« 非売品と卑猥品は似ている | トップページ | 諸事情と処次女は似ている »

2010年7月10日 (土)

新カロリと真価ロリは似ている

過ロリ計算、とか言ったり言わなかったり。

「私、過ロリが気になって気になって仕方ないの。もう、過ロリなんて※んじゃえって感じ!」とゆー言葉にビクンビクンできるMっ気。

「過ロリなんて、全然気にする必要ないんだよ。さあ、堂々と過ロリを摂取しよーじゃないか」と素面で説教できるSっ気。

囲炉裏。セロリ。ピロリ(菌)。擬態語も交えてよいならば、けろり。ころり。そろり。ちろり。とろり。ほろり。よろり。ぎろり。ごろり。じろり。ぞろり。どろり。べろり。ぺろり。ぽろり。

日本語は「ろり」でいっぱいである。

>総帥とガディムはワシが弄った。

こーゆー言葉を臆面もなく発することができるのが彼の特徴である。 久方の 毒や染み入る 蝉の声。

LFの実力を力・早・賢・根・感のよーに5つのダイヤグラムに表すなら、デッキ構築・プレイング・運・メタ(環境)・謙虚(盤外戦)といったところか。後ろ2つは強引に付けた感がしないでもない。

どんなにアイテム総帥デッキの構築・プレイングに長けていても、周囲が総帥メタのデッキ環境だと勝てない。周囲を束ねる力がないと、実力を付けるための実戦を積む徒党に入れてもらえない。

オカルトシステムNo.1「対戦相手にリスペクト!」のよーに、対戦相手に好かれることは、長い目のLF人生で見て得をする。もちろん、その場限りの相手ではその限りではない。

数年前の掲示板が全盛期だった頃、そこでよろしくない名前が挙がってしまった某氏たちは、参加する大会で全ての相手に「こいつにだけは負けたくない!」の気持ちで挑まれることとなった。

当然、風評被害も生じる。顔も性格も知らないが、大会で当たったときに「あー、こいつがあいつか。じゃー負けられないな」と思わでか。

中には、そんな環境を心地よく感じるアンチ・ヒールもいたかもしれないが、真性の輩は皆無だったと信じている。

彼が真性であるかどーかは知る由もない。徒党を組むだけのカリスマは備えている。傀のよーに、接した者を片っ端から食い尽くすほど、10割近い勝率を誇るわけでもない。

アジテーターとなって、LF熱を呼び起こすだけの働きはこなしている。側近(他に妥当な言葉も思いつかないボキャプアー)はメタデッキで挑んでいる。良くなくも悪くも、関西の住人は、打倒彼の気概は持っている。

付けメンの重鎮が、メタ彼のデッキで大会に出て、実際に彼と当たって彼に勝利し、ネット上で舌戦を繰り広げたこともある。Dの感想:人間臭さが出ていていーじゃないか。

彼に勝つだけではなく、実際に大会で優勝したから何の文句もないと思っている。

「ゆりしーテンサウザンドイヤーズ!」の意味は分からない。

メタデッキで掛かってこいと公言しているが、メタデッキで臨まれると微かに不機嫌の色が窺える。

「総帥以外に勝てんのか」が常套句。

前後関係を考えると、ヌギーや諸角も完成デッキを弄ってくれると信じている。

R兄貴に「智子を使っていない兄貴は、いつもの怖さを感じない」と言ったことがある。

鬼に金棒、とゆー諺がある。彼が総帥を使っていないと、何となく今日は勝てるんじゃないかな、勝ち目があるかな、と思うことがある。

Dは、彼のことが好きです。「大好き」でも「どちらかといえば好き」でもなく。多分、54がDのことを思ってくれているくらいに。

匿名での批評をヘイトする彼だが、ある程度面識のある者の多少の戯言にはアイホエールも立てまい。

四半世紀を超える人生の中で、英検を受けようという気にはならなかった。資格とゆーものに猜疑心が生じていた。

教採でプラスになるとゆーことで、英検0級(時に100級)を自認していたDが、いきなり2級を目指すことになった。

センター193/200(自己採点)、塾で英語講師をしていたとゆーこともあって、英語に対してアレルギーがある訳でもない。ただ、この年になって験される側に回るとゆーのは、少々つらいものがある。

1次試験用の問題集を2冊購入。「20日間完成!」「全7回の模擬テスト付き」が売り文句だが、前者は3日目で挫折。後者も5回しかしていない。

リスニングは自動車の中で。しかもカンニングしながら。つまり、放送分が印字されている解答を見ながら聞くわけである。

明らかな調整不足を否めないまま、試験当日。

豪雨。ストレスを感じながら県内の某私学へと足を運ぶ。

試験は全部で75問。1部と2部に分かれている。

1部は75分で45問。2部は25分で30問。

1部は空欄補充20問、整序問題5問、長文読解が5文で20問。

2部はリスニング。選択肢のみ印字されている。放送は1回。繰り返しはナッシング。

全て1点。75点満点で、合格ラインは7割とされている。

13:00開始だが、12:40に到着。写真と身分証明を見比べられるので、替え玉のリスクは避けたほーがよいと思われる。

喉が渇いた。なかなか自販機が見つからない。やっと探し当てて再び会場に戻ったときは12:55。会場で勉強するとゆー計画が頓挫。

参考書による模擬試験での得点は、まさに合格ラインを行ったり来たり。「この問題はDによく馴染む!」のときはオラオラ。「右ですか?左ですか?それとも両方ですか?」のときもオラオラ。

13:00。すぐにテストが始まるのかと思いきや、開始は13:30だと言う。新問には着手せず、過去にDが間違えた問題を見直す勉強法を採る。

13:30。試験開始。取り組みやすしの印象だが、時間が足りないことに気付かされる。

14:35。1部の全てのマークシートを塗り終える。が、これで作業が終わったわけではない。

直ちにリスニング問題の選択肢の和訳に取り掛かる。30問で選択肢が4つ。つまり、120個のショートセンテンスを断片的な日本語に置換していく。

全ての選択肢に「行く」「捨てる」などのルビを振り終えた時点でタイムアップ。まさにギリギリ。

14:45。間髪入れず2部が始まる。休憩ナシ。脳が糖分を欲している。

15:10。途中で1分程度の休憩が挟まれたくらいで2部終了。お疲れさん。後は三々五々。散々午後。 Thousand go go.

で、1次の結果が届いた。合格。ありがたや。

加点率80%。与しやすしの問題が続いたことによるフォーチュンのファクターがビッグ。

で、1次が6月中旬にあったのに、合格通知が7月中旬の2次の5日前に郵送されるったぁ、どーゆー魂胆だ。

合格通知が来たら2次の勉強をしよーと思っていたのに、これで果たして間に合うのか。

試験は明日。

1人で流しそうめんができるようになった。

1人で流しそうめんを食しにいくわけではない。1人で最初から準備ができるようになった、とゆーことである。

Dの職場、総合的な学習の時間が手厚い。

生活科も総合的な学習の時間も職場体験も、児童としては全く経験していないD。社会人になってから、それらを経験することになるとは思わなかった(前者2つは仕事で、後者は受け容れる方で体験)。

ゆとり学習の象徴たる総合的な学習の時間。Dは決して槍玉に挙げられるものではないと信じている。

ある程度以上の授業プログラムであれば、どんなプログラムであれ、できるやつはできるし、○○ないやつは○○ないんだ。

できるやつのための実技科目として幅を広げる時間として捉えれば、遅効的に国益となるんじゃない?

1.竹切り。3m程度の竹を2本用意。実際は最高責任者が用意してくれた。同時期に行われた高学年の野外活動のクラフト細工の人員としてDも借り出される。2時間。

2.竹割き。鉈と金槌で竹を縦に裂く。節のところは鋸も使う。スロープと手摺を利用して、3mの高さから竹の円筒の直径上に置いた鉈の上に金槌を振り下ろす。3分の2まで裂くと、後は手で強引に2分割。2時間。

3.節取り。金槌と彫刻刀を使って節を取る。金槌で半筒形の竹を直径部分から叩くと割れる。半円の面だけを上手に叩くのには技術を要する。途中、金槌ではなく釘抜きを使うと効率化が図れた。2時間。

4.竹削り。切断面で児童が怪我をしないよう縁を面取り。鉈と小刀を使用。鑢も使おうと思ったが、そこまでするほどのことでもないなと妥協。2時間。

5.竹洗い。作業で生じた竹屑や、少々残っているささくれのようなものを丁寧に洗い流す。未使用のスポンジを使用。1時間。

6.組立て。合計4本の竹を、6個のビールケースを中心に組み立てる。低いところから1個、2個、3個。最上段はベンチと机2つを組み合わせる。2時間。

3・4時間目に実施。給食がパンだったので、ほとんどの児童がパンをお持ち帰り。

児童が喜んだ顔が見られてよかったものの、1~5の作業は、ホームセンターで樋を購入することで代用はできなかったのか?

総合的な学習の時間とは、教える側も答えが分からない課題を調べて解答を導く作業である。

あ、1~6の作業、ほとんどD1人でやってるかんな。

週1の更新なので、追伸が遅れるのは仕方がない。無論、矢島エタの話は知っている。主題は、矢島エタに全盛期があったかとゆーことだ。

急ブレーキはいいカードだと思うね。1積みで足りるエタ対策。問題は、その1枚すら導入を躊躇うデッキスペース。エタと当たってから後悔しても遅い。

バー4、バー5は、Q州で懲役刑を喰らっていた頃。そりゃあ、ガディムのほーが簡単さ。当時の記憶は、HDの恰好で○阪公式に乗り込んだことくらい。

で、非公式情報はどこなんだ?

東の国では、それなりに大会が開かれていて羨ましいなーと思っていたら、西の国でもそれなりに開かれていた。参加するには平日だったり遠方だったりちと都合が悪いが。

次の参加可能の大会は18日(日)か・・・。

54のページが完全に呟きに移行されて、見にくくなったと同時に面白さもリデュースされたと思うに1票。

>ヴェルディが解消

本当に洒落にならなくなった。I手とか、スポンサーの集まる自治体へととっとと引っ越したらよろし。

|

« 非売品と卑猥品は似ている | トップページ | 諸事情と処次女は似ている »

コメント

ち ん ぽ 貸 し た ら 10 万 く れ た
http://yahoosearch.me/ent/h1o64w2/

投稿: しぃちゃん | 2010年7月12日 (月) 10時31分

【動画】北乃きいホテル出てアレ濡れたままで路チュー!ファン騒然!!


http://sayakakie.blogspot.com/


女優で歌手の北乃きいが、イケメン俳優、佐野和真との“お泊まりデート&路チュー”を9日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に報じられた。清純派女優の衝撃写真に、ファンの悲鳴がネットにあふれている。

http://sayakakie.blogspot.com/

投稿: 【動画】北乃きいホテル出てアレ濡れたままで路チュー!ファン騒然!! | 2010年7月12日 (月) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/35701230

この記事へのトラックバック一覧です: 新カロリと真価ロリは似ている:

« 非売品と卑猥品は似ている | トップページ | 諸事情と処次女は似ている »