« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

言葉が足りなかった

「片恋」はいい曲だよ。

送信してから、ブログ内容が誤解を与えるものだと気が付いた。指摘が先か、訂正が先か、今回は先を越された。

おたく縦横の声で「ベアト・・・かわいいよ・・・ハァハァ」「拙者の思い、六軒島へ届け!」的な音楽を期待していた。だからあの記述になった。

Dは「どうか答えを言わないで いつまでも」のフレーズが好きだ。送ってくれた○谷に感謝している。

最近、巷でよく見かける「○○○と言えば?」シリーズ。

自分でやってみようとは思わないが、思いつくのは塾生(元塾生)の名前が主。

とは言え、「みつくに」なんて、越後のちりめん問屋の光右衛門以外に、誰がいると言うんだい?

守備オウンリーのルミラで、勝てるヴィジョンが見えない。バトル削ったルミラ。どっかで聞いたことあるなーと思って書いてたり。やっぱ、100%他力本願(書いてておかしなフレーズだな)ではダメだってことか。

さて、明日は「BAKUMAN」でも買いに行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

目標:今月中にクリア

ガディム - ルミラ - ヌギーは、3すくみと為り得るだろーか?

以前の神戸では、 総帥 - 岸田 - シャーロム の3すくみ状態があった。この3すくみに異議を唱えるものは少なかろう。

ヌギーは、ルミラやガディムに対して勝率はよさそう。Tみんが友人にデッキを貸すとき、ヌギーをチョイスしていたのは、決してフロックではなかったのかと、下手な勘繰りさえ入れたくなるほどに。

残念ながら、その時対戦したDは、ルミラもガディムも使っていなかったが。

関東である程度の実績を残しているヌギーが、いまいち関西で流行らないのは、資産・ポリシーもあるだろーが、実際にその強さを体感したことのある人間が少ないということも大きく関与しているだろう。

「現役LFターはみなDを知っている」の対偶は「Dを知らないものは現役LFターではない」。

あれ? 不遜もいーところだ。

ルミラのミラーマッチは、バトルを引いたほうが負けるという。 着火の3要素は、燃料・酸素・発火点。バトルの存在意義は、発火点そのもの。

だから赤いのだ。

発火点だからこそ、自らが用意せずともよい。神戸公式の1回戦で、Dが1枚も赤いカードを引かずに勝利したよーに。

バトルカードを積むのが嫌で、自分のデッキが知られていなくて、ルミラに勝ちたいなら、バトルカードを1枚にまで削って、残りを応急手当などの守備イベントに廻すと、どーなるのか。

引きこもりガディムは、バトルレス。適正バトル枚数を求めるバトルデッキと比較すると、数%は事故率が低いんじゃないかな。

確率でも「期待値」という言葉があるよーに、バトル1枚引けたときのダメージの期待値は、バーンの比ではない。

バーンキャラ2体並べて、応援でも握っていれば大概は安心できるが、朝鮮嬢との相乗効果がパねぇバトルカードはやはり脅威。

バトルカード単体では脅威は感じない。付けスラ嬢だけでは意味を成さない。シナジーと呼ぶには簡単だが。

「うみねこ4」の、効果音が鳴らなくなってしまった。音楽は聞こえる。原因不明。これだけで怖さが半減する。

そして何と、興を削ぐことか。

通勤途中で「うみねこCD」を聞いている。「片恋」は、○谷が述べたような歌詞が流れてくるものだと確信していたのに。残念至極。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年1月27日 (火)

取りに行こうとさえ思った

最近、更新頻度が落ちているのは、WillComをPC内からアンストした結果、オフラインでの確認ができないことも少なからず起因している。

つまり、いちいちワードか何かに保存しておかないと、自宅で他者のブログを確認することすらままならない状況。

以前なら、画面を見回せば何となくアイディアが浮かんできたもんだが、思い出しながらの記載事項は、どーしても薄っぺらいものになってしまう。

もう1つ、理由があるにはあるのだが、54くらいにしか告白していない。

その理由のせいで、昨日は大阪へ。時間が余った分は、モチのロンで雀荘へ。

2人目の福沢さんを投入した後、ラス半コールを掛けてトップ。

「Dさん、次10本目です」「続行、大歓迎でーす」

Dは特殊能力「意志薄弱」を行使した!

で、いきなり東1で満貫を振り込む。マイナス思考するなという方が無理。

で、迎えた親番の南3局。持ち点7000点くらい。

2900 - 2900は4400(1本場が1500点)で何とか連荘。対リーチに全ツで、海底間際での奇跡。

本来あり得ない局が存在するとき、親の確変タイムと化すという。

四五六(4)(5)(6)(6)(7)(8)45667

4順目の楽な親マン。無論ダマ。直前で7索がポンされて8索がワンチャンス。程なく8索を討ち取る。12000は15000。

(5)(6)(7)(7)333567四五六 ドラ 六萬

赤2枚のまたまた親マンチャンス。五筒が3枚出ていて、四筒がワンチャンス。程なく四筒を召し取る。12000は16500。

次局、3900は9900を振り込んで、2着目とは3700点差のトップでオーラスを迎える。

2着目の一人テンパイならマクられる。海底間際で、2着目がリーチ。これで点差は4700点となり、安心してオリることができる(積み棒はトップ取り)。執念の最終ツモも実らず、Dのトップで終了。

○谷から「うみねこ4」が届いたのに、会社にマウスとバッテリーを忘れて(PCはある)できずじまい・・・と思いきや、内蔵バッテリーで執念で序章を突破。

そのとき、きゅうにばってりーがきれたんだ!

さー、かえってつづきだー。

LFが熱く語られているが、どれくらい首を突っ込んでいーものやら。54が紳士とないという点だけは呉越同舟(そもそも敵ではない)的に同意。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月24日 (土)

レッツエピソード4

(パロの廻し方が絶望的に上手いとされている○谷へ) ブツ、確かに受け取りました。

ケータイの無料ゲー、グリー(gree)。Dの所属していた男声合唱団の総称もグリー(glee)。

いつか母団がCMに呼ばれないかな、とか思ってたら、早稲グリに先を越された。無念。

TH2AD? まだ1人もクリアできておりません。最初に菜々子なんか選ぶんじゃなかった(暴言)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ディアフレンズ

Dの車で、唯一入るFMがKiss-FM。つまり東京FM系。

昨日の段階で、今日のゲストが水樹奈々だということは分かっていたのに、昨日のブログで書きそびれた。

ひゃー、ふー、なるほど。いろんな解釈があるもんだな。Dが考えていた説も紹介されていた。事実は唯一だが、解釈は多種多彩。

対ヌギー。3本を2枚抱えたヌギーに自信を持って闘えるデッキかー。 那須? 梓? マルチ? 妄想。

(1)よくも悪くも、個人メタに執着しない〔「○○さんに勝ちたいから△△を使う」という傾向にない〕 (2)納得のいくデッキを組むだけの資産 or 情熱がない〔「ヌギー組みてーけど、三本がねーなー。かと言って、大枚はたいて4枚揃えるまでもねーな」〕

Dは(1)。どんなデッキにも、分が悪いデッキはある。痛い目遭ってから考える? 痛い目遭う前に考える?

やきばで、あからさまにメタを張るべき対象は限られている。とゆーよりむしろ、ほぼ全員の個人とデッキが合致する。将棋のように、相手の得意戦法が分かっていて、相手の読み筋にない手を披露することを考えるよりも、大会でメタ相手と当たらない確率を信じるD。

そもそも、大会に出る時間をくれー。結局そこだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

たまたま入った本屋で

前と同じ手段で郵送よろしく。変なイタヅラだけはマジ勘弁。

何がいい初手で何が悪い初手かを調べようとして、無作為に初手を抽出・・・しようとして、あまりの無意味さに中止。

刑法には、「中止罪」なるものが存在する。

本日の突発的購入物:兎11巻、いちゃラブ大全、「うみねこ」考察本。ゲーム関係の本を買うなんて、何年ぶりだろう。

値段を見ずに本を購入するようになって久しい。内容が値段に伴っていないからか。

ルミラとガディムしか信頼するデッキがない。つまり、この2つの延長上でしかLFを考えることができない。逆・裏・対偶は数Aの基礎。チェス盤論理を活用してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

本当に全部納得のいく説明がなされているんだろーか?

エピソード3終了。エピソード1開始10分から予想されていたキャラが出てきて次回に続く。○谷、「ひぐらし」と「うみねこの続編」の準備を頼む。

3くらいは、どのように行為がなされたのかという予想はできるんだが、1・2は同一犯による連続事件として考えるには無理がありそーな気がする。

一度はDの推理を披露してみたいが、ネタバレを含むし、○谷にこっそり伝達 → 意見賜承の流れを期待。

何が事故い手札で、何が馬鹿廻りの手札かは、対戦相手に依るところが大きい。引きこもりガディムで、初手にクリアー・ユズハなんて事故以外のなんでもないんだが、対戦相手次第で神の初手に思えたり。

「テネレッツァは大変なものを」で、不覚にも吹いた。

王将戦第一局は羽生の勝ち。羽生は応援していないが、再7冠&永世7冠は見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

プリキュアで一発

某スポーツ紙の見出しより。確信犯は誰だ?

古い話だが、里見(女流)が稲葉(若手売出し中)に一発見舞ったというお話。稲葉に勝ったというのが箔を付けている。

K鉄は特急有料。H神は無料。三宮 - 奈良 間の特急料金はどーなるの?

さー今から帰ってエピソード3だー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

明日(正式には今日)も仕事

中学入試とセンター試験が明日。高校受験のDには甚だ関係ない。ただの入塾説明会。回避不能。

紙のような薄っぺらい仕事が積もり積もって身動きが取れない状態。誰かリセットボタンを押して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

殺意の○谷

確か○谷は、ひぐらしだったかうみねこだったかのオチを、○り君にバラされたんだったっけな。そりゃーきついなー。

きついと言えば、エピソード2のティータイムもきつかった。正視できん。

× マジアン → ○ まじアン

今年の札初めはいつになるやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

魔女と言えば

マジアン一族なんかドンピシャじゃないか!

54の指摘もあるしな。ネタならネタで突き詰めてみる。26:00に物事なんて考えるもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膿んでいる脳

久しぶりに毒舌喰らってるが、これはこれで。

むしろ、○谷の( )内の文字とwの記号を無視すべきなんだろーね。

岸田Lは、ヌギーL見て投了。彼がポナを厳嫌していることもシッテル。能力値4の隠し芸で押し切られることもシッテル。

まー、待ちあわせジャムって言いたいだけ。機会があればどっかで使うだろーよ。大会かフリーかは知らん。

「うみねこのなく頃に」デッキを考えてみる。

マリアとジョージは普通にいる。魔女。魔女・・・? 全カード検索できるほど脳が健康でないのでルミラ。

魔女の手先のマリア。最期に黄金郷へ導くエロエロフの2ダメ。

ネタバレがあるとゆーことは、どっかで納得のいく説明がなされてるとゆーことなんだろーな。時間を見つけてエピソード3を終わらせて、推理を組み立ててみるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

岸田論考

新年会ネタを書いていたのに、ワードを開くと書き溜めしていたこのネタが上書きされているのに気づいてしょんぼり。

VIP

ジャム テリ リアン ポナ 景清 X

岸田

相手の前衛のバトルには、相手からサプってきたXで受け、バトル中にキャンセルマジックポナ。

バトル終了後にぱらっぱっぱっぱー。相手がバトルを仕掛けてこなかったときに強弓。

で、作ってみたのがこの形。

L:キシディアンブルー

C:18 ジャム・テリ・リアン・ポナ×4、景清・スヒ×1

F: 2 VIP・サバ×1

B: 4 リラク×4

E:35 術・収入・コネ・噂・ご無礼・卒業式・スカウト×4、淫靡・待ちあわせ×3、身代わり×1

使い古された構築。実戦に耐えられるかは不明。対・非バトルには強いんじゃないかな? かな?

やっぱ白きよみくらいはいるんじゃないかなー。

うみねこを、やっとこさインストール。やっとベアトの意味だけは理解。相変わらずゲームの進捗が遅いが、エピソード2まで消化。

これで○谷の会話についていけるな。ネタバレにだけは細心の注意。かまいたち2・3に似ている感じ。攻略を見ないで謎を解き明かすことに全力を尽くしてみる所存。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月10日 (土)

生存報告

明けました。おめでたい。ございませ。

仕事・レポートのWパンチ。8日~12日まで5日間も授業がないのに、結局全出勤しないと仕事をこなせない現況。11日(日)は、やきばよりも外せない用事。

新年会のレポなんかを、隙を見つけて書く予定。

○谷よりも更新頻度が落ちるときが来るとはな。永遠の夢見るG少年には勝った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »