« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

五月雨や 車庫を燕に 追い出され

5月22日(土)

講師塾 - 昼飯 - ブログ更新 - 買い物。

講師塾では、10人程度の班に分けられる。そのメンバーで模擬授業を行っている。

この模擬授業、ただ授業するだけなら当日でもできるのだが、面倒なのが授業案ってヤツ。

7つほどの大項目があり、更に細かく指導感・児童感・教材感などを作文せねばならず、こいつを納得するまで作りこむのに1ヶ月を要する教師も少なくない。

子どもの頃、授業参観でもないのに、教室の後ろにやたら先生がゾロゾロ集まった授業があっただろ? あれが研究授業ってヤツだ。

きっとその時、先生は心臓バクバクで、やたら滅多に準備をしてきていたんだぜ?

Dの強運は、講師塾での模擬授業の順番で最後を引いたことにある。今日は安心して児童役。

昼飯はココイチに決めていた。

今日は夏日。別のモノを食おうかとも考えたが、さりとて他に食したいものも思い当たらず、初志貫徹。

昔、心理ゲームで、食べようと思っていたラーメン屋が長蛇の列、あなたはどーする?(1)初志貫徹(2)別のラーメン屋にする(3)別のものを食う ってのがあった。結果は忘れた。

ココイチでは、いつも野菜サラダを頼んでいる。

サラダを頼むと、ドレッシングが3種類付いてくるのだが、いつも「野菜ドレッシング」を先に紹介されて、後の2つはお好きにどーぞ、って具合で渡されるんだよな。

で、野菜ドレッシングはそんなにDの口には合わなくて、いつもオリジナルドレッシングを掛けている。

ココイチが野菜ドレッシングをイチオシする理由を推察し、150字程度で述べよ。

解を求めるうちに、自宅でもオリジナルドレッシングを食したくなってきた。会計時にお持ち帰り用を購入。

スーパーセンター○―クワへ寄り道。食糧も薬関係も本屋も、ここ1軒で済むのは助かり。

何かの最新刊が出ていたはずだ。最新刊コーナーに行けば分かるだろう。

分からなかった。置いていなかった。

代わりに、ジャイキリの最新刊を発見。ひょっとして購入済かもと怪しみながら購入。

大丈夫でした。

ちなみに、気になっていた最新刊は「兎」でしたー。「ムダヅモ」の方はたくさん展示されてあったのに。のに。

ハンドソープの詰め替えと、アフターシェービングローションを購入。

ハンドソープの詰め替えって、必ず「当社指定の容器でお使いください」って書いてあるよね?

ガン無視。

Dは現金を3種類に分けて持ち歩いている。(1)小銭入れと(2)マネークリップと(3)財布だ。

実は(2)が行方不明で、先週の出張帰りのRウンドWンで気付いて、落としたのが現金だけ(情報系は財布に集約)なので、しゃーない諦めるかと思ってたら、洗濯したズボンのポケットから見つかって、でも札は全部ゴワゴワで、どーやって使おーかとまーそんな感じ。

マネー・ロンダリング完了。全ての支払いは札で済ませた。

本日は、ピアノ教室初日。2時間程度の練習でいかがなものか。

4曲を演奏。素人もいーところだ。テストさえクリアーできればそれでいい。

2k×x回の謝礼。最終回にまとめて徴収とのこと。

おかんに不法占拠されていた、冷蔵庫の中身をクリアラウェイ。賞味期限が半年以上前のものは、もはや食材とは呼べない。

1.野菜ドレッシング(以下野ドレ)は他のドレッシング(以下他ドレ)と比べて日保ちがしないため、早めの消費を促している。

2.野ドレは他ドレと比べて人気がない(消費量が少ない)ため、先に紹介することで消費量の増大を狙っている。

3.野ドレは会長のお気に入りである、もしくは肝入りプロジェクトであるため、先に紹介するようマニュアル化されている。

以上の理由が考えられる。(180字)

5月23日(日)

夏期スクーリングの申込みと、教採の申し込みをしなけらばならない。

酒に溺れて、結局何もできず。Dの部屋に嬉胃好があったのがいけないんだ!

人はそれを責任転嫁と呼ぶ。

5月24日(月)

往復50kmの以下略。

市街まで出る = 将棋。

いーとこ取りで27勝3敗の勝率9割に到達したものの、最終的には31勝5敗。

ただ今、全国大会開催中。

1000位以内の予選は突破。合計6回のハイスコアを更新するには、5回のコンティニュー(つまり敗北)か、それに代わる6連勝が必要。

結局、全国大会とは参加者から効率よくGを毟り取るための手段。

7は5位。タイム差だが完敗。

7になって、ドラゴン組でも予選突破が容易になった気がする。

協力プレイにプレイヤーが流れているからと推測。

5月25日(火)

まさかの2日連続50km以下略。

まさかの2日連続RウンドWン。

41勝9敗の、勝率8割2分。ハイスコア更新対象となる6回の記録を更新。全国暫定16位。

1戦100Gとして、5kか。注ぎ込んだな。

必ず、連勝してから負けている。もっとも、段位が上がってからは2勝1敗のペース。

このゲーム、8段まで上がると、3連勝で極位に昇格する。

将棋連盟では、4段からがプロ扱いされるので、8段を与えられているのがたまらなく気恥ずかしい。

Dはアマ3段。アマ6段とプロ6級が同格とされる。将棋と相撲はプロに勝てないと言う。後者はよく分からないが、将棋に関しては本当にそーだと思う。

で、極位にリーチを掛けた3戦目、最高記録93連勝を持った猛者と当たっちまったんだ・・・。

まさか、飛車と歩と銀しか動いていない原始中飛車に豪殺されるとは思わなかった。

8段で3連勝が必要といっても、CPU相手なら難なく達成できるレベル。しかし、Gが勿体ないので、人間相手で達成したいと思うのは心情。

拾い勝ちもあったし、優勢な将棋を勝ちきれなかった悔しい勝負もあった。まさに秒読みマジック。だけど、だから、将棋は面白いんだっちゅーの。

対戦相手は、全員1000位以内の猛者。そー簡単にイビアナに組ませてはもらえない。

1度、Dが向かい飛車で相手のイビアナをこてんぱんけちょんけちょんにできた対戦があった。イキそーになるくらい気持ちがよかった。

最終盤、王手飛車を掛けさせて勝つ順を発見。本譜もそのとーりに進行。

王手飛車を掛けたはいーものの、飛車を取った瞬間に1手詰めされる相手が、泣く泣く受けに回ったときの征服感。陵辱感。達成感。屈服感。清涼感。仁慈感。気撞感。歩傳感。

どーだ54、電車関連の記事を読むDの気持ちが少しは理解できたろう。

7は、7位・14位。14位のほうは、予選で芸能・アニゲーと無理ジャンル連発。CPUにすら順位で下回ったDの心情を推察せよ。

次回、予選落ちでフェニックスへ降格。しばらく1人では7をしない。

5月26日(水)

本日の職員研修は、外国語研修でDの担当。そこそこのプレッシャーで。結構緊張していたんだぜ?

会議は恙なく終了。明日はT別S援の会議。これまた気の抜けないことで。

5月27日(木)

サツマイモ植えに朴葉取り、T別S援会議。

この辺りでは朴の葉弁当なるものがメジャーらしい。Dは初めて食する。

5月28日(金)

昨日採集した朴葉で、朴の葉弁当作り。弁当といっても、2枚の朴の葉でおにぎりを包むだけ。

創作クラブでは、ミサンガ作りに挑戦。刺繍糸を三編みの要領で組み合わせていくのだが、XY染色体がどーやって今までに三編みをする機会に恵まれるとゆーのか。

辮髪? 中国人か。

手作り感が溢れる、されど自分で使うには遜色ない作品が完成。

作ってみて気がついた。ミサンガって、蝶々結びできないんだぜ?

S藤F樹が、アイドルユニットをプロデュース。A本Yの真似がしたいんだろう。

最近は、恋愛小説も手懸けているらしい。あまりにも作風が違いすぎる。芹香嬢の召還によって生み出されたものが書いていると推測。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

おっそい!何秒待たせるの!

5月16日(日)

声優の声を聞いた場合、イメージする画像はどのよーなもの?

(1)声優の代表キャラ

(2)声優自身

(3)思い浮かばない

今年発売された、T下Sのアルバムを入手。このブログ視者には蛇足オブ蛇足だろーが、「下」は「シタ」とは読まない。

彼女の声を聴いていると、どーしても(3)になってしまうま。

CCSのオープニングがカバーされており、それが聴けただけでも十分にヴァリューレス。

その曲のときだけは(1)としてCCSが脳内をジャックするのだが、それ以外は暗闇から導きの声が聞こえてくる感じなんだな。ほら、木こりが斧を落とす寓話で、女神の顔が思い浮かばない感じ。

DとT下Sとのファーストコンタクトが、K月M美の「ムーンライトリップス」。

毎回、小ラジオドラマが流され、T下Sは流動的なキャラを演じていた。そのときのイメージが強いんだろーね。

絶対の絶対で、ツン子なんかがインザブレインでウィスパーしたりしないんだからねっ!

理用品じゃないぞ。

生○で思い出した。生活・理科を短縮形にして、縦書きにすると、ちょっと微妙な気持ちになれるんだぜ?

5月16日(日)

友人Sと遊ぶ約束。

待ち合わせ時刻までに少し牌を抓む。1-4で-100G。どんだけ接待麻○やねん。

7と将棋がしたかったので、当初はN波へ行くつもりだったが、N波だと往復1.2k掛かるので、今回は1h掛けて車でN市内のRウンドWンへ行くことに。

Sんとくんが頑張っているおかげで、休日のN市内はとんでもない渋滞に巻き込まれるんだよっ!

RウンドWンがパセリに加入していないのは、想定事項なんだろーか。協力プレイ不可。

将棋で6連勝。ぐるなび検定はA級止まり。

夕食は焼肉。1人で食うより2人の方が、種類も楽しめて値段も安い。生レバ・塩タン・塩ミノは基本として、さらにバリエーションを楽しめる。

呑まないなら、飲み物を頼むのは負け組。

5月17日(月)

往復60km掛けて出張。17:30終了。

出張終了後、RウンドWンにてT下一S棋会。

本日は9連勝でストップ。全国大会の予選も、3000人中300位くらいまで浮上。

トータル30勝4敗。10連勝・5連勝・6連勝・9連勝。

7六歩▲3四歩△2六歩▲5四歩のオープニングで2敗している。いずれもイビアナに組めていない。

6六歩で様子を見て、▲5二飛なら、△5八金右 ~ △6七金として、一目散にクマればいーんじゃね?

1局は △7八金で、もう1局は △4八銀 ~ 3七銀 ~ 4六銀 の戦法を採って負けている。囲いが薄くては、とてもじゃないが負けない気がしない。

このゲーム、見るべきは段位ではなく、通算勝率。6割を切っているヤツと当たるのはボーナスゲーム。

勝ち数が溜まれば自然と段位も上がっていく。どんなに負け数が多くてもな。

プロ棋士・奨励会員・県代表レベルのアマと当たる可能性もあるから、絶対に勝てるとは言い難いところ。

いつか話した通り、将棋におけるコンピュータの進歩は、目覚ましいものがある。

最強のコンピュータに勝てる人間は、500人を切るとさえ言われている。

D? 残念ながら劣勢だ。

DS・PSPに移植されているソフトなら勝てるかもしれないが、PC用ならお手上げ。

名誉だけ欲しいのなら、最低限の駒の動かし方さえ知っておけば、コンピュータの指し手を模倣するだけで天辺に辿り着ける世界だといえば、真似をする無知脳犯が出てくるだろーか。

筐体の前でPCやDSを操作することを恥じるなら、携帯を手に遠隔操作を行えばよろしい。

少なくとも、24などの無料ネトゲでは常に付き纏うコンピュータ代指し問題。ゲーセンなら、限りなく100に近い確率で人間と対戦できる。

Dが多用しているオープニングは、△7六歩▲3四歩△2六歩。3手目△6六歩は▲3五歩が怖い。

4手目▲8四歩と来られれば、おとなしく△6六歩として相矢倉を目指す。横歩取りの定跡なんて、覚えてない。

初手△7六歩に▲8四歩なら、△6八銀として飛先不付き矢倉から端攻めを狙う。

7六歩▲3四歩△2六歩のオープニングから、相手が▲4四歩と角道を止めて普通に飛車を振ってくるなら、何が何でもイビアナを目指して、細かい攻めをつなぐか、受け切り勝ちを狙う。

4四歩から▲4二銀と相居飛車を志向してくるなら、相矢倉に持ち込む。これまた細かい攻めをつなぐか、受け切り勝ちを狙う。

4手目▲8八角成の角換わりは怖い(どーしても力戦模様になってしまう)のだが、それは相手も同条件らしく、未だ喰らったことはない。

将棋に関しては受け将棋なのに、LFでは猛烈な攻めLFになるのは、これ如何に。

受けの棋風が「+」に現れたのは、引きこもりガディム。相手の攻めをひとしきり受けたところで、嫌らしく駒を渡さないように相手玉(L)か全駒(5キル)狙いで責め上げ、締め上げ、染め上げていく、これ快感。

LFを初手ゲーだと蔑んでいる輩は、将棋や囲碁、チェスやオセロをやってみたらいーと思うよ。LFや麻○などの初手ゲーの面白さを再認識できるだろう。

オセロに至っては、必勝法が確立されているんだぜ? ちなみに後手必勝らしい。

この将棋ゲーム、詰みか必至が見えると「勝勢」と画面に表示される。それはそれで、詰まさないと何だか恥ずかしい気持ちにもさせられる。

初回200G、以下1勝ごとに100G、3勝ごとに無料コンティニューのボーナス。9連勝だと、3回の無料コンティニューが受けられる。

5月18日(火)

○―クワのロングスモークチーズは、安くて美味しい。

○―クワの「ちょっと辛いがほんまに美味しいキムチ」は、ほんまに美味しい。

流石、W歌山で最大企業を名乗っているだけのことはある。

K畿地方ほど、3強3弱がはっきりしている地方もない。

5月19日(水)

やべぇ、2週間後の防犯講習、K察とアポを取っていなかった。

「6・7月は無理です」

9月に延期。

5月20日(木)

納豆を、1粒ずつ食べる。

キムチ納豆だからこそできる芸当。

名人戦は、羽生の4連勝。名人戦が倭国に来ることはなくなった。

とか思ってたら、囲碁の方でもタイトル戦を招聘していたのね。しかも第3局。だから将棋は第6局と軽い扱いだったのな。

5月21日(金)

遠足。

防災センターで地震・火災・煙・台風を経験した後、平城宮跡へ。

朱雀門 - 大極殿 - 体験センター が遠い遠い。

体験センターでは、木簡への書き込みや、遺跡の発掘などをやらせてもらった。この辺は役得役得。

2ヶ月前から予約しているんだぜ?

ひぐらしは7に突入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

Shock Quick

5月8日(土)

朝から仔牛塾、もとい講師塾。

休日6日間(午前中のみ)と8kとゆー多大なコストを掛けて、2次試験の模擬授業の対策をするとゆー壮大なプラン。

その後、 昼食 ― ブログ更新 ― 近オリ購入 - 金魚物色 - クリーニング回収 - 登録番号確認のためあーうー - 英検申込みのため本屋 と小刻みに移動。

すし屋だと思って入った駐車場が、「Gんこ」のなんとなく高級割烹。移動するのもタルかったので、寿司会席2kを食す。

近オリは長らく過去のマンガの再掲載で生き長らえていたが、このたびスピンオフ漫画を大量に増殖させて復活。内容? まーそれなり。

本日は、最高気温が30℃を超す夏日。そろそろ庭の池に金魚を放してもいーかと思い、ホームセンターへ。

昨年は、7月限定で30匹600Gのセールが行われていたが、流石に5月では、定価の10匹450Gで販売。あと2ヶ月待つ。

Dは先日、携帯電話の赤外線送信ができるよーになった(今までも受信はできた)!

ただ、基礎情報を入力するためのキーロックが外せなかったので、あーうーで確認。

Dは、基礎情報に自分の名前を入力することに成功した!

ちっちゃいな。

Dは英検を持っていない。いきなり2級の申請。高卒レベルとか。しゃーない、勉強するか。

5月9日(日)

13:00から大学のテスト。

問題は毎回、冊子の形で配布されるので、他教科の過去問を抽出し、模範解答を作成する作業などは容易にできるのだが、今回Dは取得単位が少なくて済むので、半年前に1回受けた分の冊子しか手元にない。

つまり、過去問を全て把握できない。

それ以前に受験したテストの冊子は、年度替わりで教科書が変更されているため、役に立たない。

ネットを駆使し、何とか過去問の断片らしきものは集められたものの、今度は解答を暗記する時間がない。

「ヤマを張る」とは、こんなときのために使う言葉なのだろーか。準備が不十分のままテストに突入するのは不本意だが、遅刻・欠席・無単位よりは1黄河砂倍マシだ。

14:30テスト終了。本来は15:00までだが、ギリギリまで残ったことがない。その足でN波へ。

本日は友人Iたちと呑み会。まずは店の場所を確認。その後で待ち合わせ場所を確認。その後で麻○。4-1-2でマイナス150G。どんだけ接待麻○。

19:20 待ち合わせ場所。K鉄ではなくN海の改札。普段ならまず縁のない場所。

19:30 予約時刻に到着。最初のドリンクが20分待っても来ない店。また来てくれるとか思うな。

21:30 パブへと河岸を変える。「パブ」がセクシャルなイメージで捉えられていたらしく、その汚名を晴らしたかったこともある。

23:00 散会。ギリギリで終電が残っていた。次回は月末の予定。

5月10日(月)

出張。旅費として1k出されるのがちょっとしたお小遣い。当然、ガソリン代のことなど考えてはいけない。

5月11日(火)

学校での田植え。真似事以上の意味はない。

5月12日(水)

羽生が3連勝。倭国は遠くなりにけり。

5月13日(木)

英語の年間計画作成中。Dが授業をするワケではないのに。のに。

5月14日(金)

郵便局見学。大人の観点では面白いが、児童は「郵便局へ行った」とゆー感想が残るだけだろーな。

N県のH23年度の教採要綱が発表。今年は2次に全科が課せられる。ちょびっとだけ有利。

5月15日(土)

家で仕事をしよう → データをUSBに入れるのを忘れた罠。仕方なく休日出勤。

7月末の大学のテスト、8月末の教採に備えるため、20ウン年振りにピアノを習うことに。

あと2ヶ月で12曲。無茶無謀。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

振り穴と不倫アナは似ている

4月29日(木)

久々にMチャオY木店を訪れる。

「いらっしゃいませー」

(1)すげー混んでた(2)店員がコスプレをしていた。

2-2-2-2-1-2-4-4で3kの勝ち。

4月30日(金)

金曜日は4時間授業。実質Dの授業は2時間だけ。明日から3日間は予定が詰まっている。これが浮かれずにいられよーかいやいられない。

・・・6時間目にクラブ活動があるのを忘れてた。

Dは創作クラブ。「ラクをしたい」とゆー消極的な理由。昨年のノロ騒ぎで調理は自粛。手芸なんかが主芸。そりゃしゅげー。

顧問は2人。そのもう1人の先生も遠足の下見のため、本日はDお1人さま。

メンバーは6人全てが女児。年間計画なんかも勝手に立ててくれるので、手が掛からないことこの上ない。

折角なんで、Dもいっしょに何かを作ってみよーかとは思う。

30日(金)・6日(木)・7日(金)を休めば11連休だなーと漠然と考えている輩は多かろーが、本当に実践する輩もいるからスゴい。

5月1日(金)

18:00から塾の同僚と呑み。

11:00にI蘭 → 麻○ のプラン。最寄りのH駅からK鉄に乗ろうとしたところで、友人Sのメールに気付く。

「連休中のどっかで7をやらないか?」

とりあえず返信。Sは映画を見ていたらしく。T橋で連絡が返ってくる。

「今からなら2・3ゲームはできる。その後で出社を予定しているから、昼飯でも食おう」

近代麻○を購入。5月から近オリが復活するらしい。N本橋で降りて、「Aテナ」とゆー名のゲーセンへ。その筋の人には有名な店らしーが、無知なDにとってはワン・オブ・ゼム。

早速、パセリによる協力プレイを観賞。

SはYリを使っていたはずだが、新キャラの誘惑に負けて意趣変え。Aイコなる胸の前でブリッ娘ポーズを取るキャラ。

協力モード:全国通信で、最大4人までがパーティーを組み、地下20Fを目指してダンジョンを進んでいくモード。

全国対戦モードと違い、メンバーの正答率が高いほうが嬉しい。

解答が4文字のクイズで、○文字目を答えろ、全員が合わねーと正解とは看做さねーよとゆー、Nプリーグのよーな問題や、○×問題でメンバーの多数派の選択がパーティーの選択になるとゆー○×多数決、1問多答で、例えば8つの選択肢の中から1人ずつ正しいと思う選択肢を採り、全員正解ならOKとゆー形式など、協力モードならではのクイズ形式が多数追加されている。

パセリに登録しておかないと選択できない。

パセリ:Kナミが作り出した、ゲーマーからGを搾取するカード。インターネットや携帯からでないと入金できない。スイカやイコカみたいなもん。

協力モードは、初回が100G、以下1階ごとに60G。

一部54Gなどとゆー半端な階もあったが、クリアまでに1k以上が必要。

100G投擲に慣れっこのゲーマーにとって、60Gで1コンテニューは魅力。

でも、100G2フロアーだったらコンテニューするかな。そっちのほーが安いんだけどな。朝三暮四。

階ごとにノルマ点数が課せられており、その点数を超えるとクリアー。

2人で協力したこともあり、さくさくと19Fまで到達。そこで無念の再起不能。

「あ、会社から電話や。 ・ ・ ・ 今日、行かんでもえーよーになった」

じゃあ安心してDのカードを 6 → 7 へと更新。

新キャラ? ハイル・Sャロン様!

6のデータは、一部だけ引継ぎ。でも、ドラゴン組まで引き継がれたので、2人がかりでも敢えなく敗北。

さー飯でも行くか、となったところで勧められたのが「T下一S棋会」。

噂には聞いていたが、筐体を見るのは初めて。要は将棋版麻○ファイトクラブ。

初回のみ200G、以下1勝すると追加コンテニューが100G、3連勝で1ゲーム無料。

持ち時間は5分、それを使い切ると1手10秒の秒読み、ただし、30秒単位で合計3回の考慮時間が与えられる。

まだ朝飯食ってないんだよねー、血糖値アガってないからなーと言い訳気味にスタート。

まずは棋力判定。10秒程度の易問が5題。難なくクリアー。3級からのスタートとなる。

待望の初戦! 後手スタート! 相手様がなかなか指さない!

「通信が切れました」

やむなくコンピュータ対戦。最近のコンピュータは強いからな、とビクビクしていたが、コンピュータレベルは低いものに設定してあるらしく、あっけなく勝利。

2戦目。よーやく対人戦。警戒状態MAX。

・・・拍子抜けた。相手様は明らかに定跡を知っていない。危なげなく勝利。

Dの得意戦法はイビアナ。自玉を見なくていーところが計算しやすい。

イビアナの堅さを知っているだけに、振り穴が目茶滅茶薄いものに感じられてしまう。

引き角・三間飛車・四間飛車などを撃破し、危うい局面は何度か迎えたものの、7連勝でいったん閉幕。

将棋に勝ったときの陶酔感は、麻○やLFの比ではないことを思い知らされる。同時に、局後の疲労困憊度も比例する。

LFではなかなか「いい勝負」ができないよーになってきた。麻○とて「オレ様かっこいい!」と思えるのは、よほど高い手をアガったときか、相手のリーチを潜り抜けて凌ぎきったときくらいなもん。

自分よりちょっと弱い相手に全力で勝つ。これ最高。自分と拮抗した実力の持ち主って、どんな種目であれどんなレベルであれ、探すのはとても困難。

将棋は無料ネトゲが浸透しているので、「将棋に興味のある」「ゲーセンにGを落とす年齢層」の発掘は難しいと思われる。あと何ヶ月もつやら。

気がつくと14:00。昼飯はI蘭へ。友人Iの案内でN本橋とN波間の人の波に揉まれる。

初めてN本橋へ行ったのは大学生のときだったか。今やっと、N本橋とN波が、頭の中で線でつながった。

予想通りの行列にも耐え、眼前にラーメンが届いたのは約1時間後。

「・・・ネギだくを注文したんすけど」

「・・・! 失礼いたしました」

小っちゃいことは気にすんな。そーいや最近TVで見ないな。もう終わりか。

食後はM印良品・Aニメイト・Mロソ・Sマップなどに連れまわされる。

M印で買おうと思っていたランジェリーミストが、痛恨の入荷切れ。お香を買って退散。

アロマオイルで加湿器みたいに芳香をバラ撒くやつが欲しーんだが、(1)6kからの出費になるのと(2)備蓄してあるお香が無駄になるのとで踏ん切りがつかないんだな。

Aニメイトで、5年間は探していた単行本を発見。54もそんなのがあるって言ってたな。Aマゾンならこーゆー苦労もなかろーが、発見したときの嬉しさもきっと味わえない。

かな?

(追記:帰ってから読んでみた。どーやら2巻があるらしい。また発掘の日々が始まる・・・)

月刊誌なので単行本のペースが遅いマンガの最新刊を発見。

買おうか買うまいか迷いに迷って結局未購入。自宅で調べるとやはり並んでいなかった。まいっか、次のお楽しみ。

Dトールの抹茶ラテで疲労を癒した後、もっかいだけQMA。混雑のためほとんどプレイできなかったが、見ているだけで楽しいのも事実。

Sと別れて、Oと再会。半年ぶりくらい。

今春、別の会社に移った元上司T(同い年)も呼んで、鶏料理に舌鼓。

O・Sと別れて、そのままカプホへ向かえばよいものを、フラフラフラと足は雀荘へ。

2-2-2-4で1kの負け。

(1)(2)(3)(5)(6)(7)(8)(8)(8)三四五六 ドラ8筒

赤が2枚で親ッパネ確定リーチ。三・六萬は3枚トンでいる。

直後に9筒ツモ。本当はこいつを引くまで待ちたかったのだが、役ナシ親ッパネなら即リーだろ?

