« それでもDは赤を切る | トップページ | 総帥、関係あるー »

2009年6月23日 (火)

つけ100(2)

4月12日(日) 

たまには、違う体位も試してみたかったんだ・・・

東京公式みたいなのの乱痴気騒ぎも鎮火し、7.0状況下でのつけ100。ルミラ・ガディム以外にも芸域を広げようと、興味のあったデッキに着手。

L:ゲンジマル(7.0)

C:18 昨夜・空也×4、おろおろぼろぼろ・ちゃん様・ヲイデゲ!・犬×2、リアンノン・ラフィエロ×1

B: 1 スキー×1

F: 4 アンチ・スキル×4

I: 3 行商・マホサ・アイテム没収×1

E:33 コネ・術・収入・スカ・噂・ガセ・魚肉×4、身代わり×2、ハプ・長蛇・淫靡×1

クーサク並べて、AS貼って、オボロ犬でコスト払ったら、負けはないんじゃね? と組んでみた。

テリリラクはASで止まってるし、ゲンジマルだと、少なくとも一撃KOはない。応援による連撃なら、魚肉ソーセージを挟む余裕も出てくるだろーよ。

1回戦

T長さん。おそらくバニサン耕一。フィールド戦を制すれば、こちらに分があるはず。

・・・で、予想通りの展開になるわけだ。バニサンvsASのフィールド戦を制し、相手様にはスキーによるダメージが積み重なっている。相手様の前衛の崩壊まで、時間の問題。

既に相手様4キル、もう2ターンもすれば勝利、というところで、相手様が術使ってくる。小生もカウンターを3枚抱えていたものの、特に打つ必要もなく、通し。

「あ、引きました」

相手様の手札からは、赤いカードががががが。そう、Dは確かにテリリラクは止めた。だが、単独のリラクに対して、バトカ1枚では、対処の仕様がないのだだだだだ!

    

2回戦

Mr.B―フさん。

今回はFC里緒。文無しやらによるコストロック。

犬に付けられた文無しを、アイテム没収で剥がすサーカスプレイ。小生のデッキアウトが近く、ASと長蛇のコストを支払うのに必死。

最後は、コストの支払い方を間違え、ASが抜けると、相手様の琴音の豪砲が轟く憂き目となり、投了。1分1敗。

メモも取ってなくて、2ヶ月以上も前のレポなんて、書けるか。

結果は既報の通り、1勝3敗1分。

ゲンジマル・那須・鬼矢倉あたりが、ASを生かせるデッキだとは思うのだが、維持コストと勝ち手段と、速攻への耐性をどうバランス付けるかかのぅ。

おまけ:4月4日(土)

なら大会85? 2人だけの大会。1勝で優勝。賞品は相手様に贈呈。あれ?

メモを残さないと、レポが薄っぺらいわ。

FC瑞穂が自分のフィールドに出ているとき、相手の術に噂を打つと、相手はドローできないわ、ダメージマストだわ、になるのかい?

|

« それでもDは赤を切る | トップページ | 総帥、関係あるー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/30244513

この記事へのトラックバック一覧です: つけ100(2):

« それでもDは赤を切る | トップページ | 総帥、関係あるー »