« 日本橋YS | トップページ | 如何様 »

2007年5月 8日 (火)

運と実力の挟間で

5月20日のやきばには、出れそうにもない。誰だ、中間テスト対策の授業を日曜日に入れやがる上司は。

学生時代、マークシート方式のテストには滅法強かった。センターの国・英の合計が393点(400点満点)。だが、模擬テストでは小説(50点満点)で10点を記録したことがある。そのときに題材にされていた小説が、村上春樹の「国境の南、太陽の西」。

模擬テスト終了後、速攻で本屋に走った。設問に答えるには、感情移入に走ってはダメだ、ということを思い知らされた。国語教師が嫌いだ嫌いだと喚きながらも、1ヶ月くらい授業してた「舞姫」よりは、「ゲームの達人」とともにDの高校時代を象徴する1冊であることは確かである。

今日、図書館で村上春樹の本を借りてきた。「封印再度」も再借してきた。将棋関係の本を読んでから手を付け始めるんだろーが、今度こそ読破してやる。多分できると思う。できるんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておく。

名人戦で郷田が振り飛車を指した。生粋の居飛車党の郷田に、どのような心境の変化が生じたのかは分からないが、将棋指しには確かに得意・不得意戦法が存在する。居飛車・振り飛車はもちろん、急戦・持久戦・相掛かり・角替わり・穴熊など、枚挙に暇がない。

LFでも同様のことが言える。持久戦が強いデッキだと分かっていても、指しこなすのには相応の実力が必要とされる。羽生が今も第一線でいられるのは、彼がオールラウンドプレイヤーだからだ。彼はどんな戦型でも指しこなす。

「藤井システム」と呼ばれる四間飛車の戦法を確立させた棋士もいる。彼は四間飛車だけで竜王を3連覇した。「ゴキゲン中飛車」で棋界を席巻した棋士もいる。だが、強い戦法には必ずその対策が講じられる。「丸山ワクチン」と聞いて化学的なことを思い出すのは一般人、名人経験者が編み出した対中飛車対策と考えるのは将棋マニア、何それ?と首を傾げるのは無教養人。

総帥との戦い方を意識せずにLFの大会に臨むのは、あまり賢い選択ではない。総帥に勝てないと判断したデッキでは大会に出る気がしない。バトルデッキなら、総帥に対してもまだ勝つ可能性は残されている。運ゲーだろーが轢きゲーだろーがな。

総帥が強いと感じているなら、自分で使えばいいじゃないかこの野郎、とお感じのあなた、総帥は使い手を選ぶ。穴熊が潜る前に攻め潰されるとどーしょーもないのと同じで、付けスラ搭載デッキと同じ感覚(AP時に動きすぎる)でデッキを廻すと、気力14なんてあっという間になくなる。

関西環境では総帥の絶対数が少ない。麻雀で棒テン・即リー・全ツッパが意外に負けない(印象を与えているだけかもしれないが)ように、自分のことだけ考えてるオ○ニーデッキも、悔しいほど悪くない選択である。

「秩序が好きだ。整然としたクリアな世界が好きだ。カオスなんだよ。オカルトは整然とした理の世界に混乱をきたす・・・カオスなんだ。君も理で打つだろ?たいがいの局面は理で打つだろ?オカルトといえどベース部分はデジタルだろ?」「そやな。システムNo.100『デジタルで打て!』や」「なぜ最後まで理で打たない?すべてを理で打つ先に正解があるのに」「そのとらえ方がわからへん、麻雀もこの世の中も理どおりにならんことあるやろ」「誤差の範囲内だ。理を妨げる判断が加われば迷いになる。迷いは敗北への案内人だ。理には迷うことがない」「迷ったってええやないか。麻雀も人も理だけじゃ動かへんのや」「平行線だな」「そうみたいやな」(「牌賊!オカルティ」7巻より抜粋)

常にデジタルでありたい、と思う反面、オカルトがあるから麻雀やLFに闘志を燃やし続けることができるのかな、とも思う。将棋と相撲はプロに敵わない世界とされる。逆に考えると、運に左右される世界では、強者が必ずしも勝つとは限らないということだ。麻雀で素人がいきなり天和でアがることだってあるし、LFで強者の初手がユズハ単だってことも充分に有り得る。通算勝率の高いプレイヤーがチャンプになれるとは限らない。今期の阿久津五段だって、棋界最高勝率を誇りながら昇級を逃した。6連勝のアルゴリズムが最高のシチュエーションで巡り回ってきたDの強運に感謝すべきなのだろう。

結局、運ゲーかよ。運が1%でも絡んでくる限りは、どんなゲームも運ゲーなのだが、実力:運の比率が何割以上なら「運ゲー」と認定されるんだろーな。宝くじなんて究極の運ゲーだし、チンチロも運ゲーだよな。高校野球ですら「流れ」という名の、自己暗示の占める割合が高いように感じられる。

「今のぼくは全然負ける気がしないッ!ぼくは強運で守られているッ!今のぼくならたとえ6発中5発弾丸の入ってるロシアンルーレットでさえ生き残れますねッ!」(「ジョジョの奇妙な冒険」40巻より抜粋)こんくらい根拠のない自信(ノってる人間は根拠のあるように感じられるのだが)を常に発動している者だけが、運とか流れとか勢いとかを平気で口にしてもいいんだろーよ。

|

« 日本橋YS | トップページ | 如何様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/6346530

この記事へのトラックバック一覧です: 運と実力の挟間で:

» 動物ペットの奇妙なおもしろ行動大特集! [カメラ屋 店長のすべて話します。]
☆動物ペットの奇妙なおもしろ行動大特集!飼い主、子供を巻き込んで大騒動!犬鐔デ④世韻犬磴覆坰呂房唎泙任呂犬韻討泙垢茲€�(^m^ )クスッでは動画スタート!!動物ペットの奇妙なおもしろ行動大特集! [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 14時51分

» たったの3秒 2週間以内に必ずストレートに当選する [ナンバーズ予想情報]
ナンバーズ予想サイトなどは足元にも及ばない ナンバーズ3を何百回も的中させるにはナンバーズを知ることです完全無条件全額返金保証付 [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 17時10分

» スペシャルフォース [スペシャルフォース]
スペシャルフォースは迫力の3Dアクションシューティングゲームです。スペシャルフォースの臨場感は味わった事がある人にしか分かりません。スペシャルフォースは恐ろしいハンゲームなのです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 03時44分

» 郷田危うし [ツキを呼ぶ!永世七級のブログ]
ここまでくれば森内のペースだろう 多分・・・ やられる とはいえ、お菓子に「なんじゃもんじゃ」を頼んだ郷田 おいしそうではあるが へんちくりんな名前の菓子だwww 形勢が悪くなったのはこれを食ってからか・・・ 次回を期待したい あぁ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 12時13分

» そろそろ別れない? [あんず]
そろそろ潮時だと思うんだよね。まだ私を好き?? [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 17時15分

« 日本橋YS | トップページ | 如何様 »