不幸中の幸いは、この後4・7・9筒も三・六萬も出ないまま流局したこと。三・六萬は全て上家の手の中。あーあ。

ある局でチートイをテンパイ。待ちの選択は、どちらも1枚切れの1筒と發。

違和感を覚えながらもリーチ。直後にその違和感の意味に気付く。

2筒が4枚トンでいる。しかも直前に上家が1枚2筒を切っている。この2筒は辺張落としだ。

当然、1発目から上家が1筒の対子落とし。下家に追っかけられるも、かろうじて流局。反省の1局。

26:40チェックイン。ガウンに着替えてさー寝るぞ! と思ったら、なぜか既に先客アリ。

フロントに文句を言いに行くのも疲れる時間帯。休憩室で待たされて、何とか個室空間を与えられたのは27:00。

レインボーチャンネルって、27:00終了なんだぜ?

5月2日(日)

6:30起床、のち入浴、8:00朝食。

カプセルが窓のそばだったので、薄明かりがカプセルの中に浸入してくる。平日通りの時刻に起きられるよーになるとは、社会人復活といってもいーんだろーか。

K龍に行こうと思っていたが、(1)朝から重いのも何だかなー(2)ニンニク臭も気にしよーぜー、とわかめうどんに変更。卵も落としてもらう。

S宮着9:40。会場一番乗り。ロビーで雑誌を貪っていたら、定刻5分前くらいに54が、定刻に○谷が到着。

「先に入って待っといてください」と

研修室

(

いつものへや

)

へ案内後、○谷はロビーの方へ。

それでは、とガチャリとドアノブに手を伸ばすも、無情にも冷酷な鉄鍵の感触。

朝から放置プレイかー。やるな○谷。

L氏、Mr.Bさんも来られる。みんなで仲よく○谷待ち。

「いつまで待たされるんすかね」

「それが分からないのが放置プレイの真骨頂」

そんなこんなで入室後、11:00までgdgdとフリプ。大阪勢も3人来られて、9人でトーナメント。

デッキは、6つ持っていったものの中から適当に1つを選択。54も同様。

デッキ名:7.0で殴り耕一は通用するのか?

L:耕一

C:19 美琴×4、長姉・扶蘭倶・瑚凛・変酋長・配達屋×2、兄・照り・三女・岡本・花蓮×1

B: 7 芸×4、腕×3

F: 1 え、奇才と?×1

E:32 術・収入・付け・スラ・嬢・封印・噂×4、応援・活×2

2積みを増やしてみた。ロボ姉・犬・素朴・テネ辺りが抜けた。古き良きLFを懐かしむ。

1回戦 Uにゅうさん

初手:楓・鈴香×2・千鶴・付け・腕・エキサイト。

ダイス勝って後攻。Lオープン:ゲンジマル。

もはや、試合前に相手のデッキを3切りすることもなくなった。儀式的行為も大切だと、頭の中で理解はできているのだが。だが。

千鶴・楓・鈴香を並べる。相手様にもオボロ・リアンノン・ラフィエル・環姉が並ぶ。そして恐怖の・・・

「ASセット」

相手様の手札は3枚。Dの手札は7枚。エキサイト・収入・付け×2・腕・応援・嬢。

バトルをもう1枚引いて、耕一パンチ → L受け → 腕選択 → 付け付けで6点(ラフィエルの効果) → 再度バトルセット → 宣言朝鮮嬢L まで待ちたいところ。

しかし、これは飽くまで勝手読み。相手様に妨害カードが1枚でもあれば終わる。

臥薪嘗胆エンド。相手様もドローしてエンド。

次ターンのドローも収入。ここでの正着は恐らく、収入を手札調整してエンド。しかし、長引くと相手様の手札が充実してくる。鈴香での2ドローに賭ける!

収入 → エキサイト → 配達バトルは真紀子を引いてハズレ → ケモ → 宣言 → 嬢ラフィエル → 付けでダウン → 応援から配達 → 術が落ちた。

返しのターンでASを貼り替えられる。次のドローが腕相撲。ASを返せる見込みがなくなり投了。1敗。

昔なら、じっと自分の手札が充実するのを待つことができたのだろーか。結果論ながら、術まで引き当てることができれば勝機はあったはず。最善手とは、時に華美な手とは限らない。

1回戦全体を見回しても、15分程度で全ての試合が終わっている。マッチングもあろーが、勝利への執着心と、試合を長引かせる拮抗したデッキ同士の対戦が希薄になっているとゆーことか。

2回戦 Mr.牛肉さん

初手:鈴香・術・活・噂・収入・嬢・付け

ダイス勝って後攻。Lオープン:双子の賢いほう。

1表:相手様、男梓を出してエンド。エンド時にDが撃った術が、岡本と芸に化ける。活はイルファを切ってガセネタされる。

耕一に2キャラ並べば、ケモでゴリ押しできる。活が通れば、もう1枚くらいキャラは引くだろう。プラス、2枚のカードが増える。少考して噂。

ドローが変酋長・楓・術だったのは、やりすぎだと思うんだ。

1裏:収入からケモで5点当てて2キャラ展開してエンド。

2裏:収入からケモで5点。当然、嬢リーダー。相手様、身代わりを持っていらっしゃったらしーが、岡本の前に屈する。1勝1敗。

2回戦全体では、諸角vs諸角、総帥vs理奈など、長引く試合が多かった。膠着する緊張感の希薄な試合が増えたのも7.0の功罪。

昼休み

54と十番へ。Dは瓶、54は生を注文。今日のは肉が多く乗ってた気がする。

3回戦 Rビーアイさん

初手:術・ミコト・変酋長・噂・収入・付け・封印

ダイス勝って後攻。Lオープン:マルチ。

(1)腕相撲を引いた

(2)ミコトのおかげでケモコストが回った

(3)相手様がバトルを引かなかった

2勝1敗。

3回戦は、1回戦と同じく全試合が短時間で終了。フリプでまったりも面白いが、普段交流のない方々と対戦できる機会を設けられるのは嬉しい。

「身内としか当たってねぇ!」

理奈で優勝のL氏の発言。確率上、当然そんな漢も存在する。知らん。

大会終了後に、付けメンが死屍のよーにわらわらと遅刻して集まってくる。これが付けメン・クオリティー。

ちるのいやら、属性カードを射精してスペルマカードなどを集めるゲームやらをしているうちに閉館時刻。人込みを避け、早めに54とGGCへ向かう。

恒例のドイツ料理をバラバラと注文。途中、9名の大所帯が闖入してくる。聞くとはなしに会話を拾っていると、どーやら少し年上の同じよーな趣味を持った方々。

「GGCにはそーゆー輩が集まってくるんだろーか」

「瑠衣は朋を呼ぶんだ」

Dはビール3本を、54はそれにグラスワイン2杯くらいをプラスで注文。最終的な会計は一人あたま5.5kナリ。

ビール1本が1k近くするお店だが。

飯を食い終わってもまだ20時前。○谷・J二・G少年と合流しよーとしたが断られたため、YMSKさんたちと合流。

呑み屋で烏龍茶なんかを流し込んだ後、S開地へGo。

S開地とは、男性にとってとても楽しい街であることは確かなのだが、今回の目的はRウンドWン。K~が君の車に便乗させてもらう。

Rんちゃんがあまりにもぶすっとしていたので、車内でずっと詰問口調でいじってた。L氏やK~が君のフォローもありながら、RウンドWンに到着。全部で10人弱。

QMAの店内対戦やT下一S棋会をプレイ。54やK~が君などに手伝ってもらいながら、Jム・Tにぃ・YMKSさんの猛者グループで2位。

カンニングしたDが2位で、バイワンセルフのYMKSさんが1位だとっ?

T下一S棋会は、トータル10連勝でストップ。またいつか今度サムデイ挑戦する。

24時解散。RウンドWンとカプホは、道路1本挟んだ目と鼻の先。8時集合だけを決めて解散。

5月3日(月)

8時半カプホ出立。Nか卯で朝食を摂り、H急でK丸を目指す。

54もK都散策をするとのことでK原町まで。H急K都線はものすごい混雑。54とK丸でお別れ。

10時半、MチャオK丸店。3-3-1-4で7kのマイナス。

3枚切れの両面でリーチしたら親が追っかけてきて、リーチチートイ裏裏の親マンに放銃。

放銃はともかく、単騎で裏が乗ったことに萎え。確か4荘目の東パツで、ラス半を取り消しての延長戦だっただけに余計に無念。

13時、甥の初節句で兄宅へ。甥を含め9人で食事会。

酒も入っていないのに、兄嫁の父から結婚のことやら服のセンスやら体重のことやらクドクドと説教。2度とこんな会に参加するもんかとモチベートさせるには十分の4時間。

「今日の夜、出会い系パーティーあるけど来る?」と友人Iからメール。1度は断ったが、前述の話もあり、自宅まで2時間の車送迎を断ってU田まで赴くことに。

19時、Iと合流。3kで、複数名の男性と女性がいろんな話をするらしい。ちょっとだけ宗教系を警戒。

19:40、受付。出身大学・職業などいろんな記入欄があるが、最低限の個人情報だけを記入して中へ。3kと言われていたが、3.5kだった。

小っちゃいことは気にすんな。そーいや最近TVで見ないな。短いTV人生だったな。3年後くらいの「あの人は今・・・」くらいでのカムバックがあるかどーか。

番号札「9」をもらって部屋の中へ。珍しく男性の少なかった回らしく、男性15名、女性20名くらいでスタート。

Dは決して2枚目といえない面ではあるが、それでも「勝った!」と思えるよーなヤツがちらほら。

女性にはサクラも交じっているだろーが、キャバに比べたら良心的なお値段。

まずは男性が部屋の中央に集められ、その周りに女性がぐるりと囲むように輪になる。

ボールペンとボードが渡され、はがき大の紙に番号・名前・血液型・職業などを記す欄が9つ。

「まずは男性の方から女性の方へ、質問カードをお渡ししてください。質問カードをもとに、ご歓談を進めてください。それではスタート!」

適当に、すぐ後ろにいた女性にカードを渡す。Dは女性のカードに情報を書き込み、Dのカードには女性にカードを書き込んでもらうワケだ。そんなこんなで10人程度の女性との歓談終了。

「次は第1印象コーナーです。今お話をした方の中から3人を選び、2枚目のカードに記入してスタッフにお渡し下さい。カードは次の自由歓談タイムにスタッフがお渡しに参ります」

なるほどー。上手くできてるなー。

カードに記入できるのは3名まで。例えばDが1・2・3番の女性と話がしたいなら、「9番の男性が1番の男性と話をしたがっています」とゆー紙が1番の女性に手渡されるわけだ。

ありがたいことに、Dにも女性から3枚の紙がもらえた。その3人と再対話。

それが終了すると、情報交換タイム。この人とメアドを交換したいとゆー人に何人でも連絡先を渡すことができる。記入カードも中央に何枚でも置いてある。

実は、この時間が最大の羞恥プレイ。女性が男性に連絡先を渡す際、男性は目を閉じて、俯いて待っていないといけない。

スタッフの「はい、目を開けてもいーですよ」の合図で、膝の上のボードに置かれた紙が何枚あるのか確認できるとゆーシステム。

運命の瞬間。

目を開けると、

ボードの上には、

3枚の紙ががが。

ふと隣に目をやると、そこには何も乗っていないボードががが。

イベント前は「最悪の結末も当然想定内や」と強がってはいたものの、今この眼前の現実に、心底ホッとする。

最後にカップル成立タイム。この人とカップルになりたいとゆー上位3名を紙に書き、スタッフに提出。ここでさっきの情報交換タイムでの紙が役に立つ。なんせ、その紙の番号を書いておけば、掠る可能性は大だとゆーことだからな。

第3希望まで書くことができ、志望順位の高いもの同士からカップル成立。

まー、カップルが成立したからと言って、どーとゆーこともないのだが。

今回は5組のカップルが成立。ありがたいことに、Dも選ばれた。

Iも選ばれて、選ばれた男性が先に退出。それから女性も退出してくる。

多分、残された者同士でまたコミュニケーションを取り合う時間が設けられていたんだとは思うが、とりあえずルクプルとなった女性とメアドなどを交換。

先方も2人で来ていたらしく、Iと4人で次の日曜日に食事会をすることを約束(簡単に書いているが、実際にメールが返ってくるかとか、約束が成立するまではバクバクの時間である)。

宗教かサクラを今もなお警戒しているが、3.5kでここまで楽しめるのは面白い。麻○やキャバならもっとGを吸い取られるし、何もなくても3.5kなら諦めもつくしな。

梅田から徒歩圏内。会場費は1日5MGくらいか(家賃150MGとして計算)。

料理・飲み物はナシ。集金は男性からだけだろう。1日10MGがペイラインとして、男性30名の集客かー。上手く回れば美味しいなー。

客に乗じて、エステなんかの営業もできそーだ。あまり頻繁に出入りすると、スタッフにブラックとして登録されるだろーが。

パーティーの会場は固定のよーだから、パーティーに参加しなくても、イベントの最終時刻さえ把握しておけば、ビル前が美味しいナンパスポットとなるのも確か。

風俗的なものを期待して行ったが、実際はナンパしたい男とナンパされたい女の集まり。今回は何とか約束まで取り付けられたが、その娘も実はサクラで、1回食事をしたらさよならという可能性も大。その辺も含めて愉しむのが本筋なんだろーね。

なお、もう1人メアドをゲットした娘がいますが、未だに返信は来ません。まー、こんなもんです。

5月4日(火)

午前中はブログの記入に充てる。

午後は田植えの準備。(1)苗を田んぼから出し(2)根をコテで擦り取って(3)薬を撒く作業。

作業自体は単調なものだが、ふと気がつくとそこかしこにヒルの姿ががが。

本番は明日。

今週分のNHK杯戦を観賞。聞き手の矢内と読み上げの甲斐。この2人は春の女王戦で対戦しており、甲斐が矢内から女王位を奪取した。

テロップも、矢内が「女流4段」なのに対し甲斐が「女王」。しかし、画面では矢内の方が映えるので、1年間はずっとこのままなんだろーな。

矢内がNHKの聞き手を降りるとすれば、里見にオファーがいったときだろーな。

5月5日(水)

8:00から田植え。D宅は3枚の田を所有。

そのうちの1つに行くと、親父の他に2名の年番が。

田植え・稲刈りは今でも大作業。村で年番を決めることで、個々宅の負担を軽くしよーとゆームラの仕組み。

その分、年番に当たると、GWの1週間が全て田植えで消え去るとゆー不条理もある。

田植え機に苗をセット。

当然、田植え機にフィットする苗のサイズがあるわけで、30cm×60cm程度の苗盤にびっしりと芝生のよーに植えられた苗・綯え・萎え。

苗は一括してJAから購入。ウマくできてるワケだ。

田植え開始。改めて見ると、田植え機の仕組みは素晴らしい。タイヤの回転に合わせて苗床から適量の苗を摘み取り、適度な深さに植え込んでいく。

キャットファイトができそーなにゅるにゅるの水田を、相当の重さがある田植え機が滞ることなく行進していく。初めて田植え機の開発に成功した者は、さぞかし歓声を上げたに違いない。

田植え機とコンバインは村で購入。使用料なり管理料を村に支払う。田植え機やコンバインを見ていると、人力で米を育てるのがバカらしくなる。

小5で米作りを習う。人力で田植えや稲刈りを行うが、それを終えての感想は「疲れた」「昔の人は大変だった」で終始するに違いない。

キャリア学習を叫ぶなら、現在の米作りを体験させるほーが数倍優れる。「これならG少年でもできそう」と思わせることができれば成功。卵に味噌汁まで付けることを覚えてしまった輩は、もう牛丼だけの生活に戻れない。

「年の労働日数は」「1反あたりの収穫量は」「その収穫高は」「肥料や苗の値段は」こーいった質問が児童から出るよーになれば、総合的な学習の時間としての狙いは成功。児童は常にリアルを求める。

午前中を費やして田植え終了。昔は家族総出、下手すれば雇ってやっと1日1枚くらいのペース。農業をやると、自然災害が身近に思えてくる。「だいじしんカード」なんて以ての外。

夜はKに道楽。お値段そのままで、コース料理が一品減っていたり、ビアーの質が1ランク低いものになっていたりと、多少は不況を感じさせる内容。

蟹は、静かに食べられるから大好きだ。

5月6日(木)

そしてまた今週が始まる。

5月7日(金)

そしてまた今週が終わる。

「KアクマAゲハ」を知らないって言ったら笑われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »