« 近代麻雀のカラーってページがつながってることがよくあるよね | トップページ | 寝室好転 »

2009年8月18日 (火)

ちったぁマシになった

8月18日(火)

何回やっても 何回やっても

開脚前転が 回れないよ!

あの開脚 何回やっても開けない

後ろに回って 距離をとるけど

いずれは足が先に着く

マット連打も試してみたけど

アイツのマットは高くない!

だから次は絶対勝つために

僕は腹筋だけは最後まで鍛えとく

「9月の20日、空いてないか?」

父に予定を確認された瞬間、全てを悟った。

9月20日=彼岸中、彼岸中=人足。

ハタチ以上カンレキ未満の日本人の中で、自分の住所が言えない輩は稀少と思われる。

だが、自分の大字(番地のいっこ前)の住民を全て覚えているという輩は、それよりも稀少だろう。

どーだろう。世間には「女」という生物がいるから、例えばマンションの住民全員の嗜好まで把握している連中は、存外に多いかも知れんな。

Dとて、住民の下の名前までは流石に覚えていないが、戸数と名字くらいなら言える。

つまり、そんな集落。人足は月イチ程度で招集されているのだが、春・秋の彼岸の人足だけは、村中の男手が招集される規則。

しかも、前月の寄り合いにて「A宅は3人、B宅は2人・・・」と事細かに確認される始末。

現在、その集落に在住しているかは問われない。つまり、近辺に住んでいる息子がいれば、強制的に里帰りして召還されるワケだ。

おそらく、その寄り合いがあったのだろう。「お父さんも、その日の同窓会をキャンセルしたからな」

「ゴメンな、その日だけは都合が悪いねん」 人足に欠員を出すことが、村で生きていく上でどれだけ不利益を被るかを考えた上で即答。

金品の提出による代理出席なども認められていない。もっとも、そんなシステムがあれば、お金ばかりが集まって、村の簡易水道の管理やイノシシの罠の確認などを実務する人間がいなくなってしまうだろーが。

「そーか」 人足を断ったのはこれが初めてではないが、断っている理由は常に1つである。

母なら、断った理由を事細かに尋ねてくるだろう。こんなとき、何も聞かずに人足を休ませてくれる父は有難い。

正々堂々と「実はとあるカードゲームのチャンピオンで、Dが出ないと大会が盛り上がらないんだ or どーしても出たいんだ」 と言えるくらいの若さは、もうない。というより、そんな時期は元よりなかった。

風呂に入って、本当にDは大会に出る必要はあるのかを検討してみる。

Dは元から、チャンプはトーナメントに参加すべきではないと考えている。

(1)チャンプによるトーナメント制覇。トーナメント参加者というだけなら、全ての参加者の条件は平等にすべき。チャンプだけに特権(チャンプ優勝=自動的に防衛)が与えられている条項そのものがおかしい。

(2)トーナメントで敗北を喫したチャンプが防衛戦で復活できるのはおかしい。トーナメント0勝6敗でも、最後に勝てば官軍。

(3)トーナメントで敗北を喫した相手と再戦する可能性が。事実、最後の東京公式・東京公式みたいなのの2大会では、いずれもトーナメントで対戦した相手が挑戦者となった。

(4)トーナメント会場を散策することで、大体のデッキ傾向が掴める。自身がガディムデッキを使うなら、手札や闘い方からパニックの投入を探るとか。

この辺は、以前のブログでも言及したことがある。それらをまとめたものに過ぎない。

将棋や麻雀なら、予め作戦や配牌が公示されているワケではない。LFも、事前にデッキを登録しておく必要はあるものの、チャンプのデッキは防衛戦が始まるまで明かされることはない。

それに引き換え、トーナメント参加者のデッキは、会場の、しかも全勝者ゾーンのデッキを見れば傾向が掴める。

将棋なら「ふむふむ、コイツは振り飛車党か。ならば急戦を仕掛けてみるか」と漠然と作戦を構築することはできる。自実、羽生名人の小学生時代のそうした逸話も残されている。

しかし、その相手が自分と対戦したときも振り飛車で挑んでくるとは限らない。反則手でない限り、着手の自由は対局者に残されている。

LFはどうか。少なくとも、チャンプにはリーダー変更の余地は残されている。挑戦者が岸田だと分かれば、リーダーをガディムから琴音に変更しておくのは、ルール上の間隙を突いている。

小規模な地方大会で、大会を盛り上げるために地方チャンプ位を設けるのは吝かではない。

だが、「非」公式を名乗るなら、それなりの心構えで挑んだほうがいーと思うのだ。

「ぱんつ大全」の言葉を借りるなら、「ノーパン」≠「パンツはいてない」なのだ。「パンツはいてない」は「パンツはいてないように見える」でしかない。

「『非』公式大会」≠「公式大会ではない」。

では、大会当日、Dはどのように過ごせばいーのだろーか。

(1)何食わぬ顔でトーナメントに参加する。

(2)大会そのものをサボタージュ。

(3)防衛戦のみ参加。

(3)もアリかな、と思っている。チャンプはサブイベントに固定。会場の様子は見られないようにする。「ルミラ勝ち上がったらしーぞ」とか、会場の喧騒による情報傍受は致し方なし。

旧チャンプに敵愾心を燃やされていた元チャンプの方(挑戦まであと1勝くらいのところで『次の対戦に影響があるので、チャンプの観戦を拒否します』発言)がいらっしゃったが、これなら納得して頂けるだろう。

自分はどーだったんだ、とかのツッコミはナシで。

人足に出るにはどーしたらよいか、というところから派生したお話。人足は午前中で終わる。

「細かいことは気にすんな!」という脳内○谷ヴォイスも響く。「細かいことだから詰めておきたいんだ」と返しておく。

東京公式みたいなのでは、Dは決勝2戦の観戦は控えた。少なくともそれがDの生き方。

T理もKGも惜敗。「1-0と10-1だったら、1-0の方が嬉しいですねぇ」と公言する監督が多い。

「『敗北からも学ぶことはある』という言葉は、敗者しか言わない」。ロシアの女性棒高跳びの人の言葉。イシンバウワとか、確かそんな名前。

9月20日。Dはどんな選択をしているんだろーか。

何回やっても 何回やっても

側転が回れないよ!

あの側転 何回やっても回れない

逆立ちできれば できるらしいけど

補助がなかったら できてない

動画も確かめてみるけど あんな簡単にできゃしない!

だから次は絶対勝つために

僕は背筋だけは最後まで鍛えとく

|

« 近代麻雀のカラーってページがつながってることがよくあるよね | トップページ | 寝室好転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/31008162

この記事へのトラックバック一覧です: ちったぁマシになった:

» 女性 不妊症 [女性 不妊症]
食事から摂取する鉄分の不足があると鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。また、鉄欠乏性貧血という病気は急激に進行するのではなく、徐々に進むタイプの病気であるため身体の方が貧血の状態に慣れてしまい気付くのが遅れるということもよくあります。通常であれば、身体の中に蓄えられた鉄分で補うことができますが、鉄分の不足が続くと鉄欠乏性貧血を起こします... [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 19時06分

» ロシアからの刺客チン・プー。爆笑画像、動画 [ロシアからの刺客チン・プー。爆笑画像、動画]
この人ネット上で流行ってますww [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 19時39分

» 限界までのエロさで話題沸騰!映画「愛のむきだし」満島ひかり [エロイにもほどがある!映画「愛のむきだし」]
すばりパンチラ!オナニーシーンも!満島ひかり見せすぎです [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 15時26分

» sbiカード [sbiカード]
sbiカード [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 03時56分

» 全裸オナニー生配信で募金活動の女性登場 [ニコニコ動画 生配信者 まつちゃん 全裸で募金活動!]
ニコニコ動画で全裸オナニー生配信の募金活動!実話だからすごい! [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 23時39分

« 近代麻雀のカラーってページがつながってることがよくあるよね | トップページ | 寝室好転 »