« 某所 | トップページ | 東京直行 »

2007年12月12日 (水)

数学の採点が裏山シーチキン

○か×かしかないもんな。証明の採点がダルいが、書いてない生徒がほとんど。得点源なのに勿体ない。

英語の採点は、数学の5倍は時間がかかる。△があるのに加えて、英作文で見知らぬ単語が出てくると、辞書に首ったけ。「バドミントン」とか「ホルン」とか、急にスペルが出てくるかい?

麗しき休日も、採点に全ての時間が費やされた。別に解答用紙を集めている英作文の採点、明日の予習、解答用紙の作成を、今しがたやっと終えたところ。本日が公式までの最後の休日なので、スリーブの交換を済ませておきたかったのだが、そんな余裕があるわけもなく。

現状の気持ちとしては、公式はトーナメントから参加する腹積もり。チャンプ決定戦だけ参加して、1ターンキルされて終わりなら、何のために東京くんだりまで出かけるのか意味がない。

これで出ようか、と思ってるデッキが3種類。微調整を加えるべきか否か、未だに迷っている。夜行バスを降りた瞬間くらいに決断できればそれでよし。

ランキングを見る限りでは、トーナメントを勝ち上がってきそうな方の予想も立てることは立てられる。レポも拝見して、デッキ内容を頭に叩き込んでおくことはできる。しかし、実際は誰が勝ち上がってくるのか、全く予想が付かない。神戸公式のDだってダークホースだったろうし、黒ささらと戦うのも、実はあの時が初めてだった。当時の関西環境で、黒ささらをメインに使っているプレイヤーが少なかったから。

ガディム対策にパニックを積んだって、勝ち上がってきたのがルミラだったら「嗚呼、封印にしておけばよかった」って思うだろう。逆に関東の方は、ある方をメタってパニックを積む方が増えると予想される。デッキは相対的なものではなく絶対的なものだと思っているので、相手依存のカードは積まない。多分積まないと思う。積まないんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておく。

Q州でまた痛い子発生。ボスのコメントがまた秀逸だな。その路線で我々を楽しませてくれ給え。

|

« 某所 | トップページ | 東京直行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/9376654

この記事へのトラックバック一覧です: 数学の採点が裏山シーチキン:

« 某所 | トップページ | 東京直行 »