« マンゴ・ハネセン・バイセンゴ | トップページ | たこ焼き »

2006年12月 6日 (水)

裸 VS 裸

「せんせー、お邪魔女どれみって知ってるー?」(「ああ、知ってるさ。我はおんぷちゃん派さ」)「えー、知らんなー、何それ?」「じゃー、プリキュアは知ってるー?」(「我の心はいつもぷりちーできゅあきゅあさ」)「うーん、さっぱり分からん。ジェネレーションギャップを感じるなー」

塾講師の85%は、偽善でできている。どさくさにまぎれてカミングアウトした男子塾生がちょっぴりうらやましかったり。

上家に超初心者が座った。役は分かるが点数計算ができないらしく、「リーツモ、ドラ」と役だけ言ってダンマリ。こちらが親なので1500点を渡しても200点を返してくれない。初心者なら初心者らしく教えを乞えっつーの。

西家で迎えた南一局はドラは5ソー、配牌はこんなもん。

11233578①③八西白

3順目、6ソーをツモって清一色ドラ1のハネ満が見える。字牌から切っているので怪しまれにくいだろう。③を切ると上家が「大ミンカン」。直前に東もポンしているのでトイトイしかない。こちらも6ソーをチー、3ソーをポン、1ソーをポン(絞りの甘い面子だった)で8ソーをツモり、2568 の形。4センチでテンパってないのが悲しい。奴は九万の大ミンカンも入っている。新ドラは⑥ピンと白。

13順目、嫌な盲牌が指に絡みつく。目玉の親父ともチ○ポの輪切りとも揶揄される①ピンだ。初牌。③ピンが全部見えているのでいわゆる幽霊待ち、絶好の待ちだ。

トップ目で無理することはないが、さりとて降りる牌もない。意を決して①ピンを河に叩きつける。奴は無反応。次順、我のツモは同じく①ピン。さらに次順①ピンをツモり、河に並んだ団子③兄弟をむなしく見つめる。

次順、奴の捨てた牌は暴牌ともいえる4ソー。無論チー。さて、どちらの裸単騎にするかだが、3ソーが全部見えているためノータイムで8ソー切り。これに奴が食いつき、お互いに裸単騎。

脇は完全にオリ状態。こちらはソーズと字牌以外は役がない。ドラをツモったらどうしようかと迷っていたが流局。奴は発待ちだった。和了で牌を倒すときは両手を使うのがマナーだ。例え7センチでも4センチでも1センチでも。奴はきっと片手で倒すだろーな。奴にはそんな機微は分からんだろーな。2ソーと発を交互にみつめながら、ぼんやりそんなことを考えていた。

|

« マンゴ・ハネセン・バイセンゴ | トップページ | たこ焼き »

コメント

ジョージの紹介で見に来ました。
ネット開通&blog開設おめでとうございます。
お仕事頑張ってください。

投稿: 心はいつまでも少年のG | 2006年12月 6日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186238/4446909

この記事へのトラックバック一覧です: 裸 VS 裸:

» プリキュア♪プリキュア♪in 台湾 [どーでも動画【youtube】]
プリキュア♪プリキュア♪の台湾アイドルバージョン。 Twinsと言う名前らしいですよ。タイトル「光之美少女」 ちょっと、お姉さんスギですが^^; [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 21時03分

« マンゴ・ハネセン・バイセンゴ | トップページ | たこ焼き »