« ならでシールド戦!(3) | トップページ | 羽生連勝 »

2008年10月31日 (金)

いよいよ本戦

時刻は13:00に近づこうとしている。参加者が続々と集まってくる。シールド戦の余韻はそのままに、厳しい本戦を勝ち抜かないといけない。

そうそう、シールド戦で得たブーストとは別に、ブースターを5個K99から購入。ちなみに未だに未開封。

シールド戦デッキ構築中にK99が闊歩してDに接近。

「1回戦の組み合わせ決めま~す」「・・・今、デッキ見たろ?」「え? 見てませんって」「証明してみろよ」 お前は小学生か。

デッキ名: いちまんえん と にせんえん あったら にーくーくーえーるー

L:ガンディム

C:19 ちはや・すもも・芹香嬢×4、琴音×2、メイ・文月・黒きよみ・ユズハ・ドリグラ×1

F: 2 クリアー・インファイト×1

E:38 術・収入・スカウト・コネ・ガセ・応援・待ちあわせ・噂×4、封印×2、淫靡・身代わり・長蛇・パニック×1

チョンボ。チョンボなぁ。チョンボだねぇ。

○谷の言葉を拝借するなら、結局(3)相手次第で腐るのがネック。ガディムの場合、2ドローは左程重要かつ魅力的ではない。イベントカウンターも充実しているため、(1)決まれば妨害系カードとしては最上級、という条件も満たさない。

ただ、相手の転機にも、機会があったら撃つだろーね。その後、相手がシャッフル要素を何も使わない可能性が怖いから。他家にアガられるのを覚悟で、アガ3を見逃すよーなもの。

よっぽど序盤で、しかも相手のデッキに精通している(シャッフル要素が入っているのを知っている)くらいでないと、転機にチョンボは温存できないな。

インファイト。インファイトなぁ。インファイトだねぇ。

結論:なんで今までこのカードを採用していなかったんだ!

ルミラの隠し芸が、破壊神で受かる。ステージ勝負・ネトゲなども受かる。受かる受かる。貼りかえられたら貼りかえられたとき。

もちろん、知恵の輪やものまねも受かる。奈良・名古屋の7戦で、クリアー・インファイトの両方ともが腐る試合はなかった。

ハプニングは、4.0が発売されてから今に至るまで、有効に使えた記憶がない。必要を感じたら公認でも投入。

ゴチもチョンボと同じ理由で抜いたカード。欲しいのは確実なカウンター。1コストの差が大きいので、ガセ4に戻す。

嘘でも、パニックは抜けなかった。ガディム相手にパニックを握っていると、序盤で役満をテンパったときのよーな高揚感を覚える。

1回戦

参加者は8名。大阪4名、京都も含め地元4名。

初戦の相手はUにゅうさん。最近は7.0ゲンジマル以外は見たことがない。ちゃん様を封じた後、ユズハ・クリアー・インファイトを温存・長生きさせることが重要。

初手:ちはや・芹香嬢・メイ・術・収入×2・応援。

勝って後攻。Lオープン。予想通り7.0ゲンジマル。

相手様の前衛にちゃん様・クーヤ・サクヤ・7.0オボロ・犬が並ぶ。そしてASを貼られる。

こちらも、上記の3キャラに加え、琴音・ユズハを出すことに成功。(メイではなくドリグラだったかもしれない)まずはちゃん様を 焼きにかかる。

ちゃん様の穴に出てきたのはヌギー。「暴走」「パニック」 応援も絡めて、ユズハへのダメージを最小限に抑える。

ゲンジマル前衛のヌギーを焼きにかかるときは、魚肉ソーセージが怖い。Uにゅうさんの前衛がやきば95回のときと同じなら、ヌギー2でもいーかもしんない。もしくは暴走琴音? 琴音に魚肉ソーセージ。あかりより琴音の方が犬チックに感じるD。はーとばいばーと。

ヌギーの穴に、さらに景清。破壊神ゴーストで手札は充実させている。応援を絡めて景清撲殺。

サクヤも焼いて、よし! 次の目標はクーヤだ!「クーヤに超能力」「分かりました。では、大老でノーダメで」

・・・しょぼーん。狙い変更。「『犬の』げんじまるに超能力」以下は焼き切って勝利。1勝。

L:ゲンジマル

C:16 クーヤ・サクヤ×4、ヌギー・ちゃん様×2、景清・犬・オボロ・リアンノン×1

F: 4 AS×4

B: 2 サウナ・スキー×1

I: 1 アイテム没収×1

E:30 術・収入・スカウト・噂・ガセ・コネ×4、身代わり・魚肉×2、淫靡・パニック×1

合計が60枚にならないのは、まだ完成形ではないから。フィールドを持ってくる手段は圧勝。後はユズハ対策。FC楓か、嫌がらせなどのイベントに頼るか。

サクヤを負債にさせないため、賢さ属性を生かしてアイテム没収。

那須対策ならマホサも投入。

2コストキャラが少ないのと、待機状態で出る必要性が薄いと見て待ち合わせは削除。

優位になったときに腐りそうなので、魚肉・身代わりは減量。ユズハ状況下のパニックを確実に通したいなら岡本。パニックはバーン合戦になったときにも有用。

AS状況下でクーヤ・サクヤが揃っていて、バトルが1枚あれば、前衛は何でもよさそーなのが対戦していて(もしくは傍から見ていて)思う印象。

ガディムで言うなら、芹香嬢・ちはやがクーヤ・サクヤに代わっただけ。芹香嬢が2コストなのに対し、サクヤが1コストなのが大きい。

ドローソースに乏しいので、行商も投入してみたい。思いついたことをつらつらと。

|

« ならでシールド戦!(3) | トップページ | 羽生連勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/24900273

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ本戦:

« ならでシールド戦!(3) | トップページ | 羽生連勝 »