« 死地が罪か | トップページ | 寝オチ »

2007年7月 4日 (水)

世に万葉の花が咲くなり

BJを読んでいる。よろしくじゃないほうな。

ピノコってあーいうふうにして生まれたんだな。火の鳥・リボンの騎士・アドルフに告ぐなど、様々な彼の作品を鑑賞してきたが、導き出される結論はいつも同じ、彼には天賦の才能が与えられた、ということだ。

天才の一言で片付けるのは簡単だ。だが、天才の一言でしか表したくない人物がいるのも現実だ。医学の専門家でない故、医学に疎い読者の立場からの視点を意識した作品になる。もちろん専門家にとっても遜色ない漫画に仕上がっているのは確かだ。BJ自体は往年の作品で、これが売れないと打ち切りという瀬戸際に追い込まれて産出されたものらしいが、そういった裏事情を感じさせない優れた読み物だ。

図書館ばかり行っていて、本屋に行くのを忘れていた。スクラン17巻ゲット。今月の刊行物をチェック。REXの新刊でシンシアとろりぽ、それに迷宮街輪舞曲が出る。ゴルゴ13の145巻が目を引く。こち亀も今何巻だっけ。作者が亡くなるまで続くのだろーか。いや、作者が亡くなっても続きそうだな。

漫画は何度でも読むから(短時間で読めるから)購入、活字本は1回読んだらお腹いっぱいのものが多いから貸借、という感覚か。(返却)期限が決められていないと活字本を読むきっかけがない、という点でも図書館の存在はありがたい。

最後に女性リーダー使ったのいつだっけなー、と調べてみたら去年の今頃にちーちゃんを使ってた。総帥やらアロウンやら変なのも使ってる。ガディムで彼との対戦時にビクつくのも嫌だし、理奈や宗一の同系同士でドロドロした投手戦を繰り広げるのもお腹が痛い。総帥は使いこなせない。単純にいこうぜ、シンプル伊豆ベスト。

551の蓬莱の551ってどんな意味があるんだろうと思って調べてみた。・・・調べるんじゃなかった。

|

« 死地が罪か | トップページ | 寝オチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世に万葉の花が咲くなり:

« 死地が罪か | トップページ | 寝オチ »