であるとゆーことも、今気が付いた。でも、それだと酎ハイのCMの理由が付かないな。

男性にはこうビールを呑んでほしい、私はこのよーに酎ハイを呑みたいと使い分けされてるのだろーか。

8月2日(火)

歯磨き粉を知らない者に、食べ物と偽ってその反応を見てみたい。見てみたい。見てみたい。

「女神さまっ」を最初から読み直していて、初期ネタに共感しているだけのお話。

現代のハポンで公然と人を○せる職業は限られている。

死刑の時期を決定する大臣。死刑を言い渡す判事。死刑執行官。堕胎する医師。緊急避難の警察官。有事の際の自衛官・・・はまだ認められていないか。

「私は堂々とスナッフをやり遂げるため○○を希望しました!」は動機として正しいのか。公言する者は採用されないだろーが、心の中ではどーだろーね。

8月3日(水)

全校登校日。昨日まで水泳教室やら自由水泳やらでほぼ全校児童が来ていたので、本日こそが終業式という考え方もある。

プール・平和授業のお決まりコース。第1部完。

昼から職員研修。今回のお題は外国語研修。来年度から5・6年で本格実施のため、今年度中に来年度の動きを見定めておかないといけない。

で、Dの肩書きは外国語担当。

1ヶ月前から準備して、機材も運び込んで、1hのプレゼンを何とか為し終える。第2部完。

節目の日には、呑み会を行うのが通例らしい。K鉄百貨店屋上のビアガーデンにて打ち上げ。

18:30集合で、Y木駅に着いたのが17:00。これは打つしかないでしょうと雀荘へ特攻。4-3で1.1MGの損失。

ビアガーデンは初体験。呑み放題だが腹に溜まるものがない。2次会もカラオケまでこなして、22:30散会。第3部完。

父に迎えに来てもらって帰宅。ジョッキ6杯程度で悪酔い。どうしても寝付けず、闇夜にリバース。寝○ロにならなかったのは幸い。

食べていないので、出てくるのは胃液だけ。○ルマック・ウコン錠剤・○コンの力と3種類の対策を施したのにな。

近代麻○購入。御無礼はまだまだ続くか?

8月4日(水)

N市街へ出張。9:45開始なのだが、昨日の影響でどーにも体が動かない。講演会のため、仕方なく遅刻して参戦。

午前の部が終了。近代将棋と羽生のムック、そしてバクマン9巻を購入。

広瀬の自戦記は読みやすかった。振りアナ王子の異名を持つ現役早大生。濃厚な王位戦が楽しめそうだ。

午後の部を聞き終え、職場に寄って教室で飼っている熱帯魚を回収。父に軽トラで職場まで来てもらって、水を減らした水槽を荷台へセット。

玄関に置いてみたところ、暗すぎて魚影が確認できず。教育現場に注ぎ込まれている予算の素晴らしさ(=環境の良さ)を再実感。

8月5日(木)

本日からK都で音楽のスクーリング。9:00集合のため、6:00に出立。念のため、持ち物を確認。

「ソプラノリコーダーが必要になります」

あればあるで準備することができる。なければないで開き直ることができる。しかしDの場合、中途半端にもそれは職場に置いてある。

リコーダーは教室にある。そこへ向かおうとすると、通計5つの鍵を開ける必要があり、警備会社へ連絡することも付随してくる。

結論:しゃーねーだろ。

駅へ行く前に職場へGo。15分程度のロス。

K鉄 - 地下鉄 - 市バスを乗り継いで大学到着は9:00ギリギリ。 教育法 - ピアノ - 理論 の講義が終わったのが18:00。バスで宿泊を予定しているホテルへ向かう。

学生案内所で、バスでの行き方を確認してある。バス停を間違えずに選択できるかは50%(こちら側か道路を挟んだ向こう側か)。

近いほうのバス停に行ったら、幸いなことに正解。ただし、路線図が日に当たって色褪せていたため、目的のバス停へと続く路線と紛らわしい路線が複数あり、何番のバスに乗ればいーのかが分からない。

えーいままよ、と腹を括って結論に達したバスに乗車。これが正解。15分程度で目的のバス停へ到着。

「ホテルはバス停の目の前にあります」と案内を受けていたのに、目の前には予備校があるだけ。問い合わせてみると、バス停の名前を間違えて覚えていたらしく、2停留所分歩く羽目に。

ホテル到着。夕食は付かないので、ホテル内のレストランを利用するか、外へ食べに出るか、コンビニを利用するかの3択。

道すがら、焼き鳥屋を発見していたので、そちらへ向かうことに。これがハズレ。高いわ不味いわで燦燦たる結果。TVを付けたまま不貞寝。

Mキティから電話。13日の合流で不具合が生じたとのこと。まー何とかしておくんなまし。

8月6日(金)

この大学に来るのも、もう何回目だろーか。下手すると、必修以外のDの現役時代の聴講数を既に突破しているかもしれない。

本日はホテル内のレストランを利用。これが大当たり。ヒレステーキが目当てだったのだが、伊勢海老の何とかが最高だった。皿をべろんべろんしたい衝動に駆られるも自重。

ホテル内でPCを発見。試してみるとネットもOK。USBを持参していたので、ブログを更新する気50%だったのだが、残り50%の睡魔に負けた。

8月7日(土)

最終日に試験は付き物。ピアノ実習以外は持ち込み可なので、実質はピアノの試験と同義。

2箇所間違えたが、不合格にはならない程度の出来。肩の荷がダウン。

K都を17:30に出て、自宅着が20:00。通えないことはない時間だが、毎日5:30起きもキツい。

母が40MGの衝動買い。全身マッサージベッド。

自分で稼いだGだから、その使い方に文句は言わない。Dの使い道にも文句を言わないことと、マッサージベッドが部屋の肥やしにならないことを願うのみ。

>ふぇぇ、大きすぎて入らないよぅ・・・

そーか、冷蔵庫は女性名詞だったのか。

擬メス化できる才能に脱帽。Dが変換すると、どーしても男性目線で「ふふふ・・・今からお前の中にたっぷりとミルクをブチ込んでやる・・・」とかになってしまう。「く・・・キツい・・・締まる・・・」とかベルト相手に言ってみたり。

>対外の相手には5分以上の勝算

言っ、てみてー!(I泉風に)

言うだけならフリーダム。5分を5%と捉えるなら自虐。

RCが「ライジング・コスト」のことだってやっと気付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »