« なら大会75(1) | トップページ | 大和なでなでしこしこ »

2008年7月 1日 (火)

なら大会75(2)

2回戦

その昔、HろHロというLFプレイヤーがいた。同じ県内ということもあり、年下ながら多少の意識はしたもんだ。彼の家でフリーの大会もどきをしたこともある。

そのとき、ご参加されておられたのがHやん氏とTこん氏。HろHロのルミラ、Hやん氏の耕一のデッキ構築・プレイングは、Dの根幹を支える礎となっている。

Tこん氏がミスコンで優勝したらミス○コンだね、とかアホ話をしたな、と思い出したのは、2回戦の対戦相手のスコアシートを拝見したとき。

「前回もいたんですけど、大会レポにアガってなかったんで、やっぱ忘れられてたんですねー」 記憶とは、突如にして蘇るものだ。

初手:楓・エビ・コリン・マラソン・芸・噂・ウォプタル。

相手様のリーダーは智子。ダイスに勝って先攻を選択している。Wアタックで勝ち・・・といきたいところ。

最初の2ターンは、焦らずキャラ展開に勤しむ。相手様にS屋が出てきた。なぜエビルからキャラ展開していないんだDよ。仕方ない、マホサまでは読みの範疇。マラソンにイカサマバトルを貼られたあたりから雲行きが怪しくなる。

それでも楓にウォプタルを貼って、芸で6点パンチを夢見たら、あっという間に相手様の智子にカンペとレベルアップが装備される。

相手様の前衛は鈴香とコリンとS屋。それ以外に増えない。こちらはちはや・クレマ・ちはやと引く。

鈴香でD返しを引かれる。嬢×2→鈴香は、1回はM人間、もう1回はD返しで楓が昇天。インディを引くも、4ダウンになるのと、今回はバトル6枚の上、芸×4・マラソン・対ゲーの構成で、マラソンを流されているので効果的なバトルが残っていない。

それでも朝鮮嬢を引くまでまったり行くか、と思ってたら、最終兵器彼女・Kotoneが出てくる。

FC恵の応援アタックも、応急手当などで回復された智子にダメージが通らない。最後はコリンの隠し芸を決められて負け。1勝1敗。(フルタップ・場には芸・ルミラ残り気力6・相手様手札3枚・智子vsルミラの芸で5点載せられるまでは範疇・芸を破棄ると勝ち目なし)

エビルダウンでS屋をトバしたとき、ちはやドローを忘れて1枚しかドローしなかったのが致命傷。30枚近く掘って、付けスラを1枚も引いていない。最終の相手様の手札が2枚(キャラと長蛇)だったことを考えても、その1枚は大きい。

2.0時代なら、迷わずエビルから展開していただろう。智子はパロ、との先入観が闘い方を狂わせた。1ターン目が敗着。

相手様のデッキに、付けスラは0枚だったらしい。ピンポイントでガセ・M人間・応急手当・D返し・不意打ちを決められた印象。うーにしてやれることはない。

|

« なら大会75(1) | トップページ | 大和なでなでしこしこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/22016258

この記事へのトラックバック一覧です: なら大会75(2):

« なら大会75(1) | トップページ | 大和なでなでしこしこ »