« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月26日 (水)

やきば104回

! CAUTION

Dのブログのトラバにクリックすると、エラいことになる恐れがあります。残念ながら、Dのコンピュータ処理能力では対処できませんので、責任を負いかねる場合がございます。予め御了承下さい。

8月22日(土)

11:30 父と自宅を出発。本日はN県教採2次の1日目・実技試験。試験開始は13:00。余裕をもって出発。

12:30 会場のN高校到着。道すがら、午前の部と思しき受験者と大量にすれ違う。ヴィークルは楽だ。

13:00 実技試験開始。教室には30名程度の受験者。これがG班となって団体行動。

1次突破者が278名、昨年1次合格の2次免除者が50名と仮定して、11~12の班に分けられると推測される。単純に考えてK班まであると思われる。

控え室は1F。最初の関門は音楽。音楽室は4F。

日頃の行いが祟って、実技試験はいきなりの2番目。4Fへ行くまでに息が切れる。1番目の受験者が「もののけ姫」を奏でている間に、必死で息を整える。

まずは独唱。「おぼろ月夜」「こいのぼり」「われは海の子」「冬げしき」と課題曲が4曲発表されており、当日に歌う曲を指定される。

つまり、4曲とも歌う練習をしとけ、ってこった。

ちなみに「こいのぼり」の歌い出しは「屋根より高い・・・」ではない。「いらかの波と・・・」の方だ。ちなみにDは知らなかった。

N県民なのに「われは海の子」が課題曲とは、これいかに。海のない県のコンプレックス。

Dが指定されたのは「冬げしき」。C~Dの音域ではあるが、F-durのため音域的には歌いやすい。

出来は可もなく不可もなく、といったところ。続いて独奏の試験へ。

予め「ピアノ」「リコーダー」「鍵盤ハーモニカ」のどれを選択するかを教育委員会へ郵送しておく。楽器毎に3つの部屋が用意されていたため、リコーダー選択のDは2番目と相成った。

楽曲の選択は自由。小学校の教科書に掲載されているということで「エーデルワイス」を選択。

「緊張しぃやから、リコーダーやと息が乱れると思った」とは、昨年合格の某教師の言葉。さもありなん。

演奏終了。これまた可もなく不可もなく。次の試験まで2時間待たされることになる。

15:00 お次は水泳。平泳ぎ25m → クロール25m。

要綱には「クロールと平泳ぎ」とあったので、両方とも泳ぐ事態は想定されてあった。

元・水泳部のDにとっては与しやすい泳目。平泳ぎスタート時の「一掻き一蹴り」の解釈が難しいが、小学校の補助テキストに随って「一掻き一蹴り」は行わないことに。

遽しい着替えの後はマット運動。 側転 → 前転 → 180度反転 → 後転 → 開脚後転 の連続業。

やった! 開脚前転がないよ!

今までで一番出来のよい側転に酔いしれるも、迂闊にも後転と開脚後転でミスが。辛うじて形は決まったが、決して満足できる出来ではない。

最後はリズム体操。「40秒の曲に合わせて全身運動をして下さい」。

曲目は、ダンレボに収録されてあるもの。「タタ、タタ、タタタタタタ」の収束が印象的なアイツ。題名思い出せず。

練習として「40秒 × 8回」の本番曲が流される。コイツが曲者。3回目くらいでバテバテの肉体を幇感する。

Dが参考にしたのは「NHKのみんなの体操」と「ファン太郎」。2分くらいのを想定していたので、8回の練習タイムは何を削るかに注力。

で、本番は前奏を1テンポずれて入ってしまうワケで。最後に8拍とるべき部分を4拍に修正して、何とか帳尻を合わせる。

16:50 終了。父には近くで待ってもらっており、車内でやきば用の着替えを済ませる。2次の荷物と併せると、使用したカバン類は6つ。多い多い。

54と連絡、N波に18:00で約束。

17:20 G園前駅にてK鉄に乗車。制服姿の女生徒もちらほら。学校教育法が改正され、夏季休業の日数を校長が自由に決められるようになった。

公教育で実際に現場を牛耳っているのは教育委員会だが、私学ならあまり関係ない。おそらくT塚山の学生だろう。

乗車する直前、Mキティから電話が。「Dさんのブログのトラバを踏んで、エラいことになりました」 この場合、Dに法的責任が掛かってくるのだろーか?

新藤冬樹の「カリスマ」を読み耽りながら時が過ぎるのを待つ。15年前に日本中を震撼させた某宗教団体がモチーフ。

17:50 N波到着。意外と速かった。目の前に美人さんが来るようなポジションで54の姿を追う。

17:55 目標発見 → 捕獲。とりあえず帽子を強奪。現地で8£で購入したものらしい。

54の用意したクーポン券から、手近な店へGo。美人さんが多く採用されている店だった。

鱧やら喉黒やら鱚やら、夏の食材と思しきものを片っ端から注文。会計がインパチとか言われても気にしない。

N波に来てMチャオへ行かない選択肢はない。54と同卓でテンゴ。

・・・最初の半荘で3k放出。(1)取り返さねば!(2)54と毟りあうのもどーかなー、という独断でピンへ移動。

待ち合いの際、「咲」6巻の表紙の鑑賞に成功。ふむふむ、この見えない牌が6索よいうことか。

終了時刻を合わせるため、24:00タイムラスを掛けておく。時間的にあと1半荘が限界かなー、と思われた半荘のオーラスの親。

2着目とは200点差。つまり、ダマで出アガリできる牌姿が望ましい。配牌は覚えていないが、1打目にドラの西(2着目の風)から切り出したのが勝因だと思う。

クズ配牌が重なって、8順目にこんなテンパイを果たす。

23455789(3)(3)(6)(7)(8)

5索と3筒のシャボ。ただし3筒は1枚切れ。1・3・4・6索か2・4筒を引いて、平和になるのを待つのがベスト。ツモ専に構えて手変わりを待つ。

が、しかし、2順後に3着目の下家がリーチを掛けてくる。とんでもないことだ!

5索・3筒ツモれ! と右手親指に力を込めてツモったのが6索。静かに5索を河に押し付ける。

直後の下家のツモ切りが1索。平和・一通・赤の親マン。下家はラスに転落。

2k程度の浮きで迎えたラス半。さっきの下家が東4局で大爆発。4連続親マン以上。2つ晒して5筒単騎の赤をツモりあげてトイトイ・發・赤とか。

2着目以下は全員12000点以下。最後は上家がインパチをブチ巻けてトビ。Dは10000点持ちの3着。

収支:3kのマイナス。あれ? テンゴで負けた分だよ?

24:00 N波に来て一蘭へ行かない選択肢はない。腰回り? 忘れろ。

25:00 54とカプホチェックイン。Dより54の方が重力加速度を受けていないことが、サウナの体重計で実証される。ウダウダ言うヤツは、フッ化なんとか酸に24時間漬け込む刑。

26:00 ロビーで世界陸上を嗜んだ後に就寝。※の女子選手の肉離れが痛々しかった。明日7:30に集合を約束して個室(個ベッド?)へ向かう。

8月23日(日)

 6:30 起床。サウナへ向かう。朝陽が眩しい。今日も暑くなりそうだ。

 7:50 一旦集合をしていたものの、TVのニュースを見ているうちにザ・ワールドを掛けられ、ちょっち遅刻。

館内で利用した自販機はチェック・アウト時に精算。「410Gになります」「お前、エロチャンネル見てたな」

否定はしないが、大いなる誤解だ。(TV代は無料)

 8:14 S宮行きの急行に乗車。

途中のK子園で、大量の乗客が解脱。そーか、今日は高校野球の決勝か。

対面の20代と思しき男女の持っているテキストが、Dの通信教育のブツと酷似。そーか、今日は科目最終試験の日か。

N波からは45分の小旅行。N良からS宮へ流れる人員は少数と思われるが、U田を経由することを考えれば、比較にならないほど疲労は軽く済む。

 9:00 S宮到着。コーヒーショップで朝食。トーストより紅茶の方が高額なのは解せない。

50Gでゆで卵が販売されている、「この一品が腹回りにこびり付くのは、分かってんねんけどな」「分かってんねんやったら、食―なや」

トーストセットにもサニーサイドアップが付いてきていたという屈辱。コレステロールなんて、気にしたこともないけど。

 9:40 会場到着。J元さんより「Aるくが『10MGで』って言ってた」「1.5kに負けろと言っといて」とエロスリーヴを預かる。

当のAるくは、徹夜でバイトの後、19:00よりまたバイトということで本日は逃避。なんだ、時間的には参加できるじゃないか。

10:00 つけメンの遅刻癖は相変わらずのよーで。G少年が10分の遅刻。「全員にステーキを奢る準備はできてるんだろーな?」

「Dさん、貢ぎ物です」 ○谷より「うみねこ」Epi.5を強奪。今回のは、思考の整理のためEpi.1からやり直す所存。

ただし、2次が終わってからな。

最終参加者は10名。大阪勢の不参加が響く。固定5回戦を行うことに。

デッキ名:勢いは東大寺、形は平等院、声は園城寺

L:ヌギー

C:17 HM×4、橘・ソワ・ドリグラ・スヒ・可憐・コロネ・鈴香・マナ・シェラ・エビ・犬・岡本・ユズハ×1

B: 7 3本×4、野外かっきー×3

I: 1 ゆかりとか翡翠とかそーゆーの。亜鉛不足で起こるらしい×1

E:34 術・転機・おとぎ・弓・クリ・不意打ち×4、噂・封印×2、魚肉・マジカルダンス・身代わり・食材・悪司・因果応報×1

3本通して、表裏で暴走をぶっ放しておけば何とかなるんじゃね?デッキ。L総帥・L環姉対策に、ユズハ・味オンチを1積み。

1回戦

選手コールされても、フリプに興じる面子が多いgdgdぶり。対面に座するは、つけメン憐憫リスト第1位、G少年。

隣では、○谷が開始前の儀式を行っている。いざデッキのカット、というところで○谷がエントリーシートを見て一言「『○○た○○す』って書いてあるじゃん!」

隣の本来の対戦相手は、○○た○○す君だったというオチ。当の○○た○○す君は、東方のフリプに興じていたというから笑える。久しぶりに爆笑。いやぁ、本当に笑わせてもらった。

「総帥だろ?」「何で分かったんすか?」

試合前の丁々発止。つーか最近G少年が総帥以外を使っている記憶がない。

ダイス勝って後攻。Lオープン:総帥。

1表:「財力、臨収、テリ、フラ、真紀子、エンド」

1裏:「コロネ、犬、ドリグラ、エンド」

以降、相手様はそれ以外のキャラが出てこなかった。3本は引かなかったが、野外2枚で押し切って勝ち。1勝。

2回戦

Jム君。Dのデッキを知って「いつもの結花だったら、マウントをとれたのに!」と悔しそう。

ダイス負けて先攻。Lオープン:7.0那須。

1表:ソワ・シェラなどノーコストを並べる。相手様、術やら神だのみやらを使用。

1裏:文月と七海が出てくる。

ん? 七海の気力は2だ。ちょっとくらい寄り道しても構わんじゃろ。「暴走を七海に」

「そんなのもありましたね」2表で七海はお亡くなりに。

2裏:「お返しです。トラメをソワに」 暴走でソワに1点乗っている。「そんなのもありましたね」 うっかりと呼ぶには酷すぎるお互いのgdgdぶり。

「そー言えば、神だのみってデッキを対象に取ってんの?」「さあ?」

とりあえずジャッジに確認。「今回は一応デッキを対象に取っているということでお願いします」 今更巻き戻すこともできないけどな。

試合? 相手様のミッションが遅れたため、那須に12点が間に合って勝利。2勝。

昼休み

54と外へ。朝食をしっかりたっぷりこってり摂ったので、空腹感はない。が、54はDの食欲旺盛ぶりをブレンドを飲みながら見てただけ。

会館前の54お薦めの洋食屋が休み。結局、駅前の喫茶店のよーな洋食屋のよーなところへ。54はハンバーグ定食と黒生大、Dはピザと大根のぽりぽり漬けとランチビール。2人で3.4k。

3回戦

K~が君。ガリガリだった学生時代の面影は微塵ほども残っていない。

「『ダイスの大きい方で』って言って、TVに出てくるような大きいダイスを使っても文法上は間違ってないよね」「そーですね」

気をつけろ、本気だぞ。

同じダイスを使って勝って後攻。Lオープン:耕一。

1表:「キャラ出してエンド」「じゃエントリー、ドロー。あ、しもた、暴走撃つの忘れてた」

相手様がバトルを仕掛けてこない。バトルがないのか、こちらの3本を警戒しているのか。

相手様、暴走の返しキャラを、的確にヌギーに指定してくる。ソワもいるのに、寄り道をしてこない。

相手様の前衛に、7.0千鶴が出てくる。回復はされるわ、その代償として気力は減らないわ、3本で2点しか刺さらないわ(源五郎を見習え!)で、天敵ともいうべきキャラ。

あれ? L千鶴って言われてたらしんどかった? 回復より先に焼ききる可能性もあるので、一概には言えないところか。

仕方ない、千鶴に4点を投資。この寄り道は痛い。

結局、耕一に12点まで乗せたものの、そこから芸で殴りつけられて死亡確認。2勝1敗。

手札に弓矢があったが、カウンターされていた模様。とはいえ、暴走のし忘れとか情けない。

4回戦

Fすと君。アイテムぺたぺた総帥。

総帥の初手が悪ければ勝てるし、良ければ机の前でただ座っているだけ。ヌギーってそんなデッキ。

ダイス勝って後攻。Lオープン:S屋。

だったらいいのに。

相手様の前衛は景清・環・夕菜・真紀子。

当方はユズハ・可憐・鈴香・マナ。3本当てて暴走撃って、それかららユズハ出して。

相手様の強弓や抱きしめを、封印や身代わりで凌ぐ。14点まであと少しというところで迎えたDのターン。

手札には弓・クリ・因果応報。理論上は点数が足りている。しかし、総帥に装備されている精神強化の牙城をかろうじて塞き止めているユズハの残り気力は1。

可憐で精神強化をプラチナリングできれば話が早いのだが、それを阻む厳しい目。

ユズハがいなくなった瞬間、夕菜でMADAを引っ張ってこられるのも目に見えている。

ここは賭けだ。「ユズハに因果応報」。

この瞬間、ユズハは気力1の置物と化す。この瞬間に「同時買い物、総帥に怪しい薬を」と言われたら投了級。

しかし、Dの手札に封印があるやも知らぬ。Fすと君の選択は「因果応報にガセネタ」

暴走に厳しい目、プラチナリングに厳しい目でボーナスドロー、何とか総帥に13点まで乗せて、鈴香で弓クリを引ければ勝ち! というところまで持っていく。

運命のドロー!

引ければ世話ないね。怪しい薬で総帥残り気力9。以下は5キルで負け。2勝2敗。

5回戦

54。本日の参加者のうち総帥は3名。お互いに全ての総帥と当たる計算となる。

違うところは、ヤツはその全てで右手を差し出していること。総帥のミラーマッチは、確かに不毛だけどな。

「2ダイス出た目の合計の大きいほうで」「・・・」「まあ、20面ダイスを出すのはお約束だけどな」

6面ダイスを2つ振った結果、負けて先攻。Lオープン:白きよみ。

だったらいいのに。

試合? 9点までは乗せたよ。「後攻、待ちあわせ、夕菜」の条件が揃った総帥相手に何をしろと?

S屋・テリ・夕菜・フランクと揃った相手様、表で福袋装備、裏で買い物から福袋、取り寄せで福袋と花ビラ大回転。

途中で引いた時間稼ぎ「これがインフィニティだったらとは思わない」

こっちにできる行動は、精神強化・保護者のついた総帥に、エンド時に消耗しか強要できないマジサンを撃ってエントリー・ドローするだけ。

常に3枚以上手札調整する相手様を尻目に、うんちくが2枚ぶっ放されるまで放置プレイを受けて負け。2勝3敗。

J二から三国志下敷きをもらう。横山光輝のヤツ。うん、これなら分かる。

○谷とフリプ。本日の○谷のデッキ:4.0ルミラとエロ・ヴィクセン。どちらもヌギーの餌食ですね分かりますホロリ。

一度4.0ルミラ相手にVIPを貼られたが、HM3本でも4点入るとか、もうね。

迂闊にHMを2体出すことができない。因果応報だと撃った瞬間ゴミ箱送り、3本中でも封印でゴミ箱送りにされる危険性を孕んでいる。

16:30までフリプ、16:50会場を後に。

○阪「非」公式大会のスタッフが明らかに。主催のJ元さん、ジャッジの○谷・J二・G少年。任せておいて不遜のない面子。

「GGCへ行くヤツ募集、ただしG・時間ともに青天井」という条件で検索したら、54以外ヒットしなかった。

徒歩15分って、タクるのと微妙な距離だと思うんだよ。まあ、運動後の水分補給の方が美味いか、ということでM町まで徒歩。

2リットル近くのアルコールと、ドイツの家庭料理に舌鼓を打ちながら200分以上を過ごす。

54がお花畑に行っている間(お花畑は女性用の隠語だと承知しているが、雉撃ちだと大の方を意味する可能性があるので)、昨日から強奪している麦藁帽子の代価として、2野口を54の机の上に。

英国土産としてダイス12個をもらっているが、それに追加で帽子ゲット。

このダイス、よく見ると「6」の目がない。「1」の目をオリジナルマークにしてあるダイスはよく見かけるが、このダイスは「1」~「5」までは通常のダイスと同じ仕様。オリジナルマークを「6」に設定してあるのだ。

このダイスで先後を決める際、相手の出たオリジナルマークの目を「1」と誤認させることは難しいことではない。

(1)お互いにオリジナルマークが出なかったとき

(2)相手にだけオリジナルマークが出たとき

(3)当方にだけオリジナルマークが出たとき

(4)お互いにオリジナルマークが出たとき

(1)と(4)では結果が変わらない。先に相手にダイスを振らせ、(2)のときには黙っておく。(3)のときは「実はこれ、「6」を意味するんですよ」と公開する。

気をつけろ、本気だぞ。

2ダイスで「1」とオリジナルマークが同時に出たとき? 相手様がその目を出したときに「合計は「2」ですね」と同意を求めて、相手の反応を探るのも一興。

会計は15k。3年前にオーナーが変わって、当時お世話になったママはもういないそうな。

「10月の土日ならイギリスを案内できる」とのことなので、それまでにパスポートの申請などを済ませるつもり。

おかんからは「何もインフルの流行っている今に行かんでもえーやろ」と言われているが「プーの今しか行くときないやろ」と反論している。

M町 - A崎 - U本町 と乗り継いで帰路に着く。

T橋 - G位堂 - T田 - Y木 - S井 がDの本拠地。T田までは意識があったのだが、覚醒した先はS井の次の駅であるH原。

見たことあるな - ま、まさか - 飛び降りる - やっぱり! 

もう何回目だろう。

運よく(?)折り返しの電車が最終。母と連絡を取り、普通の止まる駅では最寄り(といってもH原から一駅)のH寺まで迎えに来てもらう。

さあ、明日から2次2日目に向けての猛特訓だ。来週まで更新が不定期になるが了承されたし。

高校野球。10-6まではラジオで確認していたのだが、最後まで聞いときゃよかったな。

リンシャン牌。北だったらもっとカッコよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年8月21日 (金)

ちゃんぷるー イズ ベスト

8月20日(木) 

実際に、こんな沖縄料理屋がありそうだから困る。

そろそろ、先後別の勝率を真面目に出してみてもいいと思うんだ。

カード別のエラッタが、どれだけ勝率の差異に貢献しているのかは不明。エラッタを出すべきカードが多数あるということは即ち、カードバランスは取れているという穿った見方をすることもできる。

理想的な先後の勝率の範囲は4割5分~5割5分。それ以上の勝率の差異があるなら、先攻にもエントリードローを認めるなど、具体的な処置が必要だと考える。

サンプルは・・・1000もあれば充分か。n人の参加者がx回戦をスイスドローで行うとすると、総試合数は(n × x ÷ 2)試合。20人の大会で4回戦なら、40試合が行われることになる。

1つの地区だけで一定数のサンプルを抽出するのは大変な時代になったが、固定大会の開催権のあるK戸・N古屋・Sいたま辺りが協力すれば、ある程度のデータ収集は見込まれると予想される。

性感スプレー・・・もとい制汗スプレーを購入。予想以上の刺激臭。敗因は見本の匂いが嗅げなかったこと。電車の中で、「コイツ汗臭いなぁって隣の女の子に思われてへんやろか」とストレスばりばりで40分過ごすよりはマシ。

知り合いのLFターへの電話攻撃。8月いっぱいは試験のため静観。ただ、それ以降の働きかけで、果たして間に合うのじゃろか。

よみのみつあみはさいこうだな。

○谷の生存が確認できて何より。メールは返ってこないけど。

× 五段 → ○ 五弾 と思われ。

司馬炎の説明は分かりやすいな。全キャラに使えるパニック。とりあえず4積みして、噂ガセ稼ぎ4積みからデッキを構築するお。

明日・明後日の2日間は、教採2次 → 54と呑み → やきば → 54らと呑み の濃いぃ内容が予想される。

2次の2日目も控えている。でもその2日間は弾けるだけ弾けてやる。Gと時間は、遣い方が大事。

トンファーキック。ドンキーコングに見えた。

「赤とピンクならあるんですが・・・」

G少年なら、女子児童の体操着でも思い浮かべて「じゃあ両方でハァハァ」とか夢想するに違いない。

どーやらやきばに、Kけふさんが来られるよーで。一応デッキ持っていくか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年8月19日 (水)

寝室好転

8月19日(水) 

「伸膝後転」を無条件変換したら、こうなった。

54より連絡来たり。22日(土)のDの試験終了時刻が未定のため、集合時刻は当日決定。

ビザの関係で、再長期滞在はないとのことだが、もっぺんエセ英国紳士を演じざるを得ないのは確かな様子。

「Dさん、1次合格おめでとうございます」

「おーマメ、ありがとう」

「今、どこっすか?」

「雀荘」

「どこの雀荘っすか?」

・・・「2次試験前に雀荘なんて行ってる場合じゃないでしょー!」と無条件ツッコミ待ち状態だったのだが。

「・・・自宅」

「? 自宅で麻雀やってんすか」

「雀荘は冗談や。一応2次試験前やから、自宅で勉強してるよ」

自分で言った冗句ほど虚しく響く言霊もない。

「そーっすか、Dさんから6時台に着信入ってたんで、いつもの雀荘に駆け付けてみたんですが」

2次が終わったら、たっぷりと愉しんでやる。

「そーかい、ところで、23日はヒマか?」

「? え、何でですか」

「やきば。54も来るってよ」

「そっかー、それは魅力的やなー」

「Dへの御祝儀も受付中」

「はは、考えときます」

ちゃんとア○スも洗ってくるんだぞ。

我慢―できるか!! 優子が好き勝手はしゃぎ回ってるのに、大人しくお座り無理!!(「兎」11巻より抜粋)

触るなと言われて、はいそーですかと大人しく膝を抱えているDでもない。ガディムを微改造、ヌギー3本を新構築。

7.0ドリグラが見つからない。ちゃんとあいうえお順に並べておいたのに。

シェラミレーヌ・・・シルファ・・・那須・・・おかしい。

アンコだから品切れになることもないはず。しゃーない、雑多に保管してあるキャラカード群をほじくり返すか・・・と思った瞬間、はたと気がついた。

正式名称は「グラァ&ドリィ」だった。

もったいないおばけが出るとき:ばったりで暴行を引いたとき。

お互いのL残り気力1。バトル中に味方Lに因果応報を使い、バトルの結果味方Lがダウンしたとき、3点を相手Lに飛ばせば当方の勝ちでいいのな?

HMが複数出ているとき、瀕死のHMにバトルを受けさせ、バトル中に因果応報を撃ちバトルを中断させるというサーカスプレイも。

通常バトルによってお互いのキャラにダメージが生じたとき、クリティカルを使えばお互いのダメージが増幅される?

22日夜は、54とN波のカプホで徹リーか?

(1)マット運動

側転 → 開脚前転 → 前転 → 180度反転 → 伸膝後転 のコンボを練習中。コンボは当日発表のため、昨年のコンボを参考。

上手くできているかどーかは、第三者に見てもらわないと判別できない。同じくM重の1次に受かった講師(年上)と一緒に練習中。

(2)リズム体操

未着手。1分間のヒップホップ系の音楽に合わせて振りを付けるという説が濃厚牛乳。

N県では3年ぶりに復活した試験科目のため、情報が薄い。事前に振り付けを考えておく必要がある。

「リズム体操」でググると、面白い動画が結構たくさん眺められる。

(3)水泳

未着手。嘘でも元水泳部のため、泳法は何とかなるだろう。

今年はクロールと平泳ぎの泳法指定あり。去年までは当日指定だったため、学習指導要領に明記されている背泳も練習する必要があったらしい。

問題はスタミナ。両方とも25mずつ泳がされるとなった場合、体力が持つかどうか。

(4)独唱

練習中。課題曲4曲のうち1曲が当日指定。

Dは音域が高い。G~Gの2オクターブくらい。

いわゆるテノール。このテノールの音域、文科省唱歌と頗る相性が悪い。C-durとか低すぎやっちゅーねん。

知らない曲が多い。歌詞を覚え、曲相を掴み、歌い練っていかないと苦しい。

(5)演奏

楽器はリコーダー、曲目は自由なので「エーデルワイス」を選択。

あんまりピアノが上手すぎるのも考えもので、小学生に指導する際に適している曲目を選んでいるかも採点材料になるという。教科書に載っている曲目を選ぶのが無難。

タンギングって、どないしてやるんやったっけ? 状態。音のブツ切り。頭の中で考えている音階とリコーダーから奏でられる音に微妙な誤差があるので、吹いていて気持ち悪い。

2次の配点:実技100点、論述150点、面接250点。各実技20点だと思えば気も楽になる。

面接重視やね。面接に受かる力って、異性にもてる力と似ていると感じているのだが、さて。

昔は鉄棒も試験科目にあったそーだが、今はなくなっている。マット運動をやめてそれにしてほしいもんだ。

並行して、論作文・教職筆記・面接対策も勉強中。答申がまたメンドくさいんだ。

去年の問題:「学校教育法」21条に掲げられている「義務教育の目標」を3つ挙げよ。

大喜利のお題ですか?「努力・友情・勝利」とか「いつも・ニコニコ・現金払い」とか書いたら×ですか?

予め問題を知っている人にしか書けないよーな問題に思えなくもない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年8月18日 (火)

ちったぁマシになった

8月18日(火)

何回やっても 何回やっても

開脚前転が 回れないよ!

あの開脚 何回やっても開けない

後ろに回って 距離をとるけど

いずれは足が先に着く

マット連打も試してみたけど

アイツのマットは高くない!

だから次は絶対勝つために

僕は腹筋だけは最後まで鍛えとく

「9月の20日、空いてないか?」

父に予定を確認された瞬間、全てを悟った。

9月20日=彼岸中、彼岸中=人足。

ハタチ以上カンレキ未満の日本人の中で、自分の住所が言えない輩は稀少と思われる。

だが、自分の大字(番地のいっこ前)の住民を全て覚えているという輩は、それよりも稀少だろう。

どーだろう。世間には「女」という生物がいるから、例えばマンションの住民全員の嗜好まで把握している連中は、存外に多いかも知れんな。

Dとて、住民の下の名前までは流石に覚えていないが、戸数と名字くらいなら言える。

つまり、そんな集落。人足は月イチ程度で招集されているのだが、春・秋の彼岸の人足だけは、村中の男手が招集される規則。

しかも、前月の寄り合いにて「A宅は3人、B宅は2人・・・」と事細かに確認される始末。

現在、その集落に在住しているかは問われない。つまり、近辺に住んでいる息子がいれば、強制的に里帰りして召還されるワケだ。

おそらく、その寄り合いがあったのだろう。「お父さんも、その日の同窓会をキャンセルしたからな」

「ゴメンな、その日だけは都合が悪いねん」 人足に欠員を出すことが、村で生きていく上でどれだけ不利益を被るかを考えた上で即答。

金品の提出による代理出席なども認められていない。もっとも、そんなシステムがあれば、お金ばかりが集まって、村の簡易水道の管理やイノシシの罠の確認などを実務する人間がいなくなってしまうだろーが。

「そーか」 人足を断ったのはこれが初めてではないが、断っている理由は常に1つである。

母なら、断った理由を事細かに尋ねてくるだろう。こんなとき、何も聞かずに人足を休ませてくれる父は有難い。

正々堂々と「実はとあるカードゲームのチャンピオンで、Dが出ないと大会が盛り上がらないんだ or どーしても出たいんだ」 と言えるくらいの若さは、もうない。というより、そんな時期は元よりなかった。

風呂に入って、本当にDは大会に出る必要はあるのかを検討してみる。

Dは元から、チャンプはトーナメントに参加すべきではないと考えている。

(1)チャンプによるトーナメント制覇。トーナメント参加者というだけなら、全ての参加者の条件は平等にすべき。チャンプだけに特権(チャンプ優勝=自動的に防衛)が与えられている条項そのものがおかしい。

(2)トーナメントで敗北を喫したチャンプが防衛戦で復活できるのはおかしい。トーナメント0勝6敗でも、最後に勝てば官軍。

(3)トーナメントで敗北を喫した相手と再戦する可能性が。事実、最後の東京公式・東京公式みたいなのの2大会では、いずれもトーナメントで対戦した相手が挑戦者となった。

(4)トーナメント会場を散策することで、大体のデッキ傾向が掴める。自身がガディムデッキを使うなら、手札や闘い方からパニックの投入を探るとか。

この辺は、以前のブログでも言及したことがある。それらをまとめたものに過ぎない。

将棋や麻雀なら、予め作戦や配牌が公示されているワケではない。LFも、事前にデッキを登録しておく必要はあるものの、チャンプのデッキは防衛戦が始まるまで明かされることはない。

それに引き換え、トーナメント参加者のデッキは、会場の、しかも全勝者ゾーンのデッキを見れば傾向が掴める。

将棋なら「ふむふむ、コイツは振り飛車党か。ならば急戦を仕掛けてみるか」と漠然と作戦を構築することはできる。自実、羽生名人の小学生時代のそうした逸話も残されている。

しかし、その相手が自分と対戦したときも振り飛車で挑んでくるとは限らない。反則手でない限り、着手の自由は対局者に残されている。

LFはどうか。少なくとも、チャンプにはリーダー変更の余地は残されている。挑戦者が岸田だと分かれば、リーダーをガディムから琴音に変更しておくのは、ルール上の間隙を突いている。

小規模な地方大会で、大会を盛り上げるために地方チャンプ位を設けるのは吝かではない。

だが、「非」公式を名乗るなら、それなりの心構えで挑んだほうがいーと思うのだ。

「ぱんつ大全」の言葉を借りるなら、「ノーパン」≠「パンツはいてない」なのだ。「パンツはいてない」は「パンツはいてないように見える」でしかない。

「『非』公式大会」≠「公式大会ではない」。

では、大会当日、Dはどのように過ごせばいーのだろーか。

(1)何食わぬ顔でトーナメントに参加する。

(2)大会そのものをサボタージュ。

(3)防衛戦のみ参加。

(3)もアリかな、と思っている。チャンプはサブイベントに固定。会場の様子は見られないようにする。「ルミラ勝ち上がったらしーぞ」とか、会場の喧騒による情報傍受は致し方なし。

旧チャンプに敵愾心を燃やされていた元チャンプの方(挑戦まであと1勝くらいのところで『次の対戦に影響があるので、チャンプの観戦を拒否します』発言)がいらっしゃったが、これなら納得して頂けるだろう。

自分はどーだったんだ、とかのツッコミはナシで。

人足に出るにはどーしたらよいか、というところから派生したお話。人足は午前中で終わる。

「細かいことは気にすんな!」という脳内○谷ヴォイスも響く。「細かいことだから詰めておきたいんだ」と返しておく。

東京公式みたいなのでは、Dは決勝2戦の観戦は控えた。少なくともそれがDの生き方。

T理もKGも惜敗。「1-0と10-1だったら、1-0の方が嬉しいですねぇ」と公言する監督が多い。

「『敗北からも学ぶことはある』という言葉は、敗者しか言わない」。ロシアの女性棒高跳びの人の言葉。イシンバウワとか、確かそんな名前。

9月20日。Dはどんな選択をしているんだろーか。

何回やっても 何回やっても

側転が回れないよ!

あの側転 何回やっても回れない

逆立ちできれば できるらしいけど

補助がなかったら できてない

動画も確かめてみるけど あんな簡単にできゃしない!

だから次は絶対勝つために

僕は背筋だけは最後まで鍛えとく

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年8月17日 (月)

近代麻雀のカラーってページがつながってることがよくあるよね

8月16日(日) 

い~いテだな あははん

い~いテだな あははん

ドラが暗刻から ぽとりとカンコに

ハリて~な あははん 三面張 あははん

ウラも乗りーまして 三倍満のツー

○阪夏の陣。9月は秋か?

つけ100で50人集まったのが検討材料。

関西の現役LFター30人は集まるだろう。過大評価か?

後は遠征組がどれだけ集結するか。東京公式みたいなのは、大会1ヶ月前でどれだけの予約者を確保できていたのか。分かれば率から凡その大会参加者数が判明する。

参加予定の関西民は、早めに予約するよろし。予約数が一定数を超えれば、加速度的に予約数が増える。家電・携帯電話の所有率などでよく見られる法則。

ただ、忌避できないマイナス材料がN古屋の同日開催。前回のCSSD杯の参加者数は24名。会場借款の都合上、開催日をずらせないのは承知の上だが、いやはやなんともはや。

CSSD杯のフィクサーが、東京公式みたいなののプロデューサー。何とかN古屋票を取りまとめて・・・と淡い期待をこめてみる。

○阪夏の陣の日程も、変更しづらいよなー。

関東・Q州はどーだろー。Q州は安定して5人程度の参加が見込まれる。やはり焦点は関東。LFの大会が開かれるというだけでは集客できない。古い友人に会いに行く、というのが大きな副次的要素だが、関西地区はLFにおいてそーいった努力を怠ってきた。いや、する必要がなかった。LF鎖国地域。

やきば協賛、(自分で言うのも何だが)現役関西トップLFターのジャスティスとヒールが全面協力、(まだ決定ではないが)ベルト移動もあるかも?(会場借款の都合上、防衛戦を行う時間の捻出が未定とのこと。詳細不明)

後は豪華景品と、2.0世代に魅力あるサブイベントの提供くらいか。前夜祭・後夜祭・その他呑みイベントなんかも有効なのか?

電話でこつこつ参加を促してみるとか。議員の気持ちがよく分かるな。公職選挙法を考えずに済むだけマシってもんか。

久々に教職教養のテキストを紐解く。図書館でみっちり勉強。論述試験まで後2週間。○いたまではどんな問題が出たのか情報求む。

毎年この時期は、地域総出の盆踊り大会。廃校となった小学校跡地で開かれる。

更地となった校舎跡が痛々しい。プレハブだった音楽室だけがぽつんと取り残されている。

災害用の建物として、体育館は健在。Dが小学生のときに建てられたものだから、築20年。流石に外壁に汚れが目立つ。当時の白壁の眩しさをリマインド。

教育実習で面倒を見た児童の姿もちらほら。こんなDでも、教師になることを純粋に嘱望してくれているのだから、うれしいもんだ。

表の顔と裏の顔との変貌が著しい。家庭を持つと苦労しそうだ。

まったく、この田舎オブ田舎sのどこにこんだけ人がいたんじゃい、と邪推させるくらい人・人・人。つっても200人もいないだろーけどな。

この人数で署名を集めたら、Dの地区にもブロードバンドの波が来るかなー、と毎年思うのだが、思っているだけ。肝心なところで他人任せで実行力に欠ける。

元々は敬老の日に開かれていた区民運動会をずらして、帰省民を呼び込むために企画されたイベント。見知らぬ顔がほとんど。

逆に、今のDの顔を見ても、昔のDの面影はほぼ残っていないしな。自分で昔の写真を見ても、本人かどうか疑わしい。

旧知の人間に会うと、第一声が「肥えたなー」次に「お父さんに似てきたなー」。

ここ数年では稀に豪勢な花火を鑑賞した後、祖母を引き取り帰路につく。今回は後部座席に収監。こんな田舎オブ田舎sにネズミ捕りなんていないだろーけど。

後部座席も、シートベルトの着用が義務付けられている。

夕食前にはランニング。マット運動の肝は、腕の筋肉と腹筋。あとは体重を絞ること。体重計がないので目標も設定していない。

腹回りに、バウムクーヘンの外っ側の白い甘いのが2cmくらいこびり付いているイメージ。体を横へ傾けると、白い脂肪の塊が3つくらい皮膚に抵抗感を与えてくる。

1平方cmあたりの毛髪密度と、ちゃん様もびっくりのボンレスハム状態が現在のDのナイーヴポイント。開き直るしかないね。

コスプレ格闘家の弟が、西日本新人王。兄が兄だと弟も大変だ。アニメの質問される率100%。

うっかり「しずかちゃんの入浴シーンが好きでした」なんてことも言えない。

2年後には、話題づくりのため兄弟でコスプレしてる、に1000ペソ。

マンホール。何ていやらしい響きなんだ。

N県の教育スレを見る。K都K育大のレイの事件の関係者がT町で現役教員に就いている件と、採用の際のコネコネが横行している件ばかりとで、反吐が出そうになる。

逆に言えば、○分の件があったからこそ、今年こそはモア・クリーナー(文法間違っているけど、この方が通りがいいだろう)になっていると信じたい。

「咲」は、10巻以降はどーなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月15日 (土)

カタコンベは肩凝んべ

8月13日(木) 

気合いの入っている魚!

エイ!

気合いの入っている調味料!

オス!

気合いの入っている動物!

ウシ!

気合いの入っている数字!

トオ!

気合いの入っているイタリア料理!

ドリア!

気合いの入っている色!

ホワイト!

気合いの入っている自動車用品!

ウォッシャー!

気合いの入っている将棋の駒!

オウ!

気合いの入っている野菜売り!

ウリヤ!

「気まぐれコンセプトクロニクル」より抜粋。一部創作。

「咲」6巻の表紙のお姉さんは、どこに6索を持っているのだろーか?

1:6索の代わりにリーチ棒を持っているじゃないか!

2:実はすり替えるためにリーチ棒を持った右手の中に握りこんでいるのさ

3:帯で見えない左手で持っている、もしくはDの観察能力が甘い

4:5巻までの各巻に索子牌を手にしているなんて設定なかったことにー

今のところ「咲」を購入する予定はナッシングバット。

発声 → 牌を横に曲げて河に置く → リーチ棒を出す が正しい順。

通らばリーチ(「これ通る? じゃあリーチ」)や発声なきリーチ、リーチ棒を出してからの発声の何と多きことよ。

不意打ちで肝心なことを書き忘れられるとは、Dもまだまだ甘いなー。うれし涙が出そうになった。

とりあえず、謝礼っとくか。サンクスギビングデー。

「有給」は労働する意義3つから外せない条件。「有休」は雇用者の義務。結局、活字にするときは「有給休暇」と書かないと変な意味になってしまうのではなかろーか。

口頭なら、どーでもいー。

つーか、23日やきば? 初めて知ったぞ。久々に苦悩。誰だこんな日に設定したヤツは。微妙に行ける日だってのが泣ける。海原雄山ばりに卓袱台をはっちゃけてやる。

54のデッキ・・・必要だよな。2次試験にデッキを持って出かけろと言うのか?(後述するが、昨日更新予定だったので、54に先に書かれてしまった感は否めない。なお、22日は実技試験のため、もっぱら前転とリコーダーの練習に明け暮れている今日この頃である)

ヌギー3本でいーんじゃね? とオチが先に見えてしまっている、ねここバーン考察。

D返しを撃ちたければコストが必要なのに、キャラ展開のために収入を積むのはもったいないという二律背反。

必定、生贄・すもも・エビル・Shock-Zaireなんかが積まれることになるのな。

ちはやの必要性には疑問符を感じるが、最悪ちはやが生贄に捧げられることを考えると、まーアリに入れとけ。

L:かにばさみ

C:すもも・ちはや・エビ×4、橘×2・ドリグラ・文月・メイ・アルサル・マナ・メカ花梨×1

E:術・弓・クリ・贖罪・応援・不意打ち・生贄×4、噂・封印×3、身代わり×2、D返し・アクシ・玉砕覚悟×1

フィーリングデッキ。仮回しする予定すらない。

ルミラ相手だと、芸・付け・エビで、総帥相手だと、後攻・待ちあわせ・結菜でLキル十分条件を満たされてしまうトコロが泣ける。

総帥の場合、最初に装備するアイテムは保護者だということさえ間違わなければ、すぐに精神強化を間に合わされてしまう。

本当は昨日更新予定だったのだが、マンガ喫茶のネットコーナーが驚愕の1時間待ちとゆーことで断念。

正月・GW・盆が忙しいのは雀荘の黄金律だが、マンガ喫茶もそーだったとは知らなかった。

Dの行動を阻害するヤツは、とっととカタコンベででもくたばってやがれ。

オレ、教採に受かったら、海外へ旅行に行きたいんだ・・・。

そんな死亡フラグは要らない(もっとも、合否に関わらず行ってみたいのだ)が、四国やQ州を海外と呼ばないなら、海外旅行は高校時代にK国へ強制連行されたのみ。

パスポートだって、とっくの昔に失効している。もっとも、当時の写真はイナカ高校生丸出しだったので、消去したい一品ではある。

メシの美味い処がいい。となるとアメリカ・イギリスは真っ先に候補から外されるのだが、有能なツアコンがいるイギリスを選択肢から消去するのは、ちともったいない。

22日に話を詰めるか。Dが23日に出場するなら、22日はN波で宿泊予定。

54が総帥で出るなら、総帥メタデッキを組んでおかないとな。預かっていたカードの処遇も相談しないとな。つーか、Dのカード群と同化政策をとったので、もう何が何やら。

当然54用のデッキは組んでくるつもりだが、顧問カードや麗耶カードを22日に持っていくことは困難なので、そこんとこはお察し願いたい。

>車擦ったり、何かとチャンプと行動が被る

コッチのセリフだ。つーか吹いたわ。お互い、2次も受かっていることを切に祈りませう。

さあ、ギフト○士やシャ○ィあたりで「非」公式大会チャンピオンベルトでも作っておくかー。

そうそう、お帰り。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月13日 (木)

ぱんつ大全

大全コンプリストのDにとって、是が非でも買い逃すことは許されない逸品。

「『ブッ殺す』と心の中で思ったなら、その時すでに行動は終わっているんだ」が裏の座右の銘であるDをもってすら、購入を躊躇させる挑発的な表紙と直球ストライク・バッターアウト!なタイトル。

『ツンデレ』や『ヤンデレ』など、一般人の認知度が低い言葉ならともかく、『ぱんつ』、しかも平仮名ときた。どんだけマニアックやねん。

1:さあ、カムフラージュとなる他の雑誌を探すか
2:おーとーこーはー汗かいてベソかいてGo!
3:あーまーぞーん!(小島よしお風に)

現実路線で1を選択。ところが、こんなときに限って衝動買いしたくなるよーな適当な雑誌が見当たらない。

ずっと内部留保している、『うみねこ』シリーズの探求本がその本屋にあれば、D管理部の審査がユルユルになっている日だったのに。

ネット環境のないDにとって、3はあり得ない選択肢。不本意ながら2を選択。

で、こんな時に限って女性店員のレジの列に当たります、っと。

流石に目を合わせらんない。高校時代、エロ本を買うときは1円単位でピッタリの金額を用意してレジに向かっていた猛者(チキン?)がいたが、今回ばかりはその気持ちもちょびっつ理解できる。

『ヤンデレ』『いちゃラブ』がやや低調だったのに対して、今回のは作り手の意志がしっかりと感じられる逸品。

『妹』・『鬼畜』・『姉』・『メイド』・『ツンデレ』・『ヤンデレ』・『いちゃラブ』に加え、今回の『ぱんつ』の計8作品で帳尻は合ってるよね?

買い逃しが判明した場合、その作品を(未読本なら)5kまでは出す覚悟。

母校の高等部が甲子園出場。何の感慨も湧かないわ、とか思っていたら、勝利して校歌が流れたときには涙が出そうになった。

大学と校歌は変わらない(正確に言えば大学の校歌は4つ以上ある。しかも英語)、しかもDは合唱部出身。共に歌わない理由はない。

Ritz出身の父から「あれは新月じゃなくて三日月だろ」とツッコミが入る。反論できず。

T理も圧勝。Dの中学の同級生のヤンチャくれがT理で甲子園優勝を果たし、現在はLッテの打撃投手を務めている。嫌いなヤツだったけどな。

Dの高校入学の翌年くらいから、T理で喫煙事件が発覚。以後数年間に渡ってスポーツ推薦制度を中止するというT理暗黒時代もあった。

現在はT理のスポーツ推薦制度も復活。T理・C弁のスカウトの目に留まらず、K山に行くほどのオツムも持ち合わせていないN県の野球キティは、今年も野球後進県へと都落ちしていきます。

「これを見ていないと翌日の会話が成立しない」という程、小学校のクラス全員が見ていた番組があった。

Dにとっては下劣で、唾棄したくなるような最低の番組。それが「Tねるずのみなさんのおかげです」。

それでも、金曜朝のクラスの会話についていけなくなる恐怖が、木曜21:00~22:00の時間帯をTVの前で強制固定される忍耐よりも優った。

自分の意志以外で行動を強制される経験は、これが初めてではなかっただろーか。

ある時、番組初頭からK梨N武の訃報を延々と流している会があった。

結局それはガセで、ブラック・コントに部類されるよーなものだったのだが、Tねるずだったからギリギリアウトだったんだろーね。

同じことをSM○Pがしていたら、メンバーの仕事が全部ぶっ飛んでいたことだろーよ。

で、今回のテスト結果報告。あとワンクリックで受験番号が表示されるというところから、なかなか次の画面へ進むことができない。

他のブログを参照するなどして、心の平静を優先させ、何とかマウスの左ボタンを押す決意が固まり、スイッチオン。

・・・Dの番号の直前で、番号が途切れている。あと1回、中央ボタンを手前に回す必要がありそうですよ?

意を決してクリック。
・・・・・・・・・
・・・・・・
あった。

嬉しさで言えば高校の合格発表、どきどきで言えば運転免許取得の時以来の感覚。
いや、一度親の勧めで消防士試験も受けたな。倍率34倍。170名の受験に合格者5人。

筆記はその5人に入ったけど、面接と実技(懸垂など)で落とされた。いい経験だ。
1次試験は何回かに分けて行われるが、2次試験はその合格者を一同に介して行われるらしく、「え、5人で2次試験を受けるんじゃないの?」と困惑した記憶がある。

合格発表を見たときも、「え、コイツが合格?」みたいなことを感じ、実技・面接の他に何かエッセンスがあるような思いを禁じえなかった。

N県は未だにコネコネが横行している(実際新聞沙汰にもなったしな)だとか、大卒は採らないので履歴書の偽載が蔓延しているだとか、それっぽい理由はいくらでも後付けできるが、大事なのは消防士にはなれなかったという結果のみ。

Dの両親は、極端なボス・レッドサークル。和訳すると親方日の丸。ヌルいヌルい。

恍無印こそが絶対唯一の職業だと信じ込んでいるから始末が悪い。それならLコスト1キャラデッキ→手札でも用意しとけよと思うのだが、そこまでの甲斐性もない。

絶対ならないであろう職業を、今更になって目指しているのだから皮肉嘆息なもんだ。

恍無印なら何でも可と、今までの生活と全く無縁の消防士試験を受けさせた両親と、人生に何の目的もなくその提案に乗っかったD。

ちょーどQ州で非人間的生活を送っていた頃のお話。前々職以外の仕事なら、何でもよかった気がする。

塾へ就職したのも、親父が勝手に資料を取り寄せたから。本当は気が進まないんだけど、親父が受けろと言うから的な。

アムロ以下だな。

目的のある現在が、一番有意義なモラトリアムを過ごしているというのもアイロニカル。

大学受験はセンター利用のため、100%合格が分かっていたので何の感動もない。

第一志望の国立は、合格に見合うだけの努力を怠ってきたので落ちてもさほどの感情の起伏もなかったこととか、倍率2倍の希望のゼミに入れて嬉しかったこととか、第一希望の会社に最終面接で落とされたこととか、社会人になってもう一度その会社を中途採用で受けたら、やっぱり最終面接で落とされたこととか、結構記憶が蘇ってくる。

教採1次の集団面接は受験番号順。よって、一緒に集団面接を受けた輩の合否は判明。
Dの他に受かるとしたらコイツかな、と思っていた人が受かっていた。一般企業と同じく、面接重視か。

Dの班からは、8名中2名が合格。全体の倍率は2.5倍程度。2次で更に100人削られる。倍率1.5倍程度。詳しくはHPでも見れば?

1次試験合格のおかげで、今年と来年の2次試験受験権をGet。少なくとも来年1年間は講師として雇ってもらえるらしい。

と同時に、22日・29日・30日の受験も確定。15・16日の大会参加は、自粛すべきだろーと現在のD内並列脳会議中。

22日(土)は13:00より受験開始。終了時刻未定。マット運動・水泳・リズム体操・歌唱・演奏。14日(金)に介護実習が終了するので、15日(土)から特訓開始。

現在ジョギングにて減量中。

取得単位に漏れがないかどーかが、戦々恐々。

半公務員みたいなもんなので、もう好き勝手できない。気をつけねば。

誰だ、3面記事に載らないよーにせーぜー気を付けやがれ、と思っているヤツは。

心して受けとめておきます。

| | コメント (1) | トラックバック (11)

2009年8月12日 (水)

残念なお知らせ

8月11日(火) 

まー、そのなんだ。

学生の新卒であれば、売り時は1回のみ。卒論だけを残して強引に留年、新卒の資格を維持するという手段もあるが、大概は他で内定を貰った会社に就職するわな。

教員の場合、新卒採用率は4割程度。講師を経たり他の職に就いたり、とにかく何遍も受験することは珍しいことではないのな。

1次試験が受かると、翌年の2次試験が免除される。2次試験の合格倍率は1.5倍程度。1次に受からなかったとしても、翌年も翌々念も受け直せばいーだけのお話。卑屈に構える必要はない。

筆記は、人並みにできたかなー、という程度。怖くて答え合わせがまだできていない。

細かく分析すると、一般教養は「分からん問題は分からん」。

( A )についての理解を図り、わが国の国土と歴史に対する理解と愛情を育て、国際社会に生きる( B )で民主的な国家・社会の形成者として必要な( C )の基礎を養う。

社会の学習指導要領からの穴抜き。( A )はド忘れ、( B )は楽勝、( C )は・・・「公民的資質」が正解なのだが、「資」を「姿」と書き間違えたのでは、とウダウダ悩んでいる。

合計特殊出生率を説明せよ。

子育てと仕事の両立や高齢社会を支えるため、1995年に試行され2004年に大幅に改正され2005年に施行された法律名。

卑弥呼が中国の皇帝から与えられた称号。

1911年、平塚らいてうらが発刊した機関紙。

自信のない問題は、社会に集中。

教職教養は、マークシート。90分で50問。とてもじゃないが時間が足りないことに開始30分で気付く。

後は時間との闘い。マークシート問題は、分からない問題は保留しておくのが鉄則なのだが、今回はとにかく無理やり1つに答えを絞って、多くの問題に目を通すことを優先。強引に捻出した5分間は、マークミスがないかどーかに腐心。

中学免許を持っていると、10点優遇される。ほとんどの人間が申請のため1教室に長蛇の列を成す中、とぼとぼと帰路につくD。

集団面接は8vs2。「あなたたち8人は同じ学年の学級担任です。4月と比べて遅刻が目立つようになりました。学年としてどう対応するか討論しなさい」。

「お前ら、遅刻してくんな!」と一喝して終わり。そんな簡単な問題なら苦労しないわね。

ここは社会人と学生とで経験の差が出るところ。正直、8人中トップの受け答えができた自信があった。

とは言え、自身の判定と客観的な判断とに大きな隔たりがあることは、数年前のG少年のブログを見るより明らかだ。そーいえば、G少年のブログはまだ開講されているのかい?

教職教養:100点満点、一般教養:200点満点、集団面接:250点満点のうち、Dの集団面接が高く評価されることを祈りつつ、合格発表日を待つ。

8月4日(火)~8日(土)はK都にて体育のスクーリング。BAKUMAN4巻を購入。

マジ全身筋肉痛。4月から4ヶ月で体重が6kg増加している。アルコールも控えめなのだが、何かの病気なんだろーか?

初日にアキレス腱をヤってしまった人も。単位なーむー。1次受かってたら、2次を棒に振ってしまってるんだろーか。

マット運動の個人レッスンを志願しつつ、何とか5日間のプログラムを終了。特訓が無駄にならないことを切に祈る。

昨日(10日)からは老人介護施設にて5日間の実習。マジ田舎。車で50分。つーか、自家用車での通勤は認められていないので、初日は親父に送迎してもらう重役出勤。

2日目からは、牧歌的雰囲気を信じて公道に駐車。例の斜線マークは見かけないので、多分だいじょーぶじゃないかな?

教育実習や特別支援学校と違い、対象年齢が若干(?)お高め。教育というよりはまさに介護。前向きなDも流石に違和感を感じる。

「この学級を任された」「この個人を任された」という有要感も、未だ感じられていない。食事の準備・後片付けや、利用者(上手い言い方もあるもんだな)とコミュニケーションを図ることが主な仕事。

肉体的な労働としては、教育実習などと比べると遥かにラク。自分で仕事を探せということか?

入浴や排泄の世話を実際にやらされた実習生もいるらしく、その意味では今回のDは恵まれているのかもしれない。

別に入浴や排泄の世話が嫌だというワケではないんだけれど。そーゆーことをするかもしれないという覚悟で臨んだことは確かだけれど。

広島の3番だか8番だかには興味はないが、春にあれだけ衆人環境で2回もレイプされて、喜びにのたうちまわっている程のMゾッホでもない。

それ相応の方に早くバトンを渡したいという気持ちは、初戴冠の頃と比べると確実に強まっている。

だから、来てください。主催者と相談して、エキシビじゃなくて非公式チャンプ防衛戦が可能か確認。

具体的には、何人以上集まれば合格ラインなんだろう。50人は来てほしいDの願望。

五次元大会、どーすっかなー。マサムネ杯もあるのなー。

そうそう、受かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月11日 (火)

いとしさと せつなさと いといしげさと

8月10日(月) 

「もりたかちさと」でも「わたなべみさと」でも、「たけのこのさと」でも一向に構わない。

ハチミツに向かって「トロトロしてんじゃねーよ!」

コンタクトに向かって

(1)「(なかなか入らないとき)そんなにオレの指がいいのか?」

(2)「(入る前に落としてしまったとき)お前がいなきゃダメなんだ!」

(3)「(入ったとき)やっと・・・1つになれたね」

どれが一番キモいですか?

(4)挿入しやすいコンタクト(5)コンタクトを挿入しやすくする道具を考え付いたら、きっと大儲けできると思うんだ。

9月20日の○阪とN古屋の抗争。わしゃぁ知らんけん。両方に義理のある人間は、つらかとね。

ヘヴンズ・ドア(ネットによるN県教採1次試験合格発表)を、今まさに開こうとしている。結果は次回の更新にて。

どきどきどきどきどくどくどくどく。

ぴゅっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にやら

8月9日(日) 

兄貴がマンションを購入してた。

四条烏丸徒歩3分。D脳内の京都における四条烏丸の位置は、名古屋における栄、神戸における三宮、博多における天神。

諸般の事情により、5日間そのマンションを独占。電気・水道は通っているが引越し途中のため、照明器具などは揃っていない。

幸いにも既にクーラーは完備。ただしD宅にはクーラーがない(必要がない)ため、初日はひどい寝冷えを起こすことに。

Dの行きつけの雀荘は、N波のMチャオ。このMチャオ、烏丸にも店を構えているのだよ。

徒歩15分のG園で羽目を外すのも棄て難かったのだが、ここはMチャオで日付が変わるまで3日間を過ごすことに。

もう2年半も役満を和了していない。

六六六(5)(6)33366白白白 ドラ 忘れた

赤5筒入りの親マンテンパイ。ここに6筒をツモってくる。

アガりたいだけなら、ツモ切りダマテン続行。場には6索が1枚。2年半の封殲を解くべくリーチ。

数巡後、上家の切った7筒に豪快に腰を使う。3・4・5・7・8・9の筒子が出てくるのに、6筒だけは出てこない。流局寸前に下家が対面に放銃。封殲を解くのは容易ではない。

陸上運動・伝承遊び・ボール運動・器械運動・散策活動・リズム体操を順調に消化。

器械運動ではマット運動の前転・後転・開脚前転・開脚後転・飛び込み前転・倒立前転・側転がN県のテスト範囲。

リズム運動では、2分間の自由演技。120秒って、結構長いぜ?

S井N子がエラいことになってるって、雀荘の新聞で初めて知った。K留米時代は、半年間TV・新聞・ネットなしで過ごした。情報を絶った状態でも、意外となんとかなるもんだぜ?

メディア・リテラシー。S井N子がAVに出るなら考える。

MチルのS井も、一時期は異様に白い顔・異質な曲を作っていた時期があった。K室T哉も、そっちの逮捕容疑が掛かってもおかしくない。下手をすれば小学生にもMDMAが出回っている時節柄、丁度よい(?)警鐘になったのではなかろーか。

「捕まるから」いけないのか、「体を壊すから」いけないのか。後者の理由付けをもっと報道してくれたほーが、教育者としては助かる。

高校野球も始まっているし、サッカーのオールスター戦も終わった。オードリー若林とノンスタイル石田の漫才も見れた。ゲームセンターCXの24時間番組は見てみたいが、BSフジは入らないなぁ。

アスタラヴィスタ。明日はパスタ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 3日 (月)

変ゼミに入りたい?

8月3日(月)

「エヴァ破」が極地的にパンデミック。友人や知り合いのサイトでも外れの評を聞かない。いや、むしろ当たりの評ばかりだ。

最終話をリアルタイムで鑑賞した後は、「DEATH」「Air」「まごころを、君に」を全てフィルムコミックを購入するだけに留まり、図らずも封緘してきたエヴァ。

プーの今くらいしか、失われた15年を取り返す機会はないかな。でも、多分観ない。わかんない。

Dの行きつけのマンガ喫茶では、旧雑誌が入り口先に掲示され「ご自由にお持ち帰り下さい」状態となっている。

興味がなくても、なんかの知識の足しにはなるかと、専門外の雑誌でも持って帰ってしまうときがある。月刊誌とか、女性誌とか。

溜まりすぎた雑誌を処分すべく、トランクの中身が一掃されるのも遠い未来ではない。

冷えピタを、足の裏に貼ってみた。あまり効果は感じられなかった。対照実験とか必要だな。

お茶漬けスリーヴ。宣伝効果は絶大?

「そして2人だけになった」読破。どの2人が残ったのかは、読者によって異なるという仕様か。

ハウスルール論考。悪法も法なり。公認であろーとなかろーと、あまりルールをいじってほしくはないな、というのが本音である。

せっかく曲がりなりにも全国でルールが統一されているのだから、敢えてそのユニット感を崩す必要はないという禰捉感と、ルールを知らずに参加したプレイヤーの救済と。

「YesかNoか、どちらかで答えよ」と詰問された場合の返答なので、No100%というわけでは勿論ない。わかんない。

O阪やQ州で、「東京公式みたいなの」に対抗したいという機運が高まっているよーだ。LFプレイヤー間でこのブログに対する影響が少なくないのは、多少なりとも理解しているつもりなので、関係諸氏の正式発表を待ちたい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

K都府S賀郡

8月1日(土) 

6:00 起床。就寝時刻も早いため、無理に早起きをしている印象はない。娯楽の少ない田舎で、夜遅くまで起きている謂れもない。

9:00 車で10分程度の親戚を迎えに行く。家で手伝いを強要されるよりはいい気分転換になる。

10:00 招待した親戚が一通り揃う。総勢17名。瞑目は、曽祖父の50回忌と祖父の23回忌。故人を偲ぶ人がいなくなれば、心の中で生き続けることも不可能になるのかな?

10:15 読経開始。意地でも正座を崩すまいと考えていたが、20分で挫折。体重の急激な増加と、ゴールの見えない我慢比べが原因。

11:00 墓参り。出発時はポツポツ氷柱が溶けだした程度の降り。墓が森の中にあるということもあって、墓参中はほぼ水滴を肌に感じない状態。ただし、午後からはゲバラ豪雨となったので、この時間帯に墓参を済ますことができたのはファインプレイ。

12:00 宴会開始。夕方から出かけるので、アルコールは口にしない。その分、接待に全力を注げる。部屋をブチ抜いて20畳程度の和室を、酌をして回る。

14:00 兄が昨年のM-1のDVDを持って帰ってくれたので鑑賞。そーいえば、11月には甥か姪ができることを知らされたのはいつのことだったか。

15:00 次がナイツ、くらいのところで切り上げ。シャワーを浴びる。

15:45 出発。本日スーツケースの披露日。中身が入ると流石に重みを感じる。その重みの半分以上はLFによるもの。

17:30 梅田到着。G少年を電話で呼び出す。「1分以内に来い」 本当に1分以内に来た。成長したもんだ。「ポケモンスタンプラリー」なるものが催されていたので、G少年に、参加者に配られているオリジナルサンバイザーを調達してくるよう訓示。G少年拒否権発動。エラくなったもんだ。

18:00 Q州組と合流。兄や・N島くん・J長。N島くんとJ長はお久しぶり。

S井銘菓「Mむろ」のもなかを進呈。兄やからは「H多Tりもん」と頂戴。「Mむろ」以外のS井銘菓を知らない。いや、実際にはあるみたいなんだが買う気が起こらない。ただし、「Mむろ」は予想以上に好評なのでお手軽さに甘えている感もある。

Q州組は、昼間はN本橋をウロついていたらしい。「DQNの宿屋がすぐに溜まりました」「兄やが1歩進んだらセーヴ、終わったと思ったら今度はN島くんがセーヴ。犬のおしっこみたいでした」

兄やが調べてきた串カツ屋へ直行。呑み放題付きで3.5k。バイキング形式で、好きなだけ持ってきて自分の席で揚げるというシステム。

盛夏の最中に串カツかー、と一瞬だけ心に過るも、乾杯以降は、夏こそ熱いもので精力をつけなきゃなー、と方針転換。ゲンキンなもんだ。

割とG少年がよく動く。「こいつスペックは高いんですよ。ただ、高確率でトンチキをやらかす。まー、それがG少年のG少年たる所以ですが」とは某Q州人評。

Q州勢の、深く狭い(特撮や世にも奇妙な物語など)コンザベーションを肴に、杯を重ねていく。最終的には5杯。2次会も付き合いたかったのだが、次の目的地S賀へ向かう。

20:40 O阪駅を出発。運賃1.6kって何やねん。N古屋まで行けるぞ。

帰りは、行きよりやや近い駅で乗せてもらったが、K都まで650G。○阪―K都間が1kも掛かるとは思えないので、JR特有の「途中下車すれば安くなる」現象か。

※ T橋―S宮間も、○阪で途中下車すると運賃が安くなる。環状線の管轄の違いなんだろーか。不可思議。

H庫方面で、大雨による延着があったらしく、定刻より10分遅れで出発。運よく席を確保。80分のロングトリップ。

22:00 N登川駅に到着。花火大会があったらしく、浴衣姿の若者の姿もチラホラ。

スーツケースを持っているので、トイレに入るのも一苦労。駅のトイレで用を足していると、就学前後の男の子に声を掛けられる。

「なー、窓開いてたら見られてしまうなー」「そやなー、見られたら恥ずかしいか?」「うーん、そうでもない」

ばいばーい、と手まで振ってきたよ。その無垢な心が、あと3年でも続いてくれたらと切に思う。

駅前でMキティ・T龍に拾ってもらう。コンビニで途中下車しながら野郎だけのドライヴ10分。目的地に到着。

今回のホストはS渡さん。他にNかじさん・N宮さんも加わって、6人での乱交パーティー。ふつつかものですが、よろしゅうたのんます。

まずはヨンマ。2半荘でギヴ。テンゴだから収支も大したことない。申し訳ないが力尽きて体力の回復を待つ。

就寝、とも言う。

8月2日(日)

お通夜組が3名ほど。枕元で延々と「ショーイチ」の劇画版が垂れ流し。「洗脳ですか?」

起きるや否や、チェンジして早速サンマに参加。

・花牌あり。手牌では使えず強制晒し。花牌はドラ扱いだが、チップが貰えるのは「夏っちゃん」だけ。つーか、初めて風牌で季節を意識したよ。

・「5」は全てドラ扱い。赤牌は無し。チップは一発・裏・夏っちゃんで貰える。鳴きは関係なし。

・点棒は切り上げ。ゴンニロンだと6000点、イチサン・ニーロクは2000・4000の収入になる。本来の収入(ヨンマ)以下の点数にはならないための配慮か。

雀荘では、素点を高めに設定したほうがトビが出やすく、回転が早くなり、場代を稼げるということでこのルールに落ち着いたのだろう。

上級者の場合は、ツモアガリの場合でもヨンマと同じ点棒(子のマンガンツモでも6000点の収入にしかならない)ということにしておいた方が、最終的な収入は多くなる。

・1本場は1000点。ツモだと2000点、ロンだと1000点の増収になる。

・沈みウマ。終了時に40000点以上あれば+10、なければー10。トビ賞は+10。

その他、萬子のホンイツは役満、など細かいルールもあったのだが、本筋とはあまり関係がないので省略。

やってすぐに気付くことだが、マンガンが最低単位になる。花牌・5牌の都合で、すぐに役が跳ね上がる。

となると、確実にアガることが要求される。役アリテンパイは基本ダマ。沈みウマなので、40000点を超えることが第一目標。

ツモられても大幅に点棒を削られるので、オリるばかりでも勝てない。自分が親の場合、ハネツモとマンガン放銃の点数が等しい(8000点)。

振ったときの言い訳には好都合だが、オリる選択肢を考えると、点棒はヨンマに揃えてもらったほうが有難かった。

まー、今回はそのルールの恩恵に預かれたので、さほど文句も言えない。

サンマは、その日の勢いで勝敗が着くという。途中、Kまどやで弁当を仕入れてもらった以外は、18:00まで延々と麻雀とLF三昧。

7.0環境にあまり詳しくない方もいらっしゃったので、理奈や諸角の面白さを伝えられたのは何より。

四暗刻を2回テンパるも、ツモ和了まではこぎつけられず。ロンホーでも240Zあったんで満足。

「ドラは出世の妨げ」とは、「むこうぶち」のどのシーンであった言葉であったか、Mキティと口論。

単行本で即座に確認。:Dの勝利。美味しく頂きました。

S賀でもDの性癖を流布することに成功せり。あまり広めてもしゃーない。今回は、MキティとTるーが被害者?

結果発表:N宮さんが一人大量負けと、涙ちょちょぎれることに。約―4MG。Dのポケットに福沢さんがこんにちは。ごちそーさまでした。

18:00 夕食に向け出発。目的の寿司・割烹屋は、タッチの差で座敷席を先客に取られ、待ち時間が不明なので別の店を探すことに。

で、しゃぶしゃぶ食い放題の店へ。2日連続食べ放題の店をチョイス。体重の急激な増加による体調不備が不安。

一番安いコースでも2.3k。S宮Dエーだと、ランチタイムとはいえ同内容で1.5kだったか? まー、その分できるだけ元を取れるよう索策。

開始早々、Mキティが睡魔に襲われダウン。いつでもチョコレッタの特殊能力を起動可能。

自制。時勢。辞世。自省。

食い放題って、後で腹が減ったとき、何であの時もっと食っとかなかったんだろーって後悔するんだが、その時はその時でもー食えねえーって思ってるんだよね。

20:30 ○江H幡駅を出発。Mキティと逃避行。

21:00 K都到着。Mキティとはここでお別れ。

21:30 急行に乗ろうと思うも(1)N良行きだったので途中で乗り換えが生じる(2)混んでた(3)確実に座りたい、と並列脳会議により、特急で帰ることを選択。特急代金870G。

脳が水分を欲している。構内のコーヒーショップでピーチ何とかを注文。

Dの前の座席には、パツキンお姉さんががが。特急なのでお見合い席ではないけどなー。街で外国人を見かけても、英語で話しかける勇気はない。死ぬまでに、いっぺん試してみたいこと。

うつらうつらしていると、あっという間にY木駅到着。要乗り換え。

準急に乗車。目の前の女子高生(カバンから察するにDの後輩)がいきなりジャージの上を脱ぎ出したのにはドキッとした。

エロは、日常に溢れている。

23:00 S井駅到着。関係諸氏、ありがとーございました。

3日(月)は2次対策の勉強。4日(火)からは大学のスクーリング。プーであるが故、毎日がサマーバケーション。しかも実家が高地のため、図らずも避暑地暮らし。

5日間はK都暮らし。授業は18:50に終わるよーなので、K都で連絡の取れる方、夕食付き合います。付き合わせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »