« black box | トップページ | 踏み絵 »

2008年9月11日 (木)

¥・ソック

大阪市立科学館へ行ってきた。無論、私用ではなく公用で。

即ち、遠足の引率。生徒80人、講師10人の大所帯。

電車に乗せることから難儀だった。K原神宮前―A部野橋の40分間がじっとしてらんない。お約束の、靴を履いたまま立て膝での窓向きを注意。

御堂筋に乗り換えて、Y屋橋から徒歩10分。漸進的な国立美術館の隣に、その建物はあった。

まずはプラネタリウム。Dにとっては初体験。どきどき。

早朝6:00起きだったことと、引率の疲れと、イスがふかふかだったこととで、速攻爆睡のヴィジョンを立てていたのだが、意外と面白く、30分は耐えることができた。残りの15分? 天文学の歴史なんざ、興味ねーよ。

4Fの宇宙・物理コーナー。理科の教科書に載っている元素周期表が、実物で展示されている。真っ先に確認するのは、AuとAg。・・・本物だ。

ふと気になって、UとかPuとかを確認してみる。・・・説明の紙しか載っていない。残念だ、いや、よかった。

実験コーナーや手に触れられる展示も多く、大人でも楽しめた。昼休み併せて、5時間もの長丁場を、小学生に飽きさせないでいるB1F~4Fの建物も、そう多くはないだろう。

帰りのY屋橋までの道筋で、通り雨に降られた。多少のトラブルがあった方が、思い出に残る。

帰りのK鉄車内は、流石に生徒も疲れていたので、行きほどの元気もなく、少しだけ引率もマシ。

以前、某そろばん塾の引率で、TDCへ夜行バスで出掛けた帰り、生徒が高速道路で窓を開けて転落死、という痛ましい事故が起こった。

責任ある立場として、塾が主催して生徒を外部へ引率するということの怖さがあった。まして、塾生のみならず、塾生の友人や兄弟など、塾とは無関係の児童も引率せねばならない。

そろばん塾の例は行き過ぎまでも、迷子・喧嘩・天候など、考慮しなければならない点が多すぎる。

苦難を乗り越えたからこそ、解散後の安堵感が大きい。生徒の喜ぶ顔・保護者の「1日ラクできましたえへへー」の顔がうれしい。

委員長や幹事の苦労は、なってみないと分からない。だからこそ、やり甲斐があるってもんなんだけど。

次は私用で行ってみたい。プラネタリウムだけでなく、映画上映もあるらしーし、あのふかふかのリクライニングで、惰眠を貪りたい。

|

« black box | トップページ | 踏み絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/23666437

この記事へのトラックバック一覧です: ¥・ソック:

» 身長 [身長]
子どもの頃に、毎日たくさんの牛乳を飲んだ経験はありませんか。 学校の給食で一人200ml飲み、家でもお茶代わりのようにごくごく飲み、一日で1リットル以上飲んでいた人も少なくないでしょう。 [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 22時28分

« black box | トップページ | 踏み絵 »