« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

やきば94(4)

全勝者は3人らしい。今日は久しぶりに人が集まって、参加者は30人。何とか5回戦までいってもらいたいものだ。

さて、目の前には1回戦で闘ったお方が。必定、隣の方とチェンジ!となるわけだが、大阪一派の総領と呼ばれし方。なんでそー呼ばれているのかは知らん。

4回戦

初手:術×3・嬢×2・スラ・対ゲー。

関西では(少なくともやきばでは)マリガンチェックをしてから先後を決めている。相手様がルミラだと信じて、そのままで試合へGo!

相手様、総帥でした・・・。

1表:「財力」「術・術・術、あ、もう1枚引いた術。Tみ~ん、これで負けたら土下座?」 対局中に響き渡る雑音(ノイズ)。

それでも、相手様にフランクと白きよみが出ている。確か夕菜は暴行。封印1枚引いているので、いつ投げるかは手札と相談。

1裏:「すももセット・ちはやセット・岡本セット、岡本切ってコリンセット。対ゲーセットして宣言」「バトル仲裁を」 白きよみウザス。

2表:「財力」「それに封印を」 撃ったDは死んでいい。どーやってバトル仲裁を潜り抜けるんだ。「これも防がれんのー」相手様はボヤきつつ、テリ・景清を展開してくる。買占めの5点が乗りつつ、フルタップ。

2裏:2枚目のすももを引く。ばったり→封印。さらにバトル中に応援→ばったり→封印。

術×4、ちはや付きのすもも×2、ばったり2回で相手様とのドロー差は10枚。流石に勝てた。これもリーフファイト。3勝1敗。

階段が負けたため、4回戦終了。なら大会の悪い流れは断ち切れた、と信じたい。

本戦終了後は、T長さんとフリプ。ルミラ対策の那須。3本でボッコボコ。またお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

やきば94(3)

携帯を替えさせられた。10年以上DMCを使っていたのに、家族割り云々の都合で、あう~に変更。

TV付きにはなった。山間部の実家で普通に通話ができるよーにもなった。メアドを替えたのだけはウザス。近々54と○谷に変更メアドを送るつもり。つもり。番号はそのまま。

窓口の顔面偏差値は、DMCの圧勝。つーか、狙って集めてるな。ついでに言うと店舗の間取りもな。

昼休む

○谷と十番へ。定番。嬢ロース丼を頼むのも定番。昼間っからドリンクを頼むのも定番。

○谷の嘆き:「相手様詠美。こちら殴り総帥。うおーうおー殴ってたら、相手様も漫画で殴り返してくるんすよ。3点交換なのに。最後は不意打ち喰らって、総帥でエクス投げたらD返しされました」

客観的に考えると、総帥をD返しの範囲内に収めるプレイングを心掛けておられるのが見える。が、対局中に気付けというほうが無茶だろーね。

3回戦

以前に那須で当たったことのある方。そのときはメイフォンアイテム依存だったが・・・?

ダイスに勝って後攻。ダイスには恵まれている今日この頃。

初手:ちはや・暴行・芸・対ゲー・噂・身代わり・付け。後攻選択。

1表:「臨時収入・アイテム夕菜」「それに」「暴行」「・・・通します。皐月・エロエロフ出してエンド」 夕菜暴行が、今回の勝敗の分かれ目。

1裏:岡本を引く。対ゲーで殴って事実上3点(理会の力)。

2表:恐怖の言葉。「アンチ・スキルセット。エンド。」

2裏以降:普通はこれでダメとしたものだが、Dはウォプタルを手に入れた! 芸もセットして2択で揺さぶる。

相手様は毎回、維持コストを払われるかどーかでお悩みになられる。2枚目のASを引いておられるのか。

相手様に醍醐・エディが追加されたところで疑問が氷解する。「維持コストは払いません。ルミラにマホサを貼ってエンド。」

そのターンにテリを出す。その裏、相手様からとんでもない一言が。「3コスト発生。延期をウォプタルに」

クレマもいる。噂話もある。だが、コストがない。泣く泣く通す。これで勝ちが遠くなったか・・・。

それでも、エロエロフを倒せたので、那須に「守るべきもの」が効かなくなっている。テリの隠し芸で押す。

「バトル宣言」「対応で才能」 テリvs皐月の隠し芸。「バトル中に才能」「OK。何もなければ1点3点の交換で。それではテリの3点をすももに身代わりします」 これしか3ドローをするチャンスがなかった。

最後は相手様をフルタップにした後、8点乗ってる那須にルミラで隠し芸。「守るべきもの」を封印にスラを重ねて、4点与えて勝利。3勝。

(1)ドロー差が埋まらなかった(2)夕菜を2度暴行できた(3)相手様が回復要素・付けスラを引かなかった、などの幸運要素が盛りだくさん。こんな勝ち方もまた、リーフファイト。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月29日 (火)

やきば94(2)

まー、あの3ターン目はアグレッシヴすぎた。封印・嬢を引いてない時点で乙。

最近の篤姫って、ヤンデレ化してるよね。家定が亡くなってから、どーゆーふーに立ち直っていくかが見もの。

昔は毎日、自宅で文章を練っていたものだが、今月自宅で練った文章は、何とわずかに4回。Gマには遠く及ばないものの、忙しさを理由にするには少なすぎる。

2回戦

目の前には見知った顔。○ばちゃん。きっと光岡。

ダイスに勝って後攻。リーダー:FC柳川。

鬼矢倉deathか!

初手:岡本・ちはや×2・FC恵・付け・噂・芸

結論から言うと、相手様がキャラを引きませんでした。確か梓単。

1表:梓切りの神だのみ。それに噂。巨乳を切るのは許さんよ。某所で痕の最萌えキャラを競っていたが、D内では、誰でもない。取り立てて気になるヤツもいない。雫だと、さおりん。初代THは芹香嬢。

その後も相手様は神だのみ・すりかえを駆使するも、構成要素が並ばない。こちらは順調に芸で削っていき、2枚目の隠し芸も引いてFC恵でフィニッシュ。2勝。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年7月28日 (月)

やきば94(1)

目覚ましをセットせずにエンド。朝起きて2度寝。オレ様のやきば94回、オワタ。

で終われないところがDの悪運の強さ。きっちり7:15に2度目の起床。途中の環状線で、通常アラーム(アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク)が99秒間鳴り響くのを、そ知らぬ顔でシカトし倒す。止める気ナッシング。

シカトって、花札用語らしーよ。

阪神の車内で、今日のデッキをルミラにするかガディムにするかで悩む。暴行抜いてC21、B8に玉砕覚悟でも積むか、と結論が出たのが終着三宮。

会場に着いてから、ガディムを家に忘れてきたことに気付く。ルミラ一択。

デッキ名:病んでいく過程のないヤンデレは、ただのホラーだ。

C:20 ちはや・すもも×4、コリン・楓・エビル・岡本×2、テリ・可憐・たま・FC恵×1

B:7 芸×4、マラソン×2、対ゲー×1

I:1 ウォプタル×1 F:1 アビス×1

E:29 術・付け・スラ・嬢・封印・噂×4、御無礼×3、応援×2、身代わり×1

結局、ほぼいつも通りかよ。

暴行を抜こうとした理由は、Dがいつも暴行を導入しているため、見えない影に脅えてくれるプレイヤーが出てくるのを期待したため。結論:ソレを抜くなんて、うーは愚かだ!

FC雛山を入れてる気マンマンだったのだが、どーも入れ忘れていたらしい。そーすい怖いよね!

1回戦

ハンドルネームに聞き覚えのある方。どーやら、わざわざ関西くんだりまでお越し頂けたらしい。恥ずかしいゲーム内容にはできない。

ダイス勝って後攻。初手:ちはや・コリン・岡本・身代わり・マラソン・付け・術。

相手様はガディム。

1表:「折原母セットしてエンド」 エンド時に術。楓とエビルに化ける。いい引きだ。

1裏:マラソンでは効果的なダメージが与えられない。1コストキャラの中からエビルを選んで出してエンド。

2表:「収入・コネ・芹香・ちはや・変酋長出してエンド」 地味に変酋長がウザス。

2裏:エビルでちはやを飛ばそうにも、母が強くてダウンさせられない。マラソンで2点与えてエンド・

3表:「召還してエンド」 ルーチンが廻り出すと勝ち目がなくなる。

3裏:ガディムに攻撃が届けば、ギリギリ(相手様4枚の手札無視)で勝ちが見えるという状況。

「宣言」「対応ナシ」「ルミラノーマル」「ゴースト受け」「1回目吸血、血の契約をゴーストに」

相手様の待機キャラは母のみ。嬢はないが、ガディム受けなら特攻、母受けのダウンなら御の字、といったところ。

「芸セット」「対応で母コストから応援、通りますか?」

選択肢は2つ。(1)クレームか(2)手札の噂話。こちらの待機キャラは楓・岡本・ちはや。噂話だと今引きのすももを切らないと岡本コストを残しつつ鬼化できない。

「クレームを」「それに厳しい目」

・・・失念していました。結局、楓vsゴーストの芸となり、相手様に1ドロー。

ちはやドローで先攻され(確かドロー差が6枚くらいはあったと思う)、折原タッグを完成され、さらにメイも追加される。

最終特攻付けスラ×5も、淫靡の前に敢えなく敗退。局後の感想では、3ターン目の特攻時にも淫靡はあったらしいので、勝ち目はなかったのか。1敗。

全部のレポは書けてるけど、ネタ不足のため、本日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年7月22日 (火)

ネタは出ないが

Stick nurse は出た。授業アンケートとセットで。

明日は休みだ。go to Namba。余裕があればレポを仕上げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

すぐ書きます、すぐ書きます、弾丸っす。

終電で帰宅→仕事に直行→明日も7:30起き。いつレポを書こう。アフリカぽれぽれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

明後日から夏期講習

そーいえば今日はなら大会だったな。何人来たんだろう?

○マが頂点極めるとか、あり&えない。いや、プレイングはしっかりしてるんで、地形特性も考えてなくはないんだが、いや、やっぱ許されない。

(1)デッキを錬りこんで睡眠不足で参加。(2)デッキを錬りこまずに、いつものデッキでいっかーと思って睡眠不足で参加。(3)仕事で深夜に帰宅して睡眠不足で参加。(4)寝坊で不参加。

まだ(4)は経験ない。経験したくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

無安打3失点

羽生が棋聖奪取。春に棋王を奪取しておけば、初代永世竜王+再7冠の同時達成もも夢ではなかったのに。

今日は11:00から会議だった。昼飯買っていったら、最後に飯が出た。仕方なく昨日買ったジャンボおにぎりは夜に食った。バイアス13cm、高さ6cmの正八角形に近いおむすびの体積を求めながら。

鬼矢倉?廻れば勝てる。リネットでもリアンでも、納得するほうを積んどけばいーんじゃない?他人様のデッキを批評できるほど、DのLF形勢判断力は長けていない。

久保vs阿久津の竜王戦の棋譜を再生。このコクはLFでは味わえない。5手目で既に60手後の局面を想定しているとは!

LFと将棋では、思考時間も段違いなんだけどね。ゲーム性の違い。将棋は40枚の駒と盤があれば何とかなる&最悪なくても何とかなる。LFはデッキを組む時間が必要だ&デッキを組むのも娯楽のうちだ。

いよいよ明日かー。デッキ組まなきゃだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年7月18日 (金)

13cm

夕飯用に買った爆弾おにぎりの直径。食い損ねた。明日の朝まで保つかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

川がいい

Dの塾では年に数回、授業アンケートを取られる。仮にも校舎長として、すべてのアンケート(マーク式。一部コメント記入欄アリ)に目を通さざるを得ない。そこで目に留まったのが次の語句。

「川がいい」

考えること5秒。「ノリがいい」だと気付くのが遅すぎるDは、憑かれている。

「成積が伸びますよーに」と飾られている七夕の短冊。短冊を見ながら、お前は絶対に伸びねーよ、と毒づいてみる。もっと漢字の勉強をしろ。

エッチ神のエス本。読んでみたい。どきどき。どんな責めを喰らうんだろう。

母校は逆転負け。1-2。ベスト32と言えば、都市圏では聞こえはいーんだろーけど、所詮は初戦負け。T理も負けたし、今年もC弁で決まりか。

2.0時代で優勝できた謎リーダー:由宇。平日大会だがな。最も悔しかった敗北:54との耕一ミラーマッチ平日決勝。こちら梓・楓・テリ・フラと並んでいて、こちらの耕一気力フルから一撃でクリアー☆されたんだぜ?

応援が3枚か4枚飛んできた気がする。

もっと悔しかったのは、当時希少だった千鶴のヴァージョン違い4種(0.9・1.0・1.1・1.2)が優勝賞品に提供されたこと。何の因果か、この4枚は現在はDが保管している。その4枚を使う気はさらさらない。

やきばまであと3日かー。デッキを組む時間なんてあるはずもない。大会後にGGCに行く面子募集中。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月16日 (水)

イースト・ウェイ

「せんせー、妹がなー、東方シリーズにハマっとんねん」

今だ、フランク長瀬の特殊能力、発動。

「東方シリーズって、何?」「弾幕が出まくるシューティング。登場人物が女ばっか」 うん、的を射た評論だ。

「そんなもんやめとけ、って伝えとけ」「うーん、無理やと思う」 ちなみに、ここの3兄妹(兄・兄・妹)は、全部面倒を見ている(見たことがある)。小・中学生は、電脳世界にハマらないほうがいーと思います。

いっせきにちょう、さんかんしおん、ごりむちゅう、出てくる数字を全部足すといくつ? 小6・中1が全員引っかかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

母校の訣戦は水曜日

夏の高校野球の予選が始まった。50インチのTVを前に、炎天下の中ご苦労な球児たちの活躍を見守る。

・・・かつての教え子が出ている。勉強とクラブ活動は違うものだ。Gマにだって、誇るべきものは1つくらいあるだろう。H神のS本は、かつてウチの塾に在籍していたと聞く。Dの教え子からも、そんくらい(結構微妙だが)有名な人物が出てほしいものだ。

プロ野球の結果を見てみる。・・・Kスタだと。味スタの親戚か?

「クリネックススタジアムで行われた楽天対・・・」のアナウンスで、はたと気が付く。クリスタじゃ、別のもの想像しちゃうもんな。クリクリスタスタ。

勝利を求めるために競技をする者もいるし、コンセプトを追究するために競技を行う者もいる。言い換えれば、地位と名誉と、自尊心の撫禰のために競技を行っている。

自分よりちょっぴり実力の劣る者に競り勝つのが一番楽しい、とどっかの漫画に書いてあったよーな気がする。勝って嬉しい、負けて悔しい、この当たり前の感情を持ち続けることができる限り、競技からの引退はできない、ってことか。

バトル流しの特殊能力なー。赤緑緑+ダウンで好みのバトル1枚をゴミ箱送りに、くらいでどーだ。ダウン条件でないと、L見た瞬間に死亡っていうデッキが出てきそう。

○谷のブログは、毎日読みたいくらい完成度が高い。残念だ。

将棋=暗い、麻雀=イリーガル、LF=○タというイメージがあって、なかなか自分の趣味に自信が持てない。あ、Q州時代は風俗通いもありました。

職場では、LF以外の趣味は公表(風俗通いですら!)して、最後の一線だけは死守。つーか、職場の人間全員が、そんな趣味を持っているとかいう疑念すら抱かせているので、バレても何ら問題はなさそーなのだが。10年後の日本が、ちょっぴり心配だ。

まだまだ逝かない、天国社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

What for ?

長らくサボった。しかしそんなに錬った文章を書いたわけでもない。

以前、麻雀の醍醐味は「立直の一発目をツモるとき」と定義したが、LFの場合はどーなのだろう。

Dの場合、「相手の持ち駒、もしくは1ターン後の自分の持ち駒が不明のままで行う詰め将棋」を解くことに重点を置く。

しかし、現状はガディムなど、負けない場を構築することに拘泥するあまり、LFの楽しさが以前ほどには感じられないような気もする。楽しくないわけではないのだけれど。

相手が完璧な場を構築していると認識しているとき、ギリギリの手札で勝ちきることは楽しい。が、醍醐味かと言われるとそーでもない。

デッキ構築は勝利のための手段であって、目的ではない。

いったい何のためにLFしてるんだろーね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

デジタル放送だと

チャンネルを選択しただけで、タイトルも表示してくれるのがありがたい。そうそう、そんなタイトルだった。

遠目のシーンで「ズボン(敢えてパンツと呼称できない)もスカートも穿いてねーじゃん!」と思ってたら、そんなアニメだった。戦闘シーンは秀逸なのだが、ナディアやエヴァに比べてリアリティが感じられない。

奈良の何が始まったのか、真剣に分からない。

そろそろLFのことを書けって? ネタがあればな。「私、冬弥君のネタなの」 微妙に間違ってない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

電話対応の多い日

1人30分とか拷問。疲れた。特に書くこともネタもない。岡山といい広島といい、中国地方への遠征は忌みが伴う。

最近、家に帰ると深夜アニメがやってる時間帯。何の予備知識もなくトラブルとか何とかウィッチーズとか見る。・・・設定おかしーだろ。最後まで見てしまうDもDだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

なか卯で

ごーはんを食べーよー、なか卯!

で〆るなか卯の店内音楽。全歌詞が気になってインターネットを検索。・・・見つからない。誰か探しといて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

いた、やど、いたやどかりちゃん

しょーてーんがーい!

分かるヤツだけ分かれ。

他人のレポを見ていると、よくそんなのまで覚えてるな、ってのがある。映像とまではいかなくても、レコーダーくらいは持ち込みたい瞬間もある。でも、きっとこっ恥ずかしい思いをするだろーから、多少の脚色が入るうろ覚えのレポでいーのかな、とか思ったり思わなかったり。

今期のカープが球界制覇したら、タイガースファンでなくても微妙だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

なら大会75(3)

最近、通勤の車内で九九を唱えている。インイチガイチ、インニガニ・・・のアレだ。1分は切れるが50秒は切れない。BMP行は、早口言葉の鬼門。

記事に関係のないトラバが多くて困る。最近は見てすらいなかったのだが、1ヶ月前の記事にトラバがついているのを発見。こんな田舎記事でも、誰かの心に留まることがある。多謝。

JRの遅延といえば、8年前(もーそんなにもなるか)の広島公式。前日夜に参加表明し、54を三宮駅で待ち合わせた思い出。54の昔のHPblogにあるんだろーけど、探すのが面倒くさい。

L:諸角

C:18 ちーころ・殺っころ×4、こりこり×2、ふらふら・かーれーん・ゆずーはー・てりてり・しゃーろむ・いくのん・ゆきを・おさげ×1

B: 8 もはや説明する必要もあるまい

E:33 術・付け・スラ・待ちあわせ・嬢×4、封印・噂・神だのみ×3、収入・応援×2

1回戦

Kスケさん。初戦神話継続中。

初手に待ちあわせ・千鶴・ネトゲがある。Lは木田。後攻取った。80%もらったな。

1裏:待ちあわせ千鶴からネトゲ。「バトル中に臨時収入を」「嫌がらせ」「もう1度嫌がらせ」 鶴来屋、墜つ。

2表:「エルルゥ出します」「ハクエル捨てます」「タッグ化します」「絶対的契約を」

なんだその呪文は。「ハクエル倒しても継続は持続しますよー」

以下、殺っころ・可憐・諸角あたりが契約される。相手様の前衛は文月・琴音・フランク・初音・そしてハクエル。うわぁ、勝ち目ねぇ。

それでも相手様、野外かくれんぼで殴ってくる。一縷の願いを託して、こちらはおさげを出しておく。

野外を2回受けて、ちーころセカンドがダウン。手札はギリギリ木田を仕留められる格好。

「エンド時にお出迎え、対象は手札のちーころ」「通します、それではちーころに契約を」「それに封印」

「エントリー・ドロー。バトルセット。」「対応で契約をちーころに」「それに封印を。バトル宣言」「宣言対応超能力」「バトルキャラはちーころ、朝鮮嬢を木田に」

手札には付けスラが2枚。何もなければ届くが・・・?

「バトル中に嫌がらせ・トラメ」

無理でした。1敗。ダウンキャラがちーころ3枚とは、嫌がらせここに極まれり。いきなりバトル宣言なら届いていたのか? 敗色濃厚で考える頭がついていってない。

2回戦

ルビーとサファイアは、同じ元素からできている。でも、サファイア・アイって聞いたことないよねー、とかどーでもいい。

L:殺っころ。こちらフランク単騎。ことわざ辞典も付けられて、隠し芸で一方的に蹂躙される。

迎えた最終ターン、せめてアタッカーを引かないと負ける! ってときに術→ちーころを引くDドローが健在。

待ちあわせちーころ→ネトゲ→応援×2で仕留めにいくも、相手様の手札も分厚く、付けスラ1枚足りずに負け(3枚投げた)。2敗。

3回戦

T達さん。K達さんとは読まなかったと思う。

LFCテリ。こちらの初手はシャーロム・ユズハとしょっぱい。

それでも相手様がバトルを引かない。こちらはネトゲ×2で殴っていく。

一度決めにいくも、気分転換やらで交わされる。フルタップ・ネトゲ2枚放置。返しのターンでスランプ×2を喰らって憤死。3敗。

諸角使って3連敗とかgdgd過ぎる。誰か勝てる諸角をレクチャーしてくれい。7戦トータルで2勝5敗。何たる不甲斐なさ。

智子戦でのエビル・ハクエル戦でのバトル宣言など、レポを書いて気付くことも多々ある。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

大会終了後は、奈良(一部京都)+YじんさんとでKずしへ。3人―4人の卓に分かれた。隣の卓はハンバーグ軍艦巻き4つとか、炭火鶏6つとか、面白い頼み方をしていた。

帰りはTTるさんと耕一談義。両者○イ疑惑の持ち主。疑惑?

あ、Dの車へウーロン茶を忘れた方、有難く頂戴しておきました(未開封・2リットル)。S川さんかYじんさんだと思う。返せないよ。

Dはソリティア派。もしくはマインスイーパ派。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

大和なでなでしこしこ

家に帰ったら、50型のハイビジョンTVが設置されていた。早速ウィンブルドンを拝見。・・・デジタルは画質が違うわ。

小4の子に「あるなしクイズ」を出題してみる。はっぱにあって枝にない、くしにあってかみどめにない、にくにあってさかなにない、サザンにあってオレンジレンジにない、といった他愛もないもの。即答されるかと思いきや、意外にそーでもなかった。

「へ」はひらがなとカタカナが同じ文字である。実は、「へ」の他にひらがなとカタカナが同じものがあと2つある。って問題は、即答できた子が2名。

3回戦

S川さんの恵。徹マンと隠し芸で殴りあう・・・展開にすらならなかった。吸い代兼(一瞬の)ブロッカーであるエビルをご無礼され、一方的に蹂躙される。見せ場すらない。1勝2敗。

4回戦

同志Yじんさん。被るストライクゾーン。

Yじんさんといえば、いくみん。稀に菜々子。やっと、るーこシナリオで菜々子が出てきたよ。クリアは近いのか?

ダイスに勝って後攻。リーダー:もちろんいくみん。きょーもーはしるーたたかうふえるーそしてーたべーられるー。

1表:醍醐を出される。我慢我慢。「蝉丸(3.0)出します」 ! 待ってたぜ「ご無礼、蝉丸に暴行を」

「うーん・・・」逡巡の後、「キャラ切ってガセネタで」 護る者、ウザス。

朝鮮嬢いくみんで決めにいくも、スカウトで耐えられる。テリ・白きよみ・可憐と並べられ、更には可憐コストでマホサを貼られる。そして醍醐のミッションでちくちくと殴られる。ちょ、この展開は勝ちが見えない。

「ユズハ引いたら完璧ですね」「・・・? あー、そーいうことですか」 病弱3姉妹。効果は抜群だ! 蝉丸もいるし、あとは兄2人を引けば文句なしだ。 誰に?

それでも悪運の強さには定評のあるD、引いてきたるは可憐。カウンター抱えてのプラチナリングが通る。醍醐はコリンで受けまわす。

手札7枚で迎えたエントリードローが術。さらに連鎖。念には念を入れてすももドローで手札11枚。封印が3枚。ここで一気に仕掛けてみる。

白きよみが1回ダウンしている。醍醐を隠し芸で倒し、エビルボムをテリに。更に応援から影花藤幻流を封印して蝉丸を一掃。これで4ダウン。これでもう白きよめられない。

こちらは3ダウン。相手様の引き次第では・・・と思うも、敢えなく投了。ふーははー、危なかった。2勝2敗。

1大会目、終了。参加賞か何かで、ランダムで2枚Lカードを貰えることに。

1枚目:春夏さん。「このみ母かー、結構好きなんですよねー」

2枚目:春夏さん。「・・・」「これでデッキ組めって思し召しですよ」「んなワケあるかい、カードがランダムにシャッフルされているかを確認する権利を行使する」

・・・ランダムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

なら大会75(2)

2回戦

その昔、HろHロというLFプレイヤーがいた。同じ県内ということもあり、年下ながら多少の意識はしたもんだ。彼の家でフリーの大会もどきをしたこともある。

そのとき、ご参加されておられたのがHやん氏とTこん氏。HろHロのルミラ、Hやん氏の耕一のデッキ構築・プレイングは、Dの根幹を支える礎となっている。

Tこん氏がミスコンで優勝したらミス○コンだね、とかアホ話をしたな、と思い出したのは、2回戦の対戦相手のスコアシートを拝見したとき。

「前回もいたんですけど、大会レポにアガってなかったんで、やっぱ忘れられてたんですねー」 記憶とは、突如にして蘇るものだ。

初手:楓・エビ・コリン・マラソン・芸・噂・ウォプタル。

相手様のリーダーは智子。ダイスに勝って先攻を選択している。Wアタックで勝ち・・・といきたいところ。

最初の2ターンは、焦らずキャラ展開に勤しむ。相手様にS屋が出てきた。なぜエビルからキャラ展開していないんだDよ。仕方ない、マホサまでは読みの範疇。マラソンにイカサマバトルを貼られたあたりから雲行きが怪しくなる。

それでも楓にウォプタルを貼って、芸で6点パンチを夢見たら、あっという間に相手様の智子にカンペとレベルアップが装備される。

相手様の前衛は鈴香とコリンとS屋。それ以外に増えない。こちらはちはや・クレマ・ちはやと引く。

鈴香でD返しを引かれる。嬢×2→鈴香は、1回はM人間、もう1回はD返しで楓が昇天。インディを引くも、4ダウンになるのと、今回はバトル6枚の上、芸×4・マラソン・対ゲーの構成で、マラソンを流されているので効果的なバトルが残っていない。

それでも朝鮮嬢を引くまでまったり行くか、と思ってたら、最終兵器彼女・Kotoneが出てくる。

FC恵の応援アタックも、応急手当などで回復された智子にダメージが通らない。最後はコリンの隠し芸を決められて負け。1勝1敗。(フルタップ・場には芸・ルミラ残り気力6・相手様手札3枚・智子vsルミラの芸で5点載せられるまでは範疇・芸を破棄ると勝ち目なし)

エビルダウンでS屋をトバしたとき、ちはやドローを忘れて1枚しかドローしなかったのが致命傷。30枚近く掘って、付けスラを1枚も引いていない。最終の相手様の手札が2枚(キャラと長蛇)だったことを考えても、その1枚は大きい。

2.0時代なら、迷わずエビルから展開していただろう。智子はパロ、との先入観が闘い方を狂わせた。1ターン目が敗着。

相手様のデッキに、付けスラは0枚だったらしい。ピンポイントでガセ・M人間・応急手当・D返し・不意打ちを決められた印象。うーにしてやれることはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »