« 家でEVAでも見てりゃよかった | トップページ | H和佐さんの »

2009年7月 5日 (日)

地元の駅でエラいことがあったそーな

「リーチ」 「しょーぶ」 「ロンです」 「ぎゃー」

Dも赤ドラ入りのシャンテン。一発で掴まされた3索を勝負すると、「もちろんロンや」(「牌賊!オカルティ」6巻より抜粋)。

この時のDの持ち点が9500。オープンされた上家の手は、パッと見でマンガン。裏乗るなー! の悲痛な願いも虚しく、リー・ソク・赤・赤・裏・裏のハネファイブ。続行不可(リタイア)。

結果は残念だったが、他に打つ牌もなかったので、後悔はないところ。

35778七七(4)(5)(6) ポン中中中 ドラ5筒

赤2枚のマンガンのシャンテン。ただし、上家からリーチ掛けられ中。

そんななか、上家が絶好の4索を切ってきた。当然チーするとして、さー、何を切ろう?

(1)7索切り。4索の筋で通りやすい。赤が2枚あるのだから、ツモって2枚オールが見込める両面に取るべき。

(2)8索切り。8索は現ブツ。上家は4索・四萬と切っているので、シャボでもWヒッカケの形となり、他家からの出アガリが見込める。下家・対面ともに序盤で四萬を切っているので、手に七萬を抱えている率は高い。

少考の末、(2)を選択。どーやら、Dは迷ったときは振り込むリスクが少ない方をチョイスしているよーだ。

で、とーぜんに次のツモが9索だったりするワケで。

この局はリーチ者のツモアガリ。点数こそ1000・2000と少ないものであったが、赤入りのツモアガリを逃すことが、Dにとって最もダメージを与えるよーで。

Dは、勝ち逃げが苦手だ。初めの方の勝ち分を吐き出して、-1.5MGで終結。

終了後、Mキティに電話。あ、大会結果を聞くの忘れた。大会参加者と~OKなどで盛り上がったとのこと。

ハネファイブの話をすると、「あー、ボクもそんなんありました。相手にリーチ掛けられ中、ボクの手牌が4457。ここに4索をツモってきて、なんでか4索をツモ切ってしまったんですよ(補足説明:多面張に取るなら7索、4-7索が危ないと一点読みするのが一般的。例外的に、リーチ者の河に1索があるときは、ペン7索を警戒して、7索より4索を切るほうがよいとされている)。

結果を言えば、ボクがツモアガリして、しかもリーチ者の待ちがペン7索で、こりゃーツくなと思ってたら、次の局からgdgdのbrbrだったんですよー」

デジタルを呼称する者は、自らがデジタルに徹しきれない弱みを克服する手段として、自身を奮い立たせているのかもしれない。

「Dさんがブログで余計なこと書くから、ヒマ人みたいに思われてるじゃないですかー」

Dは、虚偽にならない程度の、読者を魅きつける文面作りに鋭意注力します。

本人からも「別に、書かれるのは嫌じゃないんで、これからもバシバシ書いてくださいねー、イジラれるの好きなんで」と承諾済み。この、ハイエロファント・グリーンが。

そーゆーDも、誹謗中傷に当たらない限りは、他の方のブログでDの名を発見すると、ひきちぎるとよろこびでくるいもだえるのだがな(「ジョジョの奇妙な冒険」13巻より一部改変)。

つけメンが誇る廃人代表は、そろそろワーキング・プレイスは見つかったのかい?

教採直前講習は、6時間で1.5MG。いいお値段を取る。確率1/50で、3分間の模擬授業を指名された。

昔取った杵柄。そんなに昔でもないが。講習参加者を渋面させるくらいには、アピールできたと思う。

知識をガンガン詰め込んで、面接練習をガンガンこなして、心身ともに健やかな状態で試験に臨みたい。

衝撃的なニュースは、昼に携帯に入っていたニュースで知ったのであるが、帰り、まさに現場となった地点で下車。冨田林の事件といい、決して進学校ではない生徒の、周囲の学力への抑圧もあったんだろーかね。

流石に、血痕は残っていなかったけど。

|

« 家でEVAでも見てりゃよかった | トップページ | H和佐さんの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/30413160

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の駅でエラいことがあったそーな:

« 家でEVAでも見てりゃよかった | トップページ | H和佐さんの »