« 男湯で | トップページ | 仕事慣らし »

2007年4月 3日 (火)

神戸公式

3月29日

「春期講習まとめテスト、1時間目国語、30分、用意、始め!」

18:00、生徒が一斉にシャーペンを滑らせる。明日からはDたち講師にとっても生徒たちにとっても、うれしいうれしい春休み。だが、その前の難関、春期講習まとめテスト。このテストの結果は、来週の土日に実施される三者面談の場で、保護者の目の前で手渡される。それ故、生徒たちも必死になる。

Dたち講師も、三者面談の場で「こんな点数やったら、塾に行っても行かんでも同じですね」とか言われると、退塾につながる恐れがあるので、平均点は70点くらいになるテストを作るよう、上から指示が出ている。それでいて、上位クラスの子からは、「簡単すぎておもんない。他の塾のほうが難しいこと教えてくれる」と思われないよう、100点が続出しないようなテストにしなければならない。

B4の用紙の表裏に1枚、30分で難しすぎず簡単すぎずのテスト作成。最初は要領が掴めず「この程度の問題なら誰でもできるだろう」と思って作ったテストの平均点が50点を割り、よく頭を抱えたものだ。現在は、過去の塾生のデータがあるので、「去年はこの問題をよく間違えとったから、記号問題にしてちょっと簡単にしたろ」とか、「上のクラスは時間が余っとったな。自由英作文あたりでゴマかしとくか」とか、いろんな応用が利かせられるようになった。去年のオレ、よく頑張った。

国・社・数・理と無難にこなし、D担当の英語の時間にそれは起こった。

「問題用紙・解答用紙が配られたら、裏・表が印刷されているか確認して、クラス・名前を明記すること。それでは、始め!」

始まって3分くらいで、生徒たちの首が捻られていく。「せんせー、表と裏、おんなじこと印刷されたるでー」

もへ?とか、声になったようなならなかった声が出て、生徒たちの間から失笑が漏れる。まあ、笑われる分にはいいのだが、確認してみると、まさに同じ問題。テストの表側には「裏へ続く」と明記することを義務付けられているから、永久ループ。

即座に事務所に下りて、問題の裏面を印刷し、生徒たちに再配布するのに費やした時間は5分強。生徒たちには表面を解かせていたので、それほどの混乱はなかった。

テスト終了。生徒たちも三々五々、帰路に就く。明日から神戸、2泊3日の旅。どんなドラマが待ってるのか知らないが、とりあえず今夜は、明日の準備をしてからゆっくり眠ろう。

3月30日

昨日○ニクロで買ったシャツのサイズがSサイズだった・・・Orz…

今日着ていく服なので、交換に行く暇はない。着れないサイズではなかったので、少し小さめのシャツで我慢することにする。

今日から神戸へ小旅行。車を駅前のパーキングに泊めておくには長すぎる。親父に駅まで送ってもらって・・・と皮算用していたら、なんと出発は8:00とのこと。しゃーない、早起きして8:00に間に合わせる。

免許を取得して以来、助手席や後部座席に乗ることがとんと少なくなった。楽でいいかな、とか思っていたら、睡眠不足・空腹・山道などの悪条件が重なり、10分で十何年か振りかの車酔いに苦しむハメに。駅までの25分弱の長かったこと。駅前のコンビニでソルマック(液状)を一気飲み。これがどこまで保つことやら。
昨日、ダメ人間GMと電話がつながっており、18~19:00頃に琥珀亭で呑む約束ができている。大阪着10:00、うどんすすって10:15、雀荘着10:25。うん、完璧なコンボだ。

途中、2回の電話あり、1回はGMからで、待ち合わせ時刻を正式に19:00と決定するという通知。もう1回は、Q州はKY人、兄やそのもの。明日の公式のために、現在京都にいるので、夕食に誘ってくれたというもの。そっちも魅力的だが、義理・人情には替えられない。今回は丁重にお断りしておく。

今回の麻雀は、全般的にツモ和了が多かった。チップの100G玉も溜まっていく。

印象的な和了はこんなもの。

五七八八八②③④3368西 ツモ八 ドラ④

開局親番。八萬暗カンは、九萬ツモでのテンパイを逃す。おとなしく西をホッておくことに。二順後、めでたく六萬を引いてテンパイ。八萬を暗カンして、新ドラは二萬。このままダマで4800を拾うか?否、即リーチ。

五順後、運よく7ソーをツモ。現在、親マンの4000オール。さーて、今回の、裏ドラさんは・・・

七萬・七萬。

ぐぇっ!!とか、野獣にも近い蠢きを発した。上家から冷静に「トリプルの8枚ですね」という言葉とともに、一万点棒が1本と千点棒が2本、それに1000G札を音もなく置かれたのが印象的だった。12000オールの8枚。ピンならそれだけで15600Gの収入だが、残念ながら今回は点5。それでも4200Gの収入。トータルでも70000点を超え、記憶に残る triumph 達成。役満より記憶に残る。最も、Dは過去に「チップ10枚オール」を達成した奴が、隣の卓で出たのを目撃したこともある。上には上がいるものだ。

18:00過ぎ、約束の時刻が近づいてきたので終了。トータルで見れば3500Gのプラス。あのアガリ一発、だったということか。

18:10発の特急に乗り、神戸三宮着18:40。GMに電話掛けるもつながらず。そこから20分程度、ぼーっと待ちぼうけ。そういえばJ二も来るって言ってたっけな。「すいません、仕事が長引いて抜けられないんすよ。○谷さんも来ますから、連絡取ってもらえます?」そーかそーか、仕事ならしゃーないな。ところで、大学が好きで好きでたまらなくて、本来4年しか籍を置いておけないところを、ずっと大学に居付いているGMはどーした?○谷にTEL。「GMですか?どーせゲーセンで携帯に気付かないでいるんじゃないすか。僕すか?今神戸です。あと10分くらいで着きます」

結局、GMと○谷が揃ったのは定刻10分過ぎくらい。EVで7階にある琥珀亭へ。途中、GMがナチュラルに、車椅子の方用のボタンの上にもたれかかったことに気づかず、3階と5階に途中下車。なんとかしてくれ。

琥珀亭では、割烹着姿のねーちゃんが、注文を採りに来てくれたり、料理を運んできてくれたりする。琥珀亭の琥珀亭たる由縁だ。琥珀さん亭と呼ぶ輩もいる。ちなみに正式名称は琥珀亭ではない。御影に「琥珀亭」というカレー屋が存在するのも神戸の七不思議。

いい感じで酔っ払ってきたりすると、注文を頼むときに「琥珀さーん」と口走ったりできるのだが、今回は週末で込んでる上、琥珀さんが1人しかいない。大人しくしとくか。

・・・でもな、いくら琥珀さんが忙しいからって、最初のオーダー伺いに、白い給食着を身に纏ったおばちゃんが来るのは、「騙されたっ!」とか思うわけよ。しゃーねー、おばちゃんにガッツリ今日のおすすめを頼む。

もっとも、おばちゃんが来たのは最初の1回だけで、後は琥珀さんが来てくれた。そこそこの美系なのだが、ナチュラルなフレンドリーさは感じられない。Dが琥珀亭に望むもの、それは癒しの空間だ。快楽だけなら他の店で堪能できる。食事・酒を妙齢の和服女性に給仕してもらう。これ、楽杯。

途中からJ二が合流し、次の店へ移ることに。他の3人の「どっか腹にたまるものを食べてから」というのを制してカラオケ屋へ。ごめんな。

入室直後、GMのズボンを脱がせて恥辱プレイ。ズボンは返さないよ。プレイはヒートアップしていく。詳しくはJ二の携帯映像を参照。

みんな熱唱系の歌が上手い。Dもそれに乗じたかったのだが、体調が悪く、オクターブ下で誤魔化す始末。朝、苦しんだのを思い出して、槇原の「まだ生きてるよ」なんかを歌ってみたり。

カラオケ終了後、○谷の家へお泊り。明日は仕事で来られないという○谷に稽古をつけてもらう。総帥・岸田・・・全く歯が立たない。総帥には賢さ前衛からマホサを貼られてジ・エンド。岸田には前衛を削りまくられて、いつも耕一単。自信喪失だ。

明日、使う予定だったデッキを○谷・GMに見てもらう。・・・ものすごい改造をされた。Dを○谷では、デッキを組むときに使う脳の部位が違うのだろう。こいつには敵わない。

結局、Dが家で練ってきたそのままを使うことに。明日、一番当たりたくない相手はTたみばり君です。お手柔らかに。

28:00、就寝。睡眠不足は思考力の敵だが、緊張が交感神経を刺激してくれるだろう。名古屋公式の悔しさは忘れない。明日(今日か?)は最高のプレイングを目指すだけだ。

3月31日

6:00、GMが「一旦家に帰ります、シャワーを浴びてきます」と帰宅。結局GMは昼過ぎまで会場に現れなかった。このヘタレめ。

8:30、携帯のアラームで起床。○谷に挨拶をしたかったのだが、結局コンタクトを取れずそのまま出発。

昨日、GMに会場の最寄駅と受付開始時刻を調べてもらってある。忠実に阪神春日道駅を目指す。

9:50、春日道駅到着。○○○○神戸、とかいう会場名だったと思うのだが、思い出せない。警察署の前、2号線沿い、という情報だけで十分だ。駅員に警察署の場所を尋ね、その通りに歩く。

コミスタ神戸だった、と気づいたのは、徒歩開始5分で看板が見えたとき。更に会場に近づくと、見知った顔の集団を鉢合わせ。兄やを筆頭とする、Q州のメンバーだ。熱いハグ(だけだったか?)を交わす。兄やには後で、Q州銘菓を頂く。兄や、どうもありがとう。

コミスタ神戸は、学校を改築したところで、会場も学校の雰囲気をありありと漂わせている。Dが学校の内部に入るのは1年ぶりだ。そのときは、母校の廃校式という、非常に切ないものだったが。

見知った連中と挨拶を交わし、いざ、決戦の舞台へ。

デッキ名:D-耕一

L:耕一

C:20 ミコト×4、コリン・鈴香×2、月兄・テリ・楓・マルチ・フランク・変酋長・ソポク・犬・岡本・ウーヤーター・HM・田沢×1

B:7 腕相撲・隠し芸×3、水球×1

E:31 術・ピンチ注入・付け・スラ×4、応援・封印・朝鮮嬢・ガセ×3、シチュー煮カツ×2・時間稼ぎ×1

F:エキサイト×1

ミコトを4枚に。①蜂蜜取り・スキーで即死しない、②根性ノーコスキャラ、ということで橘ではなくウーヤーターを採用。バトルを1枚減らして朝鮮嬢に。これが前回からの主な変更点。

メモを参考にして書いているが、実際のデュエルと違う記載をしている可能性がある。その点はご容赦いただきたい。

1回戦

例のごとく、自分の選手番号を聞き漏らす。つーか、3人同時にメイクマッチを叫んでいくのは、どーかと思うよ。

しばらくウロウロした後、Dの選手カードの前に座っておられたのは、以前に拝見したことのあるお顔だった。元チャンプで、名古屋におられたときはよく、やきばの大会にも参加されておられた方だ。1回戦から強敵と当たった。気を引き締めなおす。

初手は術2枚。キャラも充実。だが、赤いカードがない。相手様は由綺だろうか。ダイスに勝ち後攻を頂く。緊張のリーダーオープン。エロエロフ。早速の2点スタートだ。

相手様、ササンテ切りでササンテ・葵FC・クロウ4.0・美和子&由紀と並ぶ。バトル過多ですよー、と大声で叫んでいる前衛だ。

こちら術2発。ミコト・楓・鈴香・コリンと引いているが、赤いカードはない。術に1枚、アクシを食らって、耕一に4点乗っている。収入から4キャラ展開してエンド。

相手様、野外かくれんぼを2枚設置。耕一受けで早くも8点乗る。相手様の前衛は堅いが、手札にある朝鮮嬢2枚が頼りだ。1バトルで状況がガラッと変わりうる。

ばったり→スランプ。応援で仕切り直してばったり→朝鮮嬢。行きがけの駄賃だ。耕一朝鮮嬢エロエロフで2点当てておく。

相手様、ちはやを出し、更にミッションを設置してくる。バトル宣言はエロエロフ。こちら楓受け、相手様ミッション選択。

違和感を感じたのはそのとき。相手様の手元がスースーしている。

「今、ハンド何枚ですか?」「0枚です」

当然、早さ・感性を選択。鬼化して、付け×2を食らわせて、4点6点の交換。更なる野外かくれんぼはミコトと耕一で受け流し。耕一に10点乗ったが、かなりの確率で勝ちが見えている。

相手様、エンド前にミッションを破棄。ということは、野外かくれんぼは残されている。この瞬間、勝ちが確定。自ターン、一応ばったり(付けだった)を入れて、耕一朝鮮嬢エロエロフで決着。赤いカードを1枚も引かずに勝てる当たり、ツキがあるらしい。1勝。

2回戦

対戦前、相手様から「ブログ見てます」とありがたい言葉が。Dは明らかに身内を意識した書き方をしているので、ちょっとこっ恥ずかしい。情報伝達ソースを尋ねると、「友人に薦められて」と返ってきた。触法スレスレの記述も多いのだが、これからは特に気をつけよう。

ダイス負け先攻。初手は収入×2、付け、スラ、ソポク、芸、朝鮮嬢。開始2ターンまでに1コストキャラを引けるかが勝負だ。

リーダーオープン・・・!エロエロフ。デ・ジャヴか?早速2点。

「やっぱり耕一ですよね」と相手様。ということは、こちらのデッキ構成も知られていると考えてよい。身代わりがないことを知られているのは致命傷だ。

まあ、初手はソポクを出すしか選択肢がないわけで。相手様、エロエロフコストで楓、由真を切って由真を出してエンド。

こちら、ドローは応援。収入からケモ、と叫んでみるが、敢えなく封印。そのままエンド。

相手様、ミッションセット、対応1コスト。バトル宣言。恐らくこの時点で、ソポク寝かしケモが正解なのだろうが、対応なし。朝鮮嬢はなく、エロエロフVS耕一のミッション。相手様早さ・感性、こちら力・根性を選択。イベント使用はなく、3点4点の交換。

何を捨てるか?だが、この時点では応援が不必要と判断。

Q:次のドローがバトルだったら? A:泣きます。

相手様、楓コストでコリンと岡本が出てくる。楓が寝てくれたのは非常に助かった。

自ターン、ツモは時間稼ぎ。相手様の手札は2枚。その2枚が身代わり・時間稼ぎや時間稼ぎ×2以外なら勝ちだ。レアケースと割り切って、隠し芸置いてバトル宣言→朝鮮嬢エロエロフ。

収入からケモり、付けはスラで交わされる(この時点で勝ち確定)も、スランプに対抗手段がなく勝ち。楓が立ってたら、ソポク朝鮮嬢→楓が入るため、まぎれた可能性もあった。2勝。

昼休み

昼休みが20分しかないのと、近くにコンビニがないのとで、昼ごはんは抜き。腹減った。おっ、つけやきばの礎を作ったTべ氏がおにぎりを持ってるぞ?交渉の結果、100Gでおかかおにぎりを Get 。アラレちゃんのスッパマンの故郷の星の名はオカカウメ星。そんなこたぁどーでもいい。

一番当たりたくなかったTたみばり君が1勝1敗だということを聞く。これで彼と、Dが全勝のうちに戦う可能性は低くなった。彼以外にも強敵はたくさんおられる。気を引き締めなおそう。

3回戦

どこかで見たことがある、とおもったのが第一印象。名古屋で当たったんだ、そのときも2連勝しての3回戦だった、リーダーはガディムだった、と次々と記憶の糸がほぐれていく。東京公式で優勝された、まごう事なき強敵。

ダイスに勝ち後攻。初手は収入・兄・コリン・鈴香と揃っているが、いかんせん赤いカードがない。

相手様は予想通りガディム。エビルとちはやを出してエンド。

こちらのドローは犬。とりあえず5キャラ展開。

相手様ターン、収入は犬コストでガセ。相手様、少考されたあと、破壊神エビル、3点は兄に。当然、その後にはエロエロフが来る。正直、リーダーかコリンを狙われるとつらかったとおもうが、Dの手札にバトルカードはあるって考えるよなぁ。お互い1ドロー。

自ターン、とにかくバトルを引かないと始まらない。ばったりはスランプ、配達イベント(術・活が生きているうちはイベントを連呼)はガセ。ターンエンド。

相手様、ルミラ出してエンド。こちらはばったりでエキサイトを引く。相手様、対応で2コスト。エキサイト→ばったりで待望の水球を引く。まずはちはやがウザいので朝鮮嬢で昇天。エンド時、相手様のスカウトはガセ。もう1枚使われたのは止めようがない。

途中で出したフランクが役に立った。トータルで16ダメをもらっているのだが、5ダメは兄に、残り11点のうち6点はカクテルで回復。耕一の残り気力9、前衛立ちっぱなしは安全ゾーン。ミコトも揃い、コストに不安はない。隠し芸も引き、エロエロフ→ルミラ(身代わりでエビル)がダウン。最後は相手様支えきれず勝利。3勝。

1回戦では朝鮮嬢3枚、3回戦ではガセを3枚引き切っている。ピンポイントでいいカードが引けている。ただ、名古屋では4回戦でコケた。二の舞はごめんだ。

4回戦

この時点で全勝者は7名とのこと。6回戦突入濃厚だ。

ここまで残られておられるのだから、中途半端な打ち手はいないと考えてよい。ダイスに勝ち後攻を頂く。

リーダーオープン:岸田。

相手様、スフィーと犬展開。こちら術3枚のロケットスタート。手札には岡本・澤田・マルチ・楓・腕相撲・隠し芸・応援と揃っている。収入・カウンターはない。いくか?

封印1枚で止まる夢物語。他に勝つ手段がないわけではない。しかもここは公式の場だ。無理することはあるまい。ハメハメも1回は止められる。自ターンキャラ切り応援の方が現実的ではないか。岡本・澤田を出し、腕相撲・隠し芸をセットしてエンド。

岸田に投入したいフィールドは何か?と問えば、ベスト3に入るであろうフィールドがある。だが、残念なことに岸田は無属性で、そのフィールドにはとある属性が必要だ。だが、前衛でその属性をカバーできたら?

スフィーが力属性であることを失念していた。スフィーと犬コストでVIP。名古屋公式5回戦の悪夢が鮮やかに蘇る。耕一はエキサイトを引くまで、ただ生き長らえるだけの存在と化す。

それでも、マルチ・楓・芸がツモれているのは僥倖だ。暴行を警戒しつつ、耕一コストでマルチ。通る。暴行はなさそうだ。クレマコストはなくなるが、澤田コストで楓。通った。ターンエンド。

中盤の記憶が曖昧で恐縮だが、最終局面を掲載。

相手様:岸田(待機:残り6)・ポナ(消耗:残り1)・テリ(消耗・残り4)・澤田(待機・残り3)・スフィー(待機・残り5)・犬(待機・残り5)。クレームのため、封印が1枚見えている。

こちら:耕一・マルチ・楓・クレマ・犬・変酋長。変酋長の残り気力は1。

手札には朝鮮嬢・スラ×2。バトル宣言→マルチ朝鮮嬢リーダー→隠し芸応援根性スラスラで8点、封印と聖なる光1回までなら大丈夫、という読み。

ファーストアクションでバトル宣言。「サプライズパーティーを楓に」・・・もへ?

Q:そちらは5キャラ並んでいるのでは? A:ポナホイはキャラ制限にかかりません。

楓が待機状態で持ってかれると勝ちが遠のく。Dの出した解答は・・・。

「サプライズパーティに厳しい目。真紀子と楓で余剰コストを出します」

変酋長のダウンも痛いが、ギリギリで楓を寝かせる手段が残っていたのは幸運だった。相手様も厳しい目を返してきて、楓は消耗状態で相手様陣営へ。相手様の待機キャラは犬のみとなり、マルチ朝鮮嬢岸田が実現。1回光られるも、サプライズパーティーのおかげで残り気力が1減っている。スラ・スラが通って勝ち。

最初から楓を寝かせていると、サプライズパーティーの対象にマルチを取られ、アタッカーがいなくなる。マルチを寝かせていても同様。ギリギリの選択だったわけだ。封印・変酋長も引けており、やはりツモに恵まれているようだ。

この時点まで全勝をキープしていた階段のチャンプ様が消え、前勝者が3人となる。防衛戦の実施が決定するとともに、5回戦終了の可能性も出てきた。偵察していたわけではないが、見えてしまったものはしょうがないので、告白しておくと残りは瑠璃子・ルミラ。どちらが与しやすいというわけではない。当然、階段で総帥と当たることも考えられる。前情報がなかったほうがよい結果を得られた、というのも世の常だ。平常心で臨もう。

5回戦

目の前にはQ州でさんざんお世話になった方。まさかこの舞台・このシチュエーションで彼と戦えるとは思ってもみなかった。

相手様リーダーは瑠璃子。感性速攻デッキだ。隣ではルミラが、Dが1回戦で当たった方のエロエロフとマッチング。正直な感想を言うと、ルミラは名古屋の悪夢が蘇る。耕一単に剥かれて、わずかな可能性に賭けて、でもそれすら握りつぶされていた切ない闘札。それに比べたら、同じ負けるにしても、バトルで押しつぶされるほうが気は楽だ。

全勝者同士で当たれた、というのもラッキーだ。階段だと、自分が勝っても、全勝者同士が引き分けでないとその時点で勝負が決まらないのに対し、前勝者同士では、階段の全勝者が引き分けのほかに、負けてもその場で勝負が決まる。長い勝負ではミスがつきものだ。もちろん「勝って次も勝つ」「勝って向こうが負けてくれたらラッキー」という気持ちでは、前者のほうが明らかに優位に立っているのだろうが、5回戦の段階では他力に賭けてみるのもアリかと思った。

ダイスに負けて後攻。当然リーダーは瑠璃子。アクアちゃん、イルファ。エクレアが出てくる。エンド時に活。いい引きだ。

自ターン、手札に腕相撲・臨時収入・朝鮮嬢がある。このターンで6点、次ターンケモ朝鮮嬢リーダーで6点、という筋書きを立てる。

「臨時収入使用」「了承」「獣の力は?」「封印」

・・・いきなり筋書きが狂った。①瑠璃子に2点か、②アクアちゃんをダウンさせるか、③クレマ・鈴香・兄・テリの展開を優先させるか。

Dが選択したのは2番。朝鮮嬢→腕相撲で3点希望。「3ダメを身代わりでエクレアへ」楽勝ムードが吹き飛ぶ。やりたいことは何一つやれなかった。クレマ・鈴香を出してエンド。

相手様、ものまねセット。イルファの情け容赦ないモノマネが飛んでくる。普通に2点→アクアちゃんで4点→電波の目覚めで6点。耕一に9点乗ったので、もうイルファの攻撃は耕一で受けられない。

相手様、さらに料理を出してエクレアで殴ってくる。このターンで決められるのか?と思うも、普通に2点で踏みとどまる。耕一残り気力は3。

だが、相手様の残り手札は1枚。こちらの渾身のドローはスランプ。具材はそろった。後は相手様次第。

「バトル宣言」「OK」「こちら耕一、ノーマルアタック(朝鮮嬢の使用はナシ)」「・・・瑠璃子で」

その瞬間、Dの心は乱舞。兄・テリ切ってケモ→付け・スラでちょうど10点。クレマと鈴香が待機状態なので、残り1枚なら止められる。

「・・・負けました」

振り絞るように彼は呟いた。アクアちゃん受けをしておけば、料理で殴らずブラフの手札2枚を見せておけば・・・。結果論で言うと、初ターンに封印と身代わりを吐き出させているのが大きい。封印→クレーム→身代わり、で致死ダメージを回避されたあと、イルファが止められずに死亡だったろう。そうなったかもしれない。そうならなかったかもしれない。勝負は「たら・れば」の連続だ。

相手様の残り1枚は朝鮮嬢。アクアちゃん受けなら、ボーナスドローにもよるが、兄切りでテリを出して光っていた。そうなるとまた別の勝負。プレイングをいくら後悔しても、残るのは結果のみ。だが、優秀なプレイングであっても愚劣なそれであっても、ギャラリーの記憶に残る。記憶はプレイヤーに対する評価につながる。これほど恐いものはそう多くない。

隣ではエロエロフが勝ったようだ。パリ挑戦権獲得、と児玉清が言ってはくれないだろうが、多大な部分を運に支えられながらも、チャンプ戦への出場資格を得た。ここまできたら、当然、欲が出てくる。我に勝利を、つけやきばに栄冠を。

チャンピオンシップ

出場者は59名だったらしい。数年前に比べると、規模が縮小している感は否めない。新規プレーヤーが皆無に近く、引退される方が多いせいであろうか。優終の美を飾りたい。

以前ブログで書いたとおり、マリガンのチェックと先後の選択権の順番をジャッジに尋ねる。「プレーヤー同士で決めて構わない」とのこと。少なくとも今回は。

マリガンチェック。岡本・ウーヤーター・田沢・真紀子・ガセ・腕相撲・隠し芸。先攻の手札だ。

ダイスロールに勝ち、先攻をゲット。リーダーオープン。予想通りのささら。ちなみにDはささらと戦うのは初めて。テキストを確認してみる。・・・変な嗜好と頑固。感性-2が継続するのは頂けないが、全力を尽くしてみよう。

まずは3キャラ展開。相手様の術はガセ。相手様はフランク出してエンド。

Dは左前にスコアシートを置き、その上にデッキケース、その手前に眼鏡ケースを利用したダイスケース、その手前にデッキを置く。今回、チャンプ戦ということで、普段は滅多に使用しないマットシートが敷かれている。そのため、いつもより窮屈に感じられる。

デッキがいつもより前にあるように感じられたため、手前に持ってこようと画策。その際、デッキトップの2枚が乱れる。相手様に確認を求めたところ、元に戻して再開。

次ターンのツモはエキサイト。ここからがミスのオンパレード。書くのも恥ずかしいが、戒めのために明記しておきたい。生徒にも、間違えた問題は10回書きをさせているからな。自分に対するペナルティだ。

田沢コストで澤田→エキサイト、コストは前衛の3人から→澤田と田沢コストでケモ→隠し芸セット→宣言、耕一VSささらの隠し芸→相手様感性に付け→1点3点、さらに腕相撲セット→バトル宣言→耕一VSささらの腕相撲→ささらに5点→バトルそのままでエンド→エンド時カクテル、ささら残り気力6。

まず、エキサイトはすぐに貼る必要はない。しかし、相手様の手札を無視するという意味では、相手様がバトルを持っていないという可能性も考えられるので、プレイミスとまではいえないと思う。

ケモコストに澤田・田沢を寝かせたのは痛い。この2人はささらの料理→変な嗜好に耐えられる気力・能力値を持つ。隠し芸でも耐えられる。クレーム・後方支援に目がくらんだ。

隠し芸を残したのも痛い。その理由は次で分かる。

プレイ中は、そんなミスなど少しも気づかず、こちら手札0枚、相手様手札6枚の状況をのほほんと眺めていたのだからノンキなものだ。長考しているということは、詰みはないわけで、なら次ターンに殴って勝ちじゃん、とかアホなこと考えてた。

料理×2・付け焼き刃なら危うい、と感じ出したのは、相手様が長考から明ける寸前。前衛受けは隠し芸で無効だから、耕一で料理を2回受けることになる。変な嗜好・付けで6点、もう一発食らえば6点、さらに付け・スラ・コストで致死ダメージ。相手様の長考は、このうちのどれかが欠けているためか・・・。

その心理状況が、料理セット→バトル宣言ささら、の受けキャラにウーヤーターを選択させることになる。長考がなければ耕一受けだったろうし、しかも長考中に隠し芸の可能性も考えている。バカの3乗だ。

相手様、困惑しながらも当然隠し芸。恥ずかしい告白になるが、バトル終了後に相手様が待機状態に戻ることすら失念していた。そして恐怖の料理×2が飛んでくる。だが、付けもスラも変な嗜好も飛んでこない。2点×2で4点。さらに相手様、ささらコストから真紀子を出してエンド。

以下、術ドロー→噂話などで手札が溜まらない。そして、最大のプレイミスはやってきた。

相手様:ささら(消耗・残り気力2)フランク(待機・残り気力2?)

こちらは岡本・田沢(気力残り3)と耕一。手札はコリン。

アタック宣言→フランク受け→腕相撲選択。1回目、なるようになれと岡本と手札のコリン切りで獣の力。相手様、耕一の力にスランプ。フランクダウン。ダウンドローで隠し芸。セット隠し芸→バトル宣言→耕一VSささらの隠し芸。

習慣というものは本当に恐ろしい。仮にLFクイズというものがあって、そういった場で出題された問題なら、難なく攻撃能力値に早さを選択していただろう。だが、「力で」といった瞬間、そのことに気づいてしまった。顔から血の気が引く音さえ聞こえたように感じられた。

羽生善治ですら、1手詰みを見逃すポカをやらかす。Dが彼と同レベルという話をするだけでおこがましいのだが、このときばかりは悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれない思いがした。予想通りスランプを使われて、ささらに残り1点で踏みとどまられる。逆に耕一の残り気力は2。耕一に後1回、バトルが届けば終わる。終わってしまう。隠し芸を破棄してエンド。

もし仮に、勝利の女神がいるとするなら、最後の最後でDに微笑んでくれたらしい。微笑か嘲笑かは分からないが。相手様の攻撃は、料理2回で止まった。岡本が受け、2回目の料理で昇天。相手様、ダウンドローはおとぎ話。ここでバトルを引かれると終わる。相手様、ささらを待機状態に戻していない。最後の抵抗を試みる。

「おとぎ話を使用したということは、ささらを待機状態に戻さない、ということですよね?」

彼の正着は、ジャッジに確認することだったろう。だが、彼はその条件を呑んだ。呑んでしまった。おとぎ話ドローが行われる前に確認を取ったのだが、仮にそのドローがバトルなら、彼にとってもまた後味の悪い試合となったろう。

最終ドローは術。ガセネタを食らうも、耕一の腕相撲の1点がささらに届いて勝ち。終局とともに、ギャラリーの拍手が飛び交う。恥ずかしい。恥ずかしい。恥ずかしい。むこうぶち1巻の、水原佑太になった気分だ。

勝ちは勝ちだ、と開き直ることはできる。だが、今年の春場所の朝青龍を容認できなかった輩がたくさんいたように、強者には、このようにあってほしいという思いを具現化する義務があるように思う。その意味で言えば、Dは本当に形だけのチャンプだ。精進する、という言葉を、今一度、噛み締めて口にしてみる。精進しよう。

Tたみばり君から「あなたの正着は、先手を選んだことだけだ」と酷評される。全くもってその通りだ。邁進しよう。匿名でウダウダ書かれるより、面と向かって言われたほうが、正々堂々としていて気持ちがいい。

うらやましい、と思って眺めていた挑戦者・防衛者への景品。自分が実際に受け取る立場になってみても、やっぱり豪華だと思う。特に7.0のβ・製品版のコンプはよい。最後の1枚(製品版まーりゃん先輩)が思わぬ形で揃った。かずみ義幸氏のサインカードも頂戴できることに。ささら、モルガン、ルビィ・リリン、ウルル・フルルの中から、裏向きからチョイスする4択。ささらを引き当てたのは、今日の運勢を表していたのかもしれない。

その後、Dが親のじゃんけん大会。「せんせー、じゃんけん必勝法って知ってる?」「えー、そんなんあんの?」「あるーさー、ほな、うちが勝ったらジュースおごってな」「えーけど、先生が勝ったらどーすんの?賭けは対等でないと成立せーへんで」「そんなん、何もないに決まってるやんかー、うちがジュースおごってどないすんのよー」「(この小娘め)分かった分かった、ほな、次のテストで100点とってもらおかー」「えーよー、ほな、いくでー」

「さーいしょーからー」

最初はグー、とばかりに握り締められた拳の向こうに、燦然と光り輝く小娘の5本の指。小娘に即攻で自習室の階に連行され、友人分のジュースも奢らされたのは記憶に新しい・・・とか感傷に浸っている場合ではない。

やってみたかったのだ。魔がさしたのだ。ごめんなさい。事前の打ち合わせはナッシング。「Dさんならやると思った」と語るのは、この方法でフリプでDに先後選択権を奪われし者たち。「考えすぎたー」と後悔しているのは、Dがやるだろうと予想しながらもパーを出してしまった者たち。最終的には、参加者の皆様に商品が行き渡る形で落ち着いてよかった。

打ち上げで、Tべ氏が豪華商品を出すミニトーナメントを開催。商品はなんとXbox(アイドルマスター付き)。後で聞いたところによると、なんとお値段5MG。あほやなぁ。

デッキはアイテム総帥。時間制限ナシなので、長いデッキを愉しむことに。

1回戦:チャンプ戦の再来。場が整ったところで相手様投了。

2回戦:関東から来られた、国士無双の方。耕一リーダー。初手にスカウト・アクアちゃん・夕菜。マホサ拾ってきて貼って終了。

決勝:我らがGM。○谷との約束を100馬身でぶっちぎって打ち上げに参加。奴のリーダーは岸田。総帥では1:100くらいで分が悪い。リーダーをシャーロムに変えることを伝えると、外野から野次が。仕方ねぇ、岸田にハメハメされるか。

①総帥に精神強化を貼って、②景清に、③マホサを貼る、という作業をこなしてやっと岸田とタメを張れる。約10ターン後、なんとこの奇跡的な場が完成する。2ターンほどだけな。速攻で卒業式でつぶされた。

Dの楽しみはデッキアウト。カコキは1枚見えたが、回収する手段はなさそうだ。GMはソワを出してくる。Dのターン、臨時収入→財力(封印)の後、うんちくでソワを殺しにかかる(ガチンコも装備済)。するとGM、何を思ったか「あーーーーーーーーーー、投了します」とかワケの分からんことを抜かす。メイが場にいることを失念し、ソワを出したターンに模写から起動できることに気づいたらしい。

Dの目的はXboxではなく熱戦。そんなん言わんとやろうぜ、と促すと、GM、あることに気づく。

Dさん、臨時収入のコストは支払いましたか?」

場にはライコス。巻き戻すのは簡単だ。だがGMが納得しない。「それやったら、臨時収入のときに同時宣言がありますよ」「それやったら、ファーストアクションでうんちくコストは臨時収入そのコストは手札の景清から、って行動変わるで」「いや、それはおかしいでしょう」1分前に投了を告げた奴の発言とは思えない。

結局Fぉれすと君に仲裁に入ってもらい、このターンの最初から、ということで仕切り直し。前述の手段でうんちく→身代わり(持ってたのかよ)→形作りで財力からハプニング→封印。実はモンスターが1匹残っていたので、総帥とモンスターコストでハプニングが撃てたと気づいたのも、その直後だった。GMは気付いていたらしいが。

順当にアイテムが剥がされ、マジカルサンダーが機能し始め、投了ムード漂う状況となるも、勝負は意外なところで着いた。手札の紫琥珀を活用すべく、賢さキャラを優先的に展開させたのだが、GMは必死で卒業式で除去にかかる。相手様が卒業式を4枚撃ち切った後で、Dがゴッドスフィーを引いたのだ。相手様の前衛にスーサイドできるキャラなし。フランク・テリが回りだす。これにてGMの戦意が喪失。今度こそ本当に投了。

Xboxは、いわばTべ氏の心だ。Dは今のところXboxにハマる予定はない。D宅に持って帰っても、部屋のオブジェと化すだけだ。なら、本当に欲しい者にTべ氏の心を渡したほうが効果的ではなかろうか。

というわけで、急遽じゃんけん大会開催。1回目に5人残る。・・・そして、運命の2回目。

原文に大いなる削除を加えて

壁に耳あり、障子に目あり、という諺は、世界中至る所に存在する。ネットという特性上、詳細を書くことはできないが、Dにとって目を疑うような、心を踏みにじられるような思いのすることが起こった。Dは人を見た目や評判で判断する人間ではない。だが、自分で見聞したことについて、納得のいかない点があれば、とことんまで突き詰める人間だということも、つけメンの皆様はご存知かと思う。

Tべ氏は、会を盛り上げてくれようとして賞品を提供してくれた。彼の純粋な、つけやきばの心の象徴が踏みにじられたようで悔しいのだ

もちろん、Dが間違っている、という可能性もある。その時は、目の前で手をついて謝らせてもらいたい。だが、そうでないときは・・・失うものは大きいだろう。

回想終了

ラストオーダーで、ピッチャーを2杯頼んでいた。GMは(おそらく自分の不甲斐なさに)周りの制止も聞かず、ピッチャーを2杯飲みきった。結果、お決まりのごとく酔いつぶれた。人は酔うと本性を垣間見ることができる。あの時GMが流した涙の意味は、恐らく本人にも分からないだろう。若い、と思った。うらやましい、とも思った。だが、ヤケ酒に狂っていたのは、ひょっとしたらチャンプ戦に敗れ去った自分だったかもしれないという怖さにも、うすうす気付いていた。

GMXboxが手に入らなくて涙を流したのではあるまい。Dも商品がもらえない悔しさで憤ることはなかったろう。勝負における純粋な、貪欲な勝利への執着心。イリーガルな手段を使われるのは困るが、ピュアゆえに、苦しむこともあるのだろう。

GMのお母さんにお迎えに来ていただき、Fぉれすと君と○ばちゃんとで2次会は明石焼の店。たこ飯が美味しかった。

○谷に迎えに来てもらって、コンビニで勝ったビールとつまみで3回目の祝杯。TVでは万引き少年や盗撮おじさんが捕まっている番組をダラダラと流し続けている。正義って何なんだろうな、って思った。彼らはきっと初犯で捕まったのではあるまい。万引き・盗撮に飽き足らず、もっと程度の酷い法に触れていたかもしれない。

人は皆、誰かに止めてほしがっている。Dは己の信じたことを直球ストライクで行動に移すのみだ。Dもまた誰かに止められたがっている。今日はいろんなことがあった。まずは勝利の味を噛み締めて、余韻に浸ってみよう。

4月1日

オカルトシステムNo.800「稲妻は波乱の幕開け!!」(例のごとく「牌賊!オカルティ」6巻より抜粋)。

早朝、ものすごい雷雨で目が覚める。雷の重低音は大好きだ。うだる暑さの夏の夕方、雷が鳴り出すと、落雷の危険性も厭わず、戸外で直に重低音を味わうのが大好きだ。「直は素早いんだぜ、パワー全開だ~」(33巻の次に好きな、「ジョジョの奇妙な冒険」53巻より抜粋)。

今日は神戸公式の後夜祭。昨日、無理を言って○谷宅でもう一泊させてもらう。グラーツェ。11:00開始。午前中開催なのに後夜祭とはこれいかに。

礼を言って、○谷の持たせてくれた手土産とともに会場を目指す。会場着、10:50。すでに数名のつけメンがいた。「チャンプ、おはようございます」とか言われても、こっ恥ずかしい以外の何者でもない。

FB内で7.0ブースター1パックを購入し、いざ会場入り。大会参加者は13名。会場で早速、先ほど購入したブースターを剥き剥きする。レアのカードは緑!自力でコンプ達成か・・・?残念、根性属性。やたらと明るい楓。何枚目だろうか。

LFバトルロワイヤル」のルールを再確認しておくと、①β・プロモ・BP何でも使用可。②連勝数によってリーダーカードがもらえる。最多連勝賞もあり。③勝ち続けている間はデッキ変更不可。一旦負けて再挑戦するときはデッキ変更可。

つまり、速攻デッキで何度も挑戦するのが吉、というわけだ。BPも使用可なので、○谷から借りた、殺っちゃん・ちーちゃん4積みの諸角デッキで参戦することに。

デッキシートを提出しないのはナンセンス(術5枚とか積まれている可能性をチェックできない)だが、お互いの良識を信用する、ということだろう。結果を述べると、3時間で13戦。並みの大会では、この試合数は消化できない。

本大会では、相手のデッキ枚数を確認するため、必ず3枚切りを実行するDだが、今回は試合を早く回すことが目的だ。サクサクと撃つ・打つ・討つ。

10勝3敗。勝率769.負けた3つは、黒ささら・ミトラス・マルチ。いずれもサブアタッカーが朝鮮嬢・バーンでやられてのジリ貧。ミトラス戦では、ミトラスの気力が12だと思い込み、付けスラを叩き込んだ後でそれに気付くという失態。それでも、諸角単になった後、収入・嬢・時間稼ぎ・応援を手に、残り気力2のミトラスに朝鮮嬢ネトゲ→臨時収入から応援→ネトゲ自分、とかやってみたが、お裾分け・リセットの前に成す術ナシ。

ゲットしたリーダーカードはアルルゥ・イルファ・浩之・あかり・雅史・坂下・セリオ。セリオはFぉれすと君と、綾香に交換してもらう。つーか、坂下よりはいいんちょを選ぶんだったな。

TIの方から追加で、7.0のプロモカードを頂く。力2コストのアイテムで「吸血鬼」。赤字の部分を太字で表記すると「自ターン中、このアイテムを装備したキャラは勝利条件の数1つにつき攻+1・防+1する」。相手ターンは無効の上、自力で勝利条件を獲得している状況なら、このアイテムを貼らなくても機能しそうだ。カードフォルダから出されることはないだろう。かずみ義幸氏の画で、バニー姿のS屋が背後からルミラに襲われているシーン。それなりにエロっちい。

その後、豪華商品を懸けてのビンゴ大会。用紙が配られ、ボールペンで1~100の番号を記入する方式。後で当たり番号を記入するとか、一桁の番号を記入しておいて後から付け足すとか、イカサマはいくらでも考えられるが、そこは信頼するしかないところだろう。「やることは可能」と「実際に行う」のとでは、天と地ほどの開きがある。実際にやってしまった者については、猛省を促され、それに見合う処罰が下されるだろう。

程なく、1等のビンゴが出る。賞品は4.0βのフルコンプ。いいなー。Dはというと、全くといっていいほど当たらない。気がつくと、DJ元さん以外の全ての方にリーチが掛かっていた。

それでも、脅威の追い込みを見せることができたのは、昨日のツキの残り火だろうか。5順で大逆転を果たし、初音キーホルダーをゲット。気持ちだな、気持ち。

これにて神戸公式終了。隣ではつけメンが「耕一殺人事件」を愉しんでいる。告訴のタイミングが面白いのだが、皆一様に慎重だ。効率のよい方法でメモを取り、情報を整理し、犯人・場所・凶器のうち2つまでを絞り込めた、運のいい奴が最後に勝てるゲームだ。勝者は1人だけで、他は皆敗者なのだから、勝者になれるタイミングを逃すことは、ゲームの目的を見失っていることだとさえ思う。雰囲気を愉しみたい、ということならそれでいいのだが。

いつもなら最後まで残って、食事して帰るのだが、本日は親の都合上、早く帰らねばならない。環状線の殺人的な込み具合に辟易させられるも、天満~桜ノ宮間で、ほっとする風景が。

桜が、満開だ。

満開とは言い過ぎかもしれない。8分咲きくらいだろうか。「願わくは、花の下にて春死なむ、その如月の望月の頃」詩を覚えるには、その詩に共感することが大事だと言われるが、西行法師のこの歌は、本当に心に染み入る。

御座候(今川焼きで有名な店)を土産に、家路に着く。自宅着19:00。風呂→飯→ブログ用原稿の作成。書きたいことは山ほどあるが、ゆっくり整理してみよう。上手くいったこと・いかなかったこと、納得のいったこと・いかなかったこと、楽しかったこと・腹の立ったこと・悲しかったこと・感動したこと。Dの心の叫びを、どれだけ皆様に伝えられるか分からないが、文字という助けを借りて、確実に紡いでいけたらいいと思う。

最後に。たくさんの方に支えられてDは存在しているが、G-ヨーと○谷には、特に感謝の意を表したいと思う。ありがとう。

4月2日

何でこんな問題、間違うんだよー。

先日、塾でまとめテストを実施したということは、必然として採点業務が加わることになる。これが日常というものだ。

Dの受け持ちは、中3生全員と中2生の一部。クラスによって問題を変えてあるので、3種類の答案の採点をすることになる。その数100人強。

美味しいものを先に食べるか後に残すか?と問われれば、Dは間違いなく後に残す派である。だって、先に食べてしまうと楽しみがないから。後で愉悦を味わえるからこそ、なんでもない食材を我慢して口に運ぶことができるのだ。

当然、採点も下位のクラスから行うことに。では、中2の下位から。今回のテスト範囲は過去形。be動詞と一般動詞を混同する間違いが多発する分野である。

・・・このウッキーたちは、そもそも動詞を識別できないらしい。平気で I am happyed. とか書きやがる。一般動詞の狭間にbe動詞を入れた日にゃぁ、Did you were sad yesterday ? なんざザラだ。己の指導力のなさを呪う。

前日に問題を(わざと)漏洩しているにも関わらず、8点(100点満点)とかいう強者までいる。何をしとるんだ。何もしとらんのだ。

・・・ふぅ。自己嫌悪タイム終了。中3は下位クラスが現在完了、上位クラスが受動態。下位クラスは進度を落としてあるのでこういうこともある。

当然、難易度も格段に違う。はずなのだが、下位クラスで怪我人・死者続出。テキストの問題をそのまま出してあるのに。単語もヒントとして、他の問題で書いてあげてるのに。パオーンたちには、前日に答えごと渡さないとダメか。それは何度も試したことがあるが、勉強してくる奴としない奴の格差が激しくなりすぎるのでヤメた。再テスト確定。その前に、三者面談をクリアする必要があるがな。

さてさてお待ちかね、3年上位の受動態。能動態の文章にbe動詞を入れてしまう病を克服すれば、高得点が望める分野である。

試験問題は一昨年のをアレンジして使用。そのときは最上位の平均が90点、上位の平均が80点だったので、ちょっと難易度を上げてみた。

まずは上位クラスから。・・・あれ?こんなにできなかったっけ?60点以下続出。クラス全体での再テストほぼ確定。

最上位は・・・80点以上が3名。Orz…

しっかし、一昨年は100点が出なかったのに、今年は難易度を上げたにも関わらず、100点を取られてしまった。ヤラれたな。

採点を終えて居間でテレビを付けると、高校野球の準決勝、第2試合で帝京vs日大大垣の一戦が放映されていた。5-3で日大大垣リード。意外な展開だな、とか思ってたら、日大大垣の監督が、元・東邦の監督と聞いて納得。高校野球は特に指導者の影響が大きいからな。

そのまま最後まで見入る。5-4で日大大垣が勝つ。ゲームセットのサイレンとともに、Dの目に涙が一筋。6回表、帝京のスクイズ失敗が痛かった。彼は一生、このことを忘れられないのだろうな。彼らの純粋さに、思わず目頭が熱くなってしまうのだ。

人は成長するたび、ズルさを獲得する。そのズルさが、人から騙されるということを防いでくれる。反面、人を騙す側にそのズルさを使ってしまう心の弱い人間もいる。Dは仮にも教育者であり、塾生にオレオレ詐欺に遭わない程度の知恵を付けさせるとともに、オレオレ詐欺を仕掛けないだけの道徳心も植えつける義務が存在する。彼らは、真っ向から道徳の授業としてこのことを指摘されると、素直には聞いてくれない。変化球が必要だ。それは授業外や授業中のムダ話で、面白おかしく言ったほうが伝わりやすい。

結果として、人を騙すことになってしまった人もいるだろう。猛省してほしい。二度としないでほしい。誠意を見せてほしい。

「道徳」が通知表で評価されるようになるらしいな。先生も大変だ。「1」を付けられた生徒は、どう更生すればいいんだろう。付けてやりたいウホウホはたくさんいるがな。

明日は社員全員出席の会議。昨年までは花見が行われていたのだが、今年から変なコンサルの入れ知恵で廃止。代わりに、会議終了後に鍋パーティーをやるそうな。地ベタで。おい、ここは大学のサークルか?会費払うから、どっか適当な店を予約してくれよな。明日は飲む気マンマンで、母に送ってもらう予定。去年のような醜態はさらさないぞ。多分さらさないと思う。さらさないんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておく。

甲子園の決勝は静岡vs岐阜。野球ではなくサッカーみたいな組み合わせだな。リアルタイムで観戦できないのは残念だが、熱戦を期待。ほとばしる若いパトスを分けてもらいたいものだ。

|

« 男湯で | トップページ | 仕事慣らし »

コメント

先日はお疲れ様です、blog拝見させていただきました。
念の為、私は東京公式は優勝ではなくて入賞でしたよ、とだけ(汗

投稿: ガディムの人 | 2007年4月 4日 (水) 12時40分

お疲れ様でした&おめでとうございます。

結局2日目も会場にあらわれず駄目な子で申し訳ありません。

こんな状態ですがD様の優勝でLFに対するモチベーションが上がってきましたよ

4月のやきばはちょっと行けなさそうですがまた会場でお会いしませう

投稿: Jじ | 2007年4月 4日 (水) 15時49分

ガディムの人様:わざわざありがとうございます。今度そちらのブログも訪ねたいと思います。
J二:早期復活を望む。返り討ちにしてやるがな。

投稿: D | 2007年4月 4日 (水) 16時26分

遅くなりましたが、公式後の打ち上げで醜態を晒してしまい、Dさんをはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしてしまって申し訳ありませんでした。
あんな事をしてしまった後の事なので、後ろめたさからここに来る事ができなかったですが、やっと踏ん切りがついて書き込むに至ります。
また、神戸に戻ってつけやきばの大会でお会いすることがあれば、改めて謝罪すると共に、今度は恥ずかしくない対戦をしたいと思います。
本当にこの度は申し訳ありませんでした。

投稿: GM | 2007年4月 6日 (金) 05時43分

GM:気にするな。

投稿: D | 2007年4月 6日 (金) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/5958330

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸公式:

» 原 真紀子/原 真紀子 [兵庫で出会いGo!Go!]
出会い系サイトでゲット率を上げるには、多くの出会いサイトに登録して出会いのチャンスを作るのがコツ! 無料の出会いサイトに今すぐ登録してメールを送りまくろう!! たくさん登録すれば出会える確率も大幅アップ! ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 13時44分

» グーグルの次は? [バツイチのパート社員が発掘した生ニュース]
サラリーマン、主婦、学生の方へこんにちは!バツイチのパート社員のとらです!検索エンジン何を使ってます?googleですか、それともyahooですか?人間の感情、興味から結果を表示してくれる検索エンジン使ってみませんか?日経ビジネス2007/4/2号からの引用... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 16時25分

» 資格 [資格総合情報]
資格総合情報 [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 17時50分

» ゲームクリエーターの資格の情報サイト [ゲームクリエーターの資格について]
「ゲームクリエーターの資格について」では、ゲームクリエーターになるための資格について説明しています。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 21時57分

» チワワで癒される [ペットの飼い方・飼育法〜犬、猫、ハムスター、金魚、うさぎ、熱帯魚他]
今流行りの癒し系の犬、瞳が潤んでいて、如何にも寂しそうにして、癒してくれる犬、その犬チワワの飼い方・飼育法は、とても繊細です。くれぐれも、間違った飼育法をしてはいけません。正しい餌の選び方、やり方、それにしつけ方などを網羅した書籍が沢山出ています。タダ可愛いから、好きだから、だけで、動物を飼ってはいけません。今流行りの癒し系犬チワワも、例外ではないですね。会社から疲れて帰って来たら、嫌な事があっ�... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 22時34分

» レオタードよし!化粧よし? [バレエレオタード専門店(子供用&大人用)]
レオタードがきまったら、化粧もキメなくてはなりません。 バレエの化粧について知識をつけましょう。バレエの化粧は、彫りの深さ、立体感を強調するのが特徴。役柄による多少の違いはありますが、おおむね、自然の肌色より若干明るめ(ロシア系は、かなり白目)のファンデーションを顔全体に塗る、茶色がかったほほ紅、ノーズシャドーを入れる、青いアイシャドーを、まぶた一杯に差す、茶色のダブルラインを入れる、上下の�... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 12時55分

» ご訪問ありがとうございます。 [こんな収入も…]
mixi知ってますよね。やってるなら話しは早い。放置してたならもったいないよ。こんな楽しみ方もあるんだからね。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 22時04分

» 麻雀オンラインゲーム [無料麻雀ゲーム]
オンライン麻雀案内 [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 14時48分

» オンライン麻雀 [無料麻雀ゲーム]
オンライン麻雀案内 [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 15時26分

» エロイカ [エロイカ]
幅広いジャンルの作品を保有する無修正動画サイトです [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 01時13分

« 男湯で | トップページ | 仕事慣らし »