« やっと休みだー | トップページ | »

2007年5月12日 (土)

穴熊

「モンスター」カード(熊)の MASTER が「シャーロム姉妹」になっていることに気付いた。FC3の「牧部なつみ」が召還する「モンスター」とは、きっと別種族なのだろう。

揚げ足取りもいいところだな。

香月ちはやFC3とアロウンは相性がいいのか。解放者+前衛赤緑+前衛4キャラ削除(緑コストを払ったキャラ含む:確認していないができるのかな?)→能力値10。次ターンのキャラ補充は容易。・・・だめだぁ。決定打に欠ける上、前衛が5キャラ揃っている状況を「不利な状況」とは言わない。「状況を悪化させる悪手」に分類されるだろう。

Dが求めるのは「有利な状況をさらに優勢へと固める一着」ではなく「不利な状況を互角もしくは有利な状況へと導く一着」だ。5キャラ揃っているのに不利な状況とは、そもそもデッキ構築の時点で間違っているのだ。

「勝負手」と認識される一着がある。不利な(もしくは不利と認識している)状況下では、最善手を指しても惜敗が見えてしまうことがある。それよりは相手に迷いを生じさせる着手を行うことで、相手の応手次第では逆転の可能性があることを求める方が現実的とされるのだろう。

「フルタップ」や「リーダー受け」「バトル放置」は勝負手になることが多い。相手に咎められるか否かで、好手もしくは悪手の烙印が押される。一見すると初心者プレイと紙一重なのが難点だ。升田の3五銀のような鮮やかな勝負手をナマで観戦してみたいものだな。

総帥と互角以上に戦うためには、3ターンで殴りきるだけの特殊能力を具えていなければならない。総帥の基本的な動きをシミュレートしてみる。1裏:夕菜、2裏:精神強化、3裏:ガチンコ、4裏:怪しい薬。これに対抗するには1表:キャラ展開、2表:殴り、3表:殴り、4表、殴りとしなければ追いつかない。

総帥は穴熊を彷彿とさせる。攻撃側は(1)穴に潜られる前に攻め倒す、(2)穴に潜らせた後でじっくり燻す、の選択肢がある。ユズハやクリアー、アイテム没収なんかは(2)の選択肢に入るわけだが、総帥側もハプニングや景清などの対抗手段を持っているので、完全なる対策とはいえない。「いのちをだいじに」よりは「がんがんいこうぜ」の方が分かりやすい。

総帥は1裏の夕菜を実現させるべく、スカウト4積み。相手の封印4枚は同量の噂話で消せる。相手の殴りが速いようなら、2裏をガチンコやスカウト→インファイトに代えてもよい。サブアタッカーがいなければスカウト→マホサも実践的だ。4裏までで相手が遅いと判断できればもちろん、怪しい薬ではなく激辛スナックや保護者でいいというわけだ。

もちろん攻撃側も、手を拱いて(「こまねいて」とは、こう変換されるのか)待っているわけではない。応援でターンを早めたり、朝鮮嬢で相手の展開を遅らせるのが常套手段だ。バトルは夕菜を一撃で仕留めることのできるものでなければならぬ。ちーちゃん(殺っちゃん)での徹マン(ポーカー)バトルでの仕留め損ないは万死に値する。オガリナのステ勝も微妙だ。英二コストからマネージャーを払うと、プロデュースコストが足りない。

オガリナは、バトルがあれば1裏から確実に殴れるのが魅力になった。だが、カラオケで総帥に1点というのがあまりに悲しすぎる。料理でも1点。ステ勝も前衛に効きづらい。総帥の弱点の1つでもあるGPMは、ガチンコを貼られた時点で無力。応援とマネージャーとの相性が激悪なのが泣けてくる。

諸角は、バトル+アタッカーが必要なのが難点。両方揃えば怖いものなしなのだが、どっちか片方だけだとリアル神頼み。片桐っていったら彩子だよね?と誰かにパスを送ってみる。・・・反応ナシか。安定感はないが、ここ一番の勝負に賭けてみたいデッキではある。

耕一のように、前衛が誰でも構わないというのは、本当にプレイングがラクだ。キャラを引いてきた順に出せばいいのだから、プレイングもヘッタクレもない。デッキ構築も、ミコト以外が1積みでいいのだからラクだ。

だが、FC3で赤コストを必要とするキャラが増えた。フランク・楓・鈴香・岡チェ・兄と並んだとき、誰でケモコストを支払えばいいのだ?有利なら鈴鹿残し、不利なら楓残し、前衛受けであともう一枚が足りないときは、バトル中ケモ兄残しになるだろうが、前衛がカスだと、こんなところでも悩まなくて済む。

このタッグが完成すれば勝ち、というタッグは英二&弥生。バトルと電波の傀儡もセットで必要になるけどな。ガディムで冬弥エロエロフの代わりのコンボを考えてはいるのだが、このコンボは(1)電波の傀儡とクリアー・ユズハとの相性が最悪、(2)バトルも射的では意味がない、射的以外ではバックをもらう可能性がある、そのために香奈子SPを積むのはつらい、(3)バトル中断される可能性がある、デッキの特性上、応援が入るので対抗手段がないわけではないが、完全ではない、といったデメリットがある。

折原コンボは、和樹&瑞希と違って封印で封殺されないメリットがある。だが、折原コンボだけで4キルするためには、都合12枚を引ききらないといけない。タッグキャラ1体を完成させるだけでも、その試合を勝ちきるだけの労力が必要とされるのに、その4倍以上(後半になるにつれて素引きの可能性が減る)しんどいんだぜ!エビルや景清などの助けを借りるにしても、さらさら容易ではない。バーンの補助と考えるほうが無難か。

後輩メスに不幸事があったとかで、日曜日も出勤っぽい。今週もまた、NHK杯戦がみられないな。

|

« やっと休みだー | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/6389817

この記事へのトラックバック一覧です: 穴熊:

» ★ルーガちゃん復活、画像集めて見ました♪★ [★ルーガちゃん復活、画像集めて見ました♪★]
★ルーガちゃん復活、画像集めて見ました♪★ [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 13時31分

« やっと休みだー | トップページ | »