« ガディムに入る除去(妨害)カード | トップページ | なら大会80(4) »

2008年12月 5日 (金)

なら大会80(3)

アスアサッテシゴトニヨリタイカイフサンカニツキ。

3回戦

Uにゅうさん。最近よく当たる。

U乳酸といえば(確信犯)ASゲンジマル。誰がなんと言おうと、強デッキの部類に入ると信じている。

初手:芹香嬢・琴音・すもも・噂・術・収入・淫靡。

ダイス勝って後攻。Lオープン:7.0ゲンジマル。

相手様のデッキがバトルデッキなら相当よい初手。ASゲンジマルと分かっているなら、とっととバーン2体とユズハを揃え、ヌギー迎撃体制を整えるべきだったのかもしれない。

現実は、芹香嬢・ちはや・黒きよみ・琴音と並べたところで、AS状況下でのヌギー登場。

(1)黒きよみでヌギーを戻し続ける。相手様ターンにヌギー出されて、同時対応のジェラシーが打てない。結果、暴走ユズハ→ジェラシーでユズハに1点ずつ乗っていく。

(2)ユズハ出してヌギーをバーンで狙い続ける。双生児や競り負けは怖いが、ヌギーを除去しきった後の安定は保てる。

(2)を選択。

結果:スカウトでパニックまで持ってきたのに、魚肉双生児2発で9点分を耐えられたよ。

ユズハが墜ちる寸前、破壊神ちはや→待ちあわせ文月のトリックプレイも実らず。

イベントは何回か通る。カウンター1枚では双生児を止めきれず。

根本的にヌギーを止めるアイテム・特殊能力・イベントを1枚でも積んでおければ心強いんだが。ないものねだり。

バーンが琴音1体しかいなくて、黒きよみが負債と成り下がったのも痛かった。

以下はサウナで殴られ続ける。4キル→ガディム残り2点→噂話使用で残り1点→クリアー→召還→暴走で死亡確認。2勝1敗。

ユズハ残り気力1点。相手様APで暴走ユズハ、同時対応でトラブルメーカー。ユズハダウンでAS復活して、トラメどーなりますかー、という質問。

一応、「宣言はできるが立ち消え」という結論。文月は消耗状態にならない、でOK? 

そもそも、大勢に影響なかったので、宣言する前にジャッジに確認したワケだが。

バトル + 朝鮮嬢(+付けスラ)に優る除去手段もなさそーだな。ある程度は開き直らざるを得ない部分だな。

|

« ガディムに入る除去(妨害)カード | トップページ | なら大会80(4) »

コメント

妬ましい妬ましい本気で妬ましい。
その解釈であってます。

○処理手順
構成要素:特殊能力、対象、使用代償の支払い
宣言---
 [1] 特殊能力を使うアクションを行うことを宣言する。
 [2] 特殊能力を使用する場合に適用される効果を確認する。
 [3] 使用する特殊能力を1つ提示する。提示した特殊能力はこの時点で使用したと見なされる。
  その後、その特殊能力の対象を指定する。
 [4] 手順[3]で提示した特殊能力の使用代償の支払い方法を宣言する。
  このとき、このアクションを行ったプレイヤーはコストを発生させるアクションの宣言が行える。
 [5] 手順[3]で特殊能力の提示ができないか、対象を指定できない場合、この段階で処理を中断する。
処理---
 [6] 手順[3]で提示した特殊能力を再提示する。
 [7] 手順[4]で宣言したコストを発生させるアクションの処理を行う。
 [8] 《特殊能力を使用するとき》のタイミングでの処理、アクション宣言の機会。
 [9] 手順[3]で提示した特殊能力の使用代償を支払う。
 [10] 構成要素が満たされていない場合(特殊能力の再提示ができない、
  使用代償を支払えない、対象が失われている)、この段階で処理を中断する。
 [11] 《特殊能力を使用したとき》のタイミングでの処理、アクション宣言の機会。
 [12] 構成要素が満たされていない場合、この段階で処理を中断する。
 [13] 手順[3]で提示した特殊能力の効果が発生する。
《~の効果が発生したとき》のタイミングでの処理、アクション宣言の機会。
 [14] 発生した効果が処理される。

おそらく後手の【5】で処理落ち。
使えないので対象を指定できない。
コストを支払うのはその後なので払わなくてもよさげ。
コピペでごめんなさい。

投稿: t@ke | 2008年12月 7日 (日) 03時09分

その[5]は宣言の部分なので、まだユズハ生存してますよ
(詳細ルール11-2参照)
後、ASは特殊能力が失われるのではなく、使用出来ないだけなので
処理時にASが復活していたとしても、すでに使用宣言が通っているトラメは有効ではないかと

と、僕はそう判断しますが、さて?

投稿: トゥクス | 2008年12月 8日 (月) 02時22分

毎度毎度あざーっす。
雀荘でも、分からないことがあったら即座にメンバーを呼ぶのが正解。
LFの場合「ジャッジが明らかに間違っている」「ジャッジならこの程度知っていて当然だろう」の定義付けが難しい。
「この人ならジャッジを任せられる」「この人の裁定なら納得してやろう」と思われるような人格形成を目指すことが求められる、のか?

投稿: D | 2008年12月 8日 (月) 21時44分

レスが遅くてごめんなさい。

暴走【1】~【14】手順踏んで解決。
後にNAPの能力処理に入り、
トラメ【1】~【5】の間にAS復活で使用の宣言が未達成で解決不能と判断しました。

ここでややこしいのはASの「使用できない」と、既に使用を宣言してしまっている能力についての判定。
NAP【5】の段階の再提示できない
=能力の使用を宣言できない
という解釈で【5】で処理落ちと判断します。
ただ、ご指摘のとおり、トラメの使用宣言は通っておりますので、解釈によっては

使用できないが、使用宣言は通っているので能力発動。

とも取れそうですが。
公式の裁定が欲しいところですね。

MTGのように、英語でテキスト書いてたらあまりややこしくないんですけどね。

投稿: t@ke | 2008年12月11日 (木) 19時40分

じゃー英語で書いてみよーぜ。
理解できる人間がどれだけいることやら。

投稿: D | 2008年12月12日 (金) 02時54分

えーと、微妙に噛み合ってない部分がある気が
特殊能力の処理手順の内、[1]~[5]が宣言で[6]~[14]が処理
なので、実際に処理される順番は
1.暴走の宣言(暴走[1]~[5])
2.トラメの宣言(トラメ[1]~[5])
3.暴走の処理(暴走[6]~[14])
4.トラメの処理(トラメ[6]~[14])
ではないかと
まぁ、中断するかどうか自体は、公式裁定待ちに変わりはないですが

英語は無ー理ー

投稿: トゥクス | 2008年12月12日 (金) 17時35分

1.暴走の宣言(暴走[1]~[5])
2.トラメの宣言(トラメ[1]~[5])
3.暴走の処理(暴走[6]~[14])
4.トラメの処理(トラメ[6]~[14])

なんかそんな処理順だったキガスル。
モウダメダー。
激しく勘違いしてましたすみません。

英語できません。
でも日本語ほど曖昧に受け取れないのでMTGは日本語の解釈が難しいときは、英語版みると解りやすかったりする。

targetが含まれるか否かで対象を取ってるか取ってないか解るとか。

公式がNOT FOUNDなのは年末に向けたジョークなの?
それとも検索に引っかからないだけ?

投稿: t@ke | 2008年12月16日 (火) 19時24分

公式は本格的に撤退したと見ているがどうか?
利益を生まず、サポートのみが必要な媒体に商品価値はない。
しかし、撤退するなら「○月×日をもちましてサポートを終了いたします」とか告知を出してもよさそーなもの。
やはり一時的なサーバダウンか?
文月の件は、そんときのジャッジに従う方向で。

投稿: D | 2008年12月19日 (金) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/25937772

この記事へのトラックバック一覧です: なら大会80(3):

« ガディムに入る除去(妨害)カード | トップページ | なら大会80(4) »