« 郵便屋さんと危機一髪 | トップページ | ノーマル »

2007年6月 4日 (月)

エクスの幻惑

いつものようにジョリパでパスタ食って、途中で眠くなって惰眠を貪って、29:00に目覚めて、さあ帰ろうとしたら、エンジンが掛からない。

エアコンを付けっぱなしで寝たのが敗因のようだ。

幸いにして携帯の電波が通じるところだった。さらに幸いなことに、日曜の朝なので親父が家にいる。夏至が近いということでこの時刻でも充分明るい。たまたま車内にあった森博嗣を読みながらさらに頗眠。

再び目を覚ましたのは8:00。家に救助信号を送る。バッテリーがアガるのは人生で2回目だ。いつもは意識しないのにソレは不意にやってくる。

公認大会11連勝中に、更なる記録の更新を阻まれたのが琴音だ。使用者は、確認するまでもない。早い段階でエクスDを喰らい、そのままチマチマとダメージを積み重ねられた記憶がある。初めて遠征というものを経験した岡山の大会では、琴音を使って2勝3敗と負け越して、帰りにF君の車で事故を起こして24MGを払った。魔性の女だ。

フリーでなら使う気もあるが、決してフリーの域を超えない。贖罪だか生け贄だか、常に配牌ダブリー状態なら考えるが、Dの目指すデッキは、平均的な配牌3シャンテンからでも安定して勝ちを目指せるデッキだ。

長い間、触っていないデッキがあるなと思ったら、理奈だった。後攻から兄妹で、1ターン裏から2コストを確保できているのは反則級だ。

臨時収入・バトル・応援の3枚が揃えば1ターンキル可能。耕一よりもバトル1枚分少なくて済む。諸角だと待ち合わせ・殺っちゃん(ちーちゃん)・バトル×2・応援が必要。もっとも、1ターンキルの必要はないのでバトルと応援を除いた3枚があれば事足りる。那須やヌグィソムカミは、バトルが限定されてしまうのがツラい。

付けスラで対抗される→噂話、総帥・耕一の出足を止めたい→封印、ミコト・芹香・夕菜がウザい→朝鮮嬢と、空いたキャラ枠は、ぶ厚くイベント枠に廻せる。

那須・ゲンジマルがダルい存在だが、その時は1つの強い理奈を作ればよい。ミッションは感性防御で止められるし、ゲンジマルは動きが遅いので2点ずつ乗せていけばなんとかなる(のか?)。

L:理奈

C:16 由綺×4、コリン・鈴香×2、英二・岡本・犬・シルファ・フランク・真紀子・テリ・瑠璃子×1

B:8 カラオケ・ステ勝×4

F・I:各1 センス・レベルアップ×1

E:33 術・収入・噂話・封印・付け・スラ・応援・朝鮮嬢×4、身代わり×1

センス・レベルアップ・身代わりは抜きたいところ。スカウトとかランチタイムとか遠隔操作・安眠とか。那須・ゲンジマルに当たったときに激しく後悔しそうなので保留。リーダーの他にノーコスト打点6で殴れるキャラを投入できるのは強い。

英二は1枚でいい。朝鮮嬢?攻撃の手を緩めないことが肝要だ。朝鮮嬢が来ないときは切りコストになってしまう気がする。理奈がふにゃふにゃに軟らかいので身代わりは外せないか。

1.0弾のイベントを山積みして、うおーうおー殴ってたらなんとかなってしまうのがバトルデッキのいいところと悪いところ。「『きっと楽しい』からだって、充分な理由だと思いません?」(「ああっ女神さまっ」13巻より抜粋)

|

« 郵便屋さんと危機一髪 | トップページ | ノーマル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/6662021

この記事へのトラックバック一覧です: エクスの幻惑:

« 郵便屋さんと危機一髪 | トップページ | ノーマル »