« Zock on ! | トップページ | 時給500G(それを言うなら昨日は時給50G) »

2010年1月23日 (土)

一発の神様

1月16日(土) 

昨日の収支:+500G。

1-3-4-4-2-2-4-3-1-3-2-2-4。

ドリンクタイプがもれなくフリーだったり、ゲーム代が2.2kと100G上積みされていたり(トップの支払いが600Gから700Gへ)、N波店の常連でも改めてカード記入を義務付けられたり、駐車券を見せると1kまで補助が付いたり、まーそんな変更点。

ブログ更新して、週刊将棋と近代麻○を購入して、ラーメン食って14:00に到着。

・・・開店2日目の土曜日だとゆーのに、メンバー3入りの1卓しか立っていませんよ?

しかも、店長が遅刻(渋滞)し、客が12:00から来ているにも関わらず、麻○を打つことのできるメンバーが2人しかいないので、その客は1時間ほど待たされていたらしいという体たらく。

Dが入るときには、ピン・5でそれぞれメンバー1入りで卓が立てられる状況。

一一五五七八九(7)(8)(9)789 ドラ五萬

赤1で、ツモるか高めが出ると6000オール。だが、一萬が1枚トンでおり、四萬か六萬を引いて待ちを広げたいところ。

と、ここで上家からリーチ。上家の萬子の現物は、二萬と六萬。残念ながら掠っている。

Dの一発目のツモ:三萬。

(1)六萬のスジなので、ツモ切り。

(2)二萬が脇から出ることを願って、一萬切り。

Dの選択:(2)。

これが無事通過。下家が六萬を、そして対面が二萬を切ったところでゲームセット。

「二三四の面子から、五萬ツモっちゃったんですよね~」とは敗者の弁。

一二三四五六(4)(5)(6)56發發 ドラ發

振り込んだりツモられたりして、持ち点が5000点程度の東場。現在、大事にしていた發を対子にしてテンパったところ。

7索では役ナシなので、当然リーチ。

ある程度卓を囲んで、多少の軽口は許されると思い、一発目のツモの前に拍手を打って「一発の神様、お願いします」と口に出してみる。

で、本当にツモが7索だったりするワケで。

その半荘は、リーチ3回中2回が一発ツモ。単純に待ちが両面だとして、一発ツモの確率は5%。

「代走~」

悠々とリーチを掛けた後、優雅に花摘みへ立席。

帰ってくると、丁度上家から追っかけリーチが入っていた。

「本走のお客様が、間もなくお戻りになります。ただ今上家のお客様からリーチが入りました。今からD様が一発で掴む番です」

・・・ん?

ツモ。コレちがう。ポイ。

「ロン」

メンバーに、おしぼりを投げつけてやった。

「ツモ、6000オールの4枚」

「ツモ、6500オールの3枚」

東4局、Dトップ、対面のおっさんG欠。K都銀行を探しに中座。代わりに入ったK主任が入ろうとする。

「別に、この半荘が終わってからでもえーんとちゃうの?」

「いーですいーです、どーぞお早いお戻りを」

釈然としないまま局が進む。K主任が怒涛の追い上げ。トビ寸からたちまち2着目に。

上家の親リー、親のツモ切った5索をK主任がポン、明らかな染め気配、それでもDの安牌が5索しかなくなり、泣く泣く切ると8000は11000にドスン。

結局トップを捲られる。帰ってきたおっさんウハウハ。まー、勝ち分がK主任の懐に入らないだけマシってもんか。

Dが入る前に1半荘あったとして、ピンが全部で14ゲーム。1半荘のゲーム代が2.2kだから、ピン卓の売り上げが約3MG。

5でも同じだけゲームが消化されたとすると、その売り上げは約2MG。

光熱費や飲料費は無視できるとして、人件費や地代はカバーできておるんだろーか。

3ヶ月以内にY木店は撤退するものだと思っているのだが、真相やいかに。

|

« Zock on ! | トップページ | 時給500G(それを言うなら昨日は時給50G) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/33093976

この記事へのトラックバック一覧です: 一発の神様:

« Zock on ! | トップページ | 時給500G(それを言うなら昨日は時給50G) »