« 最近、コメントが多くてうれしい。 | トップページ | なら大会2日目(7) »

2008年9月 5日 (金)

なら大会2日目(6)

場ゲーについても言及しておこうか。

バトル・イベントを中心に、刹那的にリーダーキルや5キルを狙い、相手の状態よりも少しでも優位を保とうとする戦法を引きゲー(轢きゲー)と言うのに対し、キャラ・アイテム・フィールドによって完全に場を制圧し、相手が奇跡的な手札を揃えないと逆転を許さない戦法を場ゲーと言う。

概ね、間違ってないと思う。

付けスラ依存の速攻デッキや、エクス・3本・スキーなどの特殊バトル依存のデッキが、引きゲーの代表格か。

場ゲーと言われて真っ先に思いつく状態:L智子、前衛にテリ・白きよみ・変酋長・岡本・楓。

Lキルを狙おうとすると、Lを一撃で葬り去る火力が必要な上、放棄・バトル仲裁・身代わり・クレームにそれぞれ封印が必要。

減った気力はリラク→聖なる光でなかったことにー。相手の変酋長には狸。もちろん手札も充実しているから、ちょっとやそっとのイベントは通らない。

勝ち手段に乏しいのが場ゲーの特徴ではあるが、負けないことを主眼に置いたデッキなので、勝ち筋は細くとも確実であればよい。

近年は、ガディムにおける芹香嬢・ちはや、総帥における夕菜など、場を構築するスピードが以前と比べると段違いにアップされている。

轢きゲー・場ゲーは好みが分かれる。将棋で穴熊を嫌う輩がいるように、鬼殺しなどのハメ戦法を嫌う輩がいるように、轢きゲー・場ゲーを敵視する輩も多い。

D? 「勝てば優秀な戦法なんです」by谷川浩司。

LFは初手ゲー・後手ゲーだなと思うこともしばしばある。そのことに否定や嫌悪感を持つことはないけどね。

3回戦

Yじんさん。Yじんさんと言えばいくみん。いくみんと言えばYじんさん。

ダイスは負けるも後攻。Lオープン:いくみん。

スルー貼られたことは覚えている。ユズハ出したことも覚えている。

後は分かるな?2勝1敗。

向こうでは、七海Lを使った説教デッキが場を制圧している。「場は制圧したんですけど、相手Lが芹香で、勝ち手段がないんですよ~」

結局、引き分けてた。「無様ね・・・」by赤木リツコ。

|

« 最近、コメントが多くてうれしい。 | トップページ | なら大会2日目(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/23514601

この記事へのトラックバック一覧です: なら大会2日目(6):

« 最近、コメントが多くてうれしい。 | トップページ | なら大会2日目(7) »