« なら大会2日目(6) | トップページ | なら大会2日目(8) »

2008年9月 6日 (土)

なら大会2日目(7)

午後の大会は、3試合ではなくもう1試合あるらしい。試合数が多いことはいいことだ。

4回戦

初対面の方。Aくあさん。今日は福井から来られたらしい。今日は7戦とも違う人と撃てている。ありがたいことだ。

Lオープン:花枝。

水中ペナルティのダメージ計算が煩わしい。どーせ破壊神で回復できるんだ、相手様の計算に乗っかる。

貧乳泳法の結花が出てきて、ちょっとマズいなとも思う。が、こちらも3連射砲が確立されている。クレーマー→フランク(1)→結花(1)→結花(2)→フランク(2)の順で焼いて勝利。3勝1敗。

トータルで5勝2敗。負けた2つは、まー仕方ないかなと思える範疇。チョンボ・クリアー(1枚)のスペースは、もう少しいいカードがありそーだ。微調整は続く。

狙ったワケでもないのに、2戦ともサブマリン。チャンプになってから後、初戦を落とす率が非常に高まったように思う。勝負弱くなったということか。

大会終了後は、Aるくとフリプ。・・・ガディムって、こんなにマルチと相性悪かったか?

「すももセット、破壊神」「Dさんって、こんなときコレ使いますかね?」「あー使うね。ノータイム」「じゃーパニック」「あーしたー」

開始3アクションで負けた(正確には2アクション+割り込み)。お互いノーカウンター。

相手にシャッフル要素が入ってなかったときの、チョンボの腐りっぷりったらない。相手に屋内バトルが入っていないときの会場閉鎖。相手にアイテム・フィールドが入っていないときのユズハ。

桃鉄の「そんがいほけんカード」。当時は詳しい意味もよく分からなかったもんだ。・・・今も?

54にしろTみんにしろ、あれだけ話題にされて、よく普通でいられるものだ。Dならとっくに嫌気が差してる。

匿名掲示板に熱が入ると、匿名がウリなのに、自分を特定してもらいたいという変な要求が入る。自己アピール・表現ってそんなもんだと思う。

匿名の全てが悪いとは言わないが、今回のG少年や○谷・Aるくのように、こじれた関係が致命傷になる前に改善できるという点では、実名(ハンドルネーム)でのブログに優位性を感じる。自身の発言に大きな責任が伴ってくる。

踏み絵のように、匿名で書き込んだ者への犯人探しは頂けない。当塾でも、生徒対象の無記名アンケートを実施しており、講師は年に2回はビクビクしている。

もちろん、最低評価を付けるヤツも複数いる。「このクラスの中に、Dに最低評価を付けたヤツがいる」という情報を元に、「こんな葛どものクラスで教えてなんからんねーよバーヤ」となるか「こいつらからもっといい評価をもぎとってやるぜヒヒヒ」となるかは、個人次第。

アンケート結果が、正社員ならボーナス・非常勤講師なら時給にと、生活に直結しているので、趣味であるLFには当てはまらないかも知んないけどね。

こっちも、誰が最低評価を下したのか薄々感付きながらの授業になる。当方はお金を頂戴する立場なので、実は生徒の方が圧倒的に優位。関係改善に努めることになる。

筆跡やら何やらで、個人を特定することに躍起になる講師もいるにはいる。匿名だから書ける情報もある。普段の関係が良好なら尚更だ。匿名掲示板にもメリットはある。

匿名は(1)本音が書ける(2)責任が伴わない(3)本名が知れると不都合が生じる、ときに有効な手段。福田元総理が「実は私もアニメヲタクで・・・麻生がうらやましかった」とは、在職中には口が裂けても言えまい。

匿名でもらった意見を、尊重するか無視するかは個人次第。やきばや関西近辺の大会参加者・関係者からの書き込みがあることは明白。行き過ぎた個人批判は見苦しいが、他山の石とするくらいの観点で構えておくほうが、精神的によろしい。

「匿名としての発言権がある」というのが、現在のDの回答。「発言権」の定義は分からない。1株でも持っていれば株主総会での発言権があるよーに、LFに携わってさえいれば発言権はあるんじゃない? ってのが模範的回答。模範解答ではない。

>そーいえば大阪にHGがいた

以前の2chで書き込まれた内容。ソイツが現在はチャンプを張ってるなんて、夢にも思うまい。

|

« なら大会2日目(6) | トップページ | なら大会2日目(8) »

コメント

G少年は素直だから言えば分かってくれます。
小生も言われなきゃ分かりません。困った。

ガディムにチョンボってどうっすか?
いっそD反とか積んだ方が面白いかも。
やきば環境でガディム同士はなかなか無いでしょうから、パニックはちょっと入れづらいんですかね。デッキタイプ的にバランスが良いんで、ジョークカードなら、なに突っ込んでも働きそうですけど。L気力回復出来るなら梅雨とか。
ヌギーに効果的だけではなく、相手のデッキを調べることで圧倒的マインドアドバンテージを(ry。

じゃんけんの次の手はパーを出します。
次の大会に持っていくデッキはアンチセンス4積みです。入門書も入れます。
そういえばユズハとアンチセンスは先に出ているほうが効果を発揮するそうですね。(・∀・)ニヤニヤ
圧倒的マインドアドバ(ry

投稿: t@ke | 2008年9月 6日 (土) 23時01分

チョンボは、圧倒的な敗勢を逆転に至らせるには足りないカード。パニックは入れるべき。もしくは入れてる振りをすべき。

○谷は正直。だからそれに対する対策デッキで出ればいーんだろ?流行も兼ねて、ASゲンジマルででも出るかな。ニヤニヤ。

投稿: D | 2008年9月 7日 (日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/23529837

この記事へのトラックバック一覧です: なら大会2日目(7):

» 関西ねっとわーく〜不動産投資用物件情報〜 [関西ねっとわーく〜不動産投資用物件情報〜]
関西ねっとわーく〜不動産投資用物件情報〜 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 23時23分

» キャッシングと返済 [キャッシングと返済]
キャッシングと返済 [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 07時55分

« なら大会2日目(6) | トップページ | なら大会2日目(8) »