« 書き忘れた | トップページ | 火事は災厄を呼び、旧交を深める。 »

2009年12月 7日 (月)

人はポンのみに生きるにあらず

12月1日(火) 

QMA7のロケテのためにN波へ。

近代麻雀と週刊将棋を購入。

ひぐらし麻雀の連載開始。読んでると、原作がやりたくなってくるな。誰か、貸してくれる人を切に募集。

本日のお題は、無駄ヅモなき改革より。でも、あの状況は絶対にポンの一手だろう。

12:30に友人SとS斎橋Rウンドワン前で待ちあわせだったのだが、N波に11:30に到着してしまう。

1半荘やるにも中途半端だ。途中のゲーセンで4回ほどQMA。

「妻は囲碁棋士の保坂繭」の時点で答えの分かる連想4択。ニヤニヤと眺めていたが、こんなの将棋に造詣の深い者しか分からんて。

ノートを持ち込んで、分からなかった問題を留記している漢が2名。

こんなヤツがいたら勝てねぇ、ヤル気が失せると同時に、ここまでしないと勝てないのかとも思う。

ドラゴン組から、フェニックス組へと降格。まー、何てことない。

Dは、遅刻を許せない人間である。が、N波 ~ S斎橋 の所要時間を見誤り、5分の遅刻。

Sは・・・ビーマニをやっていた。

まずは昼食。カツメシの店へと案内される。

と言っても、カツメシの専門店ではなく、カツメシもある店というお話。

N宮の大学に通っていたD(と54)にとって、カツメシは学食にもメニューのあった、そんなに遠くないソウルフード。

「馬肉で作ったネギトロ丼」に心魅かれ、注文。

白飯と具が、別々に提供される。見た目はネギトロだが、どーやら馬肉を丁寧に叩いてある(もしくはミキサーで砕いてある)模様。

夜は呑み屋もやってるよーだから、ひょっとしたら昨日の余り物の再活用なのかもしれないが、まー食ってみる。

う・ま・い・ぞーーー!

と口から火を吹くほど大層なものではなかったが、「美味い」「不味い」の2択で応えるなら「美味い」に分類される。

学生時代、K本で食した馬肉こそが1番だと思っている。

社会人になって、K本で馬肉を食す機会に与れたが、学生の頃の味には及ばなかった。

「A柳」とかゆー店だったか。一生のうちにもっぺんは行ってみたい。

「こっから会社は近いん?」

「いや、Y屋橋」

ちょ、だいぶ離れとるやんけ!

どーやら、昼休みを利用してわざわざここまで来たらしい。酔狂なヤツだな。

何はともあれ、本日の職務を遂行しに行く。

見た目は6と変わらない。ただし、料金が200G。

キャラが大幅リストラされているとの噂は、本当なのか。

少なくとも、ロケテで使えた旧キャラは4体程度。新キャラも1体だけは使える模様。

「The QMA of Sharon by Sharon for Sharon」を自負するDにとって、社論さえ残ってくれれば他のザコどものことなど気にする必要はないのだが、さて。

もしも社論がリストラ対象キャラだったら? さあ。

新キャラを試してみたい衝動にも駆られたが、カードを挿入して登録する必要がある以上、ここで新キャラを登録してしまったがために、社論を登録できないなどとゆー不祥事に巻き込まれるのもゴメンだ。

大人しく社論を選択して、次の画面を待つことにする。

クイズ形式は、6とそんなに大差はない。

対戦相手は、全員コンピュータ。

「全国協力モード」がウリのはずだが、事前に「パセリ」と呼ばれる電子マネーを購入しておかないと試行できないよーだ。

新システムには、必ず旧勢力の反発がある。

麻○における全自動卓だって、導入前は猛反発があったと聞く。現在を見たまえ。洗牌どころか、配牌まで自動卓に慣れっこだ。

今回のパセリも、こんだけでっかいシステムを導入するのだから、QMA以外のゲームで使われることは必至で、ゲーセンの新機軸となることは目に見えている。

ただ、パセリに落としたGは、ゲーセンのものになるのか、それともKナミの直接収入となるのか。

人件費・光熱費・ショバ代などを提供しておいて、ゲーセン側にGが落ちないのであれば、踏んだり蹴ったりだ。

パセリへの入金を折半、とするのが分かりやすそーだが、カウントがメンドくさそーだな。

16人中10名が準決勝に進むシステムは同じ。ただ、今までは1・2~4・5~7・8~10位の順で予選通過者が発表されていたのが、2~7位までが一斉に表示されるよーになったので、数秒の短縮は実現されている。

準決勝も、8問で行われるのは同じだが、4問毎にクイズのジャンルが変更される。

「兄ゲー・芸能・理系は無理!」と思っても、後半で何とかなると思えるだけマシか。

決勝は目に見える変化を確認できず。

優勝時、キャラに触れることによってメッセージが流れる。

全キャラを試そうかとも思ったが、CPU対戦ではその気力も起こらず。1戦で終えることにする。

終了後、QMAノートを視察。・・・いろんな意見があるもんだ。

友人と別れてMチャオへ。

東場でリードするものの、南場で不用意なフリコミを繰り返しトップを滑るという展開が続く。

(2)(2)(5)(6)(6)

順子・順子・両面とこの形が残ったシャンテン、ツモは5筒。

2筒・5筒・6筒は生牌。

ここで2筒を落とす輩は負け組。4・7筒引きでのテンパイを逃す。

スジ持ちはできるだけ避けたいところであるが、赤5筒の引きも考慮して、打6筒。

「チー」

「リーチ」

・・・下家に赤5筒を晒され、更に対面にリーチが入る。

絶望のタイミングで引き入れたのは、2筒。

ここは勝負しかないでしょう! と6筒を叩っ切ってリーチといくと、これがドスンと一発で刺さる。

まー、こんな振込みはしゃーない。赤5筒をツモりに掛かった姿勢は悪くないと自慰するしかない。

下家・上家にリーチが掛かり、ベタオリで迎えた最終ツモ。

完全安牌がない。

上家に三萬が、下家に六・九萬が通っている。

意を決して、打六萬。

「ロン」

意外や意外、Dの放縦を宣言するその発生は、対面から生まれたもの。

赤2枚入りの満貫。ひょっとして、ここが1番高かったか?

福沢さんが2人お亡くなりになられたところで、景気がV字回復。

リー即ピン赤赤裏裏のハネファイブなどもあり、どんどんG棒が増えていく。

見た目で1MG以上の収入が確認できたところで、一安心。

親とのリーチ合戦。

Dが先攻したのだが、親に追っかけられた。

Dの待ちは、カン七萬。弱ぇ。

親の宣言牌は四萬。しめしめ。早く出て来い。

「ツモ」

願い虚しく、親の自模和了。待ちは・・・ペン七萬?

「リー・ツモ・三色・赤・ドラ」

しかも高ぇ。

別の局でも、親とのリーチ合戦。

Dの待ちは・・・ペン7筒。弱ぇ。

佐々木寿人が言ってた。たとえ2枚切れのペン3筒でも、3・6・9筒待ちの顔をしてリーチしとけって。

「ツモ」

今度は勝ったぜ。ドラ入りの1000・2000だけどな。

佐々木寿人と言えば、こんな牌姿。

三四五五六七(5)(6)(6)1256

ツモ4筒で、何を切る。

1索は国際安全牌で、他の関連牌は全て生牌とする。

A:6筒 B:1索 C:2索。

佐々木寿人は、Bを正解としている。

Aの場合、テンパイを取れる牌は、2~7索の6種21枚。

Bの場合、テンパイを取れる牌は、3・6筒と2・4・7索の5種17枚。

Cの場合、テンパイを取れる牌は、3・6筒と4・7索の4種14枚。

純粋な牌効率を見るとAが魅力的だが、そのうち両面テンパイを果たすのは、2索(1種3枚)を引いた時だけ。

BとCの差異は、安全牌を残すか否かとゆーもの。

たとえ3枚の差であっても、攻撃的な面を忘れるな、という戒めは、1牌の後先で悲喜を味わってきた者にはズシンと響く言葉。

D? 捨て牌が2段目以降なら、1索を残すことを検討するかな。

ただし、この問題を暗記していた上で2索を残し、先に2索を重ねた時の喜びは、想像を超えるものがある。

実利はアガリによってしか得られないが、喜びは闘牌中にも転がっている。

七八(7)(8)(9)34456778

何待ちのシャンテン?

形に強くなるとは、こーゆーことだ。

南場、下家のメンバーが白・中と晒している。

「ツモ、6000オール」

ポン白白白 ポン中中中 東東東発発66 ツモ6索

「・・・それ、8000オールあるぞ」

「え! あ! 失礼しました」

直前に上家の6索を見逃していた様子。ならば、6索もツモ切っちゃえよ。

そんなこと言ってたら、本当に発をツモられていたかもしれんな。

役満警報、未だ発令中。

四暗刻の出現率は、0.1%と言われる。

1000回に1回はお目見えする計算だ。

1半荘で10局打てるとして、100半荘に1回は四暗刻がアガれてもおかしくない。

Dは1日、10半荘は有に打つ。とゆーことは、Mチャオに出勤する10日のうちの1回は、四暗刻をアガれていないとおかしーのだ。

最後に役満をアガったのが、3年前の12月。1日に2回役満をテンパイ(和了はそのうち1回)したこともあったのになぁ。

12000より上のアガリができた覚えはない(積み場は除く)が、2フーロで降り、先手が取れたら愚形でもリーチ、純然たる牌効率、赤があったらGo! などが奏功しているのか、最終的に2.5MGのプラス。

Mチャオでは、ラス半コールが義務付けられているので、トップを取った半荘で勝負を抜ける、いわゆる勝ち逃げは認められない。

タイムラスか、親番・北家で抜けるという決め事は、非常に重要なファクターなのだ。

近代麻雀の広告欄。最近は興味本位で眺めるよーにしている。

MチャオY木店の情報も掲載。あと20日かー。夏休みの残り日数の計算と同じで、数値化すると、もう何日もないなーって気がしてくる。

いつも行くゲーセンの麻雀コーナー。こいつらが雀荘デビューしてくれたら、カモの何乗になるんだろーかと夢想する日々。

「楽園」が目当てで買ったイエモンのベストに、「楽園」が収録されていなかった。

購入時にきちんと確認しなかったDの失態とはいえ、このやるせなさを誰にぶつけよう?

誰? 決まってるじゃないか。覚悟しておけ。

|

« 書き忘れた | トップページ | 火事は災厄を呼び、旧交を深める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/32522161

この記事へのトラックバック一覧です: 人はポンのみに生きるにあらず:

« 書き忘れた | トップページ | 火事は災厄を呼び、旧交を深める。 »