« ¥・ソック | トップページ | 100均で »

2008年9月12日 (金)

踏み絵

将棋には、大橋流と伊藤流という、駒の並べ方の流儀がある。

大橋流は合理的、伊藤流は不自然でも心がこもっているという印象を受けるのだが、LFの場合は、相手の前でデッキをシャッフルして見せるというのが、一種の礼儀作法になっているのではと思う。

ただのシャッフルだけではなく、相手の目の前でx切りをして、自分のデッキが(L抜いて)59枚であることを証明する。墨を摺って心身を統一させる如く、戦いの前の静けさ。

以前のDは、自分のデッキを8切り→6切りした後、相手様のデッキを3切りすることを定道としていた。現在は、8切りだけで済ませることも少なくない。

x切りの基準は人それぞれ。宣戦を布告する前の個々人のこだわりを研究してみるのも悪くない。

後輩Nとジョリパに行ってきた。例のジョリパだ。

まず、空耳アワーの話で盛り上がった。「ソラミミストっていうサイトで、過去の動画が全部見られるんですよー」

ん? D脳内では、コンピュータに詳しい=限りなくヲタという公式が成り立つ。当然、カマをかけてみる。

「DってRPG30分で飽きちゃう病に掛かってんねん。今、なんかやってるゲームってある?」「そーですねー。今やってるのは、シューティングですかねー」「へー、どんな?」「分かりますかねー、弾幕とか出るヤツです。画面いっぱいに」

よし、捕まえた。

「あー、そーいえば、中1の女の子が言ってたわ。女の子ばっか出てくるゲームに、そんなヤツがあるって」「(かなり狼狽顔)え、え、そんなのがあるんですか?」

綺麗なエロゲヲタ、認定。

優越感に浸る代償として、飯代1500Gくらいは持ってやる。安いもんだ。

突きとか気合いとか、最初に言い出したのは誰なのかしらは知らないが、D脳内では、その基準ははっきりしている。即ち、一緒に飯を食うことができるかできないか。

人生たかだか9万食。何を食すかも大事だが、誰と食すかも重要なファクターとなる。TH2で春夏さんも、飯と風呂と睡眠に注力できないヤツは、人生の70%を損しているって言ってた。

まーその基準でいくと、大概のヤツは突きとゆー結論になる。みんなも、思い当たる節はないかい?

>(1)現チャンプがどんなデッキで出よーと、まずはパリ挑戦権獲得をしないと意味がない。よって、トーナメントを勝ち抜ける自信のあるデッキで出る。

(2)現チャンプが100%そのデッキで出る確証があるなら、対策は必須だ。相手が振り飛車しかしないと分かっているなら、居飛車対策を捨てられるよーに。

まー(3)現チャンプとのチャンプ争奪戦なら、パニックは積んでおいても損のないカードかもしんないね。

(3)だけが、Dを指す1人称。(1)と(2)の「現」は不要だった。とは言え、もしもこれから公式が開かれるなら、Dにもデッキを選択する権利は残されている。

明日から3連休。その後、4日連続で早朝会議。勘弁してクリリン。

Naはちゃんと石油に浸かってたよ。

|

« ¥・ソック | トップページ | 100均で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/23690487

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み絵:

« ¥・ソック | トップページ | 100均で »