« まちりん | トップページ | 悪魔の右手 »

2007年2月17日 (土)

高速道路論

関西の某私学で、将棋に関する考察が出題された。羽生四冠のコメントを要約したものだ。

確かに、インターネットと将棋の相性は抜群によい。麻雀のように、一瞬のタイムラグがゲームに与える影響は皆無に近いし、複数のPCを接続して、カンニングをされるという心配もない。広告収入も期待できる。

ただ1つ、重大な欠点がある。コンピュータのレベルが高くなりすぎたあまり、我々アマチュアでも、コンピュータに勝つことが困難になってきたということだ。よって、自分で考慮せず、市販の将棋ソフトに代指しをさせ、レーティングを稼ぐ輩が出現してくる。

人間は、間違える。間違えるからこそ、逆転が期待できるのである。コンピュータは、間違えない。特に終盤の寄せは、鬼気迫るものがある。詰みを間違えることは、まずない(コンピュータ選手権で、一度あったそうだが)。

チェスでは既にコンピュータが人間最強を破っている。マス目の数が多い・駒の種類が多い・持ち駒を再利用できるなどの理由で、コンピュータが将棋の人間最強に勝つ日は遠いとされているが、専門家は、あと5年で追いつくことができるだろうとのコメントを出しているし、また、実際それが不可能とも思えない。将来は、新聞棋戦が廃止され、トップコンピュータ同士の対戦が新聞に掲載されるのだろうか。

そうではないと思う。我々は、逆転劇を期待している。詰まないはずの玉が詰んでしまったり、またその逆だったり。そんな人間くさいドラマを擬似的に経験したいのだ。

将棋と相撲は、絶対にアマはプロに勝てないとされてきた。どちらもプロの技、と呼ばれるものが門外不出とされてきたからだ。それが、インターネットの劇的な普及により、将棋では、ある程度までは、地方の者でも技術を習得できる機会に恵まれることになった。だが、プロになろうとするなら、最後の関門を突破しなければならない。「出口が渋滞する」と羽生四冠が指摘するのもそこだ。

将棋は優秀なコンテンツである。小学校の必修科目に加えれば、将棋はさらに飛躍的に進歩するだろう。以上、将棋愛好家の戯言。

|

« まちりん | トップページ | 悪魔の右手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/5378924

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路論:

» 誰でも簡単!アフィリエイトでガッツり稼ぐ方法! [初心者のための30日間日割りテキスト】主婦でもできた!たった1ヶ月でラクラク幸せネット起業 ]
パソコン初心者の主婦が たった1ヶ月でラクラク幸せネット起業で驚くべき収入を得た! 個人完全サポートで あなたもラクラク収入を得ませんか? [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 21時10分

» 昨日私と目が合わなかった? [ひとみ]
見て見ぬ振りしたでしょ??しかも隣にいた子誰よ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 01時32分

» アフィリエイトで一生食べていく方法 [アフィリエイトで一生食べていく方法 ]
「もし、今後一生ずっと、何もしなくても毎月100万円入ってきたら、どんな夢を叶えますか?」  南の島に引っ越して、海を眺めて優雅に暮らす!  お金の心配なしに、大好きなことをやりまくる!  子どもに最高の教育を受けさせる!  海外に移住して、理想のライフスタイルを実現する!  念願の一戸建てを手に入れる!  世界中を旅行して、見聞を広める!  それを元手に投資家として成功する! 一生つづく... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 01時35分

» これは絶対見られたくない日記 [1人ぼっちじゃ寂しいよぉ…]
[続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 22時10分

» こんにちわぁ!! [めぐみです!!]
遊びにきちゃいましたぁ!!あたしのところも遊びにきてくださぁい!! [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 18時11分

« まちりん | トップページ | 悪魔の右手 »