« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

元☆現

意図的なものもあるだろうから深入りはしない。もともと引きこもりガディムはDが1から作ったデッキではなく、当時はちはや4枚の有用性を感じなかっただけ。昔はミコトも1積みだった。つけメンの間では、あまりの完成度にTみんのレシピが上がったときに衝撃が走った。やきばの優勝回数だけから判断してみても、大阪に大きく遅れをとっていると指摘せざるを得ない。良薬口に苦し、忠言耳に痛し。

橿原と柏原で大きく偏差値が変わってくるな。またやらかしたか県立医大。used to と would の違いを説明しなければならないのは、それなりの高校を目指す生徒への対応。動詞にこだわらなければ day 、こだわれば dye とかか? go の後に続く適当な言葉を捜してみたが見つからない。 your ~ ならバリエーションが広がりそうだ。Go your son knee each lay ! とかか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

Gマの夏休み

アイツは一生夏休みだな。

この1行で今日は終わり、と思っていたが、こんな駄文でもエニワンの動機付けになっていると知らされるのは嬉しいものだ。DがLFに触れる回数なんて、地球と月の間の距離のようなもんだ。54に至っては太陽とシスコムーン、改め冥王星くらい離れている。実践に触れられない分、頭の中で試行錯誤する回数が増える。毎回毎回LFネタを捻り出すのが苦しいのは万国共通だろう。その中で思いついたネタがサムバディの琴線をビンビンビンに刺激してくれることを願いつつ、今日も更新ボタンを押す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

アルクェイドが出てきそうな

朝から理科の講師が忙しい。今日は6年ぶりとなる皆既月蝕が見られるという。低学年では観察会まで予定していたそうだが、朝の段階では曇天の予報が出ており、早くも中止が決定している。

Dは本日9:00~21:00の出勤。20:00の授業前、最上階から狭い濁った空を眺めてみる。曇りの予報は飽くまで予報であり、空面には申し訳程度に雲が広がっている。だが肝心要のご本尊、月蝕の兆候である赤い月は、申し訳なさそうに上半分を欠けさせているのみ。月蝕?とクエスチョンマークが付く、雲が掛かったのと見分けが付かないほどの蝕み。こんなもんか、と諦めて授業。

Dの自宅は標高500m。隣の村が教科書で星の観測地として採用されている。ダムを抜け、林を切り開いた県道を抜っきると、煌々と照り輝く白い満月。1時間前の濁った月とは較べものにならない。ああ、今日の月は、こんなにも綺麗だったのか。こんなにも純白で純真な月が、汚濁し娃獏した地球に陵辱されていたなんて。美しいからこそ、犯されたときが光り輝く。

月の輝きは太陽の400分の1。黄道12星座は太陽と行動を共にし、昼間は観察することはできない。太陽とは反対側の星座、それがその季節の夜の王者となる。8月の王者は獅子座ではなく、2月の占いでお馴染みの水瓶座。オリオン座くらいしか識別できないけど。ロマンに浸るなら400分の1でいい。

Dは死刑反対派だ。人権侵害とかそんな大層なもんではなく、自分がそんな重大犯罪を犯したときに死刑にされるのが嫌だから。なぜ殺人はいけないのか、と問われたら、今のDなら「法律で決まっているから」と答える。罪刑法定主義。わら人形を五寸釘で打ち込んでも罪には問われない。法律で定められてないから。殺人を否定するのと、食べる前に「いただきます」というのと次元が違う。前者は罰せられ自身に被害が及ぶが、後者は単に躾がなっていないだけだ。せいぜい嘲笑されるくらいで自身が傷つくことはない。法律さえ守っておけば後は何をしても自由だ、と言われると、結局のところその通りなのだ。もちろん法律には成文法だけでなく、成文化されていない慣習法というものがある。ルーリングがQ&Aできちんと定められているものが成文法、長考やFC香奈子などの常識的に考えざるを得ない部分が慣習法といえる。殺人をしてはいけないのも、信号の赤で渡ってはいけないのも、刑法か道路交通法かの違いで、結局は法律を遵守しなければならない、よって殺人は否定されるべきだというのがDの結論。

1+1=2。全ての数学理論は、この公式に帰結される。複素数だろうが三角関数だろうが、この公式を肯定することから派生される。子どもの頃は算数が好きで、その理由が「答えが1つに決まっているから」だった人間は少なくない。年を経るにつれて、それと全く同じ理由で数学が詰まらなくなるとは思わなんだ。高校入学直後に教科書を紛失し、数学の時間は部活で蓄積した疲労を、少しでも解消する睡眠時間に充てていた不真面目高校生D。ヤツと違って多少の罪悪感は感じている。それでも確率分野で復活し、ラスト1年でスパートを掛けるも本命には失敗、だが otherwise, ヤツと出会うこともなかっただろうから人生は面白い。

今の日本にサマータイムはない。

朝は雷で目覚める。大雨洪水警報。昨日の原風景は幻想だったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

どこまでなら許される?

FC香奈子で相手のデッキから2枚サクる場合、どの程度まで相手のデッキを見てもいいんだろう。

理論上は、相手のデッキを分解・整理すれば、相手が常識的なデッキであれば相手の手札が透けて見えることになる。ただ、そのことを行うと膨大な時間(とはいえ5分程度だが)が掛かり、遅延行為とみなされる可能性がある。フリプでは論外、公認なら「常識的に考えて」否定されるところが多数、公式の決勝レベルなら・・・、ジャッジに聞いてみよう。現在の地位を手に入れるまでは、「たら・れば」の話が多く、負け犬の遠吠えとも取られかねない議論を、堂々と行えるようになっているのは収穫だ。

遅延行為と長考の境目も難しい。デスクをキッキングするのはどーかとも思うが、そうしたい衝動に駆られるときも確かに存在する。さりげなくジャッジに終了時刻を確認する、手札を伏せてじっと相手の顔を見る、「今こちらのターンではないですよね?」と相手に尋ねてみる、全部間接的な行為だ。「長考はやめてください」って直球ストレートしか投げられない勇者も、この世知辛い世の中では生きていけない。将棋のように持ち時間制を導入したいところだが、準備が煩雑であり、合理的なシステムを構築するのは困難だろう。プロ麻雀でも1半荘1時間打ち切りで行う大会がある。戦略的長考もあって然るべきなのだ。選択肢の多さで言えば、麻雀<LF<将棋の順だろうか。最初に選択肢を考え、その選択肢の樹形図を描き、最終的に到達する局面の優劣を考えるのがLFにおける長考の中身だ。ただ、明らかに最初の選択肢が少ないと思われる局面での長考は、(1)時間稼ぎ(2)自分が不利であることを認識させるための時間、としか思えない場合がある。長考されても時間に差し支えのない速攻デッキを使っているなら別だが、何かいい対処法はないもんかね。

総帥で初手にきたアイテムをどう装備させるか。確かにマホサ・棚は素引きしたほうがうれしいアイテムだ。となると○チンコ・精神強化・保護者・目覚まし・福袋・クスリ・激辛あたりをどう考えるかがポイントになる。

バトルデッキで○チンコ、バーンデッキに精神強化・保護者を貼るのが遅れるのは致命傷になる。手札に引いてしまったアイテムは(1)前衛コストで装備する、の他に(2)手札から切る→長蛇で戻す→夕菜で装備する、というサーカスプレイもある。本戦ではよほど覚悟を決めないとできない。

万能コストキャラとしてはアクアちゃん・メイフォンがいるのだが、悲しいかなアイテムを貼る以外の使い途がない。いっそ一文無し・病気・捕獲あたりも投入してメイフォンメインのデッキにするか。夢は夜に見るものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月26日 (日)

やきば84とエリア88は・・・強引過ぎた

明日は代休。でも休めない。英語の採点。1枚5分×100人=8時間20分。ぎゃー。半分くらいは終わらせた。午前中に終わらせて、午後から難波に繰り出すのが理想。理想は理想、また優しそうで終わりそう。

エリア88:タイトルだけしか知らんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後日譚

「次のやきばでは宝探しデッキに気をつけろ」

ブリテンからこんなミッションを受け取ったやきば3日前。ガディムでは遅すぎる。リーダーが総帥だろうとポナホイだろうと関係ない。宝探しメタのカードと言えばおとぎ話。おとぎ話といえば速攻。輪姦される前に輪姦せ、はコンセプトと合致する。とりあえずキャラ16枚の理奈からキャラを8枚抜いて転機・おとぎ話にチェンジ。1回裏から2コスト使えるのも理奈の魅力だが、殴るほうに意識が傾いているDの前に、キャラ展開などというヌルい言葉は存在しない。ノーコストで有用な犬・橘・雷・可憐を選択。

コリン・テネと無難な選択が続いて、残り1枠に悩む。ノーコストか由綺か。結局のところ由綺を選択したんだが、こういう1積みキャラは、上手くいったときのインプレッションが強すぎる。2回戦ではピンポイントで由綺の投入が成功した。本戦を踏まえるなら、可憐がHMなら相手にダウンドローを与えることもなかったわけだし、でもシャングリラに対する精神安定剤でもあったわけだし、でも2コストキャラ入ってないも同然だから高貴な家柄関係ないし。禊を入れるなら抜くのは転機になるだろうが、コストが廻りきるかどーかが心配だ。

結果:意識した相手はいつもと見慣れたリーダー。そういう風にできている。

速攻に移行する体質改善と思えばよい。1回戦でFれすと君が、初手で青いカードをカンツってると聞いて南ー無ー。以前いくみんが暗刻、バニサンがカンツったことがあるので人のことは言えない。セブンブリッジなら役満級なんだがね。

理奈vs諸角は、気力差が2ある上に、与えるダメージが理奈3(しかもバックを喰らい得る)に対して諸角5~7と大きな差がある。だが理奈はバトル1枚引けば殴れるのに対し、諸角はキャラ・バトル・コストをバランスよく引かないといけないというデメリットがある。マホサ貼られたとき以上に殺っちゃん・バトルが揃ったときには絶望感が漂う。

今回の大会は、3ターン以内が勝負と思っていた。事実勝負がついたターン数が4・3・3・5。レポも書きやすいわけだ。カラオケを引いて嬉しいリーダーに2回、ステージ勝負を引いて嬉しいリーダーに2回当たっている。どちらか1枚抜いてバトルを7枚にするのは、抜いたバトルを引いて嬉しいリーダーに当たったときに後悔しそうなので、当分は8枚のままだろう。

改めて噂話は強い。術・収入・封印・朝鮮嬢・付け・スラなど3ターンで勝負を付けておきたいデッキの行動を阻害するカードをノーコスト(否ノーリスク)でカウンターできる。特に兄妹への封印は致命傷となるので、それをことごとく噂話できているのは大きい。対総帥戦は、相手の財力を封印しつつ相手の初手に収入がないというレアケースが揃ったので、絶対的に理奈が総帥よりも有利ということはない(むしろ不利だろう)が、勝てないわけではないということが分かっただけでも収穫。総帥vs総帥は、改めて戦う気がしないことを確認。見てるだけでポンポンが痛くなる。ミラーデッキを使う気がない以上、総帥に勝つには速攻を上手く廻らせるしかなさそうだ。マホサで優しく受け止められそうだ。

2季でいいならDは春と秋を選ぶがどーなんだろー。きっと「すべてがFになる」の登場人物・ストーリーも変わったにちがいない。小学校7年生に「オーストラリアは8月が寒い」と教え込むのはちょっとした作業なんだ。銀色の500円玉が珍しい世代の話だ。

今の日本にサマータイムはない。

LFの競技年齢層が上がって、Dも含めて仕事ネタを織り交ぜているページを見るのは好きなんだが、下位者消滅とは災難だな。大阪に来たんなら連絡とって会いたかったところだが、生憎の仕事で叶わなかった。また今度たぶんいつかどこかで。「しばらく」という言葉は、待っているほうにとって長さが計れない言葉で、「たぶん」というのは重さの量れない言葉だ(「国境の南、太陽の西」より抜粋)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

車中泊

仮眠をとって目を覚ますと6:00。朝日がまぶしいぜ。

帰って9:00まで寝直して出社。今まで3者面談。3者面談の多い塾だぜ。プリンタがぶっ壊れて明日の資料が出せずに憤慨中。カラープリンタで出せるのがせめてもの救い。今やるか明日やるか、それが問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

書きたいことは砂山ほどある

今、ウルトラクイズに出場したなら、間違いなく1問目の○×で敗退だろう。:知力・体力・時の運が足りない。特に時間。明日・明後日の時間を買いたい。明日・明後日?3者面談・・・OTZ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月23日 (木)

やきば84②

休日と往復の交通費を費やしてエタを廻しにいく気がしないというのは、まったくもって共感できる、説得力を伴った理由だ。チャンプは公式大会時は交通費を負担してくれるという、まことしやかな噂があるが、本当なのだろうか。Dはまだ低愛(今はイマか)に現在の連絡先などを伝えていないし、伝える機会もなかった。やきばの幹部から直接連絡が来る可能性もあるが、実際のところ、どーなんだろーね。次回公式が関西から発祥される可能性は少なそうだ。動向待ち。

理奈と禊の相性を考えてみる。(1・ⅰ)前衛が英二のみ:英二コストでバトル宣言→禊に払うコストなし。(1・ⅱ)前衛は英二のみだが臨時収入がある:臨時収入→宣言→禊→プロジェクト→プロデュース→再アタックがスムーズに行われる。(2・ⅰ)前衛が英二・その他キャラAでバトルが1枚:Aコストでバトル宣言→英二コストで禊→理奈は待機状態に戻るがプロジェクトとマネージャーを同時に支払うコストがない。理奈で2回アタックすることはできない。(2・ⅱ)前衛が英二・由綺(などアタッカー)でバトルが1枚:由綺でアタック・禊を由綺に→プロジェクトが使え、理奈からプロデュースコストも出せる。(2・ⅲ)前衛が英二とAでバトルが2枚:今度はプロジェクトを使う必要がないので、英二をマネージャーコストに廻せる。理奈で2回アタック可能。(3)前衛が英二とその他キャラA・B:Aコストでアタック→禊→プロジェクト→Bコストで再アタック。

結論:英二以外に2コストを安定して出すことができれば有効。これは応援と同条件である。(2・ⅰ)の状態で応援を手持ちにしていても、理奈で2回アタックできないことを確認。応援と同じ強さが確保できて、しかも弓矢の効果も期待できるならば4積みもアリ。豹変と並ぶパワーカードだ。転機・おとぎ話を抜いて禊・キャラ4を増やし、即攻性は減るものの一撃必殺の率を高めるのもいいかもしれない。

電子マネーはどうだろうか。理奈は肝心のバトルを挑む前に1コストが必要なので、電子マネーを敬遠してきた。(1・ⅰ)の状況では臨時収入の優秀性に及ばない。臨時収入―禊はいけるが電子マネー-禊だと駄目だ。だが、電子マネー・応援の組み合わせなら使える。(2・ⅰ)の状況なら禊でも電子マネーの相方に勤まる。つまり、英二以外のキャラに頼らないデッキ構成のときには、電子マネーのメリットは半減することになる。だが、電子マネーはキャラを極力削ったデッキに入ることになる。電子マネーはDでは解決しきれない矛盾を内包している。1回裏から殴り始めるには電子マネーは不便だ。まだ封印―禊の方が二回殴れる。電子マネーは積むなら4、もしくは積まないの選択になると思う。可能性は秘めているカードだ。

2回戦

先ほどと同じ席で名前が呼ばれる。相手様は以前、先方マルチvs当方耕一で壮絶な殴り合いを魅せた方。術・活どちらも4枚撃たれた(応急込み)にもかかわらず相手様バトル引けず、やっと引いたバトルがお互い肝だめし(「気もダメ氏」と一発変換されるウチのパソコンは病んでいると思う)とデコピンという、何ともお寒い引きだったがな。

速攻タイプのデッキを使われる方という認識をしていたので、1回戦でチラリとリーダーを拝見したときは意外性を感じた。ダイスは相手様が6、Dは4。相手様後攻選択(以上コピペ)。リーダーは総帥。むしろ相手様もDのリーダーを見て驚いていたような節があった。

初手:噂話・封印・おとぎ話・嬢・テネ・カラオケ・ステ勝

1回表:Dのターン 嘘でも兄妹から。当然封印が飛んでくるが、やっぱり噂話は強い。兄妹が通ってこちらエンド。相手様見せ掛けの財力だけ。おとぎ話でスランプをツモ。

1回裏:相手様ターン 財力は封印。やっぱり封印は強い。相手様困った顔をしながら健太郎&スフィー(!)・景清を切ってフランクと夕菜展開してエンド。買占めは支払わず総帥に5点が乗る。

2回表:このターンで総帥を仕留めるだけの火力がないので朝鮮嬢夕菜。火薬庫を葬り去ることに成功。由綺を引く。迷った挙句にテネ切って由紀を展開。

2回裏:財力から変酋長とソポク出されてエンド。フランクもコストで支払って相手様フルタップ。

3回表:転機ツモ。相手様のシャッフルから頂いたツモはステ勝。英二コストからアタック→スランプ→ステ勝セット→由綺でアタック、と5点×2が入り勝利。2勝。

流石(多少のアイロニィを込めて)引きが強いな、と思われた方も多いと思う。相手様曰く「理奈に轢き殺されるとは思わなかった」相手様の最善は変酋長出してターンエンド。だがこれは結果論。相手様の前衛が変酋長でさえなければ、応援でも臨時収入でもキャラでも致死ダメージには足りている。術・転機・おとぎ話も視野に入れると半分は有効ツモだ。他のカードでも豹変や朝鮮嬢など、早期決着を図るにはもってこいのカードが揃っている。たまたま3回表で決着のつく残り3枚のステ勝を引けたのだが、勝ち方が1通りではないのがバトルデッキの魅力の1つと言える。

つけメンから昼食に誘われるが、隣の総帥のミラーマッチが気になったので、マナーが悪いと自認しつつも観戦することにする。知り合いの側からしか見ていない。確認。G総帥の前衛はFCねここ・ティリア・蝉丸翁・マホサ付きの景清など申し分のないものばかり。T総帥はD・恭介・FCスフィー・ティリアなど。G総帥はDを狙い撃ちしていたが、倒してもFCスフィーで戻されるだけだし、ほっときゃ光→救出で延々回復されるだけだし、狙うべきは恭介だったのではとも思う。相手様はさらに真紀子にスイッチしてリラクもセット。ダメージが延々打ち消されるハメとなったのだが、ティリアというスーサイドキャラがいたのだから、T総帥のリラク中に光り死にして効果的に6ダメージ((1+2)×2)を与える手段はなかったか。それでもスカウトを2枚手持ちにして、スカウト長蛇→長蛇でインファイト回収→スカウトでインファイトを貼れたところは相当G総帥にツキがあったように思う。Dの悪だくみを回避して長蛇を素引きできたワケだしな。結果的にココが引き分けてくれて、プレイヤーDとしては強豪総帥に当たる可能性が激減(全勝同士と階段と、何倍違う?)してくれて非常に助かったのだが、最後の決着がつくところまで見たかったなぁという観戦者Dとしては釈然としないものが残る熱戦。

昼休み ○ばちゃんとGマとで十番へ。○谷は食餌療法で2週間の入院生活を強いられているらしい。本日は病院を抜け出して参戦しているらしい。今日は体調が思わしくないので食事に専念。「総帥は身代わり入れたほうがいいんすかね~(G)」「そりゃ、入れた方がええんちゃう?スカウト4枚入ってるし(D)」「ですよね~(G)」

3回戦

目の前にはJ二。本日彼がプレイしているのを見ていない。おそらく速攻デッキだろうとアタリをつけておく。

やっとダイスに勝って後攻。リーダーオープン・・・諸角。

初手:可憐・テネ・コリン・おとぎ・封印・ステ勝・付け。キャラ8枚で3枚引いているのはキャラ事故といえるのか。

1回表:相手様ターン セリオ・小牧妹が出てくる。ぎゃー。同時の兄妹は通る。ちーちゃん・殺っちゃんごきげんテレビが出ていないのはまだ救いか。それでもセリオ徹マンで5点入るんだけどね。

1回裏:Dのターン おとぎ話とツモで噂話と応援ゲット。ヤ・る・し・か・な・い。英二コスト→マネージャー封印→宣言→応援→付け。相手様の付けは噂話で回避するが、さらに付け・スラで1点。もう1回殴る気力も起こらない。コリンとテネ、どちらを出そうか迷って、テネを出すことを選択。相手様がバトルを引いていないことを願い、手札を貯める方を選択。

2回表:「お前はバトルを引いていない、お前はバトルを引いていない、お前はバトルを引いていない~!」連呼虚しく、相手様の手札から徹マン。セリオで5点。結果的に見れば、相手様が前ターンでスランプを温存していれば、ステ勝逆利用でこのターンで決着がついていた。「その1枚で凌がれていたら、こっちフルタップなんで、多分やらなかったでしょうね」とは相手様の弁。噂話1点+バック1点+徹マン5点=理奈に7点乗った状態で相手様長考。意を決した相手様の行動は臨時収入→ちーちゃん。ぎゃー。これで相手様ハンドレス。

2回裏:カラオケツモ。こっちの方がバックも来ないし逆利用もしにくい。英二コストで宣言→理奈vs諸角のカラオケ。手札はコリンのみ。こけ脅しにはなるが、相手様ターンで何の役にも立たないのでプロデュースしておく。4点。これでお互いハンドレス。ハンドレスは引きのいい証拠だと思いたい。気のせい?気のせい。バトル2枚放置だと、千鶴vs可憐、セリオvsテネ、小牧妹vs理奈となるが、小牧妹の賢さが3なので、特殊能力ネトゲで、ジャスト3点届いてしまう。泣く泣くステ勝破棄でエンド。

3回表:相手様怒涛の反撃。千鶴vs可憐の徹マンで可憐クラッシュ。徹マンを選択するべきか非常に迷われていたが、徹マンで正解だろう。有利なときに無理をする必要はない。相手様ターンエンド。ここでDはまじかるウィッチ。イベントかアイテムか宣言する前にデッキトップを捲ってしまったが、相手様のご厚意によりノーカウント。1発で付けをゲット。

3回裏:豹変ツモ。諸角には5点乗っている。一応致死ダメージを与えることはできるが・・・?英二コストで宣言→理奈でノーマルアタック→相手様諸角受け(!)→理奈vs諸角のカラオケ。現状3点に付け・豹変が入れば勝ち。だが、ここで相手様がL受けということは、何かカウンターを握っていると考えるのが妥当だろう。となると、ここは(1)テネを豹変コストで残すよりも、(2)ウィッチ→術→収入+火力に賭けるべきか・・・?だが、相手様のプレイミスということもわずかながら考えられる・・・。

結局、(2)は選択できなかった。とりあえず致死ダメージの入る(1)を選択。だがやっぱり、相手様はスランプを握っていたわけで。残り1点が届かない。臨時収入を引ければプロデュースコストも払えると気付いたのは、今このレポを書いている瞬間。術→付けスラ(噂話)という可能性も考慮すれば、(2)を選択すべきだった。相手様は、付けスラ2枚の可能性は考えていたが、豹変は頭になかったとのこと。見てはいけないと思いながらもデッキトップを捲ると、ステ勝→転機。2回裏でコリンを残しておけば、豹変コストが払えるのでテネの条件クリアが付け・スラ・噂話でよくなる。だが相手様は、Dの手札が3枚ならL受けしなかったとのこと。結果的には(2)を選択すべきだったが、(1)を選択したことに悔いはない。2勝1敗。

最終戦

本日参加者は20名。2回戦で全勝同士の引き分けが発生し、3回戦で階段の下位者が勝ったため4回戦で終了。

で、目の前にはGマ。本日総帥2回目。やたら総帥が多かった気がする。理奈も。ダイスは負けて先攻。初期手札は転機×2・ステ勝×2。マリガンだ。英二呼んで2回殴る順を模索してみたが、どう考えても応援と、収入か封印が必要になる。泣く泣くマリガンを宣言。

相手様はDがガディムだと思い込んでいた(昼休みに誤情報を与えておいた)ようで、何度もそのことを口にされる。でも、Dは今日ガディムを使っているなんて、一言も言ってないよ?嘘ではないけど全て本当ではない、これゼロス式。

マリガン後の初手はバトルレス。噂話×3・封印×2ってどーよ。とにかく早くバトルを、できればステ勝を引きたい。

1回表:Dのターン 何はともあれまずは兄妹。通る。つーか1回表はこれしか書くことがない。

1回裏:相手様ターン 当然財力は封印。キャラ切りで可憐とリアンが出てくる。買占め支払わずに5点喰らってエンド。

2回表:バトルは引かないがコリンは引いた。出してエンド。

2回裏:リアンが出た以上、封印はスマイルに取っておく。フランク出されてエンド。

3回表:ツモもばったりでもバトル引かず。

3回裏:財力から景清。さらにカクテル。買占め払ってエンド。

4回表:ツモは転機。相手様シャッフルで手に入れたのは術。さらに連鎖。Dはステ勝を手に入れた!調子に乗ってばったり→カラオケ。これで英二で手札を温存しつつリアンを倒せる。

バトルを2枚セットしてバトル宣言。「コスト払ってませんよね?コスト払ってませんよね?コスト払ってませんよね?」何回も連呼せんでいい。

実はこのときのDの手札が、収入・噂話×3・豹変×2・封印・スラ・嬢。待機状態は英二と理奈。コストは払っていないのでバトル参加キャラに選べるのは英二のみ。よって相手様の行動は、英二にスマイルを(1)掛けるか(2)掛けないかの選択になる。(1)の場合は、封印を温存しつつ理奈で殴れる。(2)の場合は英二朝鮮嬢リアンの予定。封印の枚数を気にすることなく殴り続けることができる。根性コストも夕菜もいない今、○チンコ勝負を気にする必要もない。総帥に2回攻撃が届けば狩れる火力は持ち合わせている。

相手様の選択はフルタップで英二にスマイル。じゃあ改めて臨時収入使ってからバトル宣言。本当は臨時収入は温存したかったのだが、手札が溢れることを考えて使用しておく。相手様はしきりに自分のプレイミスを嘆いていたが、プレイミスというほどのものでもない。気持ちを切り替えて最善を尽くすほうに廻ったほうがよかっただろう。

豹変→プロデュースで総帥に7点。残り5点。フランクで回復されても次順、火力が足りている。問題はコストだ。噂話を撃つためにもコストが欲しい。

4回裏:財力・カクテルでエンド。相手様のハンドは5枚。

5回表:術→テネ・収入。何だこの引きは。収入→宣言→スマイル理奈は封印→嬢総帥→理奈vs総帥のステ勝→豹変プロデュースで7点。相手様何の抵抗もなく終了。確か相手様の手札の5枚中3枚が黄色かったように思う。「毎回1枚は初手にアイテムが来るんですよね~」「当たり前だろ」「確率上1枚は来るだろ、バトルと同じだ」DとT総帥から同時に鋭い突っ込みが入る。まー、総帥のアイテム枚数は7~8枚で落ち着くからなー。4回裏に目覚まし時計をフランクに貼っておけばカクテルがもう1回撃てたらしいがスランプで無効。そういう風にできている。

決勝は諸角vs綾香。諸角が1回裏で轢き殺したらしい。大丈夫、LFはまだまだ遊べる。

3勝1敗勢ではオポ上位だったらしく3位。FC3の2パックは岡チェとたま姉。岡チェは便利なようでいて、いまだ晴れ晴れとした活躍をしていないキャラなんだが、みんなの評価はどーなんだろーか。引いて嬉しいキャラであることは間違いないが、出回り直後ほど現在のDの評価は高くない。

閉館時刻まで○谷を中心にフリプ。裏切りとかチョンボとか暴行とか、総帥メタの理奈ってどーよ。裏切りを決められたときのあの敗北感。せめて裏切りがノーコストなら噂話で消せるのに。いや、それは間違ってる。

解散後は○ばちゃん、Jム君、Fれすと君と雀荘へ。センター街西館でTぼさんとお別れ。赤3枚入れて、場決めして配牌取って闘牌し始めたところでJム君「ナシナシだよねー」それも一興かと始めてみると、これがキツいキツい。喰いタンがないので、赤々あっても鳴いて1000・2000の2枚が作れない。役牌がトイツなのに急所のカンチャンから鳴けない。ツモ・ピンが併用できないのでリーツモピンフドラ1が1300・2600ではなく1000・2000になる。東1局から○ばちゃんがメンチン(1説には役満程度に難しいとされている)テンパイ、続く東2局ではDがJム君にメンチン放銃と、荒れ場模様の局が続く。

好調だったのはFれすと君。メンタンツモ(ピン)イーペー赤々のハネ満を3回は見たと思う。赤入りでツモれるのは好調の印。反対にDはどんどん下降線。ノーレートの気楽さもあって打つわ打つわ。トンでトンでトンでトンでトンでトンでトンでトンでトンでトンで、廻って廻って廻ってまわーるーー。

12346789⑥⑦東東西 ドラ東

3順目でこの形。東場なのでドラポンが理想。だがここからが動かない。ソーズでもツモってくれればいくらでも変化が利くのだが。7順目に焦って上家のFれすと君の5筒をチー。一応5ソー待ちで、一通の完先は満たしている。

と、ここで東が場に出される。うっかりこいつをポン。6-9ソー待ちで高くアガりやすくなったぜ!と思いきや、後ヅケなしなので役がないことに気付く。この手をどーやってピンズの567に絡めろというのか。後は流局まで我慢の子。

最終局、Jム君と壮絶なビリ争い(お互いトップを取っていない)の最中、体調不良で気分の悪そうなFれすと君からリーチが入る。手をこねくり回してDの12順目くらいの手札がこう。

二三四五六七八⑤⑥⑦566 ツモ9 ドラ関係なし

9ソーはフリテンだがちょお危険牌。とりあえず八萬落とし。すると次順ツモが9ソー。6ソーはさらに危険牌。だがここはリーチ!と踏み込む。・・・東芝。なななんと、このリーチにFれすと君が1発で7ソーを振り込む。そういう風に出来ている。裏ドラも乗らず、メンピン一発三色の満貫。同時に○ばちゃんとJム君の手から開かれる、計6枚の大量の4-7ソー。Fれすと君の手牌にも4ソーが1枚あったので、まさにラス牌。それがこのタイミングで。それが麻雀。Fれすと君のリーチは、5筒が宣言牌のカン2筒イーペーコー。このアガリでFれすと君をトバし、トップを取ってなんとかビリは免れる。

まだ電車に余裕があったので、そのまま4人で餃子を食いにいく。皮が厚かった。ちょっと水っぽかった。お付き合い頂いた皆々様方、ありがとうございました。うどんすすって久しぶりに阪急乗って帰路につく。

給油キャップのフタは無事回収。~気がつけば レポを書くのに 3時間~ タモリ倶楽部のオープニングのお尻を堪能してから就寝。

レポ書いてる→疲れてちょっと横になる→気がついたら朝。これがDの寝オチの定義。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

レポ書いている途中で寝オチ OTZ・・・

仕方がないので対応記事でお茶を濁しておく。誤変換選手権なるものがあって、10個に1個は笑えるモノがある。川柳よりは頭を使わない、偶然の産物による21世紀型言葉遊びと定義しておこう。

給油キャップの閉め忘れにご注意できなかった。今日の夜か明日の朝に取りに行く予定。GSのスタンプカードがこんなに役に立ったと感じたのは初めてだだだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

やきば84①

書き過ぎた?直球ストレートがDの持ち味。ヤラずに後悔するよりヤって後悔している今日この頃。

前日に家族で行った蕎麦屋の天丼と茄子味噌田楽が重すぎて、24:00を過ぎても寝付けない。デッキの微調整を行う気力も振るわず就寝。でも5:00に目を覚ましている不可思議。ガキの頃から遠足やら運動会の日やらには決まって早起きしたものだ。本番デッキの調整を悠々と行う。

鶴橋で近代麻雀と週刊将棋を仕入れて、阪神で三宮へ。今日の甲子園は昼前からだったはずだが、8:30の阪神梅田は応援と思しき人が結構溢れていた。三宮でも佐賀北のTシャツ・帽子を身に纏った50人くらいの団体さんと遭遇。早く行けよ。昇りのエスカレーターに乗れないんだよ。

リポDとソルマックは最寄の駅で補給してきた。途中のコンビニでレモンティーと飴ちゃんを購入。飴「ちゃん」とかおいなり「さん」とか、食べ物に敬称を付けるのは関西特有の現象だと聞いたことがある。Q州で飴「ちゃん」って言ったら怪訝な顔をされた。

会場入りしてFれすと君とフリプ。こちらガディムvsFれすと君総帥。フリプなんで打ち方もヌルい。勝ちにいく選択肢と快楽を求める選択肢があれば迷わず後者だ。目の前の王手飛車への欲求をグッとこらえて、自陣に金を打ち付けるような、禁欲的な自己制止力がプロには必要なのだろう。

大会前にGマと戯れているとメインジャッジに叱られた。

デッキ名:神速理奈~ちょっとひよりみ

L:聞いてアロエ理奈

C:8 嬰児・孤凛・手根烈亜・犬・イヤミ・由綺汁コーヒー・雷(仏語)・可憐ロバート×1

B:8 唐OK・ストリップ勝負×4

E:43 高齢手術・近畿集中・漬け・酢卵腐・夜伽話・福井敏夫・オーウェン・Who win ?・ジャガー・ルーマー×4 朝鮮嬢×3

分かるか?分かるな。分かるよ。本当はキャラ1にして伝心真似と宴楽調査を投入したかったのだが、廻してみるとなかなかDの思い通りのプレイングができないことにより断念。味噌妓?指摘されるまで気付かんかったわ。理奈とは相性良くないような気もするが、試しもしないで否定するのはよくないことだ。

1回戦 ダイス負け先攻

あまりお目にかかったことのない顔だ。ひょっとすると初対戦かもしれない。相手様の傾向が分からないので、とりあえずは初手に専念するだけだ。

ダイスは相手様が6、Dは4。相手様後攻選択。リーダーオープンはFC3那須。開始3ターンが肝だ。

初手:カラオケ・ステ勝・術・転機・応援・コリン・噂話

1回表:Dのターン まずは兄妹。それは通しで同時に相手様は術だが、それには噂話。転機が転機を呼び、付け焼き刃を引いてエンド。

1回裏:相手様ターン メイフォン出してエンド。一文無しが入っているとみるのが妥当だ。こちらのリーダーが分かっていれば先攻→一文無しという選択肢もあったはずだ。それをしてこないということは、(1)初手に一文無しがない(2)コストに余裕がない、などの要因が考えられる。何にせよ、パンプアップ娘が出てこないのはありがたい。早期決着の必要条件だ。

2回表:メインドローと術で付け・封印・カラオケを引いたので仕掛けてみる。英二コスト→封印マネージャー→理奈vs宗一のカラオケ→応援対象は英二と理奈→理奈の感性に付け付け。ところがこれを付けスラで返されてラッシュが7点で止まる。噂話とバックで理奈に2点乗ってる状態でエンド。

2回裏:シャングリラ一文無し英二。思ったより早く文無しが来た。リアンノン出されてエンド。モタモタしていると絞め殺される。シャングリラ・シャングリラで電気グルーヴを連想するDはもう若くない。

3回表:豹変ツモ。相手様フルタップ手札3枚。英二でカラオケで殴って1点、コリン出してエンド。

3回裏:収入→スカウト→シャングリラ文無しコリン。さっきのターンの時も収入スカウトはあったらしいから、もし手札でリーダーキルに届いていて特攻していたら凌がれていたことになる。さらに宗一コストでエロエロフ降臨。2点は理奈に。だがこれで相手様はハンド1枚。次の攻撃が通りやすくなる。

4回表:リアンノンで回復されて宗一残り気力5。こちらのバトル宣言アタッカー英二のときにリアンノン受けが正着のはずだが、宗一で受けてくれた。豹変・スランプでジャストキル。多少の記憶違いはご容赦願いたい。正直な話、記憶と記述が食い違う部分もあるが、なんとか辻褄を合わせている。詰め将棋のように無駄ヅモなき仕上がりは気持ちがいい。1勝。

隣ではNンセンス君がDと同系デッキで「バトル引かなかったー」と嘆いていた。理奈は耕一と違って、同系のときにNAPでコストを払う必要がない。よってサブアタッカーや回復の充実が鍵となる。その意味ではDのデッキは同系対策は皆無といってよい。都合よく相手様より早く封印を引いて、都合よく火力を引くだけだ。

眠い。続きはまた明日。禁断症状云々は確かに凄い埋伏の毒だな。格差社会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

ぼくの夏休み

8月11日 23:00仕事終了→打ち上げと称して同僚(M:5、F:3)と飯&カラオケ。帰宅28:00。

8月12日 昨日の疲れを取るべく惰眠を貪る。

8月13日 昨日はたっぷり寝たぜぃ!→朝から麻雀。今日は頗る調子がいい。出だし3連勝を含む、計4MG近い勝ち。定職を持つギャンブラーは深入りしないと言われるが、暇つぶしを兼ねているので勝っても財布が潤うだけ、負けても財布が軽くなるだけ。大阪でいい風俗があるなら是非教えてほしい。金龍のニラが当たったのか、帰りの電車で途中下車、トイレに駆け込む。あんな冷や汗をかいたのはひさしブリリアントグリーン。

8月14日 昨日の疲れを取るべく惰眠を貪る。おかんからカラーボックスを組み立てろとの指示あり。その最中、おかんから兄貴が来夏結婚することを知らされる。そういうことは早めに言えよおかん。そんなおかんの血液型を想像するのは難くない。夕食は回転寿司。お盆の真っ最中に殺生をしていいのかという根在的な疑問は無視。1時間待ちも覚悟していたが、あっけなく座ることができる。帰りの車内で阪神が勝ち越し→逃げ切りに成功したので親父とハイタッチ。帰ってから広島勝ちの虚塵負けも確認できた。広島は5位浮上ならず。

8月15日 ムラの盆踊り大会。会場は廃校跡。今年は親父の代理でおでんの売り子で参加。この暑い盛りにおでんって。でも美味しかった。でも汗かいた。でもビールに合った。どないやねん。

8月16日 いい年にもなって家族旅行。今年は山陰。車でちょっと出雲大社まで。親父に縁結びのお守りを買われるプレッシャー。然る後、鳥取まで引き返して三朝温泉。ジモティー以外で一発で読めるヤツもおるまい。夜は生涯3度目のワラキアの夜(風俗でフィニッシュできないこと)を味わいかける。手コキで何とか到達。酒が入った状態でイく処ではない。

8月17日 投入堂→鳥取砂丘。投入堂はまさにサバイバル。垂直登攀などを繰り返す全身運動。往復90分。高所恐怖症の人はイかないほうがいい。○マには絶対ムリだ。断言してやる。鳥取砂丘はお約束で海までダッシュ。体力を回復させるのに3時間はかかった。帰りは18kmの渋滞につかまる。鳥取を14:00に出発して帰宅が21:40。

8月18日 昨日の疲れを取るべく惰眠を貪る。C弁が負けたのを確認してからまとめテストの採点作業を終わらせる。そーいえばまだ明日のデッキを組んでいない。とっとと仕上げよう。

8月19日 7:00~23:30つけやきば。新デッキを試してみた。明日も早い。レポはまた明日。

8月20日 8:00出発。8連休も終わりか。また7連勤の日常がはじまる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

無恥の知

どこで記憶が入れ違ったのか定かではない。お前はどっかの政治業者か。Mりな君と○カ君が兄弟、三戸君とボスが近所に住んでいる、と思い込んでいた。執拗に繰り返される「毒牙」という響きに、筆者の意図を汲み取るのは困難ではないが、導き出される結論が「チャンプ見境なし」では悲しすぎる。

火のないところに煙は立たぬ。

将棋は振り駒、囲碁は握り先で先後を決める。振り駒は、駒が横になった場合なども細かい規定が為されているのだが、囲碁は確か、偶数奇数を言い当てるといったものだったと記憶している。石を握る側がイタズラ心を起こして、何も取らずに石入れから手を出したとすると、0個取ったと見なされ偶数になるのだろうか?奇数・偶数を言い当てるのが面倒くさいとして、毎回「奇数」と連呼する棋士がいるとしたら、それを逆用することとかってあるのだろうか?じゃんけんも同様だが、100%確率のようでいて実は人の意思が絡む決定方法はあまり好きではない。ダイスも本当はダイスごとに癖があるんだろーが、無視できる誤差の範疇だ。試合前にはできるだけ何も考えないほうがよい。与えられた初手でできる最善を尽くすだけだ。

「水曜どうでしょう」が北海道のTV局で作られていたことを知る。つーか1度も見たことないんだけどね。関西では放映されていない外国の番組だよね?主要チャンネルがすべて偶数であるという規則性は関西でしか見られない美周性。Q州に異動したときもTVのリモコンをわざわざ関西のチャンネル設定に直したことも。やっぱり近畿地方の天気予報図を見ると落ち着く。

鳥取砂丘の砂を持ち帰ったことが話題になっているが、それが違法だなんて知らなかったよ。それを知らしめただけでも十分番組としての公益性は保たれたように思う。Dがプロデューサーなら「鳥取砂丘に砂を返しに行く!」とか自虐的なネタでもう1本番組を作るところだ。

「お笑いマンガ道場」やら「サルヂエ」やら、中京テレビの作る番組は面白い。否、面白い地方番組が全国ネットに乗る、と考えるべきか。それでも面白い。どっちももうないけどな。

替え歌が面白いので是非オリジナルを聞きたいものだ。彼がバトルデッキでアチョーアチョーしている姿を見てみたい。そんなに違和感ないだろーけど。1枚くらいこだわりを見せてくれそうだ。そしてソレが要所を締めてくれそうだ。

1つ上の順位まで0.5差!その上は?考えないようにしよう。金ピカは初戦負けか。現時点で2位に4ゲーム差を付けているというのは割と安全ラインだと思う。どっかで3タテが入れば面白いのだが、その確率は8分の1。つまり現在は虚塵が8倍有利ということになる。確率はある程度の示標となるが、何でも数値化するのはロマンを壊す。だが、2次元の世界では数値化されることによってゲーム性が増す。RPGやLFにおける残り気力がそれにあたる。人間のHPが100だとして、どこまでが60の攻撃なんだろう。手足を狙撃されたらだろうか。瀕死の状況(残り気力1)から気力を全回復させる医療技術ってどんなのだろう。3次元は3次元で極力データ化しようとし、補強ポイントを探りにいく。3次元の究極の2次元化、2次元の究極の3次元化というものを体感してみたいものだ。そして両者は決して同一のものではない。

風俗嬢の代わりに風俗ドールを愛玩するというサービスがあるが、面白いものなのだろうか。人肌に触れてこその風俗だと思うんだが、さて。Q州の○マにでも聞いてみるとするか。

いっよいっよあっすかっらはっちれんきゅー。最終日以外予定空白。雀荘との往復の日々が続きそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

ヤればデキる

イフリート→FF→5と6しかクリアしていない→しかも5はクリアするのに2年掛かった→7は途中で放棄。

DQに至っては、クリアすらしていない。1と5で手を出しかけたのだが、どちらも最初のスライムでてこずって嫌気が差して即、友人に返却。Dの世代でDQをクリアしていないと言ったら、かなり白い目で見られる。TDLもUSJも行ったことがない。NSL(長島スパーランド。こんな略し方する人いないと思うが)は村の旅行でほぼ毎年行ってたがな。

そっか。○カ君は今、東京か。LFのダイス代わりに碁石を使ったりとユニークな兄弟だった。Mりな君も元気そうでよかったよかった。○マ?殺しても死なないよ。仮にアイツを殺したとしても殺人罪では裁かれないよ。よくて器物破損だ。動物虐待ですらない。

軍鶏は英国でも使われている良デッキを見極める優れた方法であると思うんだが、DのパソコンにはLFWが入っていない。コンピュータ使いこなし選手権でブービーを取る自信があるだけのことはある。何の自慢にもならない。やろうやろうと思っていてやらないのはDの恥ずべき習慣だ。やってもらえるのを待っている情けない悪癖でもある。LFWがあればもっと前衛的なデッキにも挑戦しやすくなるのだろうが、まだしばらくは郷田九段のようにアナログな研究を続けることになりそうだ。

格闘技自体があまり好きではないので、K-1やらダイナマイト!やらの区別がつかない。プロレスはショー・ビジネスだと思っている。昔のように、出来レースを見せられているという嫌悪感は現在はない。「技を正々堂々と受けてみせるのも技術のうちだ」との、とあるプロレスラーのコメントを読んだことがあるが、なるほどと思う。タッグ化できて満足!このリーダー使ってるだけで満足!といった自己満足の域に留まることなく、周囲を唸らせるプレイングを魅せるゲーム、ということで解釈しておきたい。盤外での蛮行が話題になるチャンプもあまり例を見ないとは思うが。大阪公式でのHDとかリアル与田とか。

>チャンプのblogリンク先で、『ナベゾーム』さんというリーフファイターがいるらしいと知る。 Dのブログにリンク先があるのか。使用者のみ気付いていない可能性が大。京都にNラーさんという方がおられたが、T龍君なども元気にされているだろうか。

対応記事だけで紙面が埋まるということは、かくも嬉しいことでもあり、自信の意見を反映させずとも見栄えは良くなってしまうという諸刃の剣を抱えているともいえる。批評家だけでなく発信者として頑張りたい。

「頑張る」って言葉が好きではない人間も多いと思う。Dもその1人だ。頑張っている人間にそれ以上頑張れ、と言ってどうなるのか。頑張れって言葉が言葉通りの意味を成すとき、頑張れって言われた人は頑張ってないわけで、頑張れって言葉が響かないケースの方が圧倒的に多いように思う。言葉の意味は無視して、励ましの言葉をもらえていると解釈するのが精神的に最良の道だと分かってはいるのだが。ちなみにDはそんなとき「努力を怠るな」「結果を出せ」と生徒に声掛けをしている。何かコッチの方が厳しい言い方に聞こえるのはしょーがない。

同じく「やればできる」って言葉も嫌いだ。辻ちゃんやダルビッシュじゃないんだから。多くは語るまい。

高校野球が始まった。プロ野球に比べるとエラく球が遅いように感じる。残念ながら2回戦でのC弁対決は実現しなかった。両者勝ちの4分の1の確率が出なかっただけの話だ。仙台育英のピッチャーの球は流石に速かった。尽誠のピッチャーもイイ球を放っていたんだがな。

金・土と働けば待望の盆休みが8日間。その間の更新はお休み。多分やきばは参加する。参加できると思う。できるんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月 8日 (水)

ジャガーとめんどり:豹・ヘンと読ませるのは苦しすぎる

貼り付ける前にタイトルだけ誤爆。修正方法なんて知る由もない。

バトルの適正枚数。8枚くらいと違うんかいな。使い捨てバトルはイベント扱いと言いよるけん、よう分からん。古い人間じゃけぇ、まっこと信じんといてほしいのぅ。

なぜに広島弁。一部博多弁。ごめん、よう知らん。

土壇場でスカウトで引いてくる緊急避難的イベントに向けてはソレ用にカウンターを残しておくが、決定的なキャラやアイテム・フィールドを持ってこられる可能性のある情調的スカウトや術に関しては、優位な状況である限りは撃つべきだと思うのだがどーなんだろう。耕一は1枚で終わってしまうカードが多いので、必要以上にドロー・サーチを警戒するようになっているのかもしれない。駄キャラへの朝鮮嬢とか、カウンターする気にもなれないイベントってのも確かに存在するんだけれど。ダウンドローは痛いけどな。

将棋には、「持ち駒を貯めるべきではない」というセオリーがある。取った駒は基本的にすぐ使うことを考えたほうが上達が早い。流石に衆目を一心に集めている中でのハンド0枚はやり過ぎだったが、ある意味Dらしい戦い方だったといえる。ガディム・破壊神ゴーストちはやドローで手札が溢れていく様子は見目が悪いとさえ感じる。こぼれたカードは長蛇の列で回収すればいいだけの話なのだが、勝ちをワインで燻らせるような余裕のある戦い方ができない。甘い、甘い、虎屋の芋ようかんよりも甘いと酷評されるんだろーが、まーしゃーねーわな。好き好んでスリルを味わっているわけでもないんだが、「使えるカードは使えるときに使っておけ」的なイラチな感情が彼らよりも高い比率を占めているのだろう。だからって付けスラ投げつけゲーにしろ、なんて理屈にはならないけどね。

豹変の「この効果(能力値変動:類推判断)は重複しない」ってのは、同一能力値に関してのものだよね?理奈でカラオケバトル中に感性に豹変、スラで感性下げられる。同一ターンに応援で再度理奈アタック、隠し芸で早さ指定、豹変で早さ指定、ってのは矛盾がなさそうだが、さて。

一夜漬けなんかも同じようなテキストなんだが、同一文ではない。「この効果」がキャラ1体を指すのか1キャラの能力値1つを指すのか、厳密に言えば前者なのかもしれない(対象が「キャラ1体」となっているので)が、エラい人たちで考えといて、と投げてみる。(1)ある程度ルールを把握しているのでカードテキストを正確に吟味できる人(2)ルール変更の決定ができる人、どっちの方が多いのかは言わずもがな。「もがな」という古典助動詞を習ったときは、なるほどなーと思った。どちらとも取れなくもないという文章、曖昧模糊こそが日本語の持ち味。実はもう結論が出ている話で、Dが井の中の蛙でしたー、というオチが一番怖い。ぎゃー。

出された答えに従うだけなんだけどね。(1)に人が出した結論であろーと(2)の人のものであろーと。考えられる状況は先に詰めておいた方がいい。特定キャラは1コストで能力値+3、強いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月 7日 (火)

後置修飾

現在中3に分詞と関係代名詞を教えている。この2つを教えるにあたって、Dの秘かな楽しみがある。

日本語と英語の大きな相違点である特徴の1つに、後置修飾が挙げられる。日本語だと、どんなに修飾語が長かろうと「気力14で根性コストの関西有識者会議でリーダーポイントナンバーワンを獲得した耕一」とか「Q州に移籍してもポンコツぶりは変わらない人の想像の斜め上を突っ走る○マ」とか必ず被修飾語が後ろにくる。これを前置修飾という。対して英語では、修飾語が長くなるときは名詞を先に持ってきて、修飾語を後に移動させる。これが後置修飾である。

中学生で習う後置修飾は4つ。(1)前置詞+名詞。a book on the table など。(2)不定詞の形容詞的用法。something hot to drink など。(3)分詞。a boy running in the park など。(4)関係代名詞。the girl who has blue eyes など、である。(3)と(4)はうっかり進行形や受動態で訳す生徒も多く、be動詞が2つ出てくる生理的な嫌悪感をもたらす厄介な分野である。

さて、どーして分詞と関係代名詞がDの秘かな趣味につながるのか。I don’t know the man who came here. という文章にそれが表れる。

Dは大学時代に合掌部員、もとい合唱部員であった。そのクラブの大学から依頼される仕事の1つに、クリスマス礼拝に参加せよ、というものがあった。ハレルヤやらキリスト生誕の小劇などのバックコーラスを演じるのだよ。学内でも人気のあるイベントだったらしいのだが、宗教色というよりは目の前のカップルの前に歌ってやるといった風潮が強く、悔しい思いをしたものだ。何の話だ。

灯りは全部落とされ、自分の手元にあるロウソクが唯一の光源となる。うっかりすると前髪をチリチリにした先輩とか、楽譜に炎が燃え移った同輩とか、ロウがズボンに垂れてきた後輩とかエラいことになる。全て睡魔というトリッキーなリトルデビルのせいである。

キリストの母マリアは処女懐妊とされている。4年間同じ小劇を見続けてきたので、3回生にもなると次の台詞を覚えている。「そのとき、マリアは言った」という台詞で全員起立となるのだが、その前にフェイントで「マリアは言った」という台詞もあるので要注意だ。毎年必ず被害者が生まれる。さて、そのときのマリアの台詞が「私は、オトコの人を知りませんのに」というギリギリなものなのだ。「SEXをしたことはありませんのに」といった直球ストレートな表現ではない。星野のスローカーブのような、ものすごい矮曲表現が使われている。2000年前もオンナというものはこんな言い訳を繰り返していたのだろーか、と勘繰りも入れたくなる。とにかく、「私はオトコの人を知りません」という表現がDの頭の奥底にこびりついている。

で、冒頭の文章につながるわけだ。I don’t know the man who came here.「私は昨日ここに来た男性を知りません」となる。だが、分詞・関係代名詞を教えるときは、前半部分を先に訳させ、修飾部分を後で訳させるという手法を取る。顔面偏差値の高い女子生徒に上手くこの訳が当たるように調節し、「前半部分から訳してみぃ」「私はオトコの人を知りません」(してやったり)「どんな」「昨日ここに来た」とさせるわけである。こちらの思惑は臆面にも出さないし、言わされたほうも気がつかない。相当のインテリジェンスを要求されるセクハラだと思っている。向こうが思わない限りはセクハラとは言えまい。3年間、赤面して答えられなかった女子生徒は未だいない。

アホなことに紙面を使ってしまった。リーフリーフ。「○出しにこだわる健太郎さん、いつでも都合よく安○日だと思ったら・・・」がベスト・オブ・伏せ字だと思っているがどーだろーか。うーん、アホなことの域を出ていないな。

Dの居住区では上六やら谷九などが略号として一般的だが、少なくとも千中や日本一は「うん?」と1秒間のシンキングタイムは欲しいところである。流石に西北は即答レベルだがな。

Dも三十路への階段を着着と踏みしめている最中である。十三階段のように上でパカッとサドンデスする仕組みだったらなと思うときもある。とりあえず、三十路ボンバイエは歌えるようにはしてある。

Q州のかわいそうな子3兄弟(うち2人はリアル兄弟)で、最も更新が多いのが○カ君。加藤○カ君とからかったことも複数回。笑顔で許してくれるだろう。Mりな君とは一緒にお風呂に入って大阪で2人で食事もした仲。兄やともな。○マ?放置プレイ。骨っこというタイトルで思い出したのだが、Negiccoという新潟を本拠とするマイナーグループのCDを探しているのだが、どこで手に入るんかいな?

ガディムについては納得。まだまだガディムは終わらない。→明日エラッタ出ても知らん。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年8月 6日 (月)

Do Mobile Communications

バイファイブをツモりあげたとき、大三元をアガり損ねた上家から「役満と同じ祝儀ですね」と言われた。確かにそうだ。チップ2500G×3+点数1600G+トップ確定の価値、プライスレス。いや、プライスに換算できるじゃないか。いい加減なことを言うな。ちなみに上家は3つ目を鳴いたときにテンパっていたらしい。ご愁傷様。

今日は日曜日。だけど悲しき出勤日。県内人気(一部不人気)公立高校の受験担当の先生をお招きしてありがたーいお話を頂戴するという、塾長はじめトップの方々が好みそうなイベントに借り出される始末。「司会を担当すること」「PCをDが供出すること」の2点さえなければもっと楽に挑めたイベントだったのだが。ちなみにどっちもDに伝わったのは2日前のことだったりする。ザッツ・ア・ジャパニーズミドルスモールカンパニー。ゼロスリムカンパニーでも可。

高校時代の恩師が別高校の教務主任として出席したりとか、USBではなくPCごと交換したいと駄々をこねられたりとか、言っといてくれればスピーカー用意しておくのにローカルニュースで放映された高校自慢をすっごい小っちゃい音量で流されたりとか、マイナーな不満点は多々あったものの、マクロな視点で臨めば恙なく終了。

そーいえば携帯がここ5日くらいぶっ壊れていた。腕時計も同じくらい前に止まって、電池切れかツイてねーなーと一昨日時計屋に行くと、実は竜頭が上がったままでしたえへへー、的な恥をかいている。また実は充電できてませんでしたえへへー、みたいなことにならないことを願いつつ、S市のドコモショップを目指す。

実は会社の目の前にドコモショップがあるのだが、店を通り過ぎてから携帯を治そうと思っていたことに気付く不条理。

数年前、買ってすぐに携帯を踏んづけて液晶部分にヒビが入っている。機種変更もしなきゃいかんな、と思いつつ店員に見てもらう。何でも電池部分がイカれかけとのこと。無料で交換してくれるというので、即OKを出すと取り寄せに1~2週間かかるという。やっぱ赤白コストで手札とか、赤白白で直接装備とかはできないらしい。アレも赤緑緑くらいになってくれたら総帥がかなりスピードダウンしてくれるんだがなー、とか今ここで思ってみる。

幸いまだぶっ壊れているところまではイッないらしい。最新機種に買い換えることも視野に入れていることを伝えると、今月10日から最新機種の904シリーズが値上げするという。いくらほど?3kほど。やっぱ買い換えるなら最新機種がいいよね。904シリーズでワンセグが見たいんだけど。・・・Fしかワンセグがない?しかも録画ができない?なら903でいーよ。

携帯に450曲入るんだって?しかも定額料金でダウンロードし放題?・・・2kかー、考えるなー。何、パケット代は別?しかも1曲ダウンロードすると8k掛かるものもあるだって?阿漕だなあ。パケホーダイが4k。6kで毎月ダウンロードし放題に聞き放題?電車痛勤なら考えるけど、現状は必要ないなー。

現在の携帯使用状況を確認してくれるって?そりゃあいい。なんぼかな。・・・7月:40G、6月:20G。5月:60G。・・・携帯、要らんのちゃうかと。むしろ公衆電話探せ。メールもそんなに使っていない、いや定期的に交信しているのが3名くらいしかいない。待ち受け専門のモデルケースを挙げろと言われたら、自他ともに推薦で出て行くよ?

最近FOMAのアンテナが立ったらしーんだけど、自宅で使えるかどーか不安なんだよねー。・・・貸し出し用がある?それで3日間試してくれと。料金も月2kで収まるようになったし、また来るわー。

で、自宅でその貸し出し用FOMAの電波が入らない罠。車はトヨタ、電話はドコモのちょお保守的ボス・レッドサークルの親父が動いた。「AUに乗り換えるも止む無し」D家の携帯電話事情話、もちっと続く、かも。

リーダー評価、見ている分にはすごく面白い。でも自分で作ろうとは思わない。(1)メンドくさい(2)「そのリーダーでしかできないことがある」の新コンボ(新婚簿って出てきた。何を計算するんだろう?)が出てくるのが怖い、から。(1)は論外として、江藤結花の美和由紀闘志コンボとか、まだまだ評価の固まりきらないリーダーも数少ないながら存在する。大阪(一部大阪外)でも実力派の意見が揃っているので信憑性の高いデータとして尊重する。自分でも本当は書きたいのだが、残念ながら実力よりも肩書が先行している身分なので、恥をさらしたくないということと時間がないということを大義名分にしておいて、今は批評家となっておく。

以前ガセネタを時間稼ぎに切り替えた千鶴を組んだことがあるのだが、廻しきれなかった。要所のイベントだけカウンターすればよいと安易に考えていたのだが、普段の相手のイベントを素通しさせるのは少なくともDのプレイングには合わないのだろう。Dは現状の利益を確定させる傾向があるので、術にはまず高い確率でカウンターを撃つ。○谷やカウントダウンやTみんのように、カウンターすべきカードだけを狙い撃つという高級芸当がDには備わっていない。最近バトル外のデッキも頻繁に扱うようになって、朝鮮嬢を優先してカウンターするようにはしているが、完全マスターはまだまだ先の話だ。多分一生無理だろう。

やっぱ情報ソースは公開しないほうがDの性に合っている気がする。今回は紹介記事で済んだが、これから先、批判的な内容が伴わないとは限らない。批判的な内容が許されるのは顔と名前が一致している相手に限られると思う。ブログの管理人を間違えて認識しているという失態も演じたしな。

で、ガディムが回復できないって話はどこまでホントなの?FAQしか見てない(エラッタは確認していない)から分かんないよ。要チェックや!そーいえば原爆の日。原爆固めって広島・長崎からクレームは来ないのかな。しょうがなかった。大したことありませんから。言葉に気をつけろ。ぼくちゃん総理に首を斬られるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年8月 5日 (日)

パオとバイニセンゴ

1半荘目からツイてなかった。2枚オール・2枚オール・3枚オール・1枚放銃とチップだけで8枚吸い取られ、いきなり1MG近くのビハインド。次の半荘でトップを取り盛り返したかに見えたが、そこから続く無間地獄。どんどん福沢さんがお亡くなりになっていく。

すでに3枚の福沢さんがお亡くなりになった(つまり2MGは負けている)状況。電車の都合で21:00を過ぎた半荘をラストと決めている。現在19:00を少し廻ったところ。できてあと3半荘。負けを取り戻せるか傷口を広げるだけになるかは運次第だ。

開局、首尾よく東ホンイツを召し取る。負けを取り返すべく、いつもならダマのところも果敢にリーチを掛けていく。ドラ・赤ありのチートイツ単騎待ちも一発で出てくる。裏も乗って倍フォー。イッツ・アン・アタック・タイム。その半荘をモノにした後、次の半荘も攻め続ける。

オーラス、1本場(積み棒は通常の300点ではなく1500点)、トップとは約12000点差の2位。開始4巡で上家に白と中の仕掛けが入る。6順目、Dもピンフドラ1をテンパる。ツモって裏が乗れば逆転だ。恐れることなくリーチ。

下家の一発目は発。これに上家が反応する。ポン。大三元包の完成だ。ツモられたときのチップの確認などを行う。ツモられたらチップは払わなくていい。放銃は包完成者とチップも折半。つーか(おそらく)配牌時に白・発・中が対子だったとは裏山シイタケ・裏山シーチキン。

勝負は2順後、Dが竹3本の分かりやすい盲牌をなぞったことで決着。裏も乗ってきっちりトップを捲る。イッツ・ア・ラッキー・タイム。

次局は、全員が我慢に我慢を重ねた結果、高額レートでは珍しい(親テンパイによる連荘はない)6本場まで積まれる。1アガリで9000点がプラスされる。ドラ・役関係なしにとにかく早くアガることだけが要求される。

8順目、Dにカン2ピンのテンパイが入る。ドラは3ピン。1手変わりの3色も見える。ピンフもすぐだ。だがDは即リーを選択。1手の後先が金論と水論の分水嶺となる。

ドラもツモった。4ピンも赤5ピンもツモった。つまりダマでツモピンドラドラ赤の満貫をアガれてた。だが、3人ともオリているようなので、腰砕けリーチの意味はあった。赤5ピンのおかげでハイテイ間際に2ピンが下家から出てくる。2600+9000=11600点。30符4ハンは切り上げ満貫となるので、ピンピンロクを上がるのは実に学生のとき以来となる。チッチとかピンピンロクとか、一般人には通じない符牒。

ラスト半荘は運の塊。

六六八九九89②③④⑤⑥西 ドラ9ソー

9ソーがドラでさえなければソーズのペンチャンを払っていくのだが、最終形がペン7ソーになることも想定しなければならない。2順目に7ピン、3順目に六萬をツモって、迷わない形になって即リー。先に7ソーが入ると、六・八・九萬切りの選択があるので、萬子が先に入る形になったのを喜んでおく。

・・・暇もなく、一発で掴み挙げた7ソーの感触。裏ドラ→五萬が鎮座していた。リーソクツモオモアカウラウラウラとか、運否定派に「闇夜に気をつけろ」とか囁かれそうな倍ファイブ・バイニセンゴ。語呂が悪いとか言ってらんない。

最後のほうのバカヅキもあって、最終的には6kの勝ち。いいときばかりではないのが麻雀。今日はたまたまいいときのことが紹介できたが、ボーンヘッドもそれこそ頭を抱えるほどやらかしている。ボトルシップのような真面目にコツコツやることこそが報われる、と信じて疑わない人がやるような趣味ではない。Gを賭けるか否かは別にして、カードゲームにも多かれ少なかれ似たような要素があるのだろう。

693,687,840,687,734,791,764,711。今回更新された低愛による上位ランキング者の勝率である。将棋の生涯勝率上位者も、7割前後に推移する。瞬間的な強さはタイトルを獲るときに必要で、永続的な強さは順位戦で生き残るために必要とされている。もちろん、過去のデータ分で消去されたものがあるので、今回の掲示が正しいものでは断じてない。少なくとも過去2年分は、の前置きは必要だが、勝率7割のラインは死守したいものだ。渡辺竜王だって5連敗することがあるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

チャンプのみ使用可能のデッキ

眠りには5つの段階があるという。英語の長文に載ってた。1・2段階はすぐに目覚める状態、3・4段階は熟睡している状態。5段階目は夢を見ている段階だという。

1・2段階であれば誰でもすぐに起こされてしまう不快な音がある。「ぶーん」やら「わーん」やら、擬音化するとそのリアルさが打ち消されてしまう、1秒間に1000回もの旋回が繰り返される羽音。人は血液の3分の1を失うと死亡するという。体重の10分の1が血液だとして、体重60kgで血液が6000ml。2000ml抜かれると死亡。1999mlでは?1998mlでは?・・・そう考えると、たとえ1mlの血が抜かれるにしても、ホモ・サピエンスに対する1昆虫による殺戮行為が行われているといっても過言ではない。

いや、過言だろう。

だいたい、平仮名1文字で顕されているのが気に食わない。「○○め!」と怒号を散らそうにも、「ゴキブリめ!」とか「ハエめ!」とか、せめて2音節は欲しい。うっかりするとタートルやらトータスと間違われるぜ。Dの居住地は高地なので、ゴキブリはいないがハエやらソイツやらはいるのだ。消耗してもいいから3点回復させてくれ。楓ちゃんと添い寝がいいな。

ちはやすもも生贄のインスパイアはこちらから。http://aetop.seesaa.net/ ガディム・ルミラ以外のデッキでもこのドローエンジンが使えるかというのが争点。ガディムはゴーストダウンによる無条件ちはやドローができるので優秀。その他のデッキはどうしても相手にもダウンドローを渡す、勝利条件を+1されるなどのデメリットがある。すももを強引に昇天させたいなら、ノーコストイベントの生贄。3コストを有効に使うなら理奈・耕一。味方ダウンが欲しいならFC3恵。千鶴(殺っちゃん)やマルチではプラスアルファのメリットはないのか。

耕一にはシチュー煮カツという優秀なドローカードがある。田沢やネココ、ウーヤーターあたりを生贄に捧げて強引に根性コストを獲得しようとすることはできるが、リーダーが根性コスト以外のデッキではちょっと頼りない印象がある。となると耕一はシチュー煮カツを投入した上で12枚のスペースを探ることになる。コスト面でも、ミコトという優秀なコスト軽減カードがある。さらに耕一は理奈ほど明確なサポーター兼サブアタッカーがいない。耕一がマホサやVIPで潰されることを考えると、どうしても他カードによる補填が必要になってくる。

その点で理奈と、ちはやすもも生贄との相性はいい。ドローとコストの両方を補ってくれる。仮にちはやすもも生贄の3枚中2枚しか引かなかったとしても最低限の利用は出来る(腐らない)。兄妹を封印されると1ターン遅れさせられることになるので噂話は4枚積みたいところ。そーいえばTみんなら絶対に噂話を4枚積むだろーから、相手の初手に封印があり、かつ自分に噂話がない確率を求めるなら、パーセンテージはさらに低い数値を示すんじゃないか?

恵ならダウン源が生贄だけでは心もとないので、玉砕覚悟あたりを増やすことになるんだろうか。4スーサイド単騎は、応援を撃ちにくいのでガディムに優しく受け止められてしまいそうだが。

ちょお圧縮ドローデッキにメタを貼るならアンドロが手っ取り早い。だが都合よく初手にアンドロを引けているとは限らない。アンドロを初手に引く確率を高めるには、自分もちょお圧縮を掛ければよいのだが、そーなると自分の首を絞める結果になる矛盾。相手に十分廻られた後でアンドロやら暴行やらを引くのはパロの悲しき性。局地メタとしては成り立つが、安定した勝率を残せるとは言い難そうだ。

8.0αが発表されるということで、確かに環境を煮詰める時間がない。チャンプ戦に出るのが怖くないといえば嘘になる。出るからには勝ちたい、いや負けたくない。引き分け上等の総帥エタ単騎で出たいという欲望を必死で抑えている。仮にそれでチャンプを防衛したとしても、面白い試合を提供できないということはLF離れを加速させる結果につながる。無限コスト製作中に、ジャッジから同一アクションの省略が認められたらどうなるのか、という興味も尽きないが(関東の有名なジャッジの方は「ルールに記載がない」ということで認められていないと記憶しているが)、挑戦者は勝ちに、防衛者は勝ち方にこだわらないといけないんだろーな。トーナメントは2位も最下位も(賞品に差はあるが)同じ、優勝しないと意味がない。5勝1分けも6戦全敗も基本的には同義。ある程度メタを無視して自分のやりたいことを貫いたデッキが有利だと思っている。総帥エタ単騎が上手く廻らず、瞬獄殺を喰らう可能性も否定できないが、次の公式が正式に発表されるのを待つとしよう。

仕事の都合で不戦敗、可能性は否定できないのだが全力で排除したい。

起きるとすごい風が吹いていた。台風が近づいているのか。報道ステーションでもえらいことになってた。陸上競技会の最中にテントが走者を危うく直撃、とか。高校時代サッカーボールを何度かトラックを併走中の陸上部員にぶつけた(もちろん故意ではない)ことがあるが、そんなもんじゃ済まないんだろーな。

金ピカが代表か。確かにあんまり応援する気にはなれないな。3者面談のときでも、どこにその学校の関係者が潜んでいるか分からないので、極力どの学校の悪口も言わないようにしている。Dの話ではないが、通知表で「副教科」を連呼した先輩講師の塾生の保護者に技術家庭の教師がおり「副教科ではなく実技科目です!5教科の方が偉いような言い方をせんとって下さい!」的なクレームをもらったことがあるそうな。屈折してるな。金ピカは金ピカでも、Dの居住区でよくお世話になるのは八尾の方なので、そんなに荒れたイメージはないのだが、リーダーの気力を1減らしてイベントをおじゃんにする力ってのは恐ろしいな。

C弁の各スポーツ紙の評価はC、よくてB。和歌山とのダブル対決が見たいが、確か1回実現しているはずだが、今回はどーなることやら。初戦負けしなけりゃそれでいーよ。自分の母校の他にT理の校歌を(一部)歌えるってのは何の自慢にもならない。T大寺くらいの進学校でないと全国では認められない。T大寺・T理・C弁、あと次点でN大和くらいしか全国では知られていないんじゃないかな。県外の大学に進学したとき、母校の名前が通じないということに軽いカルチャーショックを受けた。そーいえばDも大阪でまず思い浮かぶ高校はPLだったしな。大阪星光?どこそれ?みたいな。私学はもちろん生徒集めに躍起だが、売名行為もある程度は必要なのだ。生徒を確保するため、それ以外に目的はないが。

明日も休み。飛び石連休。連休というからには2日休んで1日出勤、更に2日休みでないと計算が合わない。今回のはただの飛び石休だ。屁理屈をこねてもしょーがない。今できる最善を尽くそう。ブッダもそう言ってるしな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 1日 (水)

dog gate

5回戦連続で1ターン目兄妹を止められたプレイヤーは私のところにきなさい

吹いた。総帥なら後攻1ターン裏で財力を止めるメリットは少ないが(2ターン目表なら迷わず使うだろうが)兄妹は使われるわな。それを除いてもこの確率はどうか。4積みのカードが初手に来ている確率が40%として(5分の2)の5乗≒1%。100回に1回は起こるんだって。

炎の10連勤も今日で終了。明日は骨休み。犬門→検問。引っかからなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »