« 奈良 - 名古屋 漫遊記 | トップページ | ならでシールド戦!(2) »

2008年10月28日 (火)

ならでシールド戦!(1)

「いやー、興福寺は和むなー」「ほんとーっすねー」

10月25日(土)ラストオーダーの26:00までジョリパ。帰宅後、居間で力尽き仮眠。起きると29:00。風呂を浴びて就寝30:00。

奇跡的に9:00起床。大会開始は10:00。9:20出発。

会場まであと5分とゆーところ、K99に電話を入れる。

「あー、今起きました」「・・・! 分かりました、早く来てください」「ウソだよ」

K99の顔が想像できて楽しい。

会場には、開始1分前に到着。「おはよーございまーす」「違うだろ、『お帰りなさいませ、ご主人様』だろっ」

・・・ところが、これ以上に人が増える気配がない。「Kスケさんは、1時間ほど遅れるって言ってましたよー」

(1)このまま2人だけのシールド戦。(2)根性で1時間Kスケさんを待つ。

現時刻、10:15。さて、我々の採った行動とは・・・!

(3)奈良観光。いっぺん真面目にしてみたかったんだ! 

で、冒頭に至る。会場から100mの距離にある興福寺。正倉院展と併せて、特別展覧会を催している様子。阿修羅像や、日光・月光菩薩像、興福寺仏頭など、日本史の教科書でうろ覚えの単語が交錯する。

1kは流石に支払う気になれなかったので、外から見物。塾生用の、学業成就のお守りは買った。

丁度その頃、Kスケさんが到着。(4)Dがじゃんけんに勝てば、このまま奈良観光。(5)Kスケさんが勝てば、帰ってシールド戦。(6)K99が勝てば、帰ってのんべんだらり。

ジャン・ケン・ホイ!

チョキ・グー・グー。Dが最初に負けた。

結論:帰ってシールド戦。

1.02スターター1個と、任意(ただし参加者共通で使用)のヴァージョン・ブースター2個を使用。デッキは40枚で組む。

ミコトと噂話が欲しかったので、5.0と7.0を指定。Kスケさんも依存ナッシング。

構築開始。

耕一・柳川・千鶴あたりを引ければ圧勝かな、と思っていたが、そんな配牌Wリーチなんてこともなかった。このルールだと、ルミラは微妙。琴音出されて、回復が追いつかなくなる可能性がある。

普通にリーダー候補は、マルチ・志保・智子・かおり・梓・雅史・琴音あたり。ひねって芹香嬢・レミィくらいか。

マルチ・志保は、同系がウザい上、適用バトルが限定されている。40枚とはいえ、術のないこのルールで、専用バトル4枚に賭けるのはツラい。

デッキ名:料理になさいますか、それとも腕相撲ですか

L:梓

C:17 エリア×2、レミィ・志保・千鶴(7.0)・あかり・芹香嬢・かおり・瑞穂・香奈子・智子・初音・琴音・エビル・雅史・マルチ・セバ×1

B: 8 料理・腕×4

I: 3 リストバンド・情報誌・キノコ×1

E:11 稼ぎ・ガセ・タロット・付け・スラ・時間厳守・弓矢・アンケート・手作り弁当・バトンタッチ・リセット×1

いっそ、バトルレスにして引き篭もったほーが強いんじゃね? とか思ったのは、別に公言してもいーよーな気がする。

他に引いたカードも掲載したかったんだが、事情によりカードプールに埋もれて発掘できず。

「あ、素でミコト引いた」構築途中に流れる雑音・ノイズ。

「主催が引いたんだから、当然、優勝賞品だよな?」

Dの特殊能力、ジャイアニズム発動! 常動だから、ASでないと止められないぜ? つーか、真剣に嫌なら、真剣に拒否してくれな。

閑話休題。レス記事が多すぎる。

話題1つ、LF1つが、1日としての記事の理想。しかし、今回は早めにレスしておかないと、旬を逃してしまうと判断。

インファイトに救われた試合。どの試合を指しているのか分からん。

選手名鑑。人が人を批評する怖さを内包する。つけメンの場合、ハンドルネーム = 本名となる人物が多いのも特徴。

>アンチセンスの長所の1つである、「対戦相手の前衛には感性属性が多いので、入門書を貼らずとも能力が死ぬキャラが多い」が損なわれる。

言葉が足りなかったか、どちらかの理解が足りないのか。アンチX5種で比べた場合、少なくともアンチセンスは、他の4種よりは優秀だというお話。

アンチアビリティとアンチセンス・エンプティ・バニサンのいずれが優秀だと聞かれたら、現段階では即答できない。

バニサン耕一も、デッキとして所持はしているが、真理を突き詰められたという実感はない。アンチアビリティは、ご指摘の通り相手にもメリットを与える場合があるのが不満。

引き篭もるだけなら、アンチアビリティ4、一文無し4の白ささらもアリか? ヌギー対策に白い仮面、ルミラ対策にマホサ。

初手に文無しがなかった場合を想定して、アイテム没収まで入れるのか? またデッキの方向性が変わるな。

アンドロから画策が抜けていったよーに、最終的にはアンチXからは、入門書は抜けていくものなのだろーか。

9枚なら負債で、4枚なら許容範囲内、と思っていたが、4枚でも負債は負債か。諫言は真面目に捉えておこう。

>環姉とリサの声が同じ

そーだったのか! で、リサの声って、どんなんだっけ?

じっさいに、ためしてみた。

Dのパソコンでは、ルーツの声が出ません! アニメか別ハードかなんかの話なんだろう。

>奈良方面とか、Dさんなど

あのー、一緒に来たんですけどー。闖入者がいたせいで、奈良よりは付けメン扱いされたとゆー理解。

>圧縮

転機・おとぎが真価を発揮するのは、コリンや鈴香による不特定ドローを行うとき。

まして、1枚を捨てて1枚残すことができるのなら、(1)1枚が雑魚カードでもう1枚が転機 → 転機残し → ばったりでもツモが進行する。

(2)1枚が有用カードでもう1枚が転機 → 転機捨て。転機は落としても痛くない。

実際に廻したことがなく、Dが机上の空論の域を脱していない可能性もある。Lコストが出せる回数なんて、限られてるんだろーね。

L:占いこのみ

C:17 楓×4、コリン・鈴香・フランク・変酋長・岡本×2、たま・オボロ・テリ×1

B: 7 芸×4、乳揺れ走×2、鬼ごっこ×1

F: 4 スピード×4

E:31 術・付け・スラ・朝鮮嬢・転機・おとぎ・噂・封印×3

ちゃん様は入れたい。しかし抜く1枚が分からない。ここんとこは実際に廻してみないと分からない感覚。

耕一相手に闘いたいなら、封印は4積み。しかしこれまた抜く1枚が分からない。

こんなとき、転機・おとぎを1枚ずつ抜いて「3枚ずつの意味が分からない」と辛口コメントを頂戴するんだな。

天使の羽。勝手に入れとけ。一応アビス対策? ねーな。

やっぱ、転機・おとぎは他のスペースに回したくなるな。しかし、リーダーが占いこのみである必然性は、多少なりとも出たようには思う。

「Dならこう組む、しかし、ヤツならこう組むだろう」という前提を愉しむ推理ゲーム。

最善手。最善手と勝負手はちがう。最善手は、誰が見ても正解を導き出せるもの。勝負手は、劣勢を認識しているときに、相手に選択肢を多く与えるもの(=短期的な劣悪手)。

234678(5)(6)二二四四六六

この牌姿から、何を切るのかを問われるのが最善手。配牌で、字牌が1枚浮いてたら、それを切るのが最善手になるだろう。

一二三123345679西西

この牌姿から、何を切るのかを問われるのが勝負手。無論、場況(主として点数・残り局数など)で、厳密な正解はあるのだろうが。

立直に一発で無筋の赤5筒なんかを叩っきるのも、限りなく無謀に近い勝負手。それに見合うだけの報酬は必要だが。

将棋だと、負けを1手でも長引かせるのが最善手、正確に対応されると負けを早めるが、相手が正確に対応できなければ逆転できるのが勝負手。

LFの場合は、麻雀よりは将棋の最善手・勝負手の定義の方が当てはまるように思う。なぜなら、一戦ごとの精算であり、場況を考える必要がないから。

ただし、LFには運の要素があるので、将棋と違って結果オーライというシーンが、多々見受けられる。「相手の手札に○○がないことを祈って!」というのが勝負手なら、破壊神ゴーストも、朝鮮嬢芹香も、みんなみんな勝負手。

逆に、相手の手札が自分にとって最悪のものだと想定して動けるのが最善手。

○谷や54、Tみんのプレイングの特徴は、我慢ができるということだ。G少年も、憎ったらしいLFを打つ。まー、ヤツはけなして伸びるタイプだ。あまり褒め称えるべきではなかろーて。

最も分かりやすい最善手 + 勝負手は、詰めLFに入ったとき。鼻で笑われるかもしれないが、Dに一日の長があるとすれば、この局面だと思う。優勢なら確実に、劣勢ならば、相手に選択肢を多く与える方向へ。

優勢時に最善手があるなら、それを選ぶべきだ。これはデッキ構築の時点を含む。

優勢時に、次善手(最善手ほど最速ではないが、優勢を損なうほどではない)と勝負手で迷ったときは、次善手を選ぶほうが無難。

勝負手は、自分が劣勢だと認識できる正確な大局観が要求される。その一手が通れば、劣勢を撥ね返せると判断するなら、負けを覚悟で勝負手を採ってもよい。

書いていて、今は亡き500日ほど前のTみんのブログを思い出した。疑問手:通っても優勢を維持できない、もしくは優勢にならない上、相手に正確に対応されると劣勢に回る手、悪手:はっきり自分が劣勢になる手。ポカ:見落とし。

ながながしよを、しばしかもねむ。

|

« 奈良 - 名古屋 漫遊記 | トップページ | ならでシールド戦!(2) »

コメント

>Dの特殊能力、ジャイアニズム発動! 常動だから、ASでないと止められないぜ?

常動ならASじゃ止まらない件。
軽くツッコんでおくよ。

投稿: K | 2008年10月28日 (火) 22時01分

あざーす。
AAに書き換え・・・るまでもなさそーだな。

投稿: D | 2008年10月29日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/24809718

この記事へのトラックバック一覧です: ならでシールド戦!(1):

« 奈良 - 名古屋 漫遊記 | トップページ | ならでシールド戦!(2) »