« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

なら大会75(1)

とある将棋棋士に言わせると、最も書きたくないのは、負けたときの自戦記だという。だが、自戒も込めて書き記さねばならない。

車で会場に行けるって素晴らしい。30分程度で到着。和室じゃなくて会議室だったので、うっかりスルーしかけたのはDだけではないらしい。

何だここはやきばの会場か? と思うくらい大阪勢が来ている。○るくが一瞬でも奈良県民だった時期があるなんて、130万人の名誉に懸けて信じてやらないぞ。

ガチ度が高い。サイコロを振って、奇数が出たらルミラ、偶数ならガディムのつもりで投擲。ラッキーのNo.1。

まー、いつものルミラなんだが、バトルの7枚目に迷う。挙句の果て、サイドスペースから徐に取り出したるは、インディ。吸血×3+屋外バトルって、ありなんじゃね? 妄想は脳内でするものだ。

1回戦

両者参加なら、なら大会の初戦遭遇率100%のKスケさん。

初手:術×2・噂話×2・暴行×2・付け。チートイのテンパイだな。迷った挙句、キャラなしバトルなしは自重との判断の元、マリガン。

マリガン後の初手:芸・術・嬢×2・エビ・すもも・コリン。・・・ダイスに勝っても「先攻を選択します」としか言えないときは、乗れてないとき。

Lオープン。耕一。ワープ耕一の可能性90%。

1表:「すもも出します」「コリン出します」

1裏:「ワープセット」「退散、コストは手切りの環姉とFC3楓から、対象はコリン」「耕一コストと手切り真紀子で○チンコ貼ってエンド」

2表:「楓出します」「芸セット」「耕一に5点」

2裏:「リアンセット」

3表:「2回吸血」「嬢リアン」

3表:「志保セット」

4表:「すもも食います」「対ゲーセット、耕一に4点」「応援、宣言、隠し芸、耕一に5点」「あーしたー」

1勝。ちなみに、まともに札譜を覚えているのはこの対戦くらいなもん。あとは期待するでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

何で出るかな×∞

さあ、今日出るデッキを考えて、今日中に組む作業に戻るんだ・・・。

挫折して、「いつものデッキ」にならないようにだけ祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

国語もなかなか

「21世紀」「官庁街」「運賃」を、誰に読ませようか思案している鬼畜D。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

なら大会は出てやる

デックス祭のレポを書いている段階では、やきばに出る気マンマンだった。つまり、今週のブログは対戦レポで稼げるぞ、との読みがあった。取らぬ狸の皮算用。

Dのブログを読み返してみると「つまり」の接続詞が多い。「~ではない」も多い。理屈っぽい人間なんだな、きっと。

3月に始めたTH2が、まだクリアできていない。7月のやきばでは、ADをよろしこ○谷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

永世チャンプ

将棋には7大タイトルというのがある。名人・竜王・棋王・棋聖・王位・王座・王将。

さらに、永世称号というものがある。

名人:通算5期、竜王:通算7期か連続5期、棋王:連続5期、棋聖:通算5期、王位:通算10期か連続5期、王座:通算10期か連続5期(王座のみ「永世」ではなく「名誉」の称号)、王将:通算10期。

将棋界で、最も格が高いとされているタイトルは名人。賞金だけなら竜王。しかし、真に永世称号が得にくいのは王将。

連続5期は、競技者として脂の乗り切ったときなら達成者が数名いる。連続10期を成し遂げた者は、大山や羽生・中原くらいなもの。つまり、通算10期を獲得するには、少なくとも2度、厳しい予選を勝ち抜いて挑戦者となる必要がある。

歴史が浅く、未だ永世称号取得者がいないのが竜王(竜王の前身である十段位は、永世称号者がいる)。

羽生は、竜王以外の全ての永世称号を取得している。ちなみに、竜王も6期経験済み。つまり、永世竜王にリーチが掛かっている。

現在の竜王位は(秘かにTみんと被る印象がある)渡辺。渡辺は現在竜王連続4期中。つまり、これまた永世竜王リーチ。

羽生が永世名人を獲った現在、将棋ファンの今年最大の注目は、羽生が竜王戦の挑戦者となり、勝者が永世竜王の称号を得る竜王戦を観戦すること。

羽生が挑戦者となるまで、あと5勝が必要。永世名人を森内に先に獲られた羽生。初代永世竜王こそ、羽生になってほしい。

で、永世チャンプ。平成ジャンプではない。

個人的な目標は、あと3回防衛すること。つまり、名人戦と同じ通算5期。実力が同等なら、8分の1の確率。自身がトーナメントを勝ち上がる可能性を考慮すると、もう少し確率は上がるが、そんなもんは切り捨てろ。

とりあえず目の前の2分の1に集中。それ以前に、これから公式大会が開かれるのか?という懸念。

ADR。DDRではない。大学時代、どーしても(サボり倒したせいだと自認はしているが)単位が取得できなかった、民事訴訟法の講師がホザいてた。スポーツ裁判などの巨躯団体に限られ、庶民レベルまで到駆されるのは、もう少し時間が掛かりそう。

チャンプにならなかったら、関東の公式なんて、出ようとも思わなかったんだろーな。井の中の蛙が、もうちょっとだけ広い沼を知ったよーなもの。

○谷サイドのレポが読んでみたいと思うのは、高望みなんだろーな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月23日 (月)

これにて終了、やきば93回に続かない

本気で引きこもりガディムに「復活の呪文」の投入を検討している今日この頃、いかがお過ごしでしょーか。

Tみんにしては博打なデッキを使ったな、という印象。○谷の耕一には、いたずら→パニックが刺さる。でもスカウト4積みのデッキじゃないと、パニックは投入しづらいけどね。

3回戦 ルミラ

引かれたバトルが蛍狩り1枚だけなら勝てる。手札薄かったんで、コリンでいつ2枚目のバトルを引かれるかヒヤヒヤしてた。2勝1敗。

4回戦 理奈

初手:芹香×2・ユズハ・コネ。芹香とユズハ切って芹香展開、コネからちはや展開なんて、流石にアグレッシヴ過ぎた。大丈夫、相手はTぼさんだ。バトルと朝鮮嬢が初手から揃っているはずがない!

「バトル宣言、朝鮮嬢を芹香に」

・・・舐めてました。ゴミ箱で眠っている芹香×2とコネを恨めしく眺める。

2回ほど殺されそうになるも、そこは神引きの淫靡やら身代わりやらで、のらりくらり。こちら3ダウンだが、芹香・ちはや・琴音・環姉・黒きよみとそれなりのフォーメーションが組める。

相手様もコリン・英二アタック→理奈アタックの搦め手で打ってくる。破壊神で受けられている限りはダメージは溜まらないんだが、いろいろややこしい。

状況が激変したのは、相手様が出した3枚目のバトル、その名も「ものまね」。破壊神したガディムで5点も喰らうなんて、信じられない。

相手様にはフランク、そして(黒きよみで手札に戻したものの)FC瑠璃子がいる。バックを与えるのを待っていてもジリ貧。ロジックをワンテンポずらされているのを元に戻す意味でも英断。

「ゴースト召還。破壊神芹香。待ちあわせ芹香」

ガディムの気力が回復する(一時は残り気力2まで追い込まれた=付けスラ1枚で死んでたのが残り気力8まで復活)のと、ゴーストロジックが復活するメリット。ただし、4ダウンになってしまったデメリット含む。

次ターン:朝鮮嬢ちはやで死亡。スカウト→淫靡も呆気なくカウンターの憂き目に遭う。

長蛇で淫靡と身代わり戻してた→スカウトでシャッフル→破壊神ゴースト→ちはやドローで身代わりを引くってのが唯一の希望解だったが、特殊能力フェイズをスルーしたDは正座。

ガディムで4ダウン目をもらうってことは、穴熊で隣の桂を跳ねるのと同義。将棋では「パンツを脱ぐ」と表現する。さもありなん。

将棋と違って、麻雀もチェスもLFも、初手が一番難しいんだよねー。これからは初手に5分考えるわー。

真面目にとんなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14連勤

なかなか楽しそうな大会だったのか?

2回戦 白ささら

とりあえず芹香を呼んでみる→2~3ターン目に、なぜか1.0初音と、目覚まし時計つきの琴音ががが相手様の前衛に。

全力で焼きにかかる。「応援!」「応援!」「封印!」 「じゃあ、お裾分けを」 しょぼーん・・・。

それでもスカウト→応援→パニックで琴音を落とすことに成功。後はぺちぺち焼いて勝利。よく勝てたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

参加できるようになりません

昼休み

公共の建物ということで、周りに碌な食い物屋がない。Tぼさんと○ナさんとで見つけたカレー屋に入る。まー、空腹は満たした程度。

で、2大会目のデッキ。いつものガディムに、フィールド対策でハーレムを積んでみた。総帥の前衛の景清・岸田。結論:夢を見すぎた。

1回戦 初手:ちはや・すもも・術・噂・待ちあわせ・メイ・コネ

1表:「ちはや出します」「同時財力」「すもも出します」「同時術」「それに噂、ターンエンド」「じゃースカウト」「ではこちらも術を、・・・(カウンター引かなかった)どーぞ、通します、ターンエンド」

1裏:「財力、環出します、収入、スフィー、狂子、ターンエンド」「エンド時にコネを」 黒きよみを持ってくる。

2表:すもも引いた。「破壊神、対象はすもも」

「パニック」

「あーしたー」 1敗。スカウトに対して無警戒すぎた。相手は○おっち~さん。1大会目と同じ総帥。ノーカウンターでパニックを撃ったそうな。でもDでも撃つ。Tみんなら? 知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

まだかえれません

国語ラボ・2者面談・夏講時間割・まとめテスト作成・明日の準備・・・殺せ、殺してくれ。

早くデックス祭の続きを書きたい。ガディムvs総帥で、2表で決着が付いたお話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

なら大会は出られるかも

タイムアップどころか。出場も危うい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。今、興味があるのはバニサンなんでよろしこ。デンジャー? きちんと読めばデインジャー。

No Ginger. 「しょうがない」と読む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

スーアンコ~16000オールの9枚

リーソクツモ赤スーアンコ裏3。・・・夢は見るだけなら自由だ。

暗カンしてリーチを掛けるだけで、裏ドラがモロ乗りする確率が単純に6%(33分の2)。役満以上の収入が期待できるなら、ダマで満貫あろーが立直が正解なのか?

最終戦

Aるく。アンチスキル那須。事前情報はそんなもん。ダイスに勝って後攻。

初手:すもも・楓×2・エビル・嬢。これはいけるんじゃないか?

1表:七海だされてエンド。早さ属性なし。これはもらったな。

1裏:「すもも出します。3回吸います」。唯一で最大の気掛かりは、バトルを引いていないこと。大丈夫、これで引けるさ。

・・・引けませんでした。暴行は2枚引いたけどな。楓とエビルを出してエンド。

2表:「臨時収入通りますか?ではエロエロフを。2点はルミラに。サウナセット。宣言」。ちょ、暴行コストない(笑)。いや、笑ってらんない。ルミラ受けを余儀なくされ、ルミラに5点。さらにもう1キャラ展開されてエンド。

2裏:隠し芸を引いた。サウナだけなら、こちらのキャラの引き次第でもう少し粘れるかもしんない。なんせ相手様は、絶対弱運をお持ちのAるく様だ。

とゆーことは、アンチスキルを貼られる展開だけは避けねばならない。エビルから吸血→嬢エロエロフ。付けスラのバックを考えて、バトルはサウナ。ちなみに相手様ターンに2回吸血済み。

後にAるくは述懐する。「いやー、エントリードローとエビルのボーナスドローが付けスラだったんですよー」

付けスラで撃ち負けて、ルミラに逆3点。最後の一太刀で、嬢で七海をダウンさせるも焼け石に水。サウナだけで前衛が崩壊していく。成す総べなく負け。4勝1敗。

結果だけ見ると、勝負を急ぎすぎた感がある。事前情報があったからこその急ぎすぎ。考えものだな。

第1回デックス祭で優勝している。規模は大幅に縮小されたものの、再度優勝を狙っていたんだが、まーしゃーない。Dが弱すぎるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

デックス祭(4)

サボリ癖が板についたら、もうGマのことをなじってらんない。自分に負けるのと、自分に嘘をつくのだけは嫌だ。

イーシャンテン理論。相手がイーシャンテンの時に、たとえノーテンでもリーチを掛けてプレッシャーを掛ける理論。J元さんに話したら「あなたは近代麻雀の読者ですね」って言われた。ちぃ、バレてたか。

4回戦

全勝者が3名で、Dが階段。対戦相手は○u-Naさん。3.0時代からの長い休止活動の後、復活されたらしい。

ダイスに(やっと)勝って後攻。

初手:たま・スラ・テリ・術・コリン・暴行・噂話。迷わず後手選択。

リーダーオープン:ルミラ。こちらがバトルを引けてないのがますますもってベネ。

1表:「たま出します、コリン出します」「ご無礼、コリンを暴行」「・・・岡本出します、エンド」

1裏:術から、ちはやと隠し芸を引く。たま・ちはや・コリンを出してエンド。

2表:「術を」「それには噂話」「・・・失礼、カードを見せてください」。そーいえば、ちはやでもカードチェックをされたよーな気が。知的財産を取り戻すのは大変だ。

「卓球セット」「同時吸血」「バトル宣言」「同時吸血」。ルミラvsルミラで卓球で殴りあうのは久しぶり。4点交換。

2裏:相手様の手札は1枚。楓と鈴香を追加されてはいるが、相手様はフルタップ。その1枚が身代わりなら、次ターンまで待っても勝機はない(岡本が立つため)。よって、このターンが唯一の仕掛け時。

チキンにも、ちはやとたまコストからテリ→3ピカ→ばったり。→Dは付けを手に入れた!

ルミラvsルミラの卓球アゲイン。相手様の抵抗はなく、付けを重ねて6点与えて勝ち。3勝。

もしも相手様が卓球を破棄されていたとしても、芸からジャストキル。130%の引きは伊達じゃない。

その後は3戦ほどフリーを。全部ルミラvsルミラ。

相手様手札1枚、Dはたくさんあるが致死量を与えるのはムリ、こちらの待機キャラはテリのみというところで迎えた勝負ターン。

相手様のルミラの残り気力は4、待機キャラはドリグラと楓。まずはルミラでノーマルアタック→ドリグラ受け→ドリグラがダウン。

ボーナスドローが朝鮮嬢。テリで朝鮮嬢を楓に。応援ルミラ→芸+スラが刺さって勝利。ギャラリー多いところで神引きを魅せられるのは気持ちいい。

・・・ギャラリー入ると、高い手を意識しすぎて麻雀が雑になるって、荒さんが(マンガの中で言ってた。明日、決勝はAルクとの一戦。期待してるヤツなんておらんだろーよ。

明日、書けるんだろーか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月14日 (土)

ちょっくら休憩を求刑

デックス祭は昼・夕の2大会で9戦やったんだぜ。ネタが保ってラッキーと思う反面、ちょっくら楽をし過ぎじゃねーの?と囁くアンヘルDもいたりする。

明日は休み。レポを片付けるか、それともちんたらちんたらやっつけるかは未定。投げられたら投げられたとき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

デックス祭(3)

阪神戦の中継に例えてみよう。5-4でサヨナラ勝ちとか劇的な内容のときもあれば、0-13とかボロッカスなときもある。

大切なのは、録画中継をしてくれるというインフラの部分だ。D自身はまだ映像を見ていないが、こういった試みが広まって、プレイ人口の歯止めがかかればいーな、くらいには思っている。

子の点数から申告するので「300・500」が正解。「イチサン・ニーロク」のように、通称を使いたかったのなら「500・300」でも正解・そこまでの深読みは不必要。

A国から投げられたのなら、それを使う準備はできている。問題は、22日(日)が空いているかどーかということだ。授業自体はないが、大勉強会の監督がある。校舎長として趣味を採るか信頼を採るか、それが問題だ。

3回戦

○おっち~さん。やきばで何度となく顔を合わせている。

「今日はダイス全敗なんですよ~」「奇遇ですねー、こっちもっすよ~」

で、ダイスに勝つわけだ。

初手:殺っちゃん・嬢・暴行・芸・蜂蜜・付け・身代わり

殺っちゃん展開→嬢→暴行の未来視で先攻。いや、今考えるとどう考えても後攻だろ。

リーダーオープン:総帥。●TZ...

1表:殺っちゃん展開エンド。エンド時は何もなし。よかったー!

1裏:「シルファ出します、買占め無口、ティリア出します、エンド」

2表:「芸出します、蜂蜜出します、吸血、宣言」。遅きに失するかもしれないが、嬢をシルファへ。テリが光らなかったので蜂蜜を選択。3点でシルファが落ちる。

相手様、キャラは引かないがグルグル回る。福袋・スカウト×2。ただしスカウトで引いてきたものが両方とも術(らしい)ということが何とも切ない。

こっちもこっちでキャラを引かない=吸い代が増えない。「エンド」「財力エンド」が続く中、相手様がメイを出してくる。

「暴行」。相手様、苦悩の末にハプニング。「買占めは支払いません」

これは相手様にカウンターはないだろ。W聖なる光を撃たれる前に、温存していた吸い代でメイに朝鮮嬢隠し芸。メイがダウン。

さらに相手様のFCスフィーを暴行。この辺でDもキャラを引き始める。総帥にダメージを溜めていき、トドメはボーナスドローで引いていた「財力」「封印」。

相手様がスルーを貼って、アビスを引くまで蜂蜜が無意味と化すが、隠し芸3枚の引きは伊達じゃない。殺っちゃんもアタッカーとなって総帥に襲い掛かって勝ち。

相手様の最終手札の半分以上は黄色。暴行・嬢・コストで消えたキャラを全部出されているとDの圧倒的敗勢。お互い事故ではあったが、ピンポイントで除去を引いていたDの勝ち。3勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

デックス祭(2)

福岡は、よか街たい。特に中州がよかー。

エセ博多弁は使わないに限る。「ハカチョン」の言葉があるように、独身男性にとって博多は魅力的な街。飯は美味いし、女の子は綺麗だし、遊ぶところもいっぱいある。

大分に1年半、博多に半年、久留米に半年住んだ。近畿に比べるとややのんびりした風土だということは否めない。大分も

中央町

・別府があるから許す。どっちも有名な歓楽街・風俗街だ。

2回戦 ○幻さん

多分初対面。ダイスは負けて先攻。リーダーオープン:シャーロム。

初手:テリ・たま・ちはや・対ゲー・ウォプタル・封印・スラ。最もしょっぱいバトルを引いている。ロジック完成前に殴りきれるか。

1表:たま・ちはやを出してエンド。エンド時の召還は封印。床上手で2体召還されると厳しーしな。

1裏:瑞穂が出てくる。固められる前に勝負しきれるか。

2表:たまから吸血は封印される。ルミラとちはやコストでウォプタル装備。

2裏:「コネクション使います」「どーぞ」

・・・ゴッデスタイプか。更にリミットが厳しくなってきたな。と思う間もなく、相手様が持ってきたのは、さおりん。ま、まさか・・・。背筋に冷たいものが走る。

「あのー、3体タッグは3枚手札にないとタッグ化できないルールでしたっけ・・・?」「心配ないですよ、ほら」

あっけなく提示された、相手様の手札から出されたのは、さおりん・るりるり・そしてアストラル・バスターズ。神降臨。

3表:今殴っても、アストラル・バスターズで受けられて2点。スランプ入れても4点。ここは我慢するしかない。テリ出してエンド。

エンド時にインフィニティ・スパイク。対象はルミラ。最短距離で来たか。ルミラに2点。

3裏:モンスター召還。さらにテリを出される。ロジック完成は近い。

術が連鎖して、隠し芸を引く。ウォプタルのお陰で、吸血だけでモンスターを落とせるようになったのは大きい。それでもインフィニティ・スパイクの2点は容赦なく乗ってくる。

ちはやを狙われたのは幸い。だってお代わりを引いていたから。殺っちゃんを出し、アストラル・バスターズに隠し芸で5点乗せた(ということは、相手様もリーダー受けできない手札なのだろう)ところで、劇的な変化が起こる。

相手様、スキーセット。

その瞬間、相手様の殴るキャラを考えてみる。モンスターの合計能力値は15。ウォプタルを装備しているルミラも、屋外バトルなら15。・・・ルミラを能力値で上回っているのは、アストラル・バスターズ(合計能力値20)だけだ。スキーセット対応、吸血。

「バトル宣言」「同時吸血」

タネを明かせば、相手様は吸血で力も上がることを失念していたらしい。Dも途中までウォプタルの効果を忘れていて、手札の付けスラを使う気マンマンだったんだがな。

もちろんバトル中にも吸血。ルミラの能力値計は21。相手様の沈痛な呻きが響く中、アストラル・バスターズに3点。さあ、Dのターンだ。

付けスラ2枚を引いている。ルミラvsシャーロムの隠し芸が通れば、とりあえず致死ダメージは通る。隠し芸・対ゲー・蜂蜜と並べて、応援を絡めてルミラと殺っちゃんで3アタック。モンスターとアストラル・バスターズが落ちる。

封印を2枚引いたことで、要所でロジック完成を食い止められたことが勝因か。今回は運よくアストラル・バスターズを除去できたが、隠し芸・ウォプタル・付けスラは引けたので、朝鮮嬢を引くのが先か、ルミラが落ちるのが先かの勝負はできたようだ。

「本当に幸せを感じるって状況・・・あるよな・・・『幸せ』には『2つの場合』があると思うんだ・・・ひとつは、絶望が希望に変わった時・・・幸せだと感じる・・・そして幸せだと感じる『2つ目』の状況は・・・! 絶望したヤツを見おろす時だあああーッ!!」(「ジョジョの奇妙な冒険」60巻より抜粋)

2勝。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月11日 (水)

デックス祭(1)

ランキングが更新されていて、とりあえずは見捨てられることはないことは分かった。しかし、この順位の急降下っぷりはどーだ。ビオフェルミンSが必要になる。

睡眠時間3時間で特攻。電車の中ではリアル鬼ごっこ。発想は面白いが、高校生が書いたというだけあって文章は稚拙。

乗り換えの日本橋駅の切符売り場で、みすぼらしい格好の○バァが「高槻へ・・・」と話しかけてくる。口元を押さえてはいるが、口臭が酷い。

道を聞かれているのかと思って顔を上げると「高槻へ行きたいので、500G貸してくれませんか?」 速攻で逃げる。寸借詐欺か、それともただのお貰いか。あー、今思い出してもムカムカする。

地下鉄を出ると、陽射しが眩しい。DIO様になった気分だ。溶かされる感触を味わいながら会場へ。

会場着9:50。奈良メンツとAるくがいる。ルミラにパニック・裏切り・濡れ衣・玉砕覚悟が入るか否かを討論。

「J元さん今週も来てたら面白いっすよねー」「てゆーか、もう来てますよ」「こんちはー」「いっそ、こっちで職を探し直したらいーのに」「うん、今は異動届を出してんねん」

3年前に突如として閉店し、ホスト説・入院説・事故説・事件説など、様々な推測が出回ったY太郎氏。今回のデックス祭で復活。

10:30開場。さっそく予約へと駆けつける。・・・最近、名古屋を中心に名を馳せておられる方の名前が予約名簿にある。ガディム1は確定かー。

Tぼさんや、その名古屋の○ナさんなんかも会場に見えられる。当方はJ元さんとフリー。本番前には本番デッキを使わない、というのがDのジンクスなのだが、フリーが相当廻ったので、そのままルミラを使うことにする。

デッキ名:今回シート提出がなかったので無視

L:ルミラ

C:19 ちはや・すもも×4、楓・エビル・コリン×2、テリ・たま・可憐・クレマ・殺っちゃん×1

B: 7 隠し芸×4、マラソン・対ゲー・蜂蜜×1

F: 1 アビス×1

I: 1 ウォプタル×1

E:31 術・付け・スラ・嬢・封印・噂・暴行×4、応援×2、身代わり×1

たま・可憐がクレマ・エビルになれば、Tみんと同じキャラ構成なんじゃない?Aるくとも話してたんだが、死亡前提キャラを6枚以上積むことに、どーしても抵抗がある。

「全部は引かないっすよー。引きすぎたらコストにするだけっすよー」Aるくの言葉も、理解はできるんだがな。

迷った末に蜂蜜を投入。吉と出るか狂と出るか、それとも関係ないか。

前記4枚のカード(パニックなど)を投入するスペースを作るとすれば、暴行を抜くんだろーが、一度でも暴行の甘美な響きを知ってしまったら、抜くことはそう容易ではない。

1回戦 ○ま99さん

朝の部の参加人数は21人。2.0~3.0への移行期のデックス祭の参加者は、100人を越えていたかと思う。これでも今日は集まったほう。淋しい限りだ。

で、対戦は奈良の同士討ち。いつもはHM-12リーダー(!)の方。

「今日もいつものヤツですか?」「さー、どーですかねー、いっぱいダメージ喰らいますよ」「で、応急修理でたんまり回復される、と」「あー、応急修理は入ってますねー」

ダイス負けで後攻。リーダーオープン、HM-13(!)

初手:すもも・アビス・マラソン・暴行・付け・スラ・噂

1表:S屋が出てくる。迷わず暴行。その後で智子を出されてエンド。

1裏:殺っちゃんツモ。すもも出して1吸いしてマラソンセット→宣言。

2吸いで3点の予定が、2吸い目を相手様が封印。迷う必要もなくHM-13に2点。

2表:千鶴(6.0)が出てくる。氷の微笑の方。智子を立たせてエンド。

2裏:封印ツモ。何て素敵なジャパネスク。念押しですももから吸血して手札を増やしてバトル宣言。

当然の智子受け。放棄は封印、が通って、スラを絡めてダウン。まだ付けスラが手札に2枚。

3表:何もなくエンド。

3裏:術2枚。すもも2枚目。千鶴vsルミラの隠し芸に負ける要素なし。キャラも引き倒して岡本・たま・エビルセットでエンド。

4表:相手様投了。Dの最終手札が付け付けスラスラ応援アビス。初手の面影ナシ。1勝。

楽勝に見えるが、初手のS屋を暴行できていなければ、2表でマホサが貼られていた可能性が大きい。そう考えると、初手に暴行を引けていたことが今回の勝因か。

今日はこれでご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しごとごとごと

はたらくひとーに、なりたくねー。

「D-、図書館から予約してた本届いたでーっていう電話きたでー」

おかんのキンキン声で目が覚める。そーか、リアル鬼ごっこが届いたか。

今日は外部生を招いてのサイエンス・ラボ。別名を名簿収集。講習前に実施される営業イベント。

昼・夜の2回公演で、火と水を使ったマジック・ショー。DはDJとして参加。音声担当。まー楽な役割と言える。

明日こそデックス祭りを。ほんと?がんばる。がんばるってDの嫌いな言葉。昨日はアクセス障害のため更新できなかった罠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

鬼ごっこ

「D-、図書館から予約してた本届いたでーっていう電話きたでー」

おかんのキンキン声で目が覚める。そーか、リアル鬼ごっこが届いたか。

今日は外部生を招いてのサイエンス・ラボ。別名を名簿収集。講習前に実施される営業イベント。

昼・夜の2回公演で、火と水を使ったマジック・ショー。DはDJとして参加。音声担当。まー楽な役割と言える。

明日こそデックス祭りを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

菊門

このブログの更新が不意に停止したら、このブログの読者層にはどのような思考が生まれるのだろうか。入院?事故?単なるサボタージュ?

666は、ヨハネの黙示録。

FAQは見てはいたんだが、てっきりあいうえお順だと思い込み、「載ってねーじゃねーかファッキン○野郎!」で思考が停止したんだな。下のほうにばっちり書いてあった。多謝。

立ち読みって、リーダーが対象になった時点で、カウンターされてもドローはできるんかいのう。

引きこもりガディムって言葉が市民権を得て久しい。書きたいことはあれどまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 4日 (水)

菊は一時の恥

FC瑞穂は、すももドローや血の契約を止めることができるのだろーか。偉い人よろしこ。

5月の兎カレンダーを見ることなくゴミ箱送りに。ごめんなネコ。こんにちは香那。るーこの声は、もう少し高いほうが好みだ。

オマーン国際空港。オマーン公国。オマーン公的資金。3-0ヴィヴァーチェ!

ルミラに入れた7枚目の蜂蜜取り。3ターン以内に1枚以上バトルを引いている確率が85%として、蜂蜜取りしか引いていないという状況が、単純計算で10%くらい。3点も当たると考えるか、3点しか当たらないと考えるか。答えは風の中。

週刊将棋と将棋世界(月刊)を同時に購入できた幸せ。先々日は近代麻雀も勝った。チップ麻雀(純粋にポーカーチップのように賭ける)、面白そうだ。

「さかえ麻雀(赤5筒があれば役ナシでもアガれる)を打っていると麻雀が下手になる」ってQ州の頃、常連が言ってた。

「ガディムを使っているとLFが下手になる」・・・とまでは言わないが、バトルデッキを扱うときの勝負勘が、薄れているよーな気もする。気のせい、気のせい。

エビ・エロエロフ・ドリグラ。挿れたい。でも邪魔になるときもある。ポナホイ? ポナホイ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 3日 (火)

キヨミ×キヨミ

セミマル×セミマル。サクヤ×サクヤ。ゲンジマル×ゲンジマル。エビルとスイールは、ノートリアスB・I・G。死して発動するスタンド。

来週の大会参加まで、ネタ倉庫の隅をつつけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

リーダーすもも

「バトル宣言」「どーぞ」「こちら○○、朝鮮嬢はナシで」「では、こちらは前衛が全員消耗していますからリーダーで、ところがこちらのリーダーはすももなので、私はリーダーをバトル参加キャラに指定することはできません。よってバトルは中断で」

基本ルールは、記載事項を凌駕する。

「リーダーチェンジ」「どーぞ」「ではリーダーを○○からジャムへ」「え?ジャムはリーダーにできないんじゃあ・・・」「そのとーりです。でもLFの敗北条件は(1)Lがダウン(2)前衛が5キル(3)デッキからカードが引けなくなる、の3つです。(4)ジャムをリーダーに指定する、なんてありましたか?」

記載事項は、基本ルールを凌駕する。

土曜日14:00起床→16:00散髪→18:00金龍→26:00一蘭→日曜日6:00始発乗車→7:30帰宅→8:30ご近所様ご一行を引き連れバスで出発→9:30会場到着→11:00式開始→13:00披露宴開始→15:30終了→17:00会場出発→18:00帰宅→26:00起床←今ココ

兄の血痕死期前日に徹マン。反省はしてない。睡魔に襲われて後悔はしている。

義姉。姉と呼べる存在がいなかったので新鮮。でも、義姉の名前って○っていうんだ。これでリアル○姉の誕生だ。○に入る漢字くらい、分かるだろ?

草壁さんルートで、唐突に登場するこのみは卑怯だと思った。チクショウ、可愛いじゃねーか!

LFの大会に参加したことのある都道府県:東京・愛知・京都・奈良・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・大分・熊本。遠征と言えるのは、東京・愛知・岡山・広島。まあ、どこに行っても遠征といえば遠征なんだがな。

遠征って、「遠くを征する」と書くんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »