« やきば82 | トップページ | 7.0時代 »

2007年6月12日 (火)

感想戦

マルチ? そんなカードも入ってたな。

当日は半袖で行く気マンマンだったのだが、早朝のあまりにも冷涼な空気に気押されて、長袖Yシャツを羽織っていくことに。・・・10:00三宮の人込みの中で後悔。会場でカバンの中に仕舞われたYシャツは、翌日洗濯機の中に放り込まれるまで出番がなかった。

芹香ちはやエビルすももは、果たして4積みが必要なカードだろうか。リーダー直撃狙いなら、エビルは4積みかもしれない。今回は前衛5キルが目的なので、エビルの量は控えめにしただけ。

こちらのダウン数を増やしすぎると、朝鮮嬢芹香の危険性が増す。なにはともあれ破壊神ゴーストから始まる夢物語なのだ。芹香は必要充分条件だ。パロのように、固めきってから勝ち手段を提示するというのではなく、削りながら堅めていくというスタンスなので、バーンキャラ数も削減できない。琴音・文月は必要条件。

エビル・すももは必要条件ではなく十分条件。いれば助かるが別にいなくても困らない。すももドローよりは、長い目で考えるとちはやドローの方が結果的に多くのカードをドローできる。金の卵を産むガチョウの教訓だな。

残りの1積みキャラで、削れると思ったキャラは、今回の大会結果を踏まえるとなかった。エロエロフは何度ヌこうかと思ったか。だが、ソワを瞬殺できた(相手の前衛を容易に削れた)し、残り2点、琴音と文月が控えている、相手は封印持って手ぐすね引いて待っている、という状況での強さを考えるとやっぱりヌけない。1回戦で、模写傀儡待ち合わせエロエロフで、一瞬味方キャラが8体(ゴースト込み価格9体)になって1キャラ削除しなければならなかったとき、行きがけの駄賃でミッションで殴ろうかと思ったが、自重した。有利なときはシンプルに、だ。

アイテム対策キャラはもう1匹くらい欲しい。総帥に太刀打ちできると思ったからこそ、ガディムを実戦投入したわけであるし、事実なんとかなるな、とも思った。だがやはり序盤のプレイングがしっかりしている方が勝つ。バトルデッキが終盤まで勝敗がもつれる将棋のような試合展開を見せるのに対し、非殴り系同士のバトルは、序盤にどこまで差をつけることができるかというチェスのような試合運びとなる。無意味と酷評されない程度の少考はしたが、最善のプレイングはできなかったと思う。短い試合内容なら、多少のプレイミスは運や物量がカバーしてくれるときがあるが、長いデッキだからこそ、1つのプレイミスが後々まで響いてくるような気がする。15-8からエラーで1点取られるのと、0-0から取られるのとでは、雲泥の差があるだろう?

前衛回復手段ナシ、封印要素一切ナシなので、尖っているといえば非常に鋭いデッキである。バトル過多ガディムがイベントカウンターを削ったように、D-ガディムは相手の特殊能力は素通しする。

フリーや2回戦で感じたが、相手の琴音や過激世などのバーンキャラを削除し損ねると制空権を握られる。エビル→エロエロフが最も簡単だ。やはりエロエロフはヌけない。○谷のように大っきい子(タッグキャラ)を出されると鼻血吹いちゃう。それでもリーダー狙わずに和樹&瑞希を焼きにいったDの感性は、少々ズレていたように思う。超能力→メイ超能力→トラブルメーカー→応援→超能力×2→応援→超能力×2→血の契約。頑張りすぎ。

スキーは投入するとして、アイテム対策キャラと封印はどーするかな。アレ対策? 今は考えないほうが無難だ。イベントカウンター8枚あっても、クレマを止められないのはお粗末過ぎるな。超能力の的だけど。後輩にチクチク痛めつけられる先輩3人の図。芹香と琴音を大量投入して勝ちを望めるデッキというのは、なかなかいいものだな。キャラゲーに走る輩の気持ちが、1%くらいは理解できた気がする。・・・99%理解していないってことじゃないの? ごもっとも。

|

« やきば82 | トップページ | 7.0時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/6758173

この記事へのトラックバック一覧です: 感想戦:

« やきば82 | トップページ | 7.0時代 »