« S・○・G・A・○ガ! | トップページ | 竹麻○ »

2009年12月17日 (木)

長島圭一郎と長島★自演乙★雄一郎は似ている

12月16日(水)

FァミマでリポDと近代麻○を購入したら「レシートが当たりになってますがすぐに引き換えますか?」と聞かれた。

咄嗟に首を縦方向に動かさざるを得なかったが、店員は何の説明もせずに商品棚へ。

せめて、何の賞品が当たったかを聞く権利くらいは、持ち合わせていると思うのだがな。

当たったのは、リゲイ○。おいおい、じゃあ、リポDを返品するよ。

そんなこと、できるわけがない。物理的に精神的に義理人情的に。

電車内で近代麻○を観賞。読み進めていると突然エロいページがでてきて焦る。

エロいマンガが見たかったら、そーゆー雑誌を購入するので、せめてそーゆーのは1ページくらいに留めておいてもらいたい。

ボクは闘牌シーンが見たいのでこの雑誌を購入したわけで、決してこのよーないかがわしいシーンを披露したくて公共の場でこのよーなページを開いているわけではないですよと、心の中で言い訳、顔は威嚇。

I蘭へ行ってから麻○をすると負けるとゆージンクス。最近、やっとその傾向が直ってきた。

(1)麺の固さを基本麺にしてみた。

(2)食後、道○堀の前のベンチで、ギャッ○ビー・香水などを纏う時間を設けた。

固麺だと、食後に胃の中で麺が膨張するという話を聞いたのと、食後は胃に血液が集中するので、落ち着いてから麻○をしよーとする、デジタルなのかオカルトなのか分からないジンクス。

香水は、周りの人間も惑わすとゆー効果があるので、強ち的外れの対策でもないのかもしんない。

東パツ、いきなり上家が1000点以下に陥る。

Dは、2着目と3900点差の3位。南3局の親番。

早々に發を叩いて、發ドラ1の両面テンパイ。

ツモなら100点差でマクリ。上家から出たときのみ見逃す。

高い手をアガるより、こーゆー思惑が成功した時の方が嬉しい。お望みどおり9筒をツモって、開局を2着で済ませる。

發を暗カンして、筒子が(4)(6)(8)の形でテンパった。さて、何を切るか。

ダマでもアガれるが、やはり裏ドラが見たい。アガリ優先で4筒切りリーチ。

7筒は1枚切れ、5筒は生牌。

それを差し引いたって、一発ツモが赤5筒って仕打ちは酷いと思うんだ。

5筒・7筒が生牌として、裏目る確率は2分の1。赤5筒を最初に引く確率は8分の1。

そーだ、12%の不運が先に来てしまっただけの話さ。

・・・終盤になって、やっと下家から7筒が出る。裏ドラに8筒があったのがせめてもの救い。

それでも3kは損しているんだがな。70符あるので満貫。赤5筒一発ツモならハネマン。

親で迎えた、流れ1本場のとある局。

W東が対子である以外、何の役も見えない。後付けで二萬をチー。

東と8筒のシャボでテンパった後、トンでもない違和感に気が付く。

一一三で鳴いている。

このまま、東が出たらどーするべきか。

(1)平然と和了を宣言。何事もなければ2900は4400。

(2)ただし、誰かがDの失態を気付いているにも関わらず、任意で放置している公算も高い。和了後にミスを指摘されれば逆4000オール。

(3)和了前の現在なら、アガリ放棄で済む。

(4)とは言え、ミスに気付いていない輩がいないとも限らない。ここは気付かない振りをしておいてゼンツ。他家を降ろしにかかろう。

幸か不幸か、上家に1000は2500を放銃。

「気付いてました?」

対面に知られていた。自重正解。

トリプルの5枚を親っ被りしたり、8000オールの3枚をツモられたりと、決してDの調子が悪いワケでもないのだが、持ちGはプラスの水準をフラフラフラフラ。

DもDとて、得意の似非役満(リーツモ赤裏)を連発して、とりあえず点棒が1MGを切ることもない。

印象に残るのは、やはりオーラスの攻防。

21000点持ちの、ラスと同率3位。2着までは満貫差。

白・中が対子で、索子の混一色も狙える。

ポン白白白 チー789 345中中三四 ロン二萬

中が先に鳴けるなら混一色に向かうが、ラスに落ちない既得権を優先。

トップまで満貫差の2着。ドラは2索。

白發北北中中四六2466(8) こんな配牌だったか。

中・混一色・ドラ1の満貫を目指す。

ポン中中中 北北北2244466 ロン2索

こんな倍満に仕上がるのだから、麻○は恐ろしい。

2着まで8300点差のトップ。

脇に満貫を打ってもトップ、という先入観。

「ロン」

123456789二三四東 ドラ東 ロン東

2着目が下家から満貫の和了。よし、トップだ!

精算ボタンをポチッとな。

・・・あれ、Dが2着だよ・・・?

ふと、上家がリーチを掛けていたことに気付く。そう、そのままの状態でDが下家に満貫を打っても、2着目よりもDの方が300点上回っているのだが、2着目が和了すると、リーチ棒の分だけ700点捲られる。

どーしてそんなに鮮明に覚えているかって? それがラス半だったからさ。

最終的に7kのプラス。

薬(○ビオス・○バユース。○イチオールCを購入する気マンマンだったが、予定変更)を買って、S市で焼肉食って帰宅。

冷静に、本日の収支を計算。

収入:6.9k。

支出:電車1340G、駐車場500G、コンビニ540G、週刊将棋300G、I蘭1150G、薬3160G、焼肉4150G。

収支:4240Gの赤字。

薬代はしゃーないとしておこう。毎回の支出じゃない。

昼飯は、I蘭だと1150G、K龍だと600G掛かる。これもしゃーない。

夕飯は、I場寿司へ行くことも多い。3~4k掛かる。それに焼肉。これも4k掛かる。この辺の支出を抑えよう。

今回の傀は、久しぶりに傀らしい傀が期待できそーだな。

オバカミーコが、あと2回で終了。初期の下手なミーコの方が好きだったが、どーせ片チンのことだ、すぐに次回作が出るだろう。

サンマとピン麻○の共通点:鳴きの上手いヤツが勝つ。

「サンマはその日1番ツイているヤツが勝つ」がDの持論だが、腕でカバーできる部分があるとすれば、それは鳴き方。

サンマはポンしかできないが、6順目で誰かがテンパイしていることを思えば、1巡でも早く好形テンパイを果たしていることに越したこたぁない。

しかも、サンマは混一色やら5やら北やらで、鳴いても手が安くならない場合が多い。1000点でアガることの方が難しいくらいだ。

ゲームの本質を見抜き、戦術を立て実行する。ピンはチップ集め、5は点棒集め、そしてサンマは運集め。

手積みの場合は、洗牌はオール伏せ牌でお願いします。

|

« S・○・G・A・○ガ! | トップページ | 竹麻○ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/32641462

この記事へのトラックバック一覧です: 長島圭一郎と長島★自演乙★雄一郎は似ている:

« S・○・G・A・○ガ! | トップページ | 竹麻○ »