« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

あなたに Tod get away !

Tod get I ! の方が、発音的にはしっくりくるのだが。

7月24日(土)

54からCaution!を受けていたにも関わらず、またもやフォントカラーミスをやらかしたDの罪と罰。

ジャイキリ16巻と女神さまっ41巻購入。女神さまっとJoJo7部は、新刊を購入しても前巻を読み直してから読まないと、あらすじを覚えていないので話がつながらないとゆーのもどーかと思う。

10半荘でトップナッシングと、ドツボに嵌まった13荘目。既に万両を2回コール。万両をコールするのもすごい久しぶりな感がある。

一一三五六七 チー(3)(4)(5) ポン發發發

索を切ればテンパイなのはハンドレッドも承知だが、カン四萬をアガれたところでどーなるとゆーのか。500・1000の1枚は魅力だが、折角の赤赤だ。ゆとりで五萬切りを選択。三萬じゃないのは、裏目の四萬を引いたときにも一応フリテンの3面張に受けることができるから。

次ツモが4索。こんなに早くリザルトが出るとツキの転換を感じる。5索の周り(3~7索)を引いてくる確率は14%。麻○に流れなどない。どっちやねん。

程なく3索をツモ。1000・2000の2枚はデカい。河に・4・3と並べるのとはクラウドマッドの差。

2着と10000点、トップと12000点離れた3着で迎えたオーラス。

(3)(4)(5)(6)(7)3456一二三四 ドラ7筒

満ツモで2着。2-5-8筒か3-6索を引いての確定満ツモが理想。2索か五萬を引けば三色も見える。ドラ引き打一萬で、索子の多面帳にも対応。が、引いたのは一萬。

6索を打っておいて、2索か五萬を引くのを待ってリーチ。赤5索でもいい。2-5-8筒を先に引けば、二萬か5索を切って三色のフリテンリーチ。またはツモ切って好形シャンテンの持続でもいい。そんなことを考えたヤツは、とっとと競技麻○へフィールドを移せ。

一発か赤か裏で条件を満たすんだろ? しかも手牌は最も裏ドラが乗りやすいとされる平和形(厳密には、筒子の順子が234-678で、萬子の対子と順子が一一-三四五のよーに離れているほーが裏ドラは乗りやすい)。裏ドラの乗りやすさも考えて、6索を切って即リー。ここでリーチを打たないなら、今まで一萬を温存しておいた一貫性がない。

満ツモで上出来、とか思ってたら、本当に一発で2筒を引いて来やがんの。ここまで来たら、裏ドラが乗ってハネマン逆転とイキたいよね。で、裏ドラ表示牌が4索。願ったり叶ったりの逆転トップ。

次の半荘が7万点超えのトップ。その次も親マンツモスタートで危なげなくトップ。怒涛の3連勝。

で、手元に残ったのは400G。負けなかったからいーじゃん。ゲーム代の分だけ勝ってるなんて、慰めにもならん。

7月25日(日)

友人Sと○阪へ。デスマーチ中で、明日はAM5:00から仕事らしい。今日は泊まりらしく、Dが遊び相手として召集。

T急Hンズでお買い物。所見でエラい目にあったので、キャップ部分で擦れば字が消えるというボールペンを購入。

帰って注意書きをよく読むと「公証には使用できません」とある。通○票は公的文書ではないからOKか? S導要録はアウト? 大人しく砂消しを購入しとけばよかった。

QMA。全国大会開催中。S斎橋のRウンドWンでプレイ。

まずは普通のモードで喪を晴らすことにする。10位―15位なので、次の順位が悪いとフェニックス降格。アニゲーの達人Sがいるんだ、何とかなるだろう。

結果:15位。社会に歯が立たず。Dは普通の人になりました。

全国大会に挑戦。今回の全国大会は、16人ではなく6人で戦うチーム戦。

(恐らく)共通問題6問による予選をこなし、1-4-5位と2-3-6位のチームに振り分けられる。

各自の選択したジャンルが3問ずつ出題され、合計18問でのポイントを競う。チームの勝利の他に、個人賞も設定されているのでモチベーションが上がる。

ビギナーズラックとは存在するのか。いきなりDのチームが勝利。Ace、区間賞もほぼ獲得。何だ、今回の全国大会ってチョロいじゃん?

ビギナーズラックとは存在するのか。それ以降、全国大会で全く歯が立たない。チームも連戦連敗。ドラゴンヘッド・スネークテイル。

QMA開始時の、Dの所持マジカが350G。義務+制服が450G。1回のプレイで獲得できるのが25マジカ。

「通計5回ヤラせてくれ。最後のは制服を購入するためだ」「了承」

30分後、ネコミミ義務+シャロンの完成。次の目標は、200マジカ溜めてのツン子ポップ。

SがK都・N良検定に挑戦。N良問題は流石に高正答率だが、K都問題に難を抱え、2000点台のAランクを連発。名残惜しいが、次回再挑戦。

あ、デレポップはSのに付けさせておいたよ。ツン子が人気ワースト1? 目を閉じてプレイするんだ。

「2008年里見香奈」の情報で、女流名人位と倉敷藤花を絞り込めなかったのは、返す返すも残念。女流名人位は2009年奪取なんだから、迷わず倉敷藤花でよかったんだよっ!

数年ぶりにDDRに挑戦。Sは音ゲーマニアでもある。

踏んだらあかん矢印が搭載されていたり、懐かしい曲がリメイクされていたり、消費カロリーが掲示されたりと、またやってもいーかなと思える内容。4回のプレイを全て同じ曲でこなしている猛者もおり、でもそれはダイエットとして効果あるかもと思わせるものであったり、DにもFMホットチャートのよーに毎日聴いても飽きない曲があるからそんな曲が収録されていたらヤってしまうかもと夢想させられたり、そんなの。

「実際、DDRに搭載されてたから『レールガン』のCD買ってもーたしな」「商業ベースの罠に掛かったな」

○ムコの、海賊船みたいなシューティングも体験。トリガーを握りっぱなしにするだけでマシンガンが発動するから面白かった。

ガン系でクリアしたことがあるのはルパン3世のみ。本当は「アルセーヌ3世」が正しいらしい。ルイ・ヴィトン。アルセーヌ・ルパン。

N波まで歩いて、何とか座の隣の高級肉屋「Hり重」へ。ステーキセットを注文。 味? 8k出したら大概美味いよ。

1MGを超えるコース料理を出す店にもかかわらず、大衆食堂的なテーブルの造りに違和感。ボーイ(と呼ぶには聊かトウが立っている)がたくさんいて、一皿食べ終えるとタイムラグなしで次の料理が運ばれてくるのにはストレスを感じない良い食事だった。

ジュン・クドウで、ロケみつ本と将棋本を購入。どっちもN良では売ってなかったんよ。ホクホク。

更に日本橋へ出て、パセリでQMAの協力プレイ。初めのプレイでは協力プレイヤーが1人しか集まらず、そいつもB3Fで脱落し、1人で黙々と続ける寂しいプレイ。

B15Fで頓挫。明日があるからと渋るSを説得し、もう1度だけプレイ(Dはパセリを購入していないので、Sに頼るしかない)。今度は4人集まり、3回目にしてやっと4人でのプレイが可能になる。

「デビス・カップの語源になったデビスはどこの国の人?」という4人参加のパネル問題で、Dたちの答えるのは3番目の文字。全員が合わないと正解とならない。

「名前からして英語系。イギリスもアメリカも3文字目が『リ』だからいーんじゃね?」

で、4人で力を合わせて出した回答が「イギリカ」。答えは知らん。「モン・サン・ミシェルのある国は?」も「フペイス」になったり、歯痒さ炸裂。

この回もB16Fで頓挫。前回はB19Fで終了。いつかB20Fを制覇したいものよのぅ。

目の前で電車を追い出してやったせいで、帰宅が30分以上遅れる。電車の接続とゆー代償は痛い。T神祭の影響で、浴衣姿の牝鹿をやたらと見かけた日曜日。

54には「ミドルポップ」を付けさせてやるんだ。

7月26日(月)

久しぶりにプールに入ったら、足がつった。

7月27日(火)

○クエリアスの2リットルのペットボトルを持参。ちょーどえーくらいに1日で飲みきった。

7月28日(水)

N市街へ出張。

食欲がなかったので、近くのY牛で朝食を摂ろうとするも、時間が切迫していたので断念。

それでも開演15分前に到着。ロビーで朝刊を読んでいると「Y牛110G引き、本日10:00から」との広告が。

講演終了後、有難く値引き後のY牛を食しましたとさ。

7月29日(木)

天候不良のため、午後の自由水泳が中止に。

11:00の段階で中止を決定。(1)保護者にメールを飛ばす(2)分団で連絡網を回させる。

念のため(3)通学バスを止め、該当時刻に車で巡回する、とゆーのもマニュアルに記載されている。

Dもその要員に借り出される。バス停に児童が来てほしーよーな来てほしくないよーな。

結果:1名の時間の無駄遣いを防止することに成功。

7月30日(金)

朝に炭水化物を摂取しなかったため、昼間に食欲が暴発。ライス大・素うどん・唐揚げ・サーモン刺身・わかめ酢を頼んで〆て1.2k。

更に食後にカフェラテとアイスも食べる始末。最近体重計に乗ってないな。

>新○地開拓に余念がない

K戸の歓楽街かと思ったDは重症?健常?

>ユズファー

K戸公式の成功体験の印象が強すぎて、対策カードは対策デッキと当たらないと投入の意味がないと主張し続けている。

ガディムのよーにデッキスペースに余裕があり、サーチも充実していて、勝利まで最短でも5ターンを要するよーなデッキなら当然対策カードを投入するが、サーチもなく短ターンで相手Lの気力を削りきることを目的とする速攻デッキでは、ろうそくよりも光り輝く火薬のほーを選んでシマウマ。火種が消えても仕方ねーなーとゆー達観込みで。

ユズファーを入れておいても損のない対戦デッキは数多く存在するが、パニックは最近全然ヒットしない。関西でガディムの使い手が個人を特定できるくらいに限られているから。むしろメタの被対象。

パニック勝ちが1回、パニック負けが3回、パニックをカウンターできたのが1回くらいか。パニック勝ちも関西での大会ではないしな。

>ガディムアゲンストフェンス

ちはや・芹香でイナフエンデュア。朝鮮嬢だけカウンター。まー、当然パニックも警戒対象。封印もか。結構対象が広くなるな。

どーしても勝負を決めたければ、ちはや破壊神からユズファー。脳内ではアンダスタンできているのだけれど。

諸角側もフランク・変酋長で召還・破壊神を止めきれないはず。緊急時はちはやを食って琴音を出して間に合うか。

(1)千鶴・殺っちゃんvs芹香嬢・ちはや

Wアタックの2発目の実質攻撃力が9{賢さ4+恐怖2+ネトゲ2+(気力―1)1}。ガディムの実質防御力が7(根性2+破壊神2+気力回復3)。単純にガディムに毎ターン2点が乗る計算。

バトカネトゲの気力―1効果のせいで、殺っちゃんを酷使しても5アタックが限界。もちろんそれまでに待ちあわせ+お替わりは用意できるだろーがね。

ちはや受け → 破壊神 で時間を稼いで琴音を出してみても、ちーちゃんを狩るのに4ターン。そして当然の如くお替わりを出されてギャフン。

じゃあ最初からLを狙うか。超能力で12ターン。応援を駆使して8ターン。応援は守備力も増大するのでワンストーン・ツーバーヅ。後は諸角の神頼みとガディムのスカウトのどちらが早いかの競争。

じゃあやっぱり、フェンスを出される前に何とかしよーぜとゆーことで、芹香嬢の次にユズファーを持ってくるのが正しい戦術。となると、諸角もバーンキャラを1枚投入して、ユズファーを葬り去ってからフェンスとゆーのが正しいのか。

(2)フランク+変酋長vs芹香嬢・ちはや

召還を睨み続けて変酋長でアタック。変酋長の実質攻撃力が6{賢さ3+ネトゲ2+(気力―1)1}。ガディムの実質防御力が2。ガディムに毎ターン4点が乗り続ける計算。

バトカネトゲの気力―1効果のせいで、変酋長を過労死させても4アタックが限界。徹マンとの併用でまたまたカルキュレイトでブレインがオクトパスになる。

(3)殺っちゃん+変酋長vs芹香嬢・ちはや

1発でガディムに7点が乗る。2発目に朝鮮嬢を持っていれば即終了。

封印・噂・淫靡などのイベントをフル活用して即死は免れるだろーが、変酋長の跡地にちーころを出されてあっふぁぁ。

(4)千鶴・殺っちゃんvs芹香嬢・黒きよみ

Wアタックの1発目をゴースト受け→破壊神、2発目を手切りコストからジェラシーすれば、ガディムに乗る毎ターンのダメージは2。

破壊神とジェラシーの順序を逆にすれば、+1の回復になるのだが、手切りコストと相手にジェラシーしたキャラを出される猶予とどちらが痛いか。

手切りコストも延々と続くワケではないので、早々にフィールド→ユズファーのラインを形成する必要がある。

結論:守備に特化しても苦戦するのは確か。ちはや → ユズファーか フィールド → ユズファー で根本から禍根を絶たないと逆転は苦しい。

彼の諸角デッキにパニックが入っていない。パニックが入っているデッキは、パニック以外に勝利手段がないとゆーのと同義なのだろーか。

>会場で彼だけが困る → 会場で彼以外は困らない

「カイジ」のジャンケンカードを例に取ってみよう。

アイテム総帥がグー、ユズファーなし通常デッキがチョキだとする。ユズファーを入れることにより、ユズファーありデッキがパーに昇格。

パーはグーに対して勝率が上がる(本当のジャンケンでの勝率は100%だが、ここでは勝率が上がることを指すとする)が、チョキに対しては勝率が下がってしまう。

会場で、グーとチョキの比率はどーか。折角パーのカードを用意しても、グーと対戦することがなければ、却って勝率を下げかねないリスクを背負いきれない結果が表れたのだと思う。

ユズファーなしがユズファーありよりも強いかどーかの検証はあやふやだが、お互いにアイテム・フィールドを投入していないデッキ同士なら、少なくとも57分の59倍(ユズファーの代わりにユーティリティーのあるカードを投入できたと仮定)くらいの勝率のアップにつながるのではなかろーか。

計算機で「1」としか表示されない「57÷59」倍。ユズファーを投入しておくほーがいーんだろーか。

アイテム総帥が毎回決勝まで残ることが予想できても、彼以外に毎回決勝まで残れる安定した勝率を残せたプレイヤーが関西にはいなかった。結果、デッキ的に彼を無視するか、彼に特化したメタを張るかの2極化が進んだと推測される。

エアコンや携帯電話、パソコンなんかも、70%までは普及率のカーブは緩やかだが、それ以降は累乗的に100%に近づくとゆーデータがある。関西で全デッキにユズファーが投入されるまでに至らなかったのは、アイテムデッキを牽制し合う雰囲気を作りきれなかったからではなかろーか。

被害妄想かもしれないが、パニックの投入は加速度的に広まったと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

十三J元大会

 大きい○ッパイ。

「occupy」のことを、こーやって覚えていた。

「earn」「debt」なんかも覚えやすかったね。

英検2級合格。

かえろ。きえろ。こえろ。さえろ。すえろ。たえろ。なえろ。にえろ。はえろ。ひえろ。ふえろ。ほえろ。ピエロ。

あ行下一段活用命令形。日本語は「えろ」で溢れている。

一二三四五五六七七八九九 ロン八萬

満貫とザンクを振り込んで、開始早々ラス確かと思われた東3局、トップ目からのトッパン出アガリで息を吹き返す。

「トッパン」って「十ハン」が語源らしいが、場ゾロのバンバンが含まれているので、この場合は「トニパン」と表記すべきか。どーでもよろしい。

オーラス、2着目の親と300点差で迎えた2着。

なななんと、早々にDの少牌が発覚。

こーなると、頼りはトップ目の仕掛けに親が振り込むか、トップ目がゴットー以上のツモアガリであることだけ。

「ゴットー以上であってくださいよ」

「さあ、どーだかね」

数巡後。

「あ、ホンマにゴットーになってもーたわ」

トップ目の待ちは5-8索。ツモったのは赤5索。

クイタンのみの300-500が、タン赤の500-1000へと昇格。

チップで500Gは失ったものの、3→2着浮上で2kの浮き。チップを失ったにもかかわらず、トータルで1.5kの得をしている摩訶不思議。

)(7)(8)(9)(9) ドラ9筒

上図は部分図。

配牌シャンテンだったのが全然埋まらずに、別のカンチャンがやっと埋まってテンパイ。

さて、赤5筒を切るか、8筒を切るか、ドラの9筒を切るか。

場に5筒1枚、6筒0枚、9筒1枚。

平和形なので、5筒を切ればダマテンに取れる。

ただし、他の赤がないので、6筒出アガリだとザンクの0枚。

赤5筒切りなら、9筒はともかく、6筒は釣れるかもしれない。

8筒切りは最も強欲。赤ドラドラで満貫確定。

9筒が残り1枚なので、5筒切りと待ちの広さは大差ない。

チップがある分、赤残しの方がお得感がある。

リーチしないと出アガリできないのがデメリット。

8筒切ってのリーチに、ドラの9筒をぶった切るヤツはいまい。いたら、よほどの勇者か高い手を張っているかのどちらかだ。

捻って、9筒切りという手もある。

いやない。リーチでゴーニーなら、8筒切りを選ぶ。

待ちも4枚と3枚では違うからな。

ダマにして別の単騎待ち? カタツムリ競争してるの?

D? 8筒切りでリーチを敢行。

MチャオY木店の周辺には、碌な出前店がない。

ただし、たこ焼きが美味しい。たこ焼きは美味しい。

頼んでおいたたこ焼きを平らげるべく、代走を頼む。

ふと上家の手を見ると、そこには6筒の暗刻ががががが。

絶望感漂う中、億尾にも出さず厭世のオーラも出さず黙々とたこ焼きを食していると、代走を頼んでおいたメンバーの女の子が「ツモ!」の発声。

思わず「うそっ!」と叫んだね。

裏は乗らなかったものの、2000・4000の1枚は上出来。

舞台裏を伝えると「私、愚形ツモは得意なんすよ」

オカルトはインプレッション。よく頑張った。

下家のレベルがそんなに高くなかったのと、ツモ和了率が異様に高かったのとで、半荘20回打ってラス引かず、3着も4回だけ(きちんと記録をしてあるのだよ)。5,2MGの儲け。

1半荘あたりの儲けが3kの計算(場代含む)。毎回こんな麻○なら楽しくて楽しくて仕方がないのだが。

久しぶりにLFの大会に出かける。

開場9:30に9:00到着。手持ち無沙汰。

会場の傍に公園発見。

近代麻○を読みながら時間を潰すことに。

「なあなあ、これやってみぃ? めっちゃ楽しいで」

「いやぁ、ほんまや」

黄声に顔を上げると、そこには制服姿の10人程度のJK群。

公園には中規模の滑り台が設置されており、利用者はDに向かって滑降してくる格好。

「早起きは3文の得」という。古政で、早起きして堤を踏み固めた者に3文を支払ったとゆーのが有力説とされているが、無防備な下半身を堪能。

スパッツや体操服でもいーのだよ。Dには「心の眼」があるからな。

正面・体育座りの条件であれば、それらと下着の判別はDの視力では不能。

○学生のそれは見慣れているのにな。

9:30。ロビー傍らの書籍コーナーでくつろいでいると、しばらくして主催者J元氏が現れる。しばらくは室内でJ元氏と駄弁り。

デッキ名:初体験。優しくしてね。

L:伯斗龍二

C:19

ラルヴァ×4

  メカ花梨・インディ・キママウ・ピース・阿部・おたく縦横×2

  ポナホイ・岸田・FC耕一×1

B:6

  徹マン×4、クイズ・すべQ×1

E:34

  術・収入・付け・スラ×4

  嬢・噂・封印・感冒・電マネ×3

  スカ×2

  応援×1

属性限定デッキのために構築。

Mキティから「感性属性デッキばかりでしたよ」とゆー情報を得て、感冒を投入。

キャラは少なめ。イベントが通常仕様だから回るだろ、どーせ無属性キャラ少ねぇしな、くらいの感覚。

伯斗龍二の特殊能力の条件を満たすため、前日に100Queenで、顔の7割以上が隠れるマスクを購入。戦隊モノの正義のレッドを模したもの。

100Queenで売っていなければ、パンストで妥協するつもりだった。よかった。

伯斗龍二の入ったリーダーカードを紛失したことに今気付いた。伯斗龍二はどーでもいーが、その裏のアスカ・ラングレーが惜しい。もし保管されていらっしゃる方がいらっしゃったら、連絡求む。

感性メタならクイズよりすべQだよなー

→パワーデッキに腐るからクイズも入れとくか

→バトル少なくね?

→だいじょぶだいじょぶ~ だって構築戦だぜ? 他も遅いって

スーパーオプティミズム。

1回戦 J元さん

つーか、主催者と2人きりだよ。

J元さんと言えば和樹。和樹と言えばJ元さん。

当然、Lは和樹である。感性メタ炸裂。

Lオープン。FCティリア。詐欺だ!

初手に徹マンも電子マネーもある。根性が高いのは嫌だがいくか!

「電子マネー! ナイト雀鬼!」

「光の勇者で0点ですが何か?」

決定的な致命傷に気付いたのはこの時。 封印 + 一撃でクリアー! できる手牌じゃないと勝負にならん。

Dが天和、相手様が4シャンテンくらいの配牌をもらわないと全くお話にならない。

結果? 聞くなよ。

噂話・感冒が腐る腐る。

ジョーカーや福袋、アンチイベントなんかも飛び出して、何だ力属性強いじゃんって感じ。

100戦やって1回勝てるかの苦行に挑む。7回くらいやったっけか。

結果? 全敗。10点までは当てられたんだけど。ライトニクスで待たれる戦術もあり、封印を10枚は積んでおきたかった。

クイズをもう1枚積んでおけば、賢さGPMでクリアーできるシーンはあったんだけど。たら。れば。

Dのガチルミとやる機会があって、J元さんの坂下をパニックで受けられるなーと考えていたら、アンチイベントのことすっかり忘れていて詰められたうっかりさん。

2回戦 K帝さん

お久しブリリアントグリーン。東の国のとは違う智子パロで一世代を築いたEペラー氏。

昼の大会終了後に対戦。時間軸をずらして掲載。

感性属性Lだったらいーなー。Lオープン:耕一。

徹マンはあるが、透子の壁を突破できない。

すべQ + 封印 + 付け で一応倒せる圏内になるが、朝鮮嬢を引いて一撃でクリアー!するほーが早いんじゃないか・・・?

朝鮮嬢を待ちきれず、封印をケモに使ってしまったのが敗因の70%。

ケモを受けられる前衛がいないのが敗因の20%。

感冒と噂が紙だったのが9%。

デッキの1枚目が間違っていたのが1%。

百分率は主観であり、全く根拠を伴うものではない。

噂・感冒は全部抜くとして、朝鮮嬢・封印・応援・バトル・キャラ・キャラくらいでどーか。

それでもキャラ21枚。5体並べるには脆弱。

電子マネーもあと1枚ほしい。スカウトでも削るか?

午後が近くなって、チラホラと人が集まってくる。

皆、一様にDの顔を見て怪訝そうな顔。

某氏曰く「コスプレ会場かと思いましたよ」

「デッキに楓猫も入れときゃよかったか?」

デッキ名:とりあえずメタカード積んでみました

L:ルミラ

C:20

  ちはや・すもも・菜々子×4

  海老・岡本 ×2

  楓・殺っちゃん・テリ・可憐×1

B:5

  芸×3、マラソン・対ゲー×1

I:6

  ヨツクロ×3、マホサ・ウォプタル・アイテムボッシュート×1

E:27

  術・付け・スラ・嬢・封印・噂×4、応援・身代わり・パニック×1

F:1

  アビス×1

マラソン  → マルチ

対ゲー   → 耕一

マホサ   → ルミラ・耕一・宗一など用途多数

ウォプタル → ルミラ

没収    → 総帥

応援    → バトル最強説

身代わり  → 特攻も安心。結果的に前衛が2体消えるが。

パニック  → 分かるだろ?

アビス   → 理奈

ちはや・すもも・菜々子と並べば、仲直りの印よすももヨツクロ → やっぱあんたなんか絶交だわすもも吸い殺し → 私が間違ってたわもう一度やり直しましょうおかわりすもも の完勝ループを組める。

バトル・応援が強いのはハンドレッドも承知だが、「3枚で充分」の言霊を聞いて、バトルは少なめの5枚。

クリアー・ユズハを積みたくて積みたくて積みたくて。こちらもアイテム・フィールドが7枚。全腐りするのは避けたかった。アイテム没収が実用の範囲内かどーか。

すももにヨツクロを付けて吸い殺したとき、あるいはちはやがいるときに前衛を吸い殺したとき、すももドローあるいはちはやドローが先か、それともヨツクロサーチが先なのかで悩む。

戦術的には、すももドローが先の方が有難い。引きたいカードが2種あるとして、不確定ドローでそのうちの1種を引けば、ヨツクロサーチで悩まずに済む。また、不確定ドローでその時引きたいカードを引けば、サーチで次善のカードを手持ちにすることができる。

分からないところは自分で考えようとせず、ジャッジに全判断を委ねるのはDのいーところなのか直すべきところなのか。

後述するが、彩の国の人も来ていたので確認したところ、東・西が一致で「ヨツクロサーチが先」となった。今回はな。

1回戦 T方さん

Y者王のほーが通りがいーか。こちらもお久しブリリアントグリーン。

2.0時代は月兄のイメージがあるが、最近は知らん。

Lオープン:5.0総帥。

エビルを引いている。菜々子も引いている。アイテム没収の活躍するときが来たたたた!

すももを吸い殺して、アイテム没収を引いてくる。

相手様の前衛:テリ・フランク・キーツ・瑞樹・変酋長。

一向にアイテムが貼られる気配がない。

このままでは、少量のダメージを与えても、驚異的な回復量で粘られてしまう。一撃で決められるだけの手札を待つか、それとも・・・

「マホサを総帥に」

後に分かったことだが、このデッキは超回復総帥。勝ち手段は徴収(相手の手札を0枚にして「何も考える必要ないだろ」と投了を促す)とのこと。

相手様の自称を言葉にしただけだ。Dの意思は含まれていない。

幸いなことに、マホサを剥がす手段がデッキにはないらしく、粘ってさえいれば時間切れを望める状況に。

キーツドローで蛇列が見え、Dたち以外の全ての対戦が終了し、「勝ち手段を提示していただければ投了します」の問いへのアンサーが前述。

Dは投了しないべきだったのか? 1敗。

あぁ、確かに○阪はこんなとこだったな。Mゾッホにはたまりまセヴン。やきばのぬるま湯環境では絶対に味わえない。

2回戦 Mキティ

半年ぶりくらい。薄手のTシャツを着て、胸元から備蓄をチラチラさせてDをテンプテーション。ナメナメしてやりたい。ヌラヌラしてやりたい。

「あれ? Mメ階段?」

「いや、違うよ」

「あれ? 1回戦勝ってなかったっけ?」

「あんたに思いっきり負かされたでしょーが」

Tみんがやけに可愛く見えるぜ。夏の太陽のせいか?

Lオープン:ルミラ

朝鮮嬢でお互いの前衛を狩り合うオープニング。

マホサかウォプタルで持久戦を狙えばよかったのだが、バトル2枚と応援を手持ちにしている状況で、ここは決め時だろーと封印を引っ張ってくる。

結果、相手様のルミラに8点まで乗せることができたが、後に出てきた殺っちゃんが強すぎてどーにもならない。

こちらのルミラにも8点乗って、ルミラ同士の隠し芸。Dはフル吸血、相手様は賢さ選択。

最低でもドローだろと高を括ってたら、付けスラが飛んできて圧敗。2敗。

「ただ今、全勝者と全敗者が決まりましたー。優勝はTみん、最下位はDさんです」

 話題にしてもらえるだけマシってもんよ。

ルミラは守り勝つデッキではない、勝ちにいくデッキである、とゆーのが結論。

手札が数枚腐ってもいーから、特定のLに痛烈に処方できるとゆーカードを待つタクティクスは現実的でない。

「今号のむこうぶちって、最終回フラグ立ってますよねー」

「Mメもそー思う?」

「猫スリーブが河合優」

L:ルミラ

C:21

  ちはや・すもも・菜々子×4

  海老・岡本 ×2

  楓・殺っちゃん・テリ・可憐・FC理緒×1

B:6

  芸×4、マラソン・対ゲー×1

I:4

  ヨツクロ×3、ウォプタル×1

E:27

  術・付け・スラ・嬢・封印・噂×4、応援×2、身代わり×1

F:1

  アビス×1

大会終了後にTみんにデッキを見てもらった。

菜々子が多い、ユズハを入れたい、アビスと可憐は要らないとゆーものだった。

Dもよくデッキ診断とゆー名のデッキ自慢をされる。

こーしたほーがいー、と応えると決まって「このカードにはこんな意味があるんです」「このカードには愛着があるので抜けません」的な事が返ってくる。

要は、自分のデッキを褒めてもらいたいのだ。

「こんなデッキを作ってすごいですねー」と言ってもらいたいのだ。

言葉に出ずとも、そんな雰囲気が滲み出ている輩には「すごいですねー」で片付けている。

デッキを見てもらいたいと申し出るからには、如何に自分の意見と食い違っていよーが受容できるだけの心構えが必要とされるし、デッキを診断してくれるドクターを間違えてはいけない。

如何に矮小なLF界であろーが、DはLFをヒエラルキーの上のほうでプレイしたい。

ヨツクロルミラをチューンナップして、実践に堪えられるよーにし、Dの芸域を広げたい。

・・して、なぜパニックとユズハが入っていないのだね。

コンビニの味気ない昼食を摂取した後、いよいよTみんとプレイ。

デッキはそのままルミラ。Lオープン:ガディム。

感想:詰め将棋の玉方を受けている気分だった。

詰め将棋の玉方は、必ず最長手数になるように受けなければならない。

そして、最後に華麗に詰められる。

Dが先攻。2キャラ展開してエンド。

エンド時、相手様待ちあわせヌギー。噂を打ってももう1枚待ち合わせがあったんだってー。

エンド時、暴走を打たれる。

最悪の場合を想定して、ちはやから2吸いしておく。

1裏、やはりとゆーか最悪の展開、3本セット。

セット対応で吸血ちはや。正義ドローで身代わりを引くか、もしくは・・・。

「宣言」

「対応で楓切って応援」

応援は手札にあったのだが、コストがなかった。

最短バッドエンドは逃れたが、殺っちゃんも吹っ飛んで、まさに0からの出発。

それでも可憐と菜々子を引き直し、爛々と逆転の布石を狙っていると、エロエロフやら暴走やらエクスやらで、あっとゆー間にルミラの残りライフはもう1よっ!

APファーストアクション、暴走を止める手段がないと負けるとゆー状況、封印はないが、手札には・・・

「マホサをルミラに。コストはルミラと可憐で」

ガディムに貼りたいマホサを、むざむざルミラの攻撃力を下げる形で装備せざるを得ないとは何たる屈辱。

それでも、Dに唯一の勝機が訪れる。

相手様の前衛がヌギーとエロエロフだけ、Dにバトル2枚と応援と嬢。

可憐にヨツクロを仕込んである。

「プラチナリング対象はルミラのマホサ」

「同時暴走」

「(ヨツクロで引っ張ってきた)封印を暴走に」

石橋を叩いて叩いて渡らないTみんなら、パニックを警戒して破壊神は撃たないはず。そして、残念ながら・・・

「バトル宣言、ルミラノーマル」

「エロエロフで」

ガディムでも受けてくれないはず。

ガディム受けなら、 応援 → 嬢 の楽しみも残ったのだが、流石に粘りもここまで。

MtGの新製品が出たらしく、シールド戦が始まる。

「チャンプー、マジックやりながらLF打とうぜー」と誘われるも、成り行きに任せた結果、DはLF組に回る。

前述のEペラー氏との属性限定戦を終えた後、どこかで見た顔と遭遇。

「Lナさんですか?」

「ずっと誤解されてますけど、私はDGMです」

「パスポート持ってますか(意訳:ここは異国ですよ)?」

閉館まで、DGM氏の様々なデッキと対戦。こちらはルミラ一辺倒。ガディムも理奈も耕一も使わず仕舞い。

まー、LFに求めるのは娯楽だ。麻○と将棋には別のものも求めるがね。

LFの後、ストレートに帰宅したのは久方振りだな。

3連休の中日はLF,初日と最終日は麻○。

最終日はついでに母校の応援にも。

ネーミングライツの費用対効果って、どーやって計るんだろう?S藤薬品の主力商品は何だ?

T理に5回コールドを喫したとさ。1000MG寄付してくれる奇特なOBはおらんかのぅ。

親からリーチが掛かった南家のD。

耐えにタエックス、残り4cmになりながらも、親の現物4索両面待ち。

そして対面が7索放銃。

「ロン」

「それ、フリテンですよ」

なーにー!

驚いたのは、労せず4000点を稼げるはずの親から、Dが倒牌する前に指摘がきたこと。

お陰でDはチョンボとならず、アガリ放棄で済む。

とは言え、残り4cmでは凌ぎ切るのも難しい。

完全安牌がない状況をヒィヒィ言いながら凌いでいると、対面が親に放銃。

「ロン! リーチ赤・・・裏裏裏!」

チョンボ4000点の収入が、12000点と2kの収入に。

過程論で言えば、安めロンでも3900の1枚が保障されている。

ツモれば2600オールの1枚。

結果論なら、6000オールの4枚。

親 → D → 下家 → 対面 の順で得をした一局。対面は踏まれたり蹴られたり。

ピンの客が埋まらなかったため、最初はギャルとバイトの子たちとで5を打つ。

(3)(3)(5)()(5)(6)(7)(8)23 ポン(2)(2)(2)

4索でしかアガれない2900のテンパイ。

ここに9筒を引いて、索子を切ってシャンテン戻し。

4筒、3筒と引いて6000オールの1枚に仕上げる。

「ツ・・・モ?」

西西西五五(6)(6)(7)(8)(9)(9)(9) ツモ6筒

下家の女の子。テンパイ即ツモだったらしく、リーチだったか、と悔いている。

「その手牌だったら、7筒か8筒を切って、スッタンに受けたらよかったんじゃない?」

「!」

Dなら、喜んで満ツモしておくけどね。

昨日もDにトッパンを打ち上げているバイトの子。今日もやってくれました。

(1)(1)(3)(4)(5)(8)(8)(8)444八八 ドラ8筒

(1)(1)(3)(4)(4)(5)(8)(8)344八八

この形から8筒、4索とツモり、4筒、3索と切ってリーチ。

曰く、「唯一の筋牌」である1筒を面子落としして放銃。オリ打ちカコワルイ。

「リーソクオモオモオモ・・・ウラウラウラ!」

よりによって、裏ドラ表示牌が9筒。

即ツモなら12000オールの4枚だったが、24000の4枚で勘弁してやろう。

トップまで6800点差の1本場、対面3着目の先制リーチを受け、赤入りのカン2索をテンパる。

リーチをすれば、ツモって1000・2000は1500・2500でマクれる。直撃も2600は4100でOK、脇からは一発か裏でゴーニーはロクナナ+リーチ棒で条件を満たす。ここはリーチするしか!

そして、狙い通りに下家から2索が一発で出てくる!

「ロン!」

「ロン!」

ロン?

なななんと、2索は対面にも当たり。Wロンはありだが、積み棒もリーチ棒も全部持っていかれてしまう。

リーチ棒を出したので、現在トップとは7800点差。裏が・・・乗った!

満貫の3枚。2→1着はチップ6枚分の増収。

誅日の無失点イニング記録みたく、Dのラス引かず記録も23半荘で止まってしまったが、この日もラス・3着は1回ずつだけで、10半荘で2.3MGの収入。

毎回こんなんだと、労働意欲をなくしてしまうね。

Dは、子どもたちと触れ合える現在の職場に満足感を示しています。

夏休み中は、一応カレンダー通りに出勤。ただし、年休を消化できるチャンスでもある。

時間単位で年休を取得することができるので、午後から年休とかも可能。

ただし、年休届を出さずにサボっていることがバレると、職を失うことにつながるので注意が必要。○チンコ店の天井が崩落した際、ニュースで画像が流れて懲戒の憂き目に遭った公○員がいるとかいないとか。

とゆーことで、あまりの暑さに辟易して、年休を取って麻○。

8回打って、トップもなければラスもなし。

最終収支が-500G。いわゆる接待麻○。

トップと4000点差、3着と3900点差の2着。

3着が脇からザンクを出アガっても、起家の都合でDが2着になる計算。

3着がダブ南をポン。

ラスがリーチ。

3着がラスからロン。

ダブ南赤でザンク。

「タエックス~」

「いや、耐えてないよ。リーチ棒で逆転」

2→3着は、チップ4枚分の減収。萎え~。

東1局、リーツモ裏3を支払う。

東3局、リータンドラ裏3を支払う。

チップ6枚は役満放銃と同じですが何か?

覚えているアガリが、カンチャンドラツモのタン赤赤ドラとか、リーツモ南赤とか、華麗さの欠ける誰でもアガれるよーなものばかり。

メンバーに「接待麻○やで~」とコボしていたら「場代の分だけ勝ってんだからいーじゃん」と窘められた。ごもっとも。

L)禍日神

原作をプレイしていないので、謂れがよく分からない。「神」とあるから、あかりLででも組んでやるか。

おさげLなら意外とイケるか? 待ちあわせ耕一から1裏で超合体できるぜ(笑)

>汚名を挽回するのも一興.

>レッスンルーム&楽器レンタル 1K

楽器を「オルガン」と解釈すれば、「レッスンルームでオルガンをレンタル」と強引にソッチ方向に話を持っていけなくもない。

英語の隠語関係の知識が必要。

>当人,少なくとも当人のうちの1人はその意識がないにしても.

K戸の時は、周りのデッキのことなんか知ったこっちゃなかった。

T京の時は、周りのデッキもとりあえず意識はしてみた。

DISSIDIAの時は、1人のことだけ意識していたが、対策はしなかった。

阪非公式は、対策も立てたが機能しなかった。もしくは対策が的外れだった。

>恣意的なハウスルール

>カードデザインと云う名の推論,もしくは断定

将棋はほぼ完全なゲーム。千日手と持将棋さえクリアーできれば。

麻○はやや不完全なゲーム。マナーを明文化できない。コシとか。

PCを経由すれば解決できる問題もあるが、今度は鳴ける牌でゲームが中断するなど、ゲームの根幹に関わる部分の変更が生じる。

そして、LFは不完全なゲーム。

ハウスルールは参加者全員の合意が必要であって、不特定多数の参加が見込まれる大会での導入は避けたほうが無難であると考えるのだが、さて。

543Dのことを,友人連中の中で,"比較的面倒くさくない方",と認識してます

>ルミラに勝てないデッキはデッキじゃない

やきば黎明期、付けメンから優勝者が出ないことに対して議論が紛糾したことがあった。

当時の付けメンは、ルミラを使わない(使えない)、付けスラを入れない中速デッキが主流。

やきばを開催することで他地域への対抗意識が高まり、結果的に付けメンのレベルが上がったのではないかと考えている。

Here Comes New Charenger

A が要ると思います。

Challenger が正しいと思います。

LFで負けても、麻○で勝ってるから全っ然悔しくなんかないんだからねっ!と歯を食いしばっても言っちゃったよ。

鞭打ちって、どれくらいで治るんだろう? 3日ほど痛い状態が続いているでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

諸事情と処次女は似ている

Dの誕生日は平方数。
平方数とは言うまでもなく、自然数の2乗となっている数のことなのだけれど、31以下の平方数は5個。
12以下で限定すると3個なので、コンビネーションによりDの誕生日は15 / 366に絞られる、と思ったら大間違い。
1月6日、2月5日、3月6日、6月4日、8月1日、1月21日、2月25日、3月24日、5月29日、6月25日、7月29日、10月24日、12月25日だって、立派な平方数。
2つの観点から考えて、両方の条件を満たす4月9日ってのは、平方数オブ平方数の美しい日だと思えるのだが、さて。

529と729の差が200というのも美しい。ともに23と27の平方数だから、(27+23)(27-23)の公式に当てはまるのは自明の理なのだが、こーゆー公式を作り出した人は、まずがむしゃらに平方数を出して、それから定理に気付いたのだと思うよ。

Dと54。ベン図を描くと、重なっているところが大きいように思われる。完全に重なってはいないのが味噌。

古本屋で、紙袋中古CD詰め放題1kのセールをやってた。2・3枚いーのがあったので、30分程度費やしてちょっとでも知っている歌手をセレクトしてギュウギュウすることに。
車の中で確かめたら、ちょうど50枚あった。1枚20G。定価の150分の1ですって奥さん。
1曲2Gの計算。人は10代に聞いた音楽を一生聴き続けるという。当時はAMで聴いていた懐かしい音楽を聴取。全部聞き終えるまでどれくらいかかることやら。
USBから音楽が聴けることを理解していても、実践できなければ砂上の楼閣なのだよ。

大人の定義って諸説あるよね。精神上・肉体上・法律上・社会上など。
法律上の「児童」が最もブレがある。14歳で刑法に法られ、15歳で遺言が書け、16歳で結婚ができ、児童福祉法では18歳までが児童であり、少年法では20歳までが児童である。
社会通念上なら、教育から労働へと身柄が移行された時期が大人。大卒なら22歳。中卒なら15歳。
成人式・元服を基準とする考え方もある。概ね20歳。
肉体上なら、初経・精通を迎えた時期が大人。
人によって、どの時期を大人と定義付けるかにはズレがあり、それぞれに根拠がある。よって諸兄も堂々と、肉体上の大人説を唱えてもいーのではなかろーか。「私は大人の女性が大好きだ」と。
身長140cm、体重41kgを超えると始まるらしーよ。
それより下が好み? 捕まれ。

LFのデッキを組んだ。明日の大会に出る気は半分を超えているが、どーなるかは明日の明日は風が吹け。
顔の7割が隠れる覆面マスクを購入予定。

関西弁では、しばしば「せ」が「し」に変化する。「置かしてください」と言うときも言われるときもビクンビクン。
け、決して児童に「お菓子買ってください」なんて、言わせてないんだからな!

| | コメント (83) | トラックバック (1)

2010年7月10日 (土)

新カロリと真価ロリは似ている

過ロリ計算、とか言ったり言わなかったり。

「私、過ロリが気になって気になって仕方ないの。もう、過ロリなんて※んじゃえって感じ!」とゆー言葉にビクンビクンできるMっ気。

「過ロリなんて、全然気にする必要ないんだよ。さあ、堂々と過ロリを摂取しよーじゃないか」と素面で説教できるSっ気。

囲炉裏。セロリ。ピロリ(菌)。擬態語も交えてよいならば、けろり。ころり。そろり。ちろり。とろり。ほろり。よろり。ぎろり。ごろり。じろり。ぞろり。どろり。べろり。ぺろり。ぽろり。

日本語は「ろり」でいっぱいである。

>総帥とガディムはワシが弄った。

こーゆー言葉を臆面もなく発することができるのが彼の特徴である。 久方の 毒や染み入る 蝉の声。

LFの実力を力・早・賢・根・感のよーに5つのダイヤグラムに表すなら、デッキ構築・プレイング・運・メタ(環境)・謙虚(盤外戦)といったところか。後ろ2つは強引に付けた感がしないでもない。

どんなにアイテム総帥デッキの構築・プレイングに長けていても、周囲が総帥メタのデッキ環境だと勝てない。周囲を束ねる力がないと、実力を付けるための実戦を積む徒党に入れてもらえない。

オカルトシステムNo.1「対戦相手にリスペクト!」のよーに、対戦相手に好かれることは、長い目のLF人生で見て得をする。もちろん、その場限りの相手ではその限りではない。

数年前の掲示板が全盛期だった頃、そこでよろしくない名前が挙がってしまった某氏たちは、参加する大会で全ての相手に「こいつにだけは負けたくない!」の気持ちで挑まれることとなった。

当然、風評被害も生じる。顔も性格も知らないが、大会で当たったときに「あー、こいつがあいつか。じゃー負けられないな」と思わでか。

中には、そんな環境を心地よく感じるアンチ・ヒールもいたかもしれないが、真性の輩は皆無だったと信じている。

彼が真性であるかどーかは知る由もない。徒党を組むだけのカリスマは備えている。傀のよーに、接した者を片っ端から食い尽くすほど、10割近い勝率を誇るわけでもない。

アジテーターとなって、LF熱を呼び起こすだけの働きはこなしている。側近(他に妥当な言葉も思いつかないボキャプアー)はメタデッキで挑んでいる。良くなくも悪くも、関西の住人は、打倒彼の気概は持っている。

付けメンの重鎮が、メタ彼のデッキで大会に出て、実際に彼と当たって彼に勝利し、ネット上で舌戦を繰り広げたこともある。Dの感想:人間臭さが出ていていーじゃないか。

彼に勝つだけではなく、実際に大会で優勝したから何の文句もないと思っている。

「ゆりしーテンサウザンドイヤーズ!」の意味は分からない。

メタデッキで掛かってこいと公言しているが、メタデッキで臨まれると微かに不機嫌の色が窺える。

「総帥以外に勝てんのか」が常套句。

前後関係を考えると、ヌギーや諸角も完成デッキを弄ってくれると信じている。

R兄貴に「智子を使っていない兄貴は、いつもの怖さを感じない」と言ったことがある。

鬼に金棒、とゆー諺がある。彼が総帥を使っていないと、何となく今日は勝てるんじゃないかな、勝ち目があるかな、と思うことがある。

Dは、彼のことが好きです。「大好き」でも「どちらかといえば好き」でもなく。多分、54がDのことを思ってくれているくらいに。

匿名での批評をヘイトする彼だが、ある程度面識のある者の多少の戯言にはアイホエールも立てまい。

四半世紀を超える人生の中で、英検を受けようという気にはならなかった。資格とゆーものに猜疑心が生じていた。

教採でプラスになるとゆーことで、英検0級(時に100級)を自認していたDが、いきなり2級を目指すことになった。

センター193/200(自己採点)、塾で英語講師をしていたとゆーこともあって、英語に対してアレルギーがある訳でもない。ただ、この年になって験される側に回るとゆーのは、少々つらいものがある。

1次試験用の問題集を2冊購入。「20日間完成!」「全7回の模擬テスト付き」が売り文句だが、前者は3日目で挫折。後者も5回しかしていない。

リスニングは自動車の中で。しかもカンニングしながら。つまり、放送分が印字されている解答を見ながら聞くわけである。

明らかな調整不足を否めないまま、試験当日。

豪雨。ストレスを感じながら県内の某私学へと足を運ぶ。

試験は全部で75問。1部と2部に分かれている。

1部は75分で45問。2部は25分で30問。

1部は空欄補充20問、整序問題5問、長文読解が5文で20問。

2部はリスニング。選択肢のみ印字されている。放送は1回。繰り返しはナッシング。

全て1点。75点満点で、合格ラインは7割とされている。

13:00開始だが、12:40に到着。写真と身分証明を見比べられるので、替え玉のリスクは避けたほーがよいと思われる。

喉が渇いた。なかなか自販機が見つからない。やっと探し当てて再び会場に戻ったときは12:55。会場で勉強するとゆー計画が頓挫。

参考書による模擬試験での得点は、まさに合格ラインを行ったり来たり。「この問題はDによく馴染む!」のときはオラオラ。「右ですか?左ですか?それとも両方ですか?」のときもオラオラ。

13:00。すぐにテストが始まるのかと思いきや、開始は13:30だと言う。新問には着手せず、過去にDが間違えた問題を見直す勉強法を採る。

13:30。試験開始。取り組みやすしの印象だが、時間が足りないことに気付かされる。

14:35。1部の全てのマークシートを塗り終える。が、これで作業が終わったわけではない。

直ちにリスニング問題の選択肢の和訳に取り掛かる。30問で選択肢が4つ。つまり、120個のショートセンテンスを断片的な日本語に置換していく。

全ての選択肢に「行く」「捨てる」などのルビを振り終えた時点でタイムアップ。まさにギリギリ。

14:45。間髪入れず2部が始まる。休憩ナシ。脳が糖分を欲している。

15:10。途中で1分程度の休憩が挟まれたくらいで2部終了。お疲れさん。後は三々五々。散々午後。 Thousand go go.

で、1次の結果が届いた。合格。ありがたや。

加点率80%。与しやすしの問題が続いたことによるフォーチュンのファクターがビッグ。

で、1次が6月中旬にあったのに、合格通知が7月中旬の2次の5日前に郵送されるったぁ、どーゆー魂胆だ。

合格通知が来たら2次の勉強をしよーと思っていたのに、これで果たして間に合うのか。

試験は明日。

1人で流しそうめんができるようになった。

1人で流しそうめんを食しにいくわけではない。1人で最初から準備ができるようになった、とゆーことである。

Dの職場、総合的な学習の時間が手厚い。

生活科も総合的な学習の時間も職場体験も、児童としては全く経験していないD。社会人になってから、それらを経験することになるとは思わなかった(前者2つは仕事で、後者は受け容れる方で体験)。

ゆとり学習の象徴たる総合的な学習の時間。Dは決して槍玉に挙げられるものではないと信じている。

ある程度以上の授業プログラムであれば、どんなプログラムであれ、できるやつはできるし、○○ないやつは○○ないんだ。

できるやつのための実技科目として幅を広げる時間として捉えれば、遅効的に国益となるんじゃない?

1.竹切り。3m程度の竹を2本用意。実際は最高責任者が用意してくれた。同時期に行われた高学年の野外活動のクラフト細工の人員としてDも借り出される。2時間。

2.竹割き。鉈と金槌で竹を縦に裂く。節のところは鋸も使う。スロープと手摺を利用して、3mの高さから竹の円筒の直径上に置いた鉈の上に金槌を振り下ろす。3分の2まで裂くと、後は手で強引に2分割。2時間。

3.節取り。金槌と彫刻刀を使って節を取る。金槌で半筒形の竹を直径部分から叩くと割れる。半円の面だけを上手に叩くのには技術を要する。途中、金槌ではなく釘抜きを使うと効率化が図れた。2時間。

4.竹削り。切断面で児童が怪我をしないよう縁を面取り。鉈と小刀を使用。鑢も使おうと思ったが、そこまでするほどのことでもないなと妥協。2時間。

5.竹洗い。作業で生じた竹屑や、少々残っているささくれのようなものを丁寧に洗い流す。未使用のスポンジを使用。1時間。

6.組立て。合計4本の竹を、6個のビールケースを中心に組み立てる。低いところから1個、2個、3個。最上段はベンチと机2つを組み合わせる。2時間。

3・4時間目に実施。給食がパンだったので、ほとんどの児童がパンをお持ち帰り。

児童が喜んだ顔が見られてよかったものの、1~5の作業は、ホームセンターで樋を購入することで代用はできなかったのか?

総合的な学習の時間とは、教える側も答えが分からない課題を調べて解答を導く作業である。

あ、1~6の作業、ほとんどD1人でやってるかんな。

週1の更新なので、追伸が遅れるのは仕方がない。無論、矢島エタの話は知っている。主題は、矢島エタに全盛期があったかとゆーことだ。

急ブレーキはいいカードだと思うね。1積みで足りるエタ対策。問題は、その1枚すら導入を躊躇うデッキスペース。エタと当たってから後悔しても遅い。

バー4、バー5は、Q州で懲役刑を喰らっていた頃。そりゃあ、ガディムのほーが簡単さ。当時の記憶は、HDの恰好で○阪公式に乗り込んだことくらい。

で、非公式情報はどこなんだ?

東の国では、それなりに大会が開かれていて羨ましいなーと思っていたら、西の国でもそれなりに開かれていた。参加するには平日だったり遠方だったりちと都合が悪いが。

次の参加可能の大会は18日(日)か・・・。

54のページが完全に呟きに移行されて、見にくくなったと同時に面白さもリデュースされたと思うに1票。

>ヴェルディが解消

本当に洒落にならなくなった。I手とか、スポンサーの集まる自治体へととっとと引っ越したらよろし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

非売品と卑猥品は似ている

β版の噂話は、ほとんどを54に献上したが、さて。

12箱を投じても入手できなかった、7.0β最後の1枚、まーりゃん先輩を、公式の賞品で手中に収めることができたハッピーマン。6.0β4箱が、今も未開封で保存されていますが何か?

4種類のデッキが紹介されているとゆーことは、コンビネーションとして6種類の対戦が存在するワケで、つまり何が言いたいのかっつーと、総帥:ガディム、ガディム:ルミラ、ルミラ:理奈の勝率も知りたいなーっつー他力本願寺。

何が何でもしりまるだしっ!とゆーワケではないのだけれど。

近年、最もワクテカできる対戦が引きこもりガディムvsルミラだったりする。個人的見解として、この対戦の勝率が最もフィフティ・フィフティに近いのではなかろーか。

「総帥を使え」

に帰結されることはハンドレッドも承知なのだが、物理的に精神的にインポテンツ。

物理的に? 54に総帥デッキをスローアウェイしたからな。

アイテム依存の総帥の弱点は、相手を1ターンキルするには適していないとゆーこと。1点・2点ならどっから飛んできても不思議ではないデッキなんだけど。

たとえ片手ターンの耐久力しかない理奈・エタデッキであっても、最終結論が総帥だと分かっているなら、キャラ展開や回復などの持久戦の要素を放棄しても、ある程度はお釣りが返ってくると考える輩がいても論理が破綻しているとまでは言えない。

Dは2000年前に存在していなかったので、純粋な意味で、30分で決着の付くエタ、もしくはそれに類するデッキのレシピが知りたい。

動画はすごいなー。最新のは考慮時間を削ったディレクターズ・カットが導入されていて、非常にストレスを感じない。40分の競技時間のうち、純粋に、具体的にカードが動かされている時間を示す好例でもある。

スフィエタの頃は、物理的に最もLFから遠ざかっていた時期でもあるのでその全貌は知る由もない。当時は仕組みだけは理解していたものの、どこもかしこもスフィエタとゆー環境で戦ったことはない、ある意味幸せな人間。

「全盛期の矢島エターナル(意味不明)」なる造語の意味も理解しかねるが、40分×5戦を引き分けなしで連勝できるとゆー意味で捉えてみよう。

「今のオレ様なら、無筋の赤を3枚ぶった切っても当たるワケがないぜ!」

・・・頗る主観的な判断に偏っているものと推定。ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ。

3本ヌギー。経験値が足りないとゆーこともあるが、マウントを取り続けることができた記憶がないのでパス。3本ガディムも同様。

コネの是非。岸田やヌギーに入っていたコネは、研鑽を重ねるごとになぜか抜けていく顛末。

ワープと四葉のクローバーの入ったデッキは、ワークロ? クロープ? 何でもいーや。

推敲・比較考量を経て辿り着いた改良形は、すっきりしていて使いやすそうなのだけれど、それでも通常ルミラのほーが闘いやすそーだなとゆー印象。

サーチができるなら、同系対策としてウォプタルを入れたいところだが、果たして。抜くなら犬あたりか。

あちらの国ではアイテムロックが多そうだから、犬は必需品なのかも知れぬ。文無し避雷針的な意味で。

暴行と犬の相性は、ディ・モールト・ベネ。でも、初手に両方が揃っている確率も稀有。ビコーズ抜け、入れろとゆー議論にも発展しない。

・・・とよく見たら、改良版には犬が入っていないのでした句点じゃあ抜くのは暴行ですか? ワープの存在価値が未知数なので、ヨツクロで引くのが前提なら、1積みでも構わないよーな気もする。

2積みする理由は、自分から能動的に貼る1枚目と、相手に貼り返されて受動的に貼り直す2枚目が必要だから。

1積みにする理由は何ですか? 2積みじゃ駄目なんですか?

嗚呼、あんな風に責められたい詰られたい嬲られたいものだ。

・・・ってあれ? やっぱり犬が入ってるじゃん。この節穴め。

ワープ状況下なら、ドルウク → エロエロフ で恒久的に2点を当て続けることって可能なんだったっけ? 初代エロエロフ吸い殺し → 空いたスペースにドルウク → そう、多分3人目。

コストは重くなるが、理論上はドルウクの代わりにFCスフィーでも可能なのか?

「所詮は夢物語だ」

先攻だろーが後攻だろーが、AP1ターン目総帥の財力には封印がベストアクションだと信じているので、嘘でも封印4にしたい。

3本は同系対策。ただし、高確率で相手にも楓かFC恵、あるいはその両方が待機状態であることが予想されるので、やはり封印の増量は必要なのではなかろーか。きっと朝鮮嬢だけでは追いつかない。

「それでもコリン入ってない」 言ったモン勝ち。

コリンのドロー力をヨツクロに求めるのがこのデッキの趣旨なのだろーか。 否! 通常ドローを高めつつ、サーチを導入するのが求めるべき道筋なのである!

コリンも菜々子も、登場させてから特殊能力を起動させるまでのターン数・起動コストは同等(菜々子のほーが登場コストが安い、コリンのほーが気力が高い)。となると、仲直りはばったりでヨツクロを引くのと同等。

菜々子を引いたのに、ヨツクロを装備させるべきキャラ(すもも・エビル)を引いていない、またはヨツクロを引いたのに感性属性のキャラを引いていないとゆーことが存分に考えうる。この辺がDにヨツクロデッキを組ませることを躊躇させる奸因。

バトルを最低限にまで削り、代償として暴行を差し出すことによりイニシアチブを握る。有識者の実験で3:7とされる総帥相手にも、例えばアイテム没収やクリアーのよーなメタカードを刺すことにより比率を少しでも違った数字にするとゆーのが最終結論を覆すための必要十分条件。

先週の麻○は、3kのプラス。カン裏がモノ乗りでバイシックスを出アガったものの、爆勝とまではいかなかった模様。まあ、プラスで凌げているので是とする。

「私、非売品に目がないの。非売品と聞いたら欲しくて欲しくてたまらなくなっちゃうの。非売品は私の潤滑油ね」

タイトルに回帰。

虫唾が走る敬語。「一番最初」と「おられますか」。

「おる」は「いる」の謙譲表現。「申される」とか「伺われる」とか言うはずもない。敢えて使うならば「いる」の尊敬表現「いらっしゃますか」なのだが、3×4師匠を髣髴とさせるため、なかなかに使いにくい。

「正しい日本語を使え」なんて恥ずかしい言葉、Dには恐れ多くて使えるはずもない。正しい日本語を使い続けることができる輩なんて、極端でもなく皆無に等しいと信じている。

正しい日本語を使い続けることのできるのは、日本人ではないのかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